ベリンガム弟がバーミンガムとのプロ契約にサイン! 兄在籍ドルトやリバプール関心の逸材

2022.09.23 23:49 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バーミンガム・シティは23日、U-18イングランド代表MFジョーブ・ベリンガム(17)とプロ契約を締結したことを発表した。

バーミンガム育ちで現在はドルトムントで活躍するイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)を兄に持つベリンガム。実兄と同様に攻撃的MFを主戦場に、アスリート能力とテクニックに優れる万能型は、今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)ですでに4試合に出場するなど、ここまでトップチームで通算7試合に出場している。

ここ数カ月では兄の在籍するドルトムントに加え、リバプールといった国内クラブの関心を集めていたが、今年7月にバーミンガムのオファーを受け入れた同選手は、プロ契約が可能となる17歳の誕生日に故郷のクラブとの契約にサインすることになった。


関連ニュース
thumb

ユナイテッドの19歳MFハンニバル、武者修行先の指揮官から忠告「感情のコントロールを」

マンチェスター・ユナイテッドが保有権を持つチュニジア代表MFハンニバル・メイブリが気性の荒さを指摘されている。イギリス『サン』が伝えた。 19歳のハンニバルはユナイテッドの下部組織出身で、昨年5月にファーストチームでプロデビュー。今季はチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガムへと武者修行に出ており、加入後のリーグ戦全11試合に出場するなど、着実に経験値を積み上げている。 28日のQPR戦では1アシストを挙げ、2-0の勝利に貢献。一方、試合開始早々の7分にイエローカードを受け、54分に途中交代に。ジョン・ユースタス監督は試合後のインタビューでハンニバルが退場に直結するような危険なプレーを連発していたと語り、感情の昂りをコントロールしなければならないと忠告している。 「私は彼をハーフタイムに下げるつもりだった。彼にそのことを伝えると『大丈夫だ』と返された。だが、それを信じられたのは後半のキックオフから4分間だけだ」 「彼はファンタスティックなプレーを披露する選手。彼のすることを邪魔するつもりはないが、試合中に自らの感情をコントロールすることの重要性だけは必ず認識してもらわなければならない」 「まだ19歳で多くを学んでいる最中。今日のことについては彼と話すつもりだ。私は彼を退場させるわけにはいかなかったのだよ。彼を下げたのは危険を冒していたから。(イエローカード時の)タックルを見た瞬間に下げるべきだと悟った」 6月には日本代表との試合にも出場し話題に。カタール・ワールドカップでも活躍が期待されるが、感情のコントロールは若いうちに学んでおいた方が良いだろう。 2022.10.30 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグで活躍した元スウェーデン代表MFラーションが37歳で現役引退へ

バーミンガムやサンダーランドで活躍したAIKソルナの元スウェーデン代表MFセバスティアン・ラーション(37)が、スウェーデンリーグが終了する11月6日をもって現役を引退することを発表した。 アーセナルでプロデビューを飾ったラーションは、正確なキックを武器に頭角を現し、2006年に加入したバーミンガムでレギュラーとして活躍。公式戦205試合の出場で26ゴール26アシストを記録した。 そして2011年から在籍したサンダーランドでも主力として活躍。公式戦203試合の出場で14ゴール23アシストを記録した。プレミアリーグ通算では282試合に出場、26ゴール28アシストをマークした。 スウェーデン代表としては133試合に出場、ユーロ2008、ユーロ2012、ユーロ2016、2018年ロシア・ワールドカップ、ユーロ2020に出場し、長年に渡って主力を務めてきた。 2018年夏にハル・シティから加入した母国AIKソルナがキャリア最後のクラブとなった。 2022.10.14 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表、デイビス&アレンがケガで不参加…18歳MFを初招集《UEFAネーションズリーグ》

ウェールズサッカー協会(FAW)は19日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23に向けたメンバーの変更を発表した。 ロバート・ページ監督は、チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティに所属するMFジョーダン・ジェームズ(18)を初招集した。 ジェームズは、世代別のウェールズ代表を経験したほか、2022年3月にはU-20イングランド代表にも招集され2試合に出場した実力がある。 バーミンガムの下部組織出身で、ここまでファーストチームでは31試合で1ゴール2アシストを記録していた。 なお、トッテナムのDFベン・デイビスとスウォンジー・シティのMFジョー・アレンはケガのために招集外に。デイビスは足の小さな骨折、アレンはハムストリングの問題だという。 ウェールズは、22日にベルギー代表とアウェイで、25日にポーランド代表とホームで対戦する予定となっている。 2022.09.20 10:23 Tue
twitterfacebook
thumb

タヒス・チョンが語るユナイテッドからの完全退団 「論理的な決断だった」

今夏に慣れ親しむマンチェスター・ユナイテッドとの別れを決断したMFタヒス・チョンだが、当然の成り行きと感じているようだ。 フェイエノールトの下部組織出身で、ユナイテッドのアカデミーからシニアデビューを果たしたチョン。左利きのウィンガーとして期待された若手の1人だったが、出番に恵まれず、2020年8月からブレーメン、クラブ・ブルージュ、バーミンガムで修行を続けた。 昨季はバーミンガムで過ごして、チャンピオンシップ20試合で1得点3アシストの成績を残し、今夏にひとまずユナイテッドに復帰。プレシーズンを経て、そのまま今季の開幕を迎えたが、完全移籍という形で改めてバーミンガムに活躍の場を求めることとなった。 度重なるケガにも泣かされ、ユナイテッドで主力を張るという夢叶わず、より出番が見込めるクラブに旅立った22歳はイギリス『Birmingham Live』で今夏に下した決断を振り返っている。 「もちろん、ユナイテッドは世界で最も大きなクラブの1つだけど、どこかで自分のキャリアや達成したいことで、自分自身を見つめ直す必要がある。僕は年齢的にも試合でプレーしたいステージに入った。選手は試合に出ることで成長する。日々の練習でも成長できるけど、やっぱり試合なんだ」 「そういう状況じゃなかったり、1回のプレーから4、5週間の間隔が空くのは物足りない。僕からすれば、試合に出られないのならどこかで試合に出ないとっていう論理的な決断だった。僕のキャリアに関して言えば、目標や達成したいことがあって、そのために試合でプレーといけないんだ」 「ユナイテッドでプレシーズンを過ごしてから家族やクラブと話をし、自分が毎週にわたって試合に出て、選手として成長し続けられるステージに立ちたいと感じた。正しい決断だったと思う」 2022.09.12 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの若手チョンが再びバーミンガムへ! 今度は4年契約の完全移籍に

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムは1日、マンチェスター・ユナイテッドからオランダ人MFタヒス・チョン(22)の獲得を発表した。契約は4年間となる。 チョンは左利きのウィンガーで、フェイエノールトの下部組織出身。2019年1月にユナイテッドのユースからトップチームデビューしたが、出番に恵まれず、2020年8月からブレーメン、クラブ・ブルージュ、バーミンガムで修行を続けた。 そのバーミンガムでチャンピオンシップ20試合に出場して1得点3アシストの成績を残し、今夏にひとまずユナイテッドに復帰。そのまま今季の開幕を迎えたが、完全移籍という形で改めてバーミンガムに活躍の場を求めることとなった。 チョンはクラブ公式チャンネルで「バーミンガムに戻ってこれて興奮しているよ。特に、昨季を過ごしてから、バーミンガムは僕の第二の故郷だという思いがずっとあった」とコメントしている。 2022.09.02 08:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly