デルフが32歳の若さで現役に別れ…アストン・ビラやシティ、エバートンでプレー

2022.09.28 07:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表MFファビアン・デルフ(32)が現役引退を発表した。

昨シーズン限りでエバートンを退団して以降、フリーの状態が続いていた32歳は、27日に自身の公式インスタグラムを通じて現役に別れを告げた。

「今日、僕はこの美しいゲームが自分に与えてくれた幸せと感謝だけを伝え、引退を発表するよ」
「家族と友人。これまで在籍してきた素晴らしいクラブで共に働いたプレーヤー、スタッフに対して、声を大にして感謝を伝えたい。同様に僕は幸運にもそのクラブの代表としてプレーするだけでなく、ファンから素晴らしいサポートを受けた。それに対しても感謝を伝えるよ」

ブラッドフォードとリーズ・ユナイテッドの下部組織でプレーしたデルフは、リーズでプロキャリアをスタート。その後、2009年にプレミアリーグに所属するアストン・ビラにステップアップを図ると、豊富な運動量と戦術眼、複数のポジションをカバーするユーティリティー性を武器に中盤の主力として台頭した。

2015年夏からはマンチェスター・シティでプレー。本職の中盤だけでなく、左サイドバックをこなすマルチロールな働きを見せ、多才なバックアッパーとして合計7個のタイトル獲得に貢献した。

2019年夏には出場機会を求めてエバートンに加入したが、度重なるケガの影響もあり、在籍3シーズンで41試合の出場にとどまっていた。

これまでのキャリアを通じてはプレミアリーグ通算204試合に出場し、7ゴール10アシストの数字を残した。

また、2014年にデビューを飾ったイングランド代表では通算20キャップを記録していた。


関連ニュース
thumb

デレ・アリがトルコで苦戦…ベシクタシュ新指揮官も辛辣評価「期待を下回っている」

ベシクタシュでプレーする元イングランド代表MFデレ・アリだが、なかなかうだつが上がらないシーズンを過ごしているようだ。 トッテナムでブレイクしたデレ・アリは、アントニオ・コンテ監督の下で構想外の扱いを受け、今年1月にフリーでエバートンへ移籍。しかし、エバートンでも同胞のフランク・ランパード監督の信頼を掴むことができず、今夏に再起を図ってベシクタシュにレンタルすることになった。 トルコではここまでリーグ戦7試合に出場しており、ケガによる欠場を除けば全試合で先発出場中。しかし、先日にヴァレリアン・イスマエル監督が解任され、新たにシェノル・ギュネシュ監督が就任すると、その初陣となった直近のウムラニエスポル戦はハーフタイムでの交代を命じられていた。 試合後にギュネシュ監督は「就任すれば選手に私の方針や戦術を伝えることはできるが、デレ・アリにはまだ伝わっていないようだ」と戦術理解度、あるいは態度を批判。また、「選手としてデレ・アリのことは論じないようにしたい。だが、彼は効率性という点で期待を下回っていた」と、初陣のパフォーマンスでは必要なレベルに達していないとの評価を下した。 新天地でも苦戦が続くデレ・アリ。ベシクタシュは買取オプションを持っているが、現状で行使される可能性は低そうだ。 2022.11.01 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートンがウルブスの10番ポデンセに関心、来夏にコーディと2枚獲りへ?

エバートンが、ウォルバーハンプトンの元ポルトガル代表FWダニエウ・ポデンセ(27)に関心を寄せているようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 ポデンセはスポルティングCPの下部組織出身で、2020年1月にオリンピアコスからウルブスへ移籍。身長165cmと小柄ながらも切れ味鋭いドリブルが特徴で、背番号10を纏って通算81試合12得点8アシストを記録している。 今季のウルブスは深刻な得点力不足に陥り、両ワイドが主戦場のポデンセも12試合で2得点。契約は2024年6月までながら、代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏とともに今季終了後の移籍を模索し始めたとされる。 そんななか、移籍先として挙がるのがエバートン。同クラブは今夏にウルブスからイングランド代表DFコナー・コーディ(29)を1年レンタルで獲得し、来夏は完全移籍移行に関する話し合いに。並行してポデンセも議題にする思惑のようだ。 2022.10.27 16:16 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ監督がリシャルリソンのW杯出場の可能性を否定せず…「深刻なケガではない」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、エバートン戦で負傷したブラジル代表FWリシャルリソンの状態について言及した。 15日のプレミアリーグ第11節でエバートンをホームに迎え撃ち、2-0で勝利したトッテナム。この試合でも3トップの一角で先発したリシャルリソンだが、左足ふくらはぎを痛め、52分に交代。試合後には松葉杖姿でスタジアムを後にしていた。 次節のマンチェスター・ユナイテッド戦に向けた会見に臨んだコンテ監督は、その中でリシャルリソンの状態について以下のようにコメントした。 「リシャルリソンがワールドカップに絶対に間に合わないということはない」 「彼は負傷をしてしまったが、それは深刻なケガではない。私は彼がワールドカップ前に、我々のために試合に復帰することを願っている」 2022.10.18 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「日頃の練習で積み重ねる努力に報いるパフォーマンスぶり」 コンテ監督が連勝に満足

トッテナムのアントニオ・コンテ監督がコメントしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 15日のプレミアリーグ第11節でエバートンをホームに迎え撃ったトッテナム。FWハリー・ケインのリーグ5戦連続ゴールにMFピエール=エミール・ホイビュアの追加点で2-0と勝利した。 リーグ戦2試合連続の無失点勝利で週明けのミッドウィークに予定する次節のマンチェスター・ユナイテッド戦に弾みをつけたコンテ監督。試合後、選手の働きぶりに満足感を示した。 「驚きではなかったが、今夜の試合で披露したインテンシティあるプレーは本当にポジティブなものだった。正しい形で仕事をすれば、選手のパフォーマンスはいつだって向上するからだ」 「2日前に試合をしたばかりだが、選手たちが最初から最後まで走り続けてくれた。特に、選手たちを喜ばしく思う。日頃のトレーニングで積み重ねる努力に報いるパフォーマンスぶりだから」 そんなトッテナムは今季のホーム戦で無類の強さを誇り、7試合を戦って全勝中。イタリア人指揮官もファン、サポーターの後押しを感じているようだ。 「ファンのことを思うと本当に嬉しいね。あのような素晴らしい雰囲気のなかでプレーができ、ファンが我々の名前を歌ってくれるのは我々を誇らしく思わせてくれ、このクラブのためにもっともっと頑張ろうという気にさせてくれる」 2022.10.16 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズが公式戦3連勝! ケインがクラブ400試合出場祝う自身初のリーグ5戦連続ゴール《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第11節、トッテナムvsエバートンが15日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-0で勝利した。 現在、3位のトッテナムは前節、4位のブライトンとの上位対決に1-0で競り勝って公式戦3試合ぶりの白星を奪取。続くチャンピオンズリーグ(CL)ではフランクフルト相手にソン・フンミン、ケインの両エース揃い踏みの活躍で3-2の勝利。混戦のグループで首位に浮上した。 公式戦3連勝を目指すコンテのチームは週明けにマンチェスター・ユナイテッドとの上位対決を控える中、リーグトップタイの堅守を誇る12位のエバートンをホームで迎え撃った。フランクフルト戦からは先発3人を変更。ラングレとエメルソン、セセニョンに代えてベン・デイビス、ドハーティ、ペリシッチを起用。古巣初対戦のリシャルリソンもスタメンでピッチに立った。 エバートンが直近の[4-3-3]から守備的な[5-3-2]に布陣を変えて臨んだ中、立ち上がりからボールを握ってハーフコートゲームを展開するトッテナム。開始6分にはペリシッチの左クロスに反応したリシャルリソンが古巣のゴールへ向けてヘディングシュートを放つが、これは枠を捉え切れない。 立ち上がり以降はエバートンがボールポゼッションで盛り返し、試合は一進一退の攻防に。その流れの中でトッテナムは22分にボックス手前からケインのミドルシュート、エバートンは直後の23分にコーディのロングフィードに抜け出したグレイがボックス右に持ち込んでのシュートと、互いに際どいシーンを作り出す。 前半半ばから終盤にかけては再びトッテナムが主導権を握るが、後ろ重心で徹底的にスペースを消す相手の堅守に苦戦。なかなか流れの中で決定機まで持ち込めない上、今季破壊力を見せるセットプレーも不発。逆に、43分にはバックラインでのコミュニケーションミスからオナナにボックス内への侵入を許すが、ここはDFダイアーの懸命な寄せとGKロリスの適切なポジショニングでシュートミスを誘発し、事なきを得た。 アタッキングサードでの停滞感が目立った前半を経てゴールレスで後半に臨んだトッテナム。後半も押し気味の入りを見せたが、早い時間帯にアクシデント発生。左ふくらはぎを痛めたリシャルリソンがプレー続行不可能となり、52分にビスマをスクランブル投入。これで並びを[3-5-2]に変更した。 主力の負傷交代で嫌な空気が漂うが、この直後には後半最初の決定機が訪れる。攻撃参加したベン・デイビスがボックス手前左から上げたクロスをボックス右のケインが右足ダイレクトで合わすが、これはGKピックフォードのビッグセーブに遭う。さらに、こぼれ球をソン・フンミンが同じくダイレクトで狙うが、これは枠の右に外れた。 この決定機を逸したものの、システム変更がプラスに働いたホームチームは良いリズムで攻撃を仕掛け始めると、58分にはボックス右でドハーティが放ったシュートがGKピックフォードのファンブルを誘う。そして、こぼれ球にいち早く反応したケインが倒されてPKを獲得。これをケイン自らゴール左隅に強いシュートで決め切り、クラブ通算400試合目のメモリアルゲームを祝う通算258ゴール目を奪取。さらに、自身初のリーグ戦5試合連続ゴールも達成した。 守備的に入りながらも先に失点したエバートンは、67分にモペイとコールマンを下げてキャルバート=ルーウィン、ガーナーを同時投入。ただ、並びは[5-3-2]を継続し、イウォビを右のウイングバックに移した。 やや相手が前に出てきたことでカウンターから追加点を狙うトッテナムは、70分にペナルティアーク付近のケインが鋭い反転シュートを枠に飛ばすが、これはGKピックフォードのセーブに阻まれる。 その後は安定した守備で相手に決定機を許さずに時計を進めていくホームチームは、後半終盤の86分に勝利を決定づける2点目を奪い切る。前線でロングボールを何とか収めたケインが右サイドでスペースを狙うベンタンクールを走らせるスルーパスを供給。深い位置まで運んだベンタンクールはニアへのランニングで複数のDFを引っ張ったソン・フンミンの背後へ抜け出したホイビュアにマイナスの折り返しを通すと、これを収めたデンマーク代表MFの右足のシュートがイウォビの出した足にディフレクトしてゴール右隅に決まった。 その後、4枚の交代カードを切って試合をクローズしたトッテナムがリーグ戦2試合連続のクリーンシートを達成し、公式戦3連勝を達成。週明けのユナイテッドとのビッグマッチに弾みを付けている。 2022.10.16 03:27 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly