「テーブルクロス?」「最悪だ」2大会ぶり出場のオランダ代表のW杯ユニフォーム発表も特にアウェイが不評「アマチュアっぽい」「トレーニングシャツ?」

2022.09.15 23:15 Thu
1 2
関連ニュース

ローマで活躍のハイセンがスペイン代表でのプレーを決断…3月にU-21スペイン代表初招集か

ローマで注目を集めるDFディーン・ハイセン(18)が、スペイン代表でのプレーを決断したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ハイセンは元アヤックスのドン・ハイセン氏を父に持つ195cmのセンターバック。両利きと称されるほど両足を遜色なく扱え、フィジカルとスピードも申し分なし。クラブ関係者が口を揃えて「我々の未来」と絶賛する逸材。 今冬にユベントスからのレンタル移籍で加入したローマではここまで公式戦8試合に出場し、2ゴールを記録。直近のフロジノーネ戦ではハーフウェイライン付近から相手ボックス手前まで持ち込んでの圧巻のミドルシュートでゴールを挙げ、大きな話題を集めていた。 すでに移籍市場で国内外の注目を集める逸材だが、代表レベルにおいてもスポットライトが当たっている。 『マルカ』によると、オランダ生まれでU-17からU-19までオランダ代表でプレーしているハイセンだが、このたびスペイン代表でのプレーを決断したという。 5歳のときにアンダルシアのマルベーリャに移住し、2021年までマラガのカンテラに在籍していたハイセンはオランダとスペインの二重国籍を有している。 そして、オランダではなくスペインでのプレーを選択した同選手は、ラ・ロハでプレーするために必要なすべての書類手続きの完了に近づいているという。 手続きが順調に進んだ場合は、3月末のインターナショナルマッチウィークでサンティ・デニア監督率いるU-21スペイン代表に初招集される見込みだ。 2024.02.20 23:25 Tue

元蘭代表FWプロメスがコカイン密輸関与で懲役6年の有罪判決…過去には親族への暴行罪で懲役18カ月の実刑

スパルタク・モスクワの元オランダ代表FWクインシー・プロメス(32)が、コカイン密輸の共謀罪で有罪判決を受け懲役6年を言い渡された。フランス『AP通信』が伝えている。 オランダの検察当局の発表によると、プロメスは2020年に同い年のオランダ人男性と共に、1360kgのコカインを2回の輸送でオランダあるいはベルギーに密輸した事件に関与した疑いがあった。 そして、アムステルダム地方裁判所は14日、プロメスに対してコカイン密輸に関与したとの判決を下した。 なお、モスクワ在住のプロメスは今回の裁判には出廷せず、弁護士は裁判官に対し、同選手が容疑を否認していると語った。また、今回の判決に対して控訴する「十分な可能性」があると主張している。 なお、プロメスは今回の事件以外に、2020年7月にアムステルダム郊外のアブクードで開いた家族パーティーで、口論となったいとこのヒザを刺し、過失致死傷および暴行の容疑で起訴。懲役18カ月の実刑判決を受けていた。 これまでアヤックスやセビージャにも在籍し、オランダ代表として通算50試合に出場していたアタッカーだが、ここ数年は度重なる素行問題ばかりにスポットライトが当る形となっている。 2024.02.14 22:34 Wed

長谷川唯のチームメイト、シティのジル・ロードが前十字じん帯断裂…パリ五輪懸かるオランダにも痛手

マンチェスター・シティは27日、女子チームのオランダ女子代表MFジル・ロード(26)の負傷について発表した。 ロードは24日に行われたFA女子コンチネンタルカップ(FAWSLカップ)のマンチェスター・ユナイテッド戦にて負傷。先発出場したが、開始9分で負傷交代となっていた。 診断の結果は、ヒザの前十字じん帯(ACL)断裂。全治は明記されていないが、長期離脱は確実で、首位のチェルシーを追走するシティにとって、手痛い一報となった。 また、代表としても主軸を担っているため、パリ・オリンピック予選を兼ねた女子ネーションズリーグ準決勝、スペイン女子代表戦を2月23日に控えるオランダにとっても、痛手となる。 ロードは、2023年のオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)後にチームへ加入。中盤の一角として今季ここまでのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)全11試合に出場。6得点2アシストをマークしていた。 なお、帰国などはせずチームにとどまり、医療チームの下でリハビリを開始するとのことだ。 2024.01.28 20:50 Sun

「珍しい」「デザインは際立っている」「子供向けのデザイン」リークされたオランダ代表の新アウェイユニフォームに賛否

オランダ代表の新ユニフォームのデザインがリークされている。ユニフォーム専門サイト『Footy Headlines』が伝えている。 ユーロ2024の予選では、グループBに入りフランス代表に次ぐ2位で突破し本大会の出場権を獲得したオランダ。2大会連続11度目の本戦出場となる。 6月から7月にかけて行われる本戦だが、『Footy Headlines』によると、各国代表のユニフォームデザインの情報が徐々に出てきており、オランダ代表についてはそのアウェイユニフォームのデザイン情報がリークされている。 そのデザインは、現在のユニフォームと同様にネイビーをベースとしており、シャツの前後にオレンジのラインと青の四角い模様が施されているほか、襟や袖口はオレンジに切り替わっている。 そして、『Footy Headlines』も「珍しい」と注目しているのはエンブレムやサプライヤーのロゴのカラー部分。ナイキのスウッシュは白、オランダ代表のエンブレムは水色ベースの青になっており、統一されていない。ただ、デザインについては「際立っている」と絶賛している。 このデザインに、ファンは「気に入ったよ」、「素敵で楽し気なアウェイユニフォームだ」、「子供向けのデザインで信じられない」、「ホームではちゃんとしたオレンジ色のユニフォームを作ってくれ」とコメント。あまり好評ではなかった現行のユニフォームデザインからの改善を求める声があがっている。 <span class="paragraph-title">【画像】リークされたオランダ代表の新アウェイユニフォーム予想デザイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">:Netherlands Euro 2024 Away Kit Leaked: <a href="https://t.co/wylpxDxHmQ">https://t.co/wylpxDxHmQ</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1747426276250435664?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.17 17:30 Wed

元オランダ代表指揮官の76歳アドフォカート氏がキュラソー代表監督に就任

キュラソーサッカー連盟(FFK)は16日、オランダ人指揮官のディック・アドフォカート氏(76)を同国代表の指揮官に任命したことを発表した。契約期間は1年で、1年延長オプションが付いている。 アドフォカート氏はこれまでオランダ代表を3度指揮した他、ベルギー代表やロシア代表、韓国代表などを指揮。クラブチームではAZやゼニト、サンダーランドなどで指揮を執ってきた。 2015年には監督業からの引退を発表したが、その後も精力的に監督業を続け、直近ではADOを指揮していた。 カリブ海に位置するキュラソーはオランダが1600年代に植民地化し、現在もオランダが統治。オランダ語を公用語としている。 2024.01.17 06:30 Wed