カリアリのリベラーニ監督の妻が46歳で他界…13歳で出会い結婚も早すぎる別れ

2022.09.21 18:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエBのカリアリを指揮するファビオ・リベラーニ監督の妻であるフェデリカさんが、20日に他界した。クラブが発表した。カリアリはクラブのツイッターを通じて、哀悼の意を表している。

「カリアリは、リベラーニ監督が愛する息子のマッティアとルクレツィアの母である、フェデリカを失った悲しみに寄り添います」
イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』によると、リベラーニ監督とフェデリカさんは13歳の頃に出会ったという。その数年後に結婚。マッティア(17)、ルクレツィア(13)の2人の息子を授かっていた。

フェデリカさんはしばらくの間闘病生活を送っていたとのこと。しかし、20日に46歳の若さで他界した。

リベラーニ監督は自身のインスタグラムで愛する妻への追悼のメッセージを送り、妻を支えてきた「IFO」への募金活動を呼びかけた。

IFOとは、1939年に創設され、がん治療をサポートする団体として知られている。

また、現役時代にプレーした指揮を執ったレッチェなども追悼していた。

1 2

関連ニュース
thumb

バルサからローン移籍中のニコが手術へ、最低3カ月離脱か…バレンシアは代役獲得に動く

バレンシアのU-21スペイン代表MFニコ・ゴンサレスが手術を決断したようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 昨夏にバルセロナとの契約を2026年まで更新した上で、1年のローン移籍でバレンシア入りしたニコ。昨年12月31日に敵地で行われたラ・リーガ第15節のビジャレアル戦に先発したが、DFラウール・アルビオルに足を踏まれ、MFウーゴ・ギジャモンとの交代でピッチを後にした。 バレンシアは翌日のメディカルレポートで左足第5中足骨の骨折とともに、これから治療法を模索していく旨を明らかに。そして、スペイン『マルカ』によると、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がこのたび、手術の見通しとともに、最低でも3カ月の離脱予想を口にしたという。 188cmのサイズを誇る中盤のニコはMFセルヒオ・ブスケッツの後継者になりうる存在と期待される注目株。今季のここまでラ・リーガ13試合に出場して1ゴールだった。 なお、ガットゥーゾ監督は「クラブはニコのようなプロフィールの選手に目を向けないといけないのをわかっている」とニコの代役獲得に向けた動きを確認。噂されるカリアリのウルグアイ代表MFナイタン・ナンデス(27)についても選手の代理人と接触した事実を認めている。 2023.01.03 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

セリエBのカリアリ、ラニエリ氏を31年ぶり招へい

セリエBのカリアリは23日、クラウディオ・ラニエリ氏(71)を新指揮官に迎えたことを発表した。契約期間は2025年6月までの2年半となっている。 カリアリでは前任のファビオ・リベラーニ監督が20日に成績不振により解任となっていた。 ラニエリ氏は1988年にカリアリの指揮官に就任。セリエC1からセリエAまで引き上げ、監督として名をあげたクラブだった。 その後はナポリやフィオレンティーナ、バレンシアにアトレティコ・マドリー、チェルシーにパルマ、ユベントスにローマ、インテルと名門クラブを指揮。 2015-16シーズンにはレスター・シティを率い、歴史的なプレミアリーグ優勝に導いていた。 直近ではワトフォードを指揮。2022年1月に解任されて以来となる現場復帰となる。カリアリは現在、セリエBで14位に位置している。 2022.12.24 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

セリエBで低迷するカリアリ、今夏に招へいしたリベラーニ監督を成績不振で解任

セリエBのカリアリは20日、ファビオ・リベラーニ監督(46)を解任した。 昨季のセリエAを18位で終え、7季ぶりのセリエB降格となったカリアリ。昨季終盤にチームを率いたアレッサンドロ・アゴスティーニ暫定監督の後任として、今夏にリベラーニ監督を招へい。 しかし、今季はセリエB18試合終了時点で5勝7分け6敗の14位と低迷。降格プレーオフ圏内の16位ヴェネツィアとの勝ち点差は「3」となっていた。この成績不振を受け、クラブはリベラーニ監督の解任に踏み切った。 なお、現時点で後任監督は未定となっており、20日の練習からテクニカルスタッフのロベルト・ムッツィ氏が暫定監督を務めるとのことだ。 2022.12.21 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ドーピング検査で違反のセネガル代表FWケイタ・バルデがカタールW杯欠場に

セネガル代表FWケイタ・バルデ(27)が、ドーピング検査での違反によってカタール・ワールドカップ(W杯)を欠場することが確実となった。 今夏、カリアリからスパルタク・モスクワに完全移籍したケイタだが、今回の違反行為はカリアリ時代の今年4月に行われたセリエAのウディネーゼ戦でのものだという。 同試合でドーピング検査を受けたケイタの提出したサンプルから禁止薬物は検出されなかったが、テストに関する厳格なプロトコルを破ったとしてペナルティを科されることになった。 現所属先のスパルタク・モスクワは、今回の一件に関して以下の声明を発表している。 「ケイタ・バルデは、カリアリでプレー中にドーピング違反があったため、2022年12月5日までイタリア国立アンチドーピング裁判所から出場停止処分を受けた」 「その日ケイタから採取されたサンプルでは、​​禁止物質は見つかりませんでした。しかし、懲戒規定に従って、別の国内または国際スポーツ協会、国内アンチ・ドーピング機関によって課せられたドーピング関連の制裁は、FIFAによって自動的に受け入れられ、すべての連盟および協会によって承認されなければなりません」 「したがって、イタリアのアンチ・ドーピング機関によって適用された制裁は、RFUによる承認の対象となります」 「失格の条件の下で、プレーヤーは、刑期満了の22日前までにトレーニングプロセスに戻ることができます」 今回の処分が決定したことで、セネガル代表として通算40試合6ゴールを記録する同選手は、カタールW杯欠場が確定。同代表では前線のバックアップにとどまっているが、定期的に招集を受けており、今回の処分がなければメンバー入りの可能性は高かった。 2022.09.19 23:28 Mon
twitterfacebook
thumb

ケイタ・バルデ、スパルタク・モスクワへ移籍

スパルタク・モスクワは26日、カリアリのセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(27)を獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となっている。 ラツィオで頭角を現したストライカーのケイタだったが、その後に移籍したモナコやインテルでは結果を残せず。 2020-21シーズンはレンタルで加入したサンプドリアでセリエA7ゴールを記録したが、昨季はカリアリでセリエA3ゴールと不発に終わっていた。 2022.08.27 08:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly