「日本のGKのクオリティに注目すべき」スペイン紙がPKストップなど大活躍のGKシュミット・ダニエルに注目「優美な姿で光を放っていた」

2022.09.28 11:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表と対戦するスペインのメディアも注目を寄せているようだ。27日、日本はキリンチャレンジカップ2022でW杯出場国のエクアドル代表と対戦。0-0のゴールレスドローに終わった。

アメリカ代表相手に2-0で勝利していた日本。スタメン11名全てを変えて臨んだエクアドル戦は、前半は苦戦が続き多くのチャンスを作れず、逆にエクアドルの決定機をGKシュミット・ダニエルを中心に凌いだ。
後半は選手交代で攻撃を改善。上田綺世(セルクル・ブルージュ)を起点に、相馬勇紀(名古屋グランパス)や鎌田大地(フランクフルト)が攻撃を活性化。それでもゴールは割れなかった。

スペイン『アス』は日本のエクアドルに対する対応力を評価した。

「エクアドルは日本の背後を可能な限り狙うためにラインを上げてきた。ただ、日本はひるまなかった」

「日本は非常に堅実で、戦術的にも非常に柔軟で、ボールを奪われた後はすぐに撤退した」

また、この試合で好セーブを連発し、後半にはPKのピンチもセーブしたGKシュミット・ダニエルに注目。警戒すべきだとした。

ルイス・エンリケが指揮を執るスペインは、日本のGKのクオリティに注目すべきだ」

「谷口と伊藤が少しでもミスをすれば、シュミットはエクアドルの侵入を防いだ」

「最も明確なチャンスはエクアドルにあった。ハーフタイムに入る寸前、イバーラがマラドーナばりのドリブルでDFをかわし、日本のポストに当てた」

「アディショナルタイム、エストラーダの奇跡的なヘディングがネットを揺らそうになったが、バーの下でGKがセーブした」

さらにPKストップについても「シュミットは、この夜に優美な姿で光を放っていたが、エネル・バレンシアからゴールを救い、エクアドルの試合を台無しにすることに成功した」と記述。シュミット・ダニエルの活躍を最後まで称えた。

1 2

関連ニュース
thumb

選手採点&寸評:日本代表 1(1 PK 3)1 クロアチア代表《カタールW杯》

5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16の日本代表vsクロアチア代表が行われ、1-1で120分間を終了。PK戦の末に1-3で敗れた。 超WSの選手採点と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/fom20221205jpn_cro_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains. LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 権田修一 6.0 早々に1つセーブ。落ち着いてビルドアップにも参加。この試合でもピンチを防いだ。 DF 3 谷口彰悟 6.0 早々に惜しいヘッド。守備では落ち着いて対応する。やられることはなかったが攻撃に出られなかった。 16 冨安健洋 6.0 ビルドアップでも落ち着いてプレー。守備でもしっかりと対応。一対一でも慌てない。 22 吉田麻也 6.0 激しい守備を見せる。集中して相手の1トップに対応。 MF 5 長友佑都 6.0 積極的に高い位置を取る。攻撃時のサポートも早く守備でもしっかりとカバー。 (→9 三笘薫 6.0) 完全に封じられボールがなかなか回ってこなかった中、カウンターで持ち出し強烈シュート。守備でもしっかりプレー。 6 遠藤航 6.5 気の利いた守備でピンチの芽を摘む。攻撃でもタイミングを見て前に出ていく姿勢。守備で効いていた。 8 堂安律 6.5 間にポジションを取り起点に。先制点に繋がるクロスを上げた。ボールキープと良いプレー。 (→10 南野拓実5.5) しっかりと前からプレスをかけていく。間でボールを受けて繋ぎ役に徹した。 13 守田英正 6.5 モドリッチ、ブロゾビッチを警戒。身体の強さをみせて全く競り負けない。素晴らしい対応を見せていた。 (→17 田中碧 5.5) 延長後半から出場。試合に入るのが難しい中でタイトな守備を見せていた。 14 伊東純也 6.5 いつも以上に攻撃にも出る。惜しいクロスも。守備でも何度も戻って守っていた大車輪の活躍。 15 鎌田大地 5.5 素晴らしい切り返しからのシュートは惜しくも外れる。ポジションを見て動いたが、寄せが甘くなったところから失点。 (→19 酒井宏樹 5.5) 高さを使って競り合いに勝つもファウルを多く取られる。高さでは勝り起点にもなっていた。 FW 25 前田大然 6.5 スピードあるハイプレスが効果的。前半終盤に貴重な先制ゴール。良さを一番出せた試合だった。 (→18 浅野拓磨 5.5) 何度か裏を取る動きを見せているが効果的な攻撃ができず。もう少し精度の高いプレーを見せたかった。 監督 森保一 6.0 今大会初めての先制ゴール。消耗戦を挑み戦えていた中、疲労が見えた選手の交代が遅れた印象。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 伊東純也(日本) ウイングバック、インサイドハーフとポジションを移してフル出場。攻撃でも鋭い突破を見せたほか、守備でもビッグプレーを連発。フル出場で走り続けてチームを助けた。 日本代表 1(1 PK 3)1 クロアチア代表 【日本】 前田大然(前43) 【クロアチア】 イバン・ペリシッチ(後10) 2022.12.06 03:08 Tue
twitterfacebook
thumb

またもPK戦に阻まれた日本代表、悲願のベスト8進出ならず《カタールW杯》

日本代表は5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でクロアチア代表と対戦し、1-1で120分を終了。PK戦の末、1-3で敗れた。 優勝候補のスペイン代表、ドイツ代表が同居したグループEを2勝1敗の首位で通過した日本は、ドイツ戦とスペイン戦で同点ゴールを挙げたラッキーボーイの堂安が今大会初スタメンに。3バックを継続し、[3-4-2-1]で臨んだ。 一方、ベルギー代表、モロッコ代表、カナダ代表が同居したグループFを1勝2分の2位で通貨したクロアチアは、モドリッチ、ブロゾビッチ、コバチッチの不動の中盤3枚がスタメンとなった。 立ち上がり、アグレッシブな入りを見せた日本は開始3分、CKのサインプレーから谷口が決定的なヘディングシュートを浴びせた。 良い入りを見せた日本だったが8分にピンチ。冨安のバックパスミスからペリシッチにボックス内に侵入されてシュートを打たれたが、GK権田が好セーブで凌いだ。 失点を逃れた日本は5バックで構えながら攻撃の時間も作り、前回準Vのクロアチア相手に対等に渡り合っていく。 互角以上の内容で試合を運んでいた日本だったが、前半半ば過ぎからロングボールとサイド攻撃に揺さぶられ始め、ペースを乱していく。 それでもハーフタイムにかけてしっかりと持ち直すと、41分に絶好機。ロングカウンターの流れから遠藤のスルーパスでボックス左に侵入した鎌田がシュートに持ち込むも枠を捉えきれなかった。 これは決めきれなかった日本だったが、43分に先制する。CKの流れから右サイド、堂安の鋭いクロスをファーサイドの吉田が折り返し、最後は前田が押し込んだ。 前田の今大会初シュートが先制ゴールとなった日本は迎えた後半、果敢に追加点を狙いに行く姿勢を見せていったが、55分に失点する。右サイドからのユラノビッチのアーリークロスをファーサイドのペリシッチにヘディングシュートで決められた。 追いつかれた日本は遠藤のミドルシュートですかさず応戦するも、63分に大ピンチ。モドリッチの正確無比なミドルシュートが枠を捉えたが、GK権田がファインセーブで凌いだ。 その後、三苫と浅野を投入して勝負に出た日本はクロアチア相手に一歩も引かない戦いを見せた中、1-1のまま後半終盤へ。結局、90分では決着が付かず、1-1で延長戦に突入した。 その延長戦も日本が優勢に試合を進めると、同前半9分にクロアチアは疲労困憊のモドリッチとコバチッチを交代させる。クロアチアの両主力がピッチを去った中、日本は同15分に勝ち越しのビッグチャンス。三苫が持ち上がってボックス手前から強烈なミドルシュート。枠を捉えていたが、GKリヴァコビッチの正面だった。 迎えた延長後半は互いに譲らず互角の攻防で推移。両チームが死力を尽くした中、120分を終了。迎えたPK戦では相手GKリヴァコビッチに3本のシュートを止められた日本は、1-3で敗戦。2010年南アフリカW杯に続き、PK戦に阻まれて初のベスト8進出はならなかった。 2022.12.06 02:47 Tue
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、コバチッチ、ブロゾビッチ勢揃い! 日本代表戦に臨むクロアチア代表スタメン発表

カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16に臨むクロアチア代表が日本代表戦に向けたスターティングメンバーを発表した。 2018年のロシアW杯では決勝に進んだクロアチア。その悔しさを晴らすべく臨んだ今大会は、グループFに入り、1勝2分けで2位通過となった。 2試合が0-0という結果、1試合は4ゴールを奪う快勝というクロアチア。試合巧者ぶりを見せる一方で、圧倒的な攻撃力がないことが危惧されている。 そのクロアチアだが、日本戦に向けてはベストメンバーを並べることに。中盤にはルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、マテオ・コバチッチ(チェルシー)、マルセロ・ブロゾビッチ(インテル)が並ぶこととなった。 またセンターバックにはデヤン・ロブレン(ゼニト)、ヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ)が並び、前線にはイバン・ペリシッチ(トッテナム)、アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)らが並んだ。 ◆クロアチア代表スタメン GK:ドミニク・リヴァコビッチ DF:ヨシプ・ユラノビッチ、デヤン・ロブレン、ヨシュコ・グヴァルディオル、ボルナ・バリシッチ MF:ルカ・モドリッチ、マルセロ・ブロゾビッチ、マテオ・コバチッチ FW:アンドレイ・クラマリッチ、ブルーノ・ペトコビッチ、イバン・ペリシッチ 2022.12.05 23:07 Mon
twitterfacebook
thumb

新しい景色へ、日本代表スタメン発表!2ゴールの堂安律がスタメン、久保建英はメンバー外…3バック採用でクロアチア撃破に挑む

カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16に臨む日本代表が、クロアチア代表戦のスターティングメンバーを発表した。 7大会連続7度目のW杯出場となった日本。新しい景色としてベスト8以上の結果を目標に設定して臨んだ大会では、ドイツ代表、スペイン代表と同居したグループステージで両国に勝利を収め、グループ首位でラウンド16に駒を進めた。 そのラウンド16の相手はクロアチア。1998年のフランスW杯、2006年のドイツW杯と2度本大会で対戦したことがあり、1分け1敗という成績。さらに、2018年の前回大会でクロアチアは準優勝の成績を残しており、日本にとってはまたしても難しい相手との試合となった。 その日本は、[3-4-2-1]のシステムを採用すると予想。GKに権田修一(清水エスパルス)を4試合連続で起用。最終ラインにはDF冨安健洋(アーセナル)が初先発。DF吉田麻也(シャルケ)、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)、DF長友佑都(FC東京)が並んだ。なお、DF板倉滉(ボルシアMG)は出場停止となる。 ボランチにはMF遠藤航(シュツットガルト)とMF守田英正(スポルティングCP)が入り、攻撃的なポジションにはMF鎌田大地(フランクフルト)、MF伊東純也(スタッド・ランス)、そして今大会2ゴールのMF堂安律(フライブルク)を起用。1トップにFW前田大然(セルティック)という並びになった。 なお、体調不良で練習を欠席していた久保建英(レアル・ソシエダ)はメンバー外となっている。 新しい景色まではあと1つ。クロアチアという巨大な壁を乗り越えられるか。試合は24時にキックオフを迎える。 ◆日本代表スタメン GK:権田修一 DF:冨安健洋、吉田麻也、谷口彰悟 MF:伊東純也、遠藤航、守田英正、長友佑都 MF:堂安律、鎌田大地 FW:前田大然 2022.12.05 22:46 Mon
twitterfacebook
thumb

【新しい景色へ導く期待の選手】「どうあがいても長谷部誠になれない」から4年5月。偉大な主将を超える!/吉田麻也(シャルケ/DF)

日本代表は悲願のワールドカップ(W杯)ベスト8入りを果たせるのか…。その命運を左右する大一番・クロアチア戦が今日5日にアルワクラのアルジャノブ・スタジアムで行われる。 「クロアチアは強い相手。簡単な試合には絶対にならないと思いますし、引き締めながらやっていくつもりです」とキャプテン・吉田麻也(シャルケ)は決戦前夜、強い決意を胸にこう語っていた。 ご存じの通り、日本は2002年日韓、2010年南アフリカ、2018年ロシアと過去3度決勝トーナメントに進みながら、その先の道を断たれている。2002年はトルコのウミト・ダバラのヘディング一発に沈み、2010年はパラグアイ戦での駒野友一(FC今治)のPK失敗に泣き、2018年はベルギーの14秒の高速カウンターを前に敗れ去った。 森保一監督も吉田もその歴史を忘れたことはない。とりわけ、4年5カ月前の「ロストフの悲劇」をピッチ上で味わった34歳のキャプテンは「自分たちが歴史を変える」という意気込みでこの4年間、戦い抜いてきたのだ。 「自分はどうあがいても長谷部誠(フランクフルト)にはなれない」と号泣したカザンでの1シーンは今も鮮明だ。W杯3大会で主将を務め、日本代表をけん引してきた偉大な先輩から大役を引き継ぐプレッシャーは、やはり凄まじいものがあったはずだ。 「当初はすごく長谷部さんを意識していたんですけど、どこか明確には覚えていないんですけど、気にしなくなりましたね。自分には自分のよさがあると思っていますし、いろんなキャプテンを見て、いいところを吸収してきたつもりなので。よく言うと『ハイブリット型』で自分で積み上げてきたつもりです」 「それを評価するのはみなさんだし、チームメイトだし、見ている方々。僕はいつも通り僕らしくやればいいかなと。その先に結果が出れば、自分がやってきたことが正しかったと証明される。それはもう、その時に判断してください」 クロアチア戦前日の4日、吉田は神妙な面持ちでこう語ったが、この4年間のチームマネージメントは本当に難しかった。川島永嗣(ストラスブール)、長友佑都(FC東京)以外のベテランが去り、どんどん若返りが進む中、彼らをまとめ、同じ方向へと導く作業は容易ではなかった。 しかも、2020年からはコロナ禍に突入。感染対策のため、国内組と海外組の移動バスや宿泊先のフロアを分けたり、リラックスルームがなくなったり、円卓で食事を摂れないなど、コミュニケーションの場が激減。活動期間が限られる代表チームにとってそれは大きなマイナス面だったが、吉田は吉田なりに努力して意思統一を図ってきた。森保監督とも話をする時間を多く取るなど、歴代キャプテンの中で彼ほど周囲に気を配りながら一体感醸成に努めてきた人物はいなかったと言っていいだろう。 彼自身も1プレーヤーとして難しい立場を余儀なくされることがあった。2012年から在籍したサウサンプトンで徐々に出番が減り、2020年1月にはサンプドリアへ移籍。イタリアで順調なキャリアを歩んでいると思われたが、2022年頭のケガをきっかけに一気に出場機会を失うことになった。 今年6月の代表活動期間には「今後の身の振り方? 何かいいアイディアがあったら教えてください」と冗談交じりに語ったが、本人の中では半年後に迫ったW杯にプラスになる環境を模索し続けたはずだ。 その結果、シャルケに移籍したが、年俸は大幅にダウンしたという。それでも「試合に出続け、初戦の相手・ドイツという国のサッカーを身を持って知ることが大切」と腹を括った。その新天地では失点を重ね、チームも下位に低迷、吉田には厳しい評価が突きつけられた。板倉滉(ボルシアMG)、冨安健洋(アーセナル)の成長もあって、代表の地位も盤石ではなくなったが、彼は彼にできることを全てやり切って、今大会に照準を合わせてきたのである。 「クロアチアは1失点しかしていなくて、しかもモロッコ、ベルギーにクリーンシート。伝統的に粘り強く守ることに長けているので、確実にタフで堅くて難しい試合になると思うんですよね」 「ただ、時間が過ぎれば過ぎるほど、僕らに分があるんじゃないかなと。0-0の時間を長くする、もしくは先制点を先に取るのが非常に大事なこと。ここまでグループリーグは3試合先制されて、2試合は逆転しましたけど、その展開はかなり難しくなる。だからこそ、次は先に点を取りたいですね」 その考えは森保監督も同じだろう。となれば、今回は多少早い段階から勝負をかけることも考えられる。ここまで2ゴールの堂安律(フライブルク)の先発起用なども想定されるところだ。そこでうまく点を取れたら、吉田らDF陣がガッチリとクロアチアを守り倒すことが肝要。「ロストフの悲劇」の生き証人は同じ轍を踏むことはないはずだ。 悲願の8強を達成し、吉田が長谷部超えを果たし、嬉し涙を流す姿を我々は心から待ち望んでいる。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.12.05 22:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly