新潟が引き分けに終わった横浜FCを抜いて首位浮上、残留争いは快勝の大宮、土壇場勝利の岩手が浮上で群馬が降格圏転落【明治安田J2第35節】

2022.09.10 22:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
10日、明治安田生命J2リーグ第35節の11試合が行われた。

首位の横浜FC(勝ち点67)は15位の栃木SC(勝ち点39)と対戦し、0-0のゴールレスドローに終わった。

前節のレノファ山口FC戦は2点差を追いつかれるというまさかの引き分けに終わった中、この試合は5バックを形成。ポゼッションしながら栃木に対して攻め込んでいく。
しかし、栃木のハードワークの前に苦戦。逆にボールを奪うプレスをかけた栃木が何度か決定機を作っていくがゴールは生まれない。

14分には相手CKからカウンターを仕掛けた横浜FCは、中村拓海のパスに伊藤翔が合わせにいくが、届かずゴールを奪えない。

その後も攻め込む一方で、栃木の集中した粘りの守備の前にゴールを奪えず。時間ばかりが経過する中、82分には途中出場の山下諒也のシュートがクロスバーに嫌われゴールならず。0-0で引き分けに終わった。

勝てば首位に浮上できる2位のアルビレックス新潟(勝ち点65)は、最下位のFC琉球(勝ち点29)と対戦した。

“声出し応援”が再開した新潟。およそ3年ぶりのチャントが戻ってきた中、前半は新潟ペースで試合が進む。

立ち上がりこそ落ち着かなかったが、徐々にペースを握ると何本もシュートを浴びせるが、ゴールには繋がらない。

ゴールレスで前半を終えた中、55分に動きが。渡邊泰基のロングスローから最後は高木善朗が蹴り込み、新潟が先制する。

残留のために負けられない琉球は、途中出場のサダム・スレイが活性化。しかしゴールを奪えないでいると、75分に伊藤涼太郎のパスから高木が追加点。さらに85分には途中出場のアレクサンドレ・ゲデスが加入後初ゴールを決めて3-0で勝利。首位に浮上した。

その他、上位では3位のファジアーノ岡山(勝ち点60)、5位のロアッソ熊本(勝ち点54)、6位の大分トリニータ(勝ち点52)が揃って勝利。一方で、監督交代に踏み切った4位のベガルタ仙台(勝ち点55)は大分との昇格争い直接対決で1-0と敗れ、5位に転落した。

また、残留争いも白熱。降格圏の21位・いわてグルージャ盛岡(勝ち点30)は、11位の水戸ホーリーホック(勝ち点46)と対戦。互いに譲らない展開となる中、お互いに決定力を欠いて引き分けに終わるかと思われた。

しかし91分、中村太亮のクロスに宮市剛が飛び込んでゴール。土壇場で6試合ぶりに勝ち点3を獲得し、降格圏を脱出した。

20位の大宮アルディージャ(勝ち点31)は13位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点42)と対戦。甲府はクラブ史上初の天皇杯ベスト4入りを果たした一方で、中2日という過密日程での戦いとなった。

するとコンディション的に有利な大宮が立ち上がりに攻め込む。まずは5分、矢島慎也のアウトサイドのスルーパスをボックス内右で富山貴光がダイレクトシュート。これが決まり、大宮が先制する。

さらに25分にも大宮。相手陣内でボールを奪った柴山昌也がスルーパス。これに反応した富山が完全にフリーとなり、GKとの一対一を決め切り追加点を奪った。

その後はゴールがなかなか生まれなかったが、85分にはボックス付近で得たFKから大山啓輔がクロス。これを袴田裕太郎がヘッドで合わせて3点目を奪い、0-3で快勝した。

岩手、大宮が勝った中、19位のザスパクサツ群馬(勝ち点31)は14位の東京ヴェルディ(勝ち点41)と対戦し、1-1のドロー。新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が多く出ている中、控えにGKがいないという異例のメンバー構成に。それでも54分に川本梨誉のゴールで先制するも、58分に東京Vが森田晃樹のゴールですぐさま同点に追いつく。その後は互いにゴールを奪えず、引き分けに終わって降格圏に転落した。

◆明治安田生命J2リーグ第35節
▽9/10(土)
いわてグルージャ盛岡 1-0 水戸ホーリーホック
ジェフユナイテッド千葉 1-0 ツエーゲン金沢
東京ヴェルディ 1-1 ザスパクサツ群馬
FC町田ゼルビア 0-1 レノファ山口FC
横浜FC 0-0 栃木SC
ヴァンフォーレ甲府 0-3 大宮アルディージャ
アルビレックス新潟 3-0 FC琉球
ブラウブリッツ秋田 0-0 徳島ヴォルティス
ファジアーノ岡山 2-1 モンテディオ山形
V・ファーレン長崎 1-3 ロアッソ熊本
大分トリニータ 1-0 ベガルタ仙台


関連ニュース
thumb

千葉、福満隆貴と契約更新 「必ずJ1昇格できるように頑張ります!!」

ジェフユナイテッド千葉は27日、MF福満隆貴(30)の契約更新を発表した。 福満は出水中央高校を卒業後、九州総合スポーツカレッジや、九州総合スポーツカレッジ、ヴェルスパ大分を渡り歩き、2015年のレノファ山口FC入りでプロの世界に。その後、セレッソ大阪でJリーグカップと天皇杯のタイトル獲得を経験して、水戸ホーリーホックとアビスパ福岡でもプレーした。 2021年からは千葉に加わり、初年度に明治安田生命J2リーグ36試合に出場。今季も34試合の出場数をマークした。クラブを通じて決意を新たにしている。 「2023シーズンも皆さんと一緒に戦えることを嬉しく思います! ファン、サポーター、スポンサー、スタッフ、選手!ジェフに関わる全ての人が一体になり、必ずJ1昇格できるように頑張ります!! 皆さんも一緒に戦ってください! よろしくお願いします!」 2022.11.27 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

今季躍進の熊本、土信田悠生ら7選手と契約更新

ロアッソ熊本が27日にGK田代琉我(24)、MF江﨑巧朗(22)、MF谷山湧人(19)、FW土信田悠生(23)、MF東山達稀(23)、MF藤田一途(23)、MF平川怜(22)との契約更新を発表した。 今季の明治安田生命J2リーグでは土信田が32試合1得点、藤田が28試合出場、東山が17試合1得点、平川が11試合2得点、田代が4試合出場、江崎が1試合出場を記録。谷山は出番がなかった。 2022.11.27 12:17 Sun
twitterfacebook
thumb

千葉FWブワニカ啓太が契約更新 「来シーズンも皆さんと共に全身全霊で」

ジェフユナイテッド千葉は27日、FWブワニカ啓太(19)との契約更新を発表した。 ブワニカ啓太は修徳高校に在学中の特別指定選手期間を経て、2021年から千葉に正式入団。2年目の今季は明治安田生命J2リーグ25試合に出場して5得点だった。契約更新を受け、決意を新たにしている。 「来シーズンもジェフのエンブレムを付けて戦えることをとても嬉しく思います。プロに入り自分にとって初めての声出し応援。ファン、サポーターの皆さんの必死に応援する姿を見て何度も何度も刺激をもらいました」 「このエンブレムへの誇りとジェフファミリーとしての自覚を持ち、来シーズンも皆さんと共に全身全霊で戦い優勝しましょう! ビッグな男になってチームを勝たせられるよう頑張ります! 応援よろしくお願いします!」 2022.11.27 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋がターレス復帰発表! 今季加入も熊本に即レンタル

名古屋グランパスは27日、MFターレス(21)の復帰を発表した。 ブラジル出身のターレスは秀岳館高校に進学するのを機に来日し、2021年に熊本入団。今季を前に名古屋入りが決まったが、期限付き移籍という形で熊本で引き続きプレーした。 その今季は相次ぐケガもあり、明治安田生命J2リーグ12試合の出場に終わったが、チームはJ1参入プレーオフ進出と躍進の1年に。自身もプレーオフの3試合でプレーしていた。 名古屋入り決定から1年越しでJ1初挑戦を果たすターレスはクラブを通じて意気込みを語った。 「名古屋グランパスの皆さん、私を信じてくださり、2023シーズン共にプレーできることを本当に感謝しています。名古屋グランパスのような歴史ある素晴らしいクラブの一員になるという夢を叶えることができて、とても嬉しく思っています」 「ロアッソ熊本での2年間と同じように、プロとして日々精進していきたいと思います。また更にレベルアップして、ピッチで結果を残せるように、全力で頑張ります。ピッチに立ち、ゴールを決め、名古屋グランパスのサポーターの皆さんに『ターレスダンス』をご紹介できることを楽しみにしています。一緒に名古屋グランパスを盛り上げましょう!」 一方、熊本の公式ウェブサイトを通じては苦楽を振り返りながら、感謝の言葉を綴っている。 「シーズンをもちまして、ロアッソ熊本を離れることとなりました。子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手を叶えてくれたチームに別れをつげることはとても心苦しいです。自分を歓迎してくれたサポーターのみなさん、加入してからいろんなことを教えてくれた監督・スタッフ・チームメイト、すべての皆さんに感謝しています」 「楽しいことも苦しいこともありましたが、忘れることはありません。本当は、皆さん一人一人に感謝の気持ちを伝えたい気持ちでいっぱいです。私はこれからもロアッソ熊本のことを応援しています。皆さん、来シーズンもロアッソ熊本を応援してください。ロアッソ熊本が本当に大好きです。2年間、お世話になりました」 2022.11.27 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島で通算11年、36歳の佐藤晃大が退団…「感謝してもしきれません」

徳島ヴォルティスは27日、FW佐藤晃大(36)の契約満了を発表した。 佐藤は2009年に東海大学から徳島ヴォルティスに入団してプロ入り。2012年から2014年までガンバ大阪に活躍の場を移すが、2015年から徳島に戻った。 徳島では通算11年間を過ごし、古参の1人に。ただ、シーズンを追うごとに出番を減らしており、今季も明治安田生命J2リーグで7試合出場にとどまった。 佐藤はクラブ公式ウェブサイトを通じて、徳島を離れる悲しさとともに感謝の言葉を綴った。 「まずは、今シーズンも多大なるご支援、ご声援をありがとうございました。チームとしても個人としても悔しい結果になってしまい、本当に申し訳なく思っています」 「11年間徳島ヴォルティスでプレーできて本当に幸せでした。自分は下手くそで怪我が多く、なかなか点も取れませんでした。それにも関わらず長い間必要としてくれたクラブ、応援し続けてくれたファン・サポーターの方々には感謝してもしきれません」 「結果という形でチームに恩返しをしたかったのですが、なかなかチームには貢献できませんでした。ですが、練習や出場した試合ではチームのために全てを出し切ったと胸を張って言えます」 「これからの事はまだ何も決まっていませんが、今後も自分らしく前へ進んでいきたいと思います。徳島ヴォルティスに在籍した11年間で自分も家族も徳島が大好きになりました。またどこかで見かけたら声をかけてください。本当にありがとうございました!」 2022.11.27 11:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly