殊勲のモラタ「僕らはステップアップが必要なときにそうしてきた」

2022.09.28 11:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表が27日にUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2最終節のポルトガル代表戦を制して、ファイナル4進出を決めた。

この最終節を前にしてポルトガルに首位の座を奪われたスペインだが、直接対決を88分にFWアルバロ・モラタが決めた決勝ゴールで勝利。逆転での4強入りを果たした。

『UEFA.com』によると、殊勲のモラタは試合後、『TVE』で「難しい試合だった。ポルトガルが擁する選手の実力を見てもね。最後まで戦い抜いたよ」と振り返った。
続けて、アシストしたDFニコ・ウィリアムスの活躍にも触れ、「彼は代表で2試合目だったけど、カルバハルのパスからカギを握るプレーを披露してくれた」と称賛した。

この試合をもって今活動が打ち上げられ、次の集合時はいよいよカタール・ワールドカップ(W杯)に向かうことに。29歳のストライカーはチームにもコメントしている。

「僕らはステップアップしないといけないときにそうしてきた。負けたとしても、フィールドにすべてを残さなければならないし、そうしてきたんだ」


関連ニュース
thumb

「絶対3バック」「優勝した時のサンフレ」本田圭佑がスペイン戦の4バックは「守れるイメージがしない」と持論、3バックを推奨

カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表のドイツ代表戦、コスタリカ代表戦を「ABEMA」で解説した本田圭佑が、スペイン代表戦に向けての考えを示した。 本音解説が話題となり、的確なプランニング話題となっている本田の解説。忖度なしの思ったことを話すことが、ファンの心に響いており話題となっている。 選手として3大会連続のW杯出場を果たし、その3大会全てでゴールを決めている本田。指導者としても世界の頂点を目指したいという中で、日本にとって目標のベスト8に向けた最初のハードルであるスペインとの一戦の戦い方に言及した。 「4バックだと守れるイメージがしないし、攻めれない。5バックでいって、状況によって強気にマンツーになる可変(3バックになる)が少しでも可能性を高めるベストやと思う」 これまでも4バックの際に押し込まれた結果、サイドハーフが最終ラインに吸収されて6バックになり、攻撃時に押し出せないことをしてきた本田。スペイン戦も同様の考えのようで、しっかりと3バック(5バック)の形を取るべきだとした。 コスタリカ戦の敗戦直後にはスペイン戦の願望スタメンを発表していた本田だが、的を得た指摘であり「絶対3バック」、「これは優勝した時のサンフレ」、「もともと森保さんは3バックが得意だし」と同調する意見が多く見られたほか、「日本代表の監督になってほしい」という声が相次いでいる。 スペインは[4-3-3]のシステムであり、[4-2-3-1]のままで臨んだ場合は噛み合わせが日本にとって非常に難しいこととなる。果たして森保監督はどういう策を取るのか。日本もスペインも負けられない戦いに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【SNS】スペイン代表戦への持論</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">4バックだと守れるイメージがしないし、攻めれない。5バックでいって、状況によって強気にマンツーになる可変(3バックになる)が少しでも可能性を高めるベストやと思う。</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1597053254369628160?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.28 12:48 Mon
twitterfacebook
thumb

「まだ生きている」スペインとドローのドイツ、GKノイアーは逆転のGS突破へ意欲「コスタリカに勝つ」

ドイツ代表のGKマヌエル・ノイアーが、スペイン代表戦を振り返った。ドイツサッカー連盟(DFB)が伝えた。 27日、ドイツはカタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でスペインと対戦した。 初戦で日本代表に逆転負けを喫し、敗れれば敗退の可能性が高まる試合。スペインは初戦で7ゴールの大勝を収め、勝てばグループステージ突破をほぼ決められる試合となった。 試合は強豪国同士の拮抗した展開となると、なかなかゴールが生まれずに後半へ。すると62分にアルバロ・モラタがネットを揺らしてスペインが先制する。 敗れれば敗退の危機が高まるドイツ。すると83分にニクラス・フュルクルクがネットを揺らして同点に。その後は得点が動かず、1-1の引き分けに終わった。 なんとか勝ち点1を獲得し、首の皮一枚つなげたドイツ。ノイアーは難しい試合だったと振り返りながらも、スペインを称賛した。 「ユーモアのあるスペインに対しては全てが難しかった。僕たちはこの戦いに挑み、90分間強を戦った」 「ディフェンス面では、前から後ろまで全てを出し切ったと思う。このコンパクトさでは、僕たちからゴールを奪うのは難しいだろう」 「スペインは難しいゴールを見事に決めてきた。それでも、僕たちは自分たちを信じ続けた」 最終戦はコスタリカ代表と戦うドイツ。勝利すれば、グループステージ突破の可能性がかなり高い状況だ。ノイアーは最後まで諦めず、とにかくコスタリカに勝つと語った。 「一番大事なのは、僕たちがまだ生きているということ。今、僕たちが影響を与えられることは、コスタリカに勝つということだ」 2022.11.28 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「失望感」ドイツと引き分けたスペイン、指揮官が日本戦に意気込む「目標は首位通過」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、ドイツ代表戦について振り返った。スペインサッカー連盟(RFEF)が伝えた。 27日、スペインはカタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でドイツと対戦した。 スペインは初戦で7ゴールの大勝を収め、勝てばグループステージ突破をほぼ決められる試合に。一方のドイツは、敗れれば突破がとても難しい状況となった中で迎えた。 試合は強豪国同士の拮抗した展開となると、なかなかゴールが生まれずに後半へ。すると62分にアルバロ・モラタがネットを揺らしてスペインが先制する。 敗れれば敗退の危機が高まるドイツ。すると83分にニクラス・フュルクルクがネットを揺らして同点に。その後は得点が動かず、1-1の引き分けに終わった。 試合後、ルイス・エンリケ監督は「ドイツ戦で勝てるチャンスがあったにも関わらず、最後の数分で勝てなかったというのは不思議な感覚だ」とコメント。「2試合の後、我々は死のグループをリードしている」と、首位に立っているという事実が大事だとした。 また「目標はグループで首位通過を果たすこと、すでに示したことを確認することだ」と語り、第3戦でしっかり首位を目指すと意気込んだ。 試合については「我々がなんとかリードしたが、ドイツのパニックに付き合ってしまった。そして両者のやり合いが始まった」と語り、「正確さと冷静さが足りず、自分たちの望むところへ試合を持っていけなかった」とコメント。「落ち着くのは難しいが、我々は少し地に足をつけ、冷静さが欠けていた」と、相手に付き合い、冷静に判断してプレーできなかったとした。 チームの雰囲気についても「失望感。それがドレッシングルームで感じられたものだ。ただ、正直に言って負けていたかもしれない」とコメント。逆転される可能性もあったとした。 ターニングポイントとなった点については、1-0とリードした後にマルコ・アセンシオが決定機を逸したシーンをあげ「決定的なものになっただろうと思う」とコメント。それでも「ドイツは強豪国であり、このワールドカップで優勝する可能性を否定する人はいない。我々は彼らと互角に戦ってきた」と、相手は強豪であり変わらず優勝候補であるとした。 スペインは12月1日に第3戦で日本代表と対戦。グループステージ突破を目指す。 2022.11.28 11:10 Mon
twitterfacebook
thumb

日本のベスト16進出の条件は? スペイン戦で敗れれば終了、引き分けでも厳しい状況に…重くのしかかるコスタリカ戦黒星

日本代表の所属するグループEが混沌としている。 カタール・ワールドカップ(W杯)のグループEは27日に第2戦が終了した。 日本代表はコスタリカ代表を相手に試合を優位に進めながらも、0-1で敗戦。勝ち点を伸ばせず、「3」のまま。コスタリカも初戦で7失点の大敗を喫したが、勝ち点を「3」として日本に並んだ。 一方、スペイン代表vsドイツ代表の強豪国同士の一戦は、スペインが先制しながらもドイツが終盤に追いつき1-1のドロー。スペインは勝ち点を「4」とし、ドイツは勝ち点「1」を取ってなんとか踏みとどまった。 第2戦を終えての順位表は以下の通り。 1位:勝ち点4 スペイン代表/+7 2位:勝ち点3 日本代表/0 3位:勝ち点3 コスタリカ代表/-6 4位:勝ち点1 ドイツ代表/-1 結果論ではあるが、日本はコスタリカ戦でしっかりと勝利を収めていれば、グループステージの突破が決定するという状況だった。試合を支配しながら、そしてチャンスを作りながらも勝ち点を積み上げられなかったことの大きさを痛感することになった。 なお、引き分けの場合でもほとんど状況は今と変わらなかっただけに、コスタリカ戦で勝利できなかったことは反省。スペイン戦に全てを懸けなければいけない。 では、日本のグループステージ突破の条件はどうなっているのか。 1.スペインに勝利 この場合、日本の勝ち点は「6」となり首位のスペインを上回ることに。この場合は問答無用でグループステージの突破が決定。得失点差を考えても、コスタリカがドイツに7点差をつけて勝利しない限りは首位での通過となる。 2.スペインに引き分け この場合は日本の勝ち点は「4」となる。首位のスペインは「5」となり突破が決定。日本はコスタリカかドイツと勝ち点「4」で並ぶことになるが、コスタリカが勝ち点で並ぶ場合は引き分けとなり、得失点差が大きいために日本を上回ることはない。 一方、ドイツはコスタリカに勝利した場合に「4」となり、日本との得失点差勝負に。ただ、最低でも得失点差で1を稼ぐために並ぶことが考えられ、2点差以上をつけてコスタリカに勝利すれば、ドイツが2位になる。また、得失点差が並んだ場合は総得点での勝負に。いずれにしても日本は厳しい状況となってしまう。 3.スペインに敗北 この場合、日本はグループステージの敗退が確定する。日本は勝ち点3で留まるが、コスタリカvsドイツが引き分けになれば、コスタリカ、勝敗が付けば勝った方が日本を上回ることになる。 コスタリカ戦の黒星がどれほど重くのしかかったのか。スペインとドイツが引き分けてしまったことで、何倍にも重くのしかかる黒星となってしまった。 逆に、日本はスペインに勝たなければ、グループステージの突破は無くなると考えて良い状況。自らの力で目標に向けた勝利を掴めるのか。大きな試練が立ちはだかることとなった。 <span class="paragraph-title">【画像】日本代表、グループステージ突破条件</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/groupE20221128_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.11.28 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「一歩踏み出しただけ」生き残ったドイツ、フリック監督は選手を称える「心を込めてプレーする戦士がいる」

ドイツ代表のハンジ・フリック監督が、スペイン代表戦を振り返った。ドイツサッカー連盟(DFB)が伝えた。 27日、ドイツはカタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でスペインと対戦した。 初戦で日本代表に逆転負けを喫し、敗れれば敗退の可能性が高まる試合。スペインは初戦で7ゴールの大勝を収め、勝てばグループステージ突破をほぼ決められる試合となった。 試合は強豪国同士の拮抗した展開となると、なかなかゴールが生まれずに後半へ。すると62分にアルバロ・モラタがネットを揺らしてスペインが先制する。 敗れれば敗退の危機が高まるドイツ。すると83分にニクラス・フュルクルクがネットを揺らして同点に。その後は得点が動かず、1-1の引き分けに終わった。 この勝利で、グループステージ突破の可能性を残し、その可能性を高めたドイツ。フリック監督は、選手たちが見せたパフォーマンスを称えた。 「チームは無条件で戦った。しかし、我々は一歩踏み出しただけだ。我々はチームだ。例え読み方が違っても良い一体感がある」 「チームが成し遂げたことは、とても大きなことだ。誇りに思う」 「ピッチには心を込めてプレーする戦士がいる。この勢いに乗り、さらに自信を持てば、色々なことが可能になる」 グループ最下位ながら、最終戦のコスタリカ代表戦で勝利を収めることで勝ち点4に伸ばすことが可能。2位に入ることも考えられる状況となっている。 2022.11.28 09:27 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly