徳島が早大MF山下雄大の来季加入内定を発表 「これからは雄大な鳴門の渦潮のように…」

2022.09.09 14:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスは9日、早稲田大学に在学するMF山下雄大(22)の2023シーズン加入内定を発表した。

山下は千葉県の生まれで柏レイソル下部組織の出身。徳島でのプロ入りを受け、クラブを通じてコメントしている。

「2023シーズンより徳島ヴォルティスに加入することになりました、早稲田大学ア式蹴球部所属の山下雄大です。幼い頃からの目標であったプロサッカー選手のキャリアに到達できることを大変嬉しく思います。これまでのサッカー人生の中で多くの指導者に関わっていただき、物怖じせずにチャレンジする姿勢やサッカーに対する情熱、向上心を持って取り組む大切さを教わりました」
「自分は柏レイソルのアカデミーで育ち、トップチームには昇格できなかったものの、自分のプレースタイルの基盤となっている『攻撃の組み立て』『パスで局面を打開してチャンスを作ること』を学びました。また、早稲田大学では勝てない時期を通じて、サッカーが改めてチームスポーツであることを知り、相手を上回るためには、チームとしての共通理解と各々の意思が噛み合う状態を創り出すことの重要性を感じました」

「ここまで素晴らしい環境でサッカーを続けられたのは、何不自由なく育ててくれた両親のおかげだと思っています。多くの方々の支えに対し、しっかりと感謝の気持ちを持って、これからは雄大な鳴門の渦潮のように周りを巻き込み大きな力を生むプレーヤーになっていきます。最後になりますが、徳島ヴォルティスのファン・サポーターの皆様、そして関係者の皆様、よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

徳島の大卒ルーキー森昂大が契約更新 「来シーズンはJ1復帰に向けてチームに貢献」

徳島ヴォルティスは3日、DF森昂大(23)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 創造学園高校出身の森はびわこ成蹊スポーツ大学に在学中の2021年9月から徳島の特別指定選手となり、今年から正式入団。明治安田生命J2リーグで出番なしだったが、カップ戦の2試合でプレーし、4月のルヴァンカップでプロ初出場を記録した。 契約更新を受け、クラブ公式サイトで「来シーズンも徳島ヴォルティスでプレーすることができ、とても嬉しい気持ちです」と喜び、今季の振り返りとともに、来季に向けた抱負を語った。 「今シーズンはチームとしても個人としても苦しく厳しいシーズンになりました。しかし個人としてはとても成長でき、このチームで試合に出て活躍したいという気持ちがより一層湧いてきました。来シーズンはJ1復帰に向けてチームに貢献し、ファン・サポーターの皆さんと共に喜びを感じられるように覚悟を持って戦います! 共に戦いましょう!」 2022.12.03 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島が大卒1年目の田中颯と契約更新 「全てを懸けて挑んでいきたい」

徳島ヴォルティスは3日、GK田中颯(23)の契約更新を発表した。 田中は東京ヴェルディのアカデミー卒で、トップチームに昇格せず、京都産業大学に進学。今年から徳島入りし、1年目は出番なしだった。 クラブ公式サイトで「2022シーズンも徳島ヴォルティスでプレーさせていただくことになりました」と報告し、来季の抱負を語った。 「来シーズンこそJ1に戻れるように、その力になれるように全てを懸けて挑んでいきたいと思っています。みんなで頑張りましょう!」 2022.12.03 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

来季J1の新潟がC大阪DF新井直人を完全移籍で獲得、3年ぶりの古巣復帰で今季はレンタル先の徳島で主軸

アルビレックス新潟は2日、セレッソ大阪のDF新井直人(26)が完全移籍で加入したことを発表した。 新井は新潟経営大学から2019年に当時J2の新潟へ加入。開幕戦でスタメンを勝ち取り、ルーキーイヤーから出場試合数を重ねた。 2021年にセレッソ大阪へ完全移籍で加わるも、J1では出場機会に乏しく、今季は徳島ヴォルティスへ期限付き移籍。主軸としてリーグ戦38試合2得点の数字を残した。 3年ぶりに古巣復帰の新井は各クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「再びアルビレックス新潟でプレーする機会をいただき、本当に嬉しく思っています。愛する新潟の街、ビッグスワン、そしてサポーターの皆さんの前で早くプレーがしたいです」 「ここに戻ってくることは、自分としてまだ早いのではないかといろいろと悩みました。それでも寺川(能人)強化部長をはじめ、熱く必要としてくださったアルビレックス新潟というクラブのために、もう一度自分の人生も懸けて勝負したいと思いました」 「そして、このクラブでタイトルが獲りたいです。来シーズン皆さんと再び共に戦えるのを楽しみにしています」 「アイシテルニイガタ!」 ◆セレッソ大阪 「セレッソでプレーする時間は1年という短い時間ではありましたが、選手、スタッフ含め、サポーターの皆さん、応援ありがとうございました」 「セレッソに戻ってもう一度チャレンジしたい気持ちも当然あり、すごく悩みました。試合に中々出られず、やり残したことや悔いも沢山あります。それでもいま必要とされる所でプレーしたいと思い、セレッソを離れることを決断しました。ここに来られたからこそ出会うことができ、共に戦えた選手、スタッフがいます。セレッソと来シーズン戦えることを楽しみにしています。サポーターの皆さんにまたプレーしている姿を見せられるよう頑張っていきます。本当にありがとうございました!」 ◆徳島ヴォルティス 「『徳島を再びJ1に』という強い想いを抱いて戦ってきましたが、それに結果で応えることができず申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「ただ今シーズン、徳島のために向き合い戦ってきたことに対して悔いはありません。だからこそ、1年前に徳島に来る決断をしてからこれまでの間、間違いなく成長することができたと感じています」 「共に戦った選手、スタッフ、そして徳島ヴォルティスに関わるすべての仲間たちは、来シーズン必ずJ1昇格を成し遂げると思います。そのためにサポーターの皆さん、応援をよろしくお願いします。皆さんまたどこかで会いましょう!本当に応援ありがとうございました」 2022.12.02 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

徳島、37歳主将の石井秀典が契約更新! 来季意気込みとともに第四子誕生も明らかに

徳島ヴォルティスは1日、DF石井秀典(37)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 石井は市立船橋高校、明治大学、モンテディオ山形ときて、2015年から徳島でプレー。チーム最年長で迎えた今季はキャプテンを任されながら、明治安田生命J2リーグ4試合、Jリーグカップ2試合の出場に終わったが、9シーズン目を迎える運びとなった。 契約更新を受け、クラブ公式サイトを通じて、私生活で第四子の誕生を明かしつつ、今季を振り返り、来季に決意を新たにした。 「2023シーズンも徳島ヴォルティスでフットボールできることを大変嬉しく思います。本当にありがとうございます。今シーズンは、チームの目標であるJ1復帰を成し遂げることができず、個人としても怪我が多く、悔しく苦しいシーズンでした。しかし、チーム力は個人のレベルアップも含め、かなり上がったと実感しています。ピッチでの悔しさ苦しさはピッチで必ず返します。このオフシーズンで自分の体と心と向き合い来シーズンに向けて準備します」 「私事になりますが、第四子が誕生いたしました。出産を頑張ってくれた妻、いろいろと我慢させてしまった子どもたち、元気に産まれてきてくれたベビーに感謝の気持ちでいっぱいです。改めて多くの方に支えられて家族が成り立っていることを実感しました。愛する徳島のため、愛する家族のため、そしてこの恩を返すためにも、来シーズンは新たなスタートとはなりますが、サッカー人生を懸けて全力でJ1復帰を目指して戦います。最後までアツく一緒に戦いましょう。よろしくお願いします」 2022.12.01 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

徳島、今季加入のMF長谷川雄志との契約を更新「ぜひ、自分に期待してください!」

徳島ヴォルティスは1日、MF長谷川雄志(25)との契約更新を発表した。 鹿児島県出身の長谷川は、2019年に宮崎産業経営大学から大分トリニータ入り。プロ1年目からポジションを掴んでいたが、昨季はチームでの序列が低下したこともあり、シーズン終了後に徳島へ完全移籍で加入した。 今シーズンは開幕戦で出番を得たものの、チームで絶対的なポジションを掴むまでには至らず。明治安田生命J2リーグで19試合に出場したが、先発は4試合にとどまった。 それでも、徳島との契約更新を決めた長谷川。クラブを通じて、来シーズンこそJ1昇格を成し遂げたいと気合いを示した。 「来シーズンも徳島ヴォルティスでプレーできることに喜びを感じています。ぜひ、自分に期待してください!!!来シーズンは必ず昇格しましょう!LOVE!VORTIS!」 2022.12.01 16:06 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly