浅野在籍のボーフムの新指揮官決定! フィテッセで手腕発揮のレッシュ氏に

2022.09.23 06:07 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
浅野拓磨の所属するボーフムは22日、トーマス・レッシュ氏(54)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年となる。

なお、レッシュ氏は直近までエールディビジのフィテッセを指揮しており、クラブとの契約が今シーズン終了まで残っていたため、ボーフムが違約金を支払うことになるようだ。

今シーズンの開幕からブンデスリーガ6連敗で最下位に低迷したボーフムは、今月12日にトーマス・レイス監督(48)を解任。U-19チームを率いるハイコ・ブッチャー氏を暫定指揮官に据えた直近のケルン戦は1-1のドローに終わり、今季初の勝ち点1を手にしたが、インターナショナルマッチウィーク期間での新指揮官招へいが急務となっていた。
そういった中、逆転残留を託されたのは、ドイツ国内ではほぼ無名もオーストリアとオランダで実績を残してきたドイツ人指揮官のレッシュ氏だ。

ドイツの下部リーグで下積みを積んだレッシュ氏は、2012年からオーストリアの新興クラブであるレッドブル・ザルツブルクでユースカテゴリーの指揮官やトップチームのコーチ、リザーブチームにあたるリーフェリングの監督を歴任。直近ではオーストリア・ウィーン、フィテッセを指揮した。

そのフィテッセではリーグ戦で4位と6位という安定した成績を残した上、2020-21シーズンはKNVBカップ準優勝、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグでは初代王者ローマを苦しめてのベスト16敗退と、カップ戦においても確かな手腕を発揮していた。

現在、最下位のボーフムでブンデスリーガ初采配となる54歳は、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。

「もちろん、新しいチームをすぐに知り、チームと一緒に今後のタスクに取り組むことを楽しみにしている」

「我々の大きな目標は、ボーフムが来シーズンもブンデスリーガでプレーし続けることだ。我々はこれを達成するために懸命に努力する。ファンはこれまで並外れた方法でチームをサポートしてくれた。そして、我々はこのサポートを引き続き必要としている。結束とコミュニティがあってこそ、我々は成功することができる」

レッシュ氏率いる新生ボーフムの初陣は、インターナショナルマッチウィーク明けのブンデスリーガ第8節のRBライプツィヒ戦となる。

関連ニュース
thumb

【ブンデス日本人選手】浅野が今季初ゴールを記録し大勝に貢献!シュツットガルトは日本人3選手が揃ってフル出場

ブンデスリーガ第19節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第19節では板倉、伊藤、遠藤、原口、鎌田、長谷部、堂安、吉田、上月、浅野が先発出場が途中出場した。 浅野拓磨の所属するボーフムは、4日にホッフェンハイムホームで対戦。浅野が2試合ぶりの先発となった一戦は、前半からボーフムの攻撃陣が躍動。22分にフィリップ・ホフマンのゴールで先制すると、30分にはフィリップ・フェルスターが追加点を奪う。 立て続けに得点を奪ったボーフムは、だったが、40分に待望の瞬間が訪れた。クリストファー・アントウィ=アジェイのパスを相手陣内に入ったところで受けた浅野がドリブルで中央を切り裂くと、そのままボックス内まで侵入。スピードに乗ったまま冷静に相手GKの股間を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 3点差としたボーフムは、後半にホッフェンハイムに2点を返されたが、69分にエルハン・マショビッチ、83分にモリッツ・ブロシンスキがゴールネットを揺らし、5-2で勝利した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽2/4 ボルシアMG 0-0 シャルケ ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽2/4 フランクフルト 3-0 ヘルタ・ベルリン ◆69分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽2/4 フランクフルト 3-0 ヘルタ・ベルリン ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽2/4 ドルトムント 5-1 フライブルク ◆67分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽2/4 ボルシアMG 0-0 シャルケ ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽2/4 ボルシアMG 0-0 シャルケ ◆66分までプレー ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽2/5 シュツットガルト 0-2 ブレーメン ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽2/5 シュフル出場ツットガルト 0-2 ブレーメン ◆ ★原口元気[シュツットガルト] ▽2/5 シュツットガルト 0-2 ブレーメン ◆フル出場 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽2/4 ボーフム 5-2 マインツ ◆84分までプレー 2023.02.06 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「これは化け物」「めっちゃいいゴール」浅野拓磨が今季リーグ戦初ゴール! 高速シザーズにGK股抜きの技あり弾「うますぎる」

ボーフムの日本代表FW浅野拓磨が待望のリーグ戦初ゴールを記録した。 ボーフムは4日、ブンデスリーガ第19節でホッフェンハイムをホームに迎えた。 シーズン再開後4試合連続での出場となった浅野。2列目の右サイドで先発した。 この試合ではチームの攻撃陣が躍動。22分にフィリップ・ホフマンのゴールで先制すると、30分にはフィリップ・フェルスターが追加点を奪う。 幸先良く2ゴールを奪ったボーフムだったが、40分に待望の瞬間が訪れた。 味方がボールを繋ぐと、相手陣内に入ったところでクリストファー・アントウィ=アジェイのパスを受けた浅野がドリブル開始。中央突破すると、そのままドリブルで持ち込みボックス内に侵入。スピードに乗ったまま冷静に相手GKの股間を抜くゴールを決めた。 技ありゴールを決めた浅野。これが今シーズンのブンデスリーガ初ゴールに。ファンは「エグぅ」、「浅野うまい!!」、「これはうまい」、「早すぎる」、「浅野らしいゴール」、「めっちゃいいゴール」とコメント。相手DFを抜いたシザーズには「うますぎる」、「これは化け物」と称賛の声が集まった。 試合はその後もボーフムが得点を重ね、5-1で快勝。浅野もここから勢いに乗れるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】浅野待望のリーグ戦初ゴール!高速シザーズからGKの股間を抜く技あり弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="v4aYaFIQASA";var video_start = 37;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴール速報】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%85%E9%87%8E%E6%8B%93%E7%A3%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浅野拓磨</a><br>持ち前のスピードを活かしてドリブル突破!<br>遂に今季ブンデス初ゴール!!!<br><br><a href="https://t.co/fHRRTBHmsD">https://t.co/fHRRTBHmsD</a><a href="https://twitter.com/AsaTaku29?ref_src=twsrc%5Etfw">@AsaTaku29</a><a href="https://twitter.com/VfLBochum1848EN?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfLBochum1848EN</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BD%93%E6%84%9F%E3%81%9B%E3%82%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ドイツサッカーを体感せよ</a> <a href="https://t.co/90fOde9UAs">pic.twitter.com/90fOde9UAs</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1621892286987800576?ref_src=twsrc%5Etfw">February 4, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.05 09:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「ファッションいつも攻めてる」「サムライブルーの色」浅野拓磨が久々の私服ショットを投稿!毎度コメントを返す前田大然も恒例の反応

ボーフムの日本代表FW浅野拓磨がインスタグラムを更新。久しぶりに私服ショットを投稿した。 カタール・ワールドカップ(W杯)を終えてボーフムに戻った浅野。再開後のブンデスリーガでも3試合すべてに出場中で、2月4日にはブンデスリーガ第19節のホッフェンハイム戦を控えている。 浅野は自身のインスタグラムを更新。ベージュのバケットハットに鮮やかな青が映えるダウンジャケットを着用し、ワイドなデニムとスポーティーなスニーカーを合わせた私服姿を投稿。カフェやストリートでの写真をアップしている。 浅野の私服姿にはファンも「拓ちゃんのファッションはいつも攻めていて、とても似合うと思う」、「サムライブルーの色ですね」、「ブレててもかっこいい」、「かっこいいです」とコメントを寄せたなか、浅野が私服姿を投稿するとほぼ必ずコメントしているセルティックの日本代表FW前田大然もしっかり反応。「cool」と恒例のコメントを送っていた。 <span class="paragraph-title">【写真】青のダウンジャケットが映える浅野拓磨の私服ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoCM1LuoB1R/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoCM1LuoB1R/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoCM1LuoB1R/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Takuma Asano(@asatakugram)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.31 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【ブンデス日本人選手】鎌田アシストの同点弾でフランクフルトがバイエルンとドロー

ブンデスリーガ第18節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第18節では板倉、伊藤、遠藤、長谷部、堂安、吉田、上月が先発出場、鎌田、原口、浅野が途中出場した。 長谷部が先発したフランクフルトは、アウェイで首位バイエルンと対戦。試合は34分に右サイドからミュラーの上げたクロスをサネがボレーで蹴り込 み、バイエルンが先制。 1点のビハンドで迎えた後半、攻め手を欠くフランクフルトは64分に鎌田を投入。すると69分、ロングカウンターに転じた流れから鎌田とコロ・ムアニが連係。鎌田のシュートフェイクからのラストパスをボックス左で受けたコロ・ムアニが左足でシュートを決めきった。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。途中出場の鎌田のアシストでフランクフルトが、バイエルンとの上位対決をドローに持ち込んだ。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/28 ホッフェンハイム 1-4 ボルシアMG ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆64分からプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽1/28 フライブルク 3-1 アウグスブルク ◆82分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/28 ヘルタ・ベルリン 0-2 ウニオン・ベルリン ◆89分からプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/28 マインツ 5-2 ボーフム ◆後半からプレー 2023.01.30 07:20 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】上月がブンデス初弾もシャルケは6失点で惨敗… 堂安vs鎌田の日本代表対決はドロー

ブンデスリーガ第17節がミッドウィークにドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第17節では板倉、伊藤、遠藤、鎌田、堂安、原口、吉田、上月、浅野が先発出場した。 吉田と上月壮一郎が所属する最下位シャルケ(勝ち点9)は、ホームでライプツィヒと対戦。前半で4失点を喫したシャルケは、56分に上月が魅せる。フライのクサビのパスを中央で受けた上月はファーストタッチでDF2人の間をすり抜けてボックス内へ。GKとの一対一の局面を作り、見事にシュートを決めきった。 上月にブンデス初ゴールが生まれて勢いを取り戻しかけたシャルケだったが、80分に上月がピッチを後にした中、83分にダニ・オルモに巧みなループシュートを決められて5失点目。さらに90分にもY・ポウルセンにゴールを許したシャルケは6失点惨敗した。 また、堂安の所属するフライブルクと鎌田、長谷部の所属するフランクフルトによる日本代表対決は、42分にフランクフルトがコロ・ムアニのゴールで先制するも、後半開始早々にフライブルクがギンターのゴールで追いつき、1-1の引き分けに終わった。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/25 アウグスブルク 1-0 ボルシアMG ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆64分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆ベンチ入りも出場せず ★堂安律[フライブルク] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆91分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/25 ウニオン・ベルリン 1-2 ホッフェンハイム ◆73分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/24 シャルケ 1-6 ライプツィヒ ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/24 シャルケ 1-6 ライプツィヒ ◆80分までプレー、56分にゴールを記録 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/24 ホッフェンハイイム 2-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/24 ホッフェンハイイム 2-2 シュツットガルト ◆フル出場、77分にゴールを記録 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/25 レバークーゼン 2-0 ボーフム ◆70分までプレー 2023.01.26 07:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly