「奥さん可愛すぎ!」「全く違和感ないユニ姿」J2大宮FW中野誠也にセレモニーで花束渡す妻の姿が話題「素敵だなぁ」

2022.09.28 18:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
大宮アルディージャFW中野誠也に花束を贈呈したプレゼンターに注目が集まっている。

Jリーグの公式ツイッターは26日、NACK5スタジアム大宮で行われた中野のJ2通算100試合出場達成を祝うセレモニーの様子を公開した。

中野は9月4日に行われた明治安田生命J2リーグ第34節、アウェイでのロアッソ熊本戦で同記録を達成。ホームに戻っての14日第36節の大分トリニータ戦にて、セレモニーが行われた。
プレゼンターは妻でフリーアナウンサーの松村澪さん。大宮のユニフォーム姿での花束を贈呈する松村さんには「ユニフォーム着てくれる奥様素敵〜!」、「奥さん可愛すぎだろ!」、「奥様、全く違和感ないユニ姿」、「いい夫婦過ぎる」、「素敵なご夫婦だなぁ」などの声が届いている。

松村さんは成城大学女子サッカー部の主将を務めたこともあるサッカー経験者で、2019年6月からは大宮の応援番組であるテレビ埼玉の『Ole! アルディージャ』に出演。2021年12月で番組を卒業していた。

2人は学生時代から交際していたことを明かしており、今年の4月に入籍を発表していた。

松村さんはJリーグが投稿したシーンに、リスとハートの絵文字を用いて「おめでとうございます!!!!」と、リツイート。中野自身もこれを引用する形で「ありがとう!」と感謝を述べている。



1 2

関連ニュース
thumb

再起誓う大宮、HCに今季仙台を指揮した原崎政人氏、GKコーチに磐田でGKコーチを務めた山岸範之氏が就任

大宮アルディージャは30日、ヘッドコーチに原崎政人氏(48)、 GKコーチに山岸範之氏が就任することを発表した。 相馬直樹監督の下、今シーズンはJ2残留を果たした大宮。相馬監督の続投が発表された中、スタッフ陣も発表された。 ヘッドコーチに就任する原崎氏は、現役時代はベルマーレ平塚や大宮、ベガルタ仙台でプレー。引退後、大宮の下部組織でコーチを務めた他、仙台でも下部組織のコーチと監督を歴任。2018年からは大宮のトップチームでヘッドコーチを務め、その後はV・ファーレン長崎のヘッドコーチ、仙台のヘッドコーチを務め、2021年11月からはトップチームの監督を務めていた。 山岸氏は大宮の前身である NTT関東サッカー部でプレー。引退後は、ザスパ草津(現:ザスパクサツ群馬)やFC東京、アビスパ福岡、ヴァンフォーレ甲府でGKコーチを歴任。今シーズンはジュビロ磐田でGKコーチを務めていた。 古巣に帰還した両コーチはクラブを通じてコメントしている。 ◆原崎政人 ヘッドコーチ 「2023シーズン、ヘッドコーチを務める原崎政人です。私のサッカー人生で選手・指導者を含め、一番長くお世話になったクラブでまたサッカーができることに感謝いたします」 「チーム愛と誇りを胸に一つ一つの試合を大切にして、勝点を多く積み上げ、大宮アルディージャファミリーの皆さまと共にたくさんの喜びを分かち合えるよう、私が持てる全ての力をもって相馬監督をしっかりサポートしながら、クラブの上昇のために全力で貢献いたします」 「チームが強くなるには、ファン・サポーター・パートナー企業の皆さまからの後押し、応援が本当に力になります。良いときも大変なときも一緒に戦ってください。熱い応援をよろしくお願いいたします」 ◆山岸範之 GKコーチ 「皆さん、ただいま! 1998年以来、25年ぶりに大宮に帰ってきました。大宮アルディージャは私にとって実家のようなクラブです。実家を出てから積み上げてきたたくさんの経験をここで還元できるよう、相馬監督のもと、一生懸命に尽力させていただきます!よろしくお願いいたします!!」 2022.11.30 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮、3年間コーチを務めた北嶋秀朗HCが退任「J1へ復帰できることを心から祈っています」

大宮アルディージャは28日、北嶋秀朗ヘッドコーチ(44)の退任を発表した。 北嶋氏は現役時代には柏レイソルや清水エスパルス、ロアッソ熊本でプレー。引退後は、熊本で指導者となると、アルビレックス新潟でも指導。2020年から大宮のコーチに就任した。 2021年6月からはヘッドコーチに役職が変わっていたが、在籍した3シーズンではチームが低迷。3人の監督の下で指導をし、この2シーズンはJ2で残留争いをする苦しい展開となっていた。 北嶋ヘッドコーチはクラブを通じてコメントしている。 「大宮を離れる決断をしました。 3年間お世話になったすべての皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。この3年間プロフェッショナルな人たちに囲まれ仕事をこなすことができたことは刺激的でした」 「主務の袴田さんは多くのことにいち早く気づき、先回りをして僕らを助けてくれました。すべての出来事が滞りなく進むように工夫をしてくれたおかげで、様々な問題をクリアしてくれました」 「フィジオセラピストの宮間さんは選手の現状をわかりやすく説明してくれ、いま必要なことと、これから必要になり得ることを明確に伝えてくれることで多くの怪我を未然に防ぐことができ、また怪我をしても早く復帰ができるプランニングを明確に示してくれました。気の良い選手たちにも助けられました。困難なことが多かったなかでも常にトライをし続け、一緒に闘ってくれた選手たちには感謝しかありません」 「心残りがあるとすれば、結果を残すことができなかったことです。サポーターの皆さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。しかし、チームが苦しいときのサポーターの皆さんの振る舞いはいつも正しく、とても勇気づけられ、僕らにとって誇らしいものでした」 「今後もクラブと選手を支えていただけたらありがたいです。自分は大宮を去りますが、今後も大宮を応援しています。J1へ復帰できることを心から祈っています。3年間本当にありがとうございました」 なお、北嶋氏はJFLのクリアソン新宿のヘッドコーチに就任することが発表されている。 2022.11.28 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

2年連続低迷の大宮、チーム再建を託された相馬直樹監督の続投発表「前へ重心を乗せて熱量のあふれる戦いを」

大宮アルディージャは24日、相馬直樹監督(51)との契約更新を発表した。 2022シーズンはJ1昇格を目標にスタート。霜田正浩監督が率いての開幕となったが、9戦未勝利と低迷。第10節のジェフユナイテッド千葉戦で初勝利をあげた。 その後、第12節のザスパクサツ群馬戦ではホーム初勝利をあげ、続くツエーゲン金沢戦も連勝。大分トリニータ、V・ファーレン長崎と引き分けが続いたが、いわてグルージャ盛岡、ベガルタ仙台とホームで連敗し、その後のFC琉球戦で勝利していたものの、5月26日に解任。相馬直樹監督が後任に就任していた。 相馬監督就任後も大きく浮上することはできなかったが、徐々にチームとしての戦い方が洗練され始め、上位相手にも互角に戦えるようにまで改善。結果は伴わなかったが、19位と最低限のJ2残留は果たしていた。 相馬監督はクラブを通じてコメントしている。 「大宮アルディージャにかかわるすべての皆さま、今シーズンもたくさんのご支援、ご声援をいただきありがとうございました。皆さまが作り出す力強く素晴らしい雰囲気のNACK5スタジアム大宮で、来シーズンも一緒に戦えることを嬉しく思います」 「今シーズンの課題も積み上げも活かしながら、来シーズンはより前へ重心を乗せて熱量のあふれる戦いをしていきます。2023シーズンもよろしくお願いします」 2022.11.24 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

J3降格の危機もあった大宮が下部組織育ちのMF菊地俊介ら3選手と契約満了 「とても残念に思います」

大宮アルディージャは14日、MF菊地俊介(31)、DF山田将之(28)、GK上田智輝(26)との契約満了を発表した。 菊地は大宮の下部組織出身で、ジュニアユースから伊奈学園総合高校、日本体育大学を経て、2014年に湘南ベルマーレでプロ入り。2020年から大宮に加入していた。 3シーズンでJ2通算66試合5得点を記録。今シーズンはJ2で27試合4得点、天皇杯で2試合1得点を記録していた。 山田は青森山田高校から法政大学を経て、2016年にFC東京へ入団。FC町田ゼルビア、アビスパ福岡、ツエーゲン金沢への期限付き移籍を経て、2020年途中から大宮に期限付き移籍。その後完全移籍に切り替わっていた。 大宮では2シーズン半を過ごし、J2通算36試合1得点、天皇杯通算2試合出場。今シーズンはJ2で9試合、天皇杯で1試合に出場していた。 上田は京都サンガF.C.の下部組織出身で関西学院大学から奈良クラブを経て、2021年に大宮に加入。2シーズンでJ2通算13試合に出場。今年3月に右ヒザ膝蓋腱断裂の重傷を負い、ほとんどプレーできていなかった。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF菊地俊介 「今シーズンをもって、大宮アルディージャを離れることになりました。このような形でチームを離れなければいけないことをとても残念に思います。どんな時も応援し続けてくれたファン・サポーターの皆さん、ありがとうございました」 「僕が来てからの3年間、皆さんを喜ばせる結果を出すことができず、本当に申し訳ありません。ただ、自分が育ったこのクラブに戻ってきて、大宮のエンブレムをつけて戦えたことは僕の誇りです。これから先もずっと大宮アルディージャを応援しています」 「この悔しさを力に変え、またここから頑張りたいと思います。3年間本当にありがとうございました」 ◆DF山田将之 「2年間このチームでプレーしたことを誇りに思いますし、それを胸に次のステージでもまた頑張っていきたいです。短い期間でしたが応援ありがとうございました」 ◆GK上田智輝 「今シーズンで大宮アルディージャを離れることになりました。2022年シーズンも大宮アルディージャを応援してくださったファン・サポーターの皆さま、本当にありがとうございました。2年前、JFLから来た僕を温かく迎えてくれた皆さまには本当に感謝しています」 「この一年、自分自身は怪我に苦しみチームが残留争いで苦しいときに、ピッチに立ちプレーすることができず、歯痒さであったり不安な時期もありましたが、最高の仲間とスタッフ、たくさんの人に支えられて乗り越えることができました」 「思い入れの強いNACK5スタジアム大宮で大宮アルディージャのエンブレムを付けてプレーできたことを心から誇りに思います。この貴重な経験を今後のサッカー人生にも生かしていきます。これからも大宮アルディージャ、そして上田智輝をよろしくお願いします。2年間本当にありがとうございました」 2022.11.14 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「美しいゴール」「信じられない」ポドルスキが約60mの超ロングループ叩き込み賛辞!奥抜侃志も揃い踏み「ループのマスター」

元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキが驚愕のロングシュートをたたき込んだ。 ポーランド1部、エクストラクラサのグールニク・ザブジェに所属するポドルスキは、5日の第16節アウェイでのポゴニ・シュチェチン戦に先発出場。試合を決定づける一撃を決めている。 3-1とリードして迎えた73分、自陣左サイドでノルベルト・ヴォイトゥセクがカットしたボールを回収したポドルスキが、ハーフウェーライン手前から思い切って左足を振り抜くと、シュートは美しい弧を描いてゴールへ吸い込まれた。 本人はいたって涼しい顔だが、味方GKも指揮官も信じられないといった表情。サポーターも当然驚愕の様子で「美しいゴール」、「ループのマスターがいる」、「信じられない」、「今日スタジアムに来た価値があった」、「なんてゴール」などの賛辞を送っている。 試合はそのまま4-1で終了し、グールニク・ザブジェが勝利。また、同チームに今夏大宮アルディージャから加入したMF奥抜侃志も53分に今季3点目となる得点を挙げている。 <span class="paragraph-title">【動画】まだ代表でもいける?ポドルスキがハーフウェーライン手前から決めた超ロングループ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pl" dir="ltr">Czapki z głów! <a href="https://twitter.com/hashtag/POGG%C3%93R?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#POGGÓR</a> 1:4 <a href="https://t.co/l1H8AYJ7uU">pic.twitter.com/l1H8AYJ7uU</a></p>&mdash; PKO BP Ekstraklasa (@_Ekstraklasa_) <a href="https://twitter.com/_Ekstraklasa_/status/1588962134666334214?ref_src=twsrc%5Etfw">November 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.06 19:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly