チェルシーが狙う21歳FWゴードン、エバートンと週給6倍で契約更新へ?

2022.09.17 14:47 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンが、U-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)との契約更新を目指しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。

エバートン下部組織出身のゴードン。昨季はプレミアリーグで残留争いを強いられたチームのなかで公式戦40試合に出場し、攻撃陣をけん引。この活躍を受け、今夏はチェルシーなどが獲得に本腰を入れていたとされる。

自身もビッグクラブ行きを熱望していたが、ひとまず今夏は残留。エバートンは現在、ゴードンに対して現在の週給1万ポンド(約160万円)からおよそ6倍に相当する週給6万ポンド(約970万円)への昇給を提示しているという。
さらに、合意すれば7500万ポンド(約122億円)のリリース条項も設定されるとのこと。ただ、ゴードンを長期的に引き留める思惑ではないようで、来冬や来夏などに再びビッグクラブからオファーが届くと見込んでいる模様だ。

財政的に苦しく、今夏はエースのブラジル代表FWリシャルリソンをトッテナムへ売却しているエバートンだけに、昇給によってゴードンの士気を高めつつも、来たる移籍市場では確実に大きな売却益を手にしたい考えのようだ。

関連ニュース
thumb

ランパード監督解任のエバートン、ダイチ氏を新監督に招へい…19位からの残留を目指す

エバートンは30日、新監督にショーン・ダイチ氏(51)を招へいすることを発表した。 契約期間は2025年6月までの2年半。2月4日のアーセナル戦から指揮を執ることとなる。 ダイチ監督は、ワトフォード、バーンリーを指揮。特にバーンリーでは、2012年10月から2022年4月まで9年半指揮を執り、チームを2度プレミアリーグに昇格。じまた、2017-18シーズンには7位でフィニッシュし、52年ぶりとなる欧州カップ戦の出場権を手にしていた。 バーンリーでは425試合を指揮し、152勝114分け159敗の実績。プレミアリーグでは258試合を指揮し、72勝68分け118敗の成績だった。 ダイチ監督はクラブを通じてコメントしている。 「エバートンの監督になれて光栄だ。スタッフと私は、この素晴らしいクラブを軌道に乗せる手助けをする準備ができており、熱心に取り組んでいる」 「私はエバートンの熱烈なファンベースと、彼らにとってこのクラブがどれほど貴重なものであるかを知っている。我々は働く準備ができており、彼らが望むものを提供する準備ができている。それは、シャツに汗を流し、努力し、エバートンが長い間支持してきた基本原則のいくつかに戻ることから始まる」 「良い気分を取り戻したい。我々にはファンが必要だ。団結が必要だ。全員が一致団結する必要がある。それは我々スタッフと選手から始まる」 「我々の目標は、機能し、戦い、誇りを持ってエンブレムを身に着けるチームを作ることだ。ファンは非常に情熱的であるため、ファンとのつながりは非常に急速に成長させる」 「このチームにはクオリティがある。しかし、我々はそれらを輝かせなければならない。それが私とスタッフの仕事だ」 「我々はこのクラブの形を変えたいと思っている。我々のスタイルで、ただ我々が勝つことができる方法でそれを改造したいと思っている。それが我々の目の前にある仕事だ」 「戦術的にも技術的にも構築されていることを確認し、選手たちに組織を与え、プレーする自由を与え、サッカーを楽しんでもらう。チームが笑顔でプレーしているときは素晴らしいからだ。そして、勝たなければならない」 エバートンは現在19位と降格圏に位置。バーンリー時代に何度も苦しい時期を経験し、モチベーターとしても機能するダイチ監督の下で復活なるか注目だ。 2023.01.30 23:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの決断やいかに…エランガに10件ものレンタルオファー

マンチェスター・ユナイテッドのスウェーデン代表FWアンソニー・エランガ(20)が他クラブから人気を博しているようだ。 ユナイテッドアカデミー育ちのエランガ。昨季からトップチームでもまとまったプレータイムを掴み始め、エリク・テン・ハグ体制の今季もここまで公式戦20試合出場と出番こそありながら、あまりパッとしない。 今やFWアレハンドロ・ガルナチョの影に隠れ、心身のコンディション不良に苦しむFWジェイドン・サンチョもついに練習合流。MFファクンド・ペリストリもようやくデビューするなど、出番が巡り始めている。 そうした状況から、エバートンらプレミアリーグ勢のみならず、国外からもドルトムントの関心がにわかに噂されるエランガだが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、引く手数多だという。 ユナイテッドのもとにはエランガを巡って10件のレンタルオファーが舞い込み、ドルトムントだけでなく、PSVからのものもある模様。誘いの数に驚きだが、ユナイテッドはまだゴーサインを出していないようだ。 今冬の移籍マーケット閉幕が迫り、急いで決断する必要があるユナイテッド。エランガの今季を鑑みると、一度外に出してみるのも1つの手に感じるが、果たして。 2023.01.30 19:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがエバートンの10番アンソニー・ゴードンを獲得! 「ニューカッスルは自分に適したクラブ」

ニューカッスルは29日、エバートンからU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は“長期”とのみ伝えられている。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ニューカッスルは移籍金4000万ポンド(約64億3000万円)+アドオン500万ポンド(約8億円)をエバートンに支払うことになるという。 降格圏に沈むトフィーズを脱出してタインウェアに新天地を求めたゴードンは、クラブ公式サイトのインタビューで意気込みを語った。 「ニューカッスルからの関心を耳にしたときから、ニューカッスルは自分に適したクラブだと確信していたんだ」 「ファン層や街並みが自分という人間に合っていると思うし、今の監督の下でのチームのプレーも僕にマッチしている。それにクラブは正しい方向に向かっているように見えるんだ」 「本当に大きな一歩だと感じているよ。まだ多くの人は僕の真の実力を見ていない。監督やクラブの方針の下、ここで活躍できると思っているよ」 一方、トップ4フィニッシュに向け前線の複数ポジションをこなせるユーティリティー性、多くの伸びしろを持つ国内産の逸材確保に成功したエディ・ハウ監督は、ゴードンへの大きな期待を口にしている。 「アンソニーと契約できたことを嬉しく思う。彼は本当に最高の才能だ。一緒に仕事をして、彼を成長に導くことができることに興奮しているし、彼がニューカッスルのユニフォームを着て何ができるかを見るのを楽しみにしているよ」 地元リバプール出身のゴードンは16歳でエバートンのトップチームデビューを果たした早熟のアタッカー。2列目を主戦場に相手の逆を突く巧みなドリブル、視野の広さと正確なキックを生かしたラストパスで異彩を放ち、昨季のプレミアリーグでは35試合4ゴール2アシストと主力の活躍を果たした。 今シーズンは背番号10を託され、主戦場の左右のウイングに加え、チーム事情でセンタフォワードも務め上げ、チームが降格圏の19位に低迷する中でリーグ戦16試合3ゴールの数字を残していた。 2023.01.30 01:26 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートン新監督、ダイチ就任で確定か…近く正式発表へ

エバートンの新監督がショーン・ダイチ氏(51)に決まったようだ。 プレミアリーグ19位と降格圏に沈むなか、フランク・ランパード前監督を更迭したエバートン。ポール・テイト氏とレイトン・ベインズ氏の暫定体制を築き、後任探しに奔走している。 当初こそ元リーズ・ユナイテッド指揮官のマルセロ・ビエルサ氏が一番手と目されたが、交渉が不調に。そして、新たに招へいの動きが浮上したのが元バーンリー監督のダイチ氏だ。 26日にダイチ氏と会談したとされるエバートンは移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏の続報によると、すべての契約にサインがなされ、新監督として招へいが確定したという。 ダイチ氏は2012年10月〜2021年4月までバーンリーを指揮。2度のプレミアリーグ昇格などの実績を持ち、ロングボールやクロスを多用しての堅守速攻スタイルを基本とする。 なお、近く正式発表される見通しで、ダイチ氏は2年半契約を結ぶ模様だ。 2023.01.29 18:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがエバートンの若き10番ゴードン獲得を決定的に! 移籍金4000万ポンドで合意

ニューカッスルが、エバートンのU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)の獲得を決定的なモノとしたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。 現在、プレミアリーグ3位に位置するニューカッスルは、最大の目標とするトップ4フィニッシュに向けて手薄な前線の補強に着手。そして、前線の複数ポジションをこなせるユーティリティー性、21歳という伸びしろ十分の将来性を高く評価し、昨夏の段階からリストアップしていたトフィーズ生え抜きのアタッカーの獲得にこぎ着けたようだ。 報道によると、ニューカッスルとエバートンは移籍金4000万ポンド(約64億3000万円)+アドオン500万ポンド(約8億円)の条件でクラブ間合意。さらに、今冬のエバートン退団を希望し、今週に入って3日間トレーニングを欠席していたゴードンとは長期契約で合意に至ったという。 同選手は一両日中にもメディカルチェックを受診し、少なくとも今週末にマグパイズの正式な一員となる見込みだ。 地元リバプール出身のゴードンは16歳でエバートンのトップチームデビューを果たした早熟のアタッカー。2列目を主戦場に相手の逆を突く巧みなドリブル、視野の広さと正確なキックを生かしたラストパスで異彩を放ち、昨季のプレミアリーグでは35試合4ゴール2アシストと主力の活躍を果たした。 今シーズンは背番号10を託され、主戦場の左右のウイングに加え、チーム事情でセンタフォワードも務め上げ、チームが降格圏の19位に低迷する中でリーグ戦16試合3ゴールの数字を残していた。 2023.01.28 05:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly