【ブンデス第7節プレビュー】シュツットガルトvsフランクフルトの日本人対決

2022.09.17 07:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節はシュツットガルトがバイエルンに挑み、試合終了間際のPK弾で引き分けに持ち込んだ。そして新生ライプツィヒがローゼ監督古巣のドルトムントを撃破して初陣を飾っている。残念なニュースとしてボルシアMGのDF板倉とボーフムFW浅野がヒザを負傷し、長期離脱となることが発表された。迎える第7節、シュツットガルトvsフランクフルトの日本人対決が行われ、DF吉田シャルケがドルトムントとのレヴィア・ダービーを戦う。

まずは日本人対決から。シュツットガルトは前節、王者バイエルン相手に粘り強く戦い、終盤のPK弾で勝ち点1を持ち帰った。バイエルン相手の勝ち点獲得で自信を得た中、今季初勝利を掴むことはできるか。遠藤と伊藤は引き続きスタメン予想だ。

対するフランクフルトは前節、ヴォルフスブルクに0-1で惜敗。ただ、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではマルセイユに1-0で勝利。とりわけスタメンに抜擢されたDF長谷部が見事なパフォーマンスを見せ、チームの勝利に貢献した。3バックに変更したチームはシュツットガルト戦ではどう挑むのか。グラスナー監督の采配に注目だ。
続いて土曜に開催されるレヴィア・ダービー。ドルトムントは前節、ローゼ監督就任のライプツィヒに敗れ、今季2敗目を喫した。水曜に行われたCLLではマンチェスター・シティ相手に善戦。最終的にFWハーランドに恩返し弾を食らったものの、鋭いカウンターでシティを大いに苦しめた。公式戦連敗となってしまったが、実力差のあるシャルケとのダービーで勝利を確実に取り戻したい。

対するシャルケは前節、ボーフムとの裏天王山で3-1と快勝。DF吉田が統率する守備も安定感が生まれ出している中、強力攻撃陣擁するドルトムント相手にも通用するか、試金石となる。

好調を維持するフライブルクMF堂安はホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨む。フライブルクは前節、ボルシアMGにゴールレスドロー。首位を明け渡したが、2位に付けている中、ホッフェンハイムに勝利して首位を奪還し代表ウィークに入れるか。堂安の活躍に引き続き期待だ。

MF原口のスタメン落ちが続くものの、チームは首位に浮上したウニオン・ベルリンはヴォルフスブルクとのホーム戦に臨む。

◆ブンデスリーガ第7節
▽9/16(金)
マインツ 1-1 ヘルタ・ベルリン

▽9/17(土)
《22:30》
シュツットガルトvsフランクフルト
アウグスブルクvsバイエルン
レバークーゼンvsブレーメン
ドルトムントvsシャルケ
《25:30》
ボルシアMGvsライプツィヒ

▽9/18(日)
《22:30》
ウニオン・ベルリンvsヴォルフスブルク
《24:30》
ボーフムvsケルン
《26:30》
ホッフェンハイムvsフライブルク

関連ニュース
thumb

シュツットガルトのSDが原口元気への関心認める「3日後にわかる」

シュツットガルトが、ウニオン・ベルリンの日本代表MF原口元気(31)への関心を認めた。ドイツ『キッカー』が伝えている。 今冬の移籍市場で中盤の補強を進めたいシュツットガルト。ドイツメディアによれば、ボデ/グリムトのノルウェー代表MFヒューゴ・ヴェトレセンの獲得を試みたが、3度のオファーも実らず計画を断念。その代替案落として挙がっているのが原口のようだ。 27日にライプツィヒとの上位戦で敗れた後、スポーツ・ディレクターのファビアン・ウォールゲムートが公言。獲得可能かどうか「3日後にわかる」とコメントしたようだ。 2014年夏のヘルタ・ベルリン入りからドイツでを活躍の場とする原口は、2021年夏にウニオンに新天地を求め、昨季は公式戦42試合で2得点6アシストと奮闘。今季もここまで公式戦18試合に出場中だ。 2023.01.28 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ウニオン原口元気にシュツットガルト移籍の可能性…すでに交渉か

ウニオン・ベルリンの日本代表MF原口元気(31)に対して、今冬の移籍話が浮上している。 2014年夏のヘルタ・ベルリン入りからドイツが活躍先の原口。2021年夏からはウニオンに新天地を求め、昨季は公式戦42試合で2得点6アシストを記録して奮闘した。 今季もここまで公式戦18試合に出場中だが、先発チャンスが減少傾向。その裏で、昨季のブンデスリーガで5位フィニッシュのチームは今季も3位の好位置につける。 そんななか、ドイツ『スカイ』がMF遠藤航やDF伊藤洋輝の日本代表勢も所属するシュツットガルト行きの可能性を報道。すでに交渉中で、原口本人も前向きだという。 その裏で、シュツットガルトはボデ/グリムトのノルウェー代表MFヒューゴ・ヴェトレセンを獲得しようと3度のオファーも撃沈。新たに原口の名が浮上した模様だ。 原口であれば、ベトレセンよりも安価に獲得できるともされるシュツットガルト。ブンデスリーガ15位と残留を争うチーム状況だが、原口の去就やいかに。 2023.01.28 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ショボスライのドッペルパックでシュツットガルトは後半戦黒星スタート…遠藤&伊藤はフル出場《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第18節のライプツィヒvsシュツットガルトが27日に行われ、2-1でライプツィヒが勝利した。シュツットガルトの遠藤航、伊藤洋輝はフル出場している。 直近の試合でシャルケに大勝した3位ライプツィヒが、ホームに3試合勝利のない15位シュツットガルトを迎えた一戦。前節のホッフェンハイム戦でゴールを挙げた遠藤と伊藤が揃って先発となったシュツットガルトは[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。 シュツットガルトは9分、敵陣でボールをカットした遠藤のラストパスから最初の決定機を迎えたが、ボックス右手前に走りこんだカスタナラスのダイレクトシュートはGKブラシュヴィッヒの好セーブに防がれた。 膠着状態が続く中、シュツットガルトは25分にセットプレーから失点する。バイタルエリア中央手前で遠藤がダニ・オルモを倒すと、このFKをショボスライが直接ゴール左隅へ突き刺した。 さらにライプツィヒは、32分にもラウムの左クロスからニアに飛び込んだアンドレ・シウバに決定機が訪れたが、ヘディングシュートは左ポストに弾かれた。 両チームが1選手を交代して迎えた後半、再びスコアを動かしたのはライプツィヒ。49分、左クロスのクリアボールをアンドレ・シウバが頭で繋ぐと、ボックス右のショボスライがワントラップからハーフボレーをゴール左隅に突き刺した。 2点を追う展開となったシュツットガルトは、セットプレーから反撃に出る。56分、右CKをファーサイドの遠藤が頭で折り返すとゴール前のファイファーが頭で合わせたが、これは枠の左に外れた。 さらにシュツットガルトは64分、ナルティの左クロスが対応したグヴァルディオルの右手に当たっており、オンフィールドレビューの末にPKを獲得。このPKをヒューリッヒがゴール左下に決めた。 その後は互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールを目指したが、最後までスコアは動かず。ショボスライのドッペルパックで逃げ切ったライプツィヒは公式戦16試合無敗、一方のシュツットガルトは4試合勝利なしとなった。 2023.01.28 06:32 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】上月がブンデス初弾もシャルケは6失点で惨敗… 堂安vs鎌田の日本代表対決はドロー

ブンデスリーガ第17節がミッドウィークにドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第17節では板倉、伊藤、遠藤、鎌田、堂安、原口、吉田、上月、浅野が先発出場した。 吉田と上月壮一郎が所属する最下位シャルケ(勝ち点9)は、ホームでライプツィヒと対戦。前半で4失点を喫したシャルケは、56分に上月が魅せる。フライのクサビのパスを中央で受けた上月はファーストタッチでDF2人の間をすり抜けてボックス内へ。GKとの一対一の局面を作り、見事にシュートを決めきった。 上月にブンデス初ゴールが生まれて勢いを取り戻しかけたシャルケだったが、80分に上月がピッチを後にした中、83分にダニ・オルモに巧みなループシュートを決められて5失点目。さらに90分にもY・ポウルセンにゴールを許したシャルケは6失点惨敗した。 また、堂安の所属するフライブルクと鎌田、長谷部の所属するフランクフルトによる日本代表対決は、42分にフランクフルトがコロ・ムアニのゴールで先制するも、後半開始早々にフライブルクがギンターのゴールで追いつき、1-1の引き分けに終わった。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/25 アウグスブルク 1-0 ボルシアMG ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆64分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆ベンチ入りも出場せず ★堂安律[フライブルク] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆91分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/25 ウニオン・ベルリン 1-2 ホッフェンハイム ◆73分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/24 シャルケ 1-6 ライプツィヒ ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/24 シャルケ 1-6 ライプツィヒ ◆80分までプレー、56分にゴールを記録 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/24 ホッフェンハイイム 2-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/24 ホッフェンハイイム 2-2 シュツットガルト ◆フル出場、77分にゴールを記録 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/25 レバークーゼン 2-0 ボーフム ◆70分までプレー 2023.01.26 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「これはエグい」「凄すぎ」遠藤航が圧巻のパフォーマンス、ボール奪取から仕上げのミドル弾までの流れが完璧「デュエルに勝ってからゴールはやばい」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が、鮮やかなゴールを決めてみせた。 24日、ブンデスリーガ第17節でシュツットガルトはホッフェンハイムとアウェイで対戦した。 DF伊藤洋輝と共にこの試合も先発した遠藤。1-1で後半を迎えると、77分に結果を残す。 自陣での遠藤のプレスが起点となると、カウンター発動。右サイドに展開すると、ボックス内右からのナウィル・アーマダのマイナスの折り返しをボックス手前中央で待っていた遠藤がダイレクトで蹴り込む。 ゴールの外側からカーブのかかったシュートがゴール右隅に決まり、シュツットガルトが逆転。遠藤にとっては今季のブンデスリーガで3点目のゴールとなった。 見事なミドルシュートにファンは「これはエグい」、「守備してからのゴールって凄すぎ」、「デュエルに勝ってからゴールはやばい」、「デュエルにミドルって」、「まさに大黒柱」、「こんなシュートもあるのか」とボールを奪ってからフィニッシュを決める姿に驚きの声が集まった。 なお、試合は後半アディショナルタイムに追いつかれ、2-2のドローとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ボール奪取からフィニッシュまで!遠藤航の圧巻ミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴール速報】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a><br>遠藤が今季ブンデス3ゴール目をマーク!!!<br><br><a href="https://t.co/A7zKrwvkLw">https://t.co/A7zKrwvkLw</a><a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a><a href="https://twitter.com/VfB?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB</a><a href="https://twitter.com/VfB_JP?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB_JP</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BD%93%E6%84%9F%E3%81%9B%E3%82%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ドイツサッカーを体感せよ</a> <a href="https://t.co/yux91rkgug">pic.twitter.com/yux91rkgug</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1617996031542677510?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.25 08:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly