新潟が途中出場・三戸舜介の決勝弾で首位キープ! 横浜FCはチアゴ・アウベスにやられ山形に痛恨の敗戦…下位は岩手が降格圏に逆戻り【明治安田J2第35節】

2022.09.14 21:42 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
14日、明治安田生命J2リーグ第35節の全試合が行われた。

首位と勝ち点で並ぶ2位の横浜FC(勝ち点68)はアウェイで8位のモンテディオ山形(勝ち点49)と対戦した。

前節は引き分け、首位陥落した横浜FC。なんとしても勝利したい一戦だったがホームの山形が主導権を握っていく。
互いに譲らないまま時計は進んだが42分、ボックス手前で河合秀人のパスを受けた半田陸がスルーパス。これを走り込んだ加藤大樹が蹴り込むが、わずかに飛び出ていてオフサイド。横浜FCは命拾いする。

ゴールレスで迎えた後半は横浜FCも反撃。49分、長谷川竜也のスルーパスに反応した近藤友喜がボックス内でGKと一対一に。シュートを放ったが、GK後藤雅明がビッグセーブを見せる。

すると74分、右サイドでボールを拾ったチアゴ・アウベスがドリブルを仕掛けてクロス。これをニアサイドで藤田息吹がヘッドも、枠を捉えられない。

それでも79分、横浜FCは敵陣でのスローインからボールを失うと山形はカウンター。藤田が自陣から浮き球のパスを出すと、DFの上を越えたパスを受けたチアゴ・アウベスが冷静に決めて先制する。

さらに83分、細かいパスワークから抜け出たデラトーレがボックス内右からグラウンダーのパス。ボックス中央でチアゴ・アウベスが反転シュートを放ちゴール。横浜FCはゴールを目指すが1点が遠く、2-0で山形が勝利を収めた。

首位のアルビレックス新潟(勝ち点68)はアウェイで14位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点42)と対戦した。

前節首位に浮上した新潟。今節はその首位を守るべくアウェイの地に乗り込んだ。

序盤は甲府がペースを握っていた中、18分に新潟が一瞬の隙を突くことに。松田詠太郎がパスをカットすると伊藤涼太郎が左サイドの敵陣中央から縦パス。これを受けた小見洋太がドリブルを仕掛け、角度のないところからゴールを射抜いて先制する。

アウェイの地で先制した新潟。しかし、先制後はホームの甲府がもり返し押し込んでいく。しかし、甲府は決め切れずに前半を終える。

迎えた後半は一進一退の攻防に。すると64分、谷口海斗が高い位置でボール奪うと、高木善朗へ。その高木が絶妙なスルーパスを送ると、途中出場の三戸舜介が走り込んで受けて決め切り、貴重な追加点を奪う。

甲府を尻目に効果的に得点を重ねた新潟。しかしその甲府は、途中投入のウィリアン・リラがゴールへと迫るが、2度の決定機を生かせず。それでも、81分にウィリアン・リラがこぼれ球を拾って浮き球のシュートでゴール。終盤に1点を返す。

ここから押し込みゴールに迫っていくが、なかなかこじ開けられず。それでもアディショナルタイム4分には左からイゴールのクロスをウィリアン・リラがヘッド。シュートはゴール右に飛ぶが、GK小島亨介が横っ飛びセーブで防ぎ得点を許さない。

プレーオフ圏の4チームも今節は明暗分かれることに。3位のファジアーノ岡山(勝ち点63)はアウェイで11位の徳島ヴォルティス(勝ち点48)と対戦。Jリーグ最多の引き分け「22」に迫る徳島との試合だったが、ホームの徳島が藤尾翔太のゴールで1-0で勝利。岡山は痛恨の敗戦となった。

4位のロアッソ熊本(勝ち点57)は9位のFC町田ゼルビア(勝ち点49)と対戦し0-0のドロー。6位の大分トリニータ(勝ち点55)は19位の大宮アルディージャ(勝ち点34)と対戦し、2-2のドローに終わった。

また、5位のベガルタ仙台(勝ち点55)はアウェイで15位の栃木SC(勝ち点40)と対戦。中山仁斗のゴールを守り抜き、伊藤彰新監督にとっての初勝利となった。

なお、降格圏の直接対決となった21位のザスパクサツ群馬(勝ち点32)と22位のFC琉球(勝ち点29)の直接対決は0-0のドロー。ただ、20位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点33)が10位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点49)1に1-2で敗れており、群馬と入れ替わり岩手が降格圏に沈んだ。

◆明治安田生命J2リーグ第35節
▽9/14(水)
いわてグルージャ盛岡 1-2 ジェフユナイテッド千葉
モンテディオ山形 2-0 横浜FC
水戸ホーリーホック 0-1 V・ファーレン長崎
栃木SC 0-1 ベガルタ仙台
ザスパクサツ群馬 0-0 FC琉球
大宮アルディージャ 2-2 大分トリニータ
東京ヴェルディ 0-2 ブラウブリッツ秋田
レノファ山口FC 1-1 ツエーゲン金沢
徳島ヴォルティス 1-0 ファジアーノ岡山
ロアッソ熊本 0-0 FC町田ゼルビア
ヴァンフォーレ甲府 1-2 アルビレックス新潟


関連ニュース
thumb

大宮、3年間コーチを務めた北嶋秀朗HCが退任「J1へ復帰できることを心から祈っています」

大宮アルディージャは28日、北嶋秀朗ヘッドコーチ(44)の退任を発表した。 北嶋氏は現役時代には柏レイソルや清水エスパルス、ロアッソ熊本でプレー。引退後は、熊本で指導者となると、アルビレックス新潟でも指導。2020年から大宮のコーチに就任した。 2021年6月からはヘッドコーチに役職が変わっていたが、在籍した3シーズンではチームが低迷。3人の監督の下で指導をし、この2シーズンはJ2で残留争いをする苦しい展開となっていた。 北嶋ヘッドコーチはクラブを通じてコメントしている。 「大宮を離れる決断をしました。 3年間お世話になったすべての皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。この3年間プロフェッショナルな人たちに囲まれ仕事をこなすことができたことは刺激的でした」 「主務の袴田さんは多くのことにいち早く気づき、先回りをして僕らを助けてくれました。すべての出来事が滞りなく進むように工夫をしてくれたおかげで、様々な問題をクリアしてくれました」 「フィジオセラピストの宮間さんは選手の現状をわかりやすく説明してくれ、いま必要なことと、これから必要になり得ることを明確に伝えてくれることで多くの怪我を未然に防ぐことができ、また怪我をしても早く復帰ができるプランニングを明確に示してくれました。気の良い選手たちにも助けられました。困難なことが多かったなかでも常にトライをし続け、一緒に闘ってくれた選手たちには感謝しかありません」 「心残りがあるとすれば、結果を残すことができなかったことです。サポーターの皆さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。しかし、チームが苦しいときのサポーターの皆さんの振る舞いはいつも正しく、とても勇気づけられ、僕らにとって誇らしいものでした」 「今後もクラブと選手を支えていただけたらありがたいです。自分は大宮を去りますが、今後も大宮を応援しています。J1へ復帰できることを心から祈っています。3年間本当にありがとうございました」 なお、北嶋氏はJFLのクリアソン新宿のヘッドコーチに就任することが発表されている。 2022.11.28 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

山形が5年在籍のDF松本怜大と契約満了「本当に幸せな時間を過ごさせて頂きました」

モンテディオ山形は28日、DF松本怜大(32)との契約満了を発表した。 松本は、埼玉県出身でコンサドーレ札幌U-18に所属。その後東洋大学へと進学し、2013年に札幌に入団した。 2015年にはFC町田ゼルビアへと完全移籍。2018年から山形に完全移籍していた。 山形では5シーズンプレーし、J2通算106試合1得点、天皇杯で3試合に出場していた。 松本はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン限りでチームを退団することになりました。在籍した5年間の中で、チームのJ1昇格に貢献できなくて非常に残念な気持ちです」 「ファン、サポーターのみなさん、NDソフトスタジアムを青に染めてピッチ上の選手たちを最後まで後押ししてくれたこと、本当に感謝しています。5年間本当に幸せな時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました」 2022.11.28 10:22 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉、福満隆貴と契約更新 「必ずJ1昇格できるように頑張ります!!」

ジェフユナイテッド千葉は27日、MF福満隆貴(30)の契約更新を発表した。 福満は出水中央高校を卒業後、九州総合スポーツカレッジや、九州総合スポーツカレッジ、ヴェルスパ大分を渡り歩き、2015年のレノファ山口FC入りでプロの世界に。その後、セレッソ大阪でJリーグカップと天皇杯のタイトル獲得を経験して、水戸ホーリーホックとアビスパ福岡でもプレーした。 2021年からは千葉に加わり、初年度に明治安田生命J2リーグ36試合に出場。今季も34試合の出場数をマークした。クラブを通じて決意を新たにしている。 「2023シーズンも皆さんと一緒に戦えることを嬉しく思います! ファン、サポーター、スポンサー、スタッフ、選手!ジェフに関わる全ての人が一体になり、必ずJ1昇格できるように頑張ります!! 皆さんも一緒に戦ってください! よろしくお願いします!」 2022.11.27 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

今季躍進の熊本、土信田悠生ら7選手と契約更新

ロアッソ熊本が27日にGK田代琉我(24)、MF江﨑巧朗(22)、MF谷山湧人(19)、FW土信田悠生(23)、MF東山達稀(23)、MF藤田一途(23)、MF平川怜(22)との契約更新を発表した。 今季の明治安田生命J2リーグでは土信田が32試合1得点、藤田が28試合出場、東山が17試合1得点、平川が11試合2得点、田代が4試合出場、江崎が1試合出場を記録。谷山は出番がなかった。 2022.11.27 12:17 Sun
twitterfacebook
thumb

千葉FWブワニカ啓太が契約更新 「来シーズンも皆さんと共に全身全霊で」

ジェフユナイテッド千葉は27日、FWブワニカ啓太(19)との契約更新を発表した。 ブワニカ啓太は修徳高校に在学中の特別指定選手期間を経て、2021年から千葉に正式入団。2年目の今季は明治安田生命J2リーグ25試合に出場して5得点だった。契約更新を受け、決意を新たにしている。 「来シーズンもジェフのエンブレムを付けて戦えることをとても嬉しく思います。プロに入り自分にとって初めての声出し応援。ファン、サポーターの皆さんの必死に応援する姿を見て何度も何度も刺激をもらいました」 「このエンブレムへの誇りとジェフファミリーとしての自覚を持ち、来シーズンも皆さんと共に全身全霊で戦い優勝しましょう! ビッグな男になってチームを勝たせられるよう頑張ります! 応援よろしくお願いします!」 2022.11.27 12:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly