新潟が途中出場・三戸舜介の決勝弾で首位キープ! 横浜FCはチアゴ・アウベスにやられ山形に痛恨の敗戦…下位は岩手が降格圏に逆戻り【明治安田J2第35節】

2022.09.14 21:42 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
14日、明治安田生命J2リーグ第35節の全試合が行われた。

首位と勝ち点で並ぶ2位の横浜FC(勝ち点68)はアウェイで8位のモンテディオ山形(勝ち点49)と対戦した。

前節は引き分け、首位陥落した横浜FC。なんとしても勝利したい一戦だったがホームの山形が主導権を握っていく。
互いに譲らないまま時計は進んだが42分、ボックス手前で河合秀人のパスを受けた半田陸がスルーパス。これを走り込んだ加藤大樹が蹴り込むが、わずかに飛び出ていてオフサイド。横浜FCは命拾いする。

ゴールレスで迎えた後半は横浜FCも反撃。49分、長谷川竜也のスルーパスに反応した近藤友喜がボックス内でGKと一対一に。シュートを放ったが、GK後藤雅明がビッグセーブを見せる。

すると74分、右サイドでボールを拾ったチアゴ・アウベスがドリブルを仕掛けてクロス。これをニアサイドで藤田息吹がヘッドも、枠を捉えられない。

それでも79分、横浜FCは敵陣でのスローインからボールを失うと山形はカウンター。藤田が自陣から浮き球のパスを出すと、DFの上を越えたパスを受けたチアゴ・アウベスが冷静に決めて先制する。

さらに83分、細かいパスワークから抜け出たデラトーレがボックス内右からグラウンダーのパス。ボックス中央でチアゴ・アウベスが反転シュートを放ちゴール。横浜FCはゴールを目指すが1点が遠く、2-0で山形が勝利を収めた。

首位のアルビレックス新潟(勝ち点68)はアウェイで14位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点42)と対戦した。

前節首位に浮上した新潟。今節はその首位を守るべくアウェイの地に乗り込んだ。

序盤は甲府がペースを握っていた中、18分に新潟が一瞬の隙を突くことに。松田詠太郎がパスをカットすると伊藤涼太郎が左サイドの敵陣中央から縦パス。これを受けた小見洋太がドリブルを仕掛け、角度のないところからゴールを射抜いて先制する。

アウェイの地で先制した新潟。しかし、先制後はホームの甲府がもり返し押し込んでいく。しかし、甲府は決め切れずに前半を終える。

迎えた後半は一進一退の攻防に。すると64分、谷口海斗が高い位置でボール奪うと、高木善朗へ。その高木が絶妙なスルーパスを送ると、途中出場の三戸舜介が走り込んで受けて決め切り、貴重な追加点を奪う。

甲府を尻目に効果的に得点を重ねた新潟。しかしその甲府は、途中投入のウィリアン・リラがゴールへと迫るが、2度の決定機を生かせず。それでも、81分にウィリアン・リラがこぼれ球を拾って浮き球のシュートでゴール。終盤に1点を返す。

ここから押し込みゴールに迫っていくが、なかなかこじ開けられず。それでもアディショナルタイム4分には左からイゴールのクロスをウィリアン・リラがヘッド。シュートはゴール右に飛ぶが、GK小島亨介が横っ飛びセーブで防ぎ得点を許さない。

プレーオフ圏の4チームも今節は明暗分かれることに。3位のファジアーノ岡山(勝ち点63)はアウェイで11位の徳島ヴォルティス(勝ち点48)と対戦。Jリーグ最多の引き分け「22」に迫る徳島との試合だったが、ホームの徳島が藤尾翔太のゴールで1-0で勝利。岡山は痛恨の敗戦となった。

4位のロアッソ熊本(勝ち点57)は9位のFC町田ゼルビア(勝ち点49)と対戦し0-0のドロー。6位の大分トリニータ(勝ち点55)は19位の大宮アルディージャ(勝ち点34)と対戦し、2-2のドローに終わった。

また、5位のベガルタ仙台(勝ち点55)はアウェイで15位の栃木SC(勝ち点40)と対戦。中山仁斗のゴールを守り抜き、伊藤彰新監督にとっての初勝利となった。

なお、降格圏の直接対決となった21位のザスパクサツ群馬(勝ち点32)と22位のFC琉球(勝ち点29)の直接対決は0-0のドロー。ただ、20位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点33)が10位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点49)1に1-2で敗れており、群馬と入れ替わり岩手が降格圏に沈んだ。

◆明治安田生命J2リーグ第35節
▽9/14(水)
いわてグルージャ盛岡 1-2 ジェフユナイテッド千葉
モンテディオ山形 2-0 横浜FC
水戸ホーリーホック 0-1 V・ファーレン長崎
栃木SC 0-1 ベガルタ仙台
ザスパクサツ群馬 0-0 FC琉球
大宮アルディージャ 2-2 大分トリニータ
東京ヴェルディ 0-2 ブラウブリッツ秋田
レノファ山口FC 1-1 ツエーゲン金沢
徳島ヴォルティス 1-0 ファジアーノ岡山
ロアッソ熊本 0-0 FC町田ゼルビア
ヴァンフォーレ甲府 1-2 アルビレックス新潟

関連ニュース
thumb

山形が主力の加藤大樹と契約更新、今季J2で38試合6ゴール

モンテディオ山形は5日、MF加藤大樹(29)の契約更新を発表した。 加藤がびわこ成蹊スポーツ大学、SP京都FCを経て、レノファ山口FC入りの2016年にプロ入り。その後、ツエーゲン金沢でのプレーを挟み、2020年から山形に活躍の場を移した。 山形移籍3年目の今季も主力を張り、明治安田生命J2リーグでは38試合出場で6ゴール。J1参入プレーオフでも2試合に出場した。契約更新に際して、来季の抱負を語っている。 「2023シーズンもモンテディオ山形でプレーさせていただく事になりました。今シーズンの悔しさを糧に来シーズンこそはJ1昇格を掴み取りましょう。よろしくお願いします」 2022.12.05 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉GK松原颯汰が契約更新 「J1昇格しましょう!」

ジェフユナイテッド千葉は5日、GK松原颯汰(20)との契約の更新し、2023シーズンもプレー決定を発表した。 流通経済大学付属柏高校卒の松原は特別指定選手も経験して、2021年から千葉に正式入団。同年9月からシーズン終了までセレッソ大阪に貸し出され、今季から千葉に復帰した。 その今季は今年9月末に左ヒザの内側半月板を損傷して翌月上旬に手術を強いられ、全治4~5カ月の見込みとなったが、プロデビューを果たすなど、公式戦2試合でプレーした。 松原はクラブの公式ウェブサイトを通じて、契約更新を喜び、決意を新たにしている。 「来シーズンもジェフユナイテッド市原・千葉で戦えることになりました。サポーターの皆さんの前で多くプレーできるように、そしてより多くの勝利を皆さんと喜びあえるよう頑張ります! J1昇格しましょう!」 2022.12.05 17:29 Mon
twitterfacebook
thumb

J2秋田、MF藤山智史と契約更新「更なる高みを目指します」

ブラウブリッツ秋田は5日、MF藤山智史(28)の契約を更新したことを発表した。 三重県出身の藤山は四日市中央工業高校から鹿屋体育大学を経て、秋田に入団。デビューシーズンとなった2017年からポジションを掴み、明治安田生命J3リーグ優勝に貢献した。 2020年にはAC長野パルセイロへと移籍したが、2021年7月に秋田に復帰。以降も主力としてプレーしており、今季はJ2で31試合に出場して2得点を記録した。 契約更新を受け、藤山は決意を新たにしている。 「ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆様、2022シーズンもたくさんのご声援、ご支援ありがとうございました。来シーズンもブラウブリッツ秋田でプレーさせていただきます。個人としてもチームとしても更なる高みを目指します。来シーズンも共に戦いましょう!熱い応援よろしくお願いします!!」 2022.12.05 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

金沢が守護神・白井裕人と契約更新 「内容も結果もついてくる試合を」

ツエーゲン金沢は5日、GK白井裕人(34)との契約更新を発表した。 千葉県出身の白井は流通経済大学付属柏高校を経て、流通経済大学に入学。2012年に松本山雅FCへと入団し、プロデビューを飾った。 2017年には金沢に加入。初年度から守護神として活躍し、今季も明治安田生命J2リーグにおいて41試合でゴールマウスを守った。 契約更新を受け、白井はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンもツエーゲン金沢で闘わせていただくことになりました。今日本中に感動を与えてくれている日本代表のように、2023年は内容も結果もついてくる試合を1試合でも多くし、みなさんに感動を与えられるよう頑張ります!」 「まだまだコロナ禍の続く日々ではありますが、1人でも多くの方にご来場いただき、僕たちにパワーを送っていただけたらと思います。2023年もよろしくお願いします」 「そして12時間後には日本代表の決勝トーナメント初戦、クロアチア戦があります!日本中で応援しましょう!応援は必ず選手の力になります!ガンバレニッポン!!」 2022.12.05 16:32 Mon
twitterfacebook
thumb

長崎、育成出身の安部大晴が契約更新 「来シーズンこそは飛躍できるよう」

V・ファーレン長崎は5日、MF安部大晴(18)の契約更新を発表した。 安部は長崎のアカデミー出身で、2種登録選手も経験し、今年から正式昇格。公式戦3試合に出場して、天皇杯ではプロ初ゴールを決めた。 「2023シーズンもV・ファーレン長崎に関わるすべての方々と共に戦えることに喜びを感じています! 今シーズン以上に覚悟と責任を持ち『J1昇格』できるよう頑張ります! そして個人としても来シーズンこそは飛躍できるよう取り組んでいきたいと思います!」 2022.12.05 15:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly