天皇杯準決勝の会場とキックオフ時間が決定、カシマとサンガSで開催

2022.09.08 16:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
8日、第102回天皇杯の準決勝のキックオフ時間と日程が発表された。

7日に準々決勝の4試合が行われ、ヴァンフォーレ甲府、鹿島アントラーズ、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島の4チームが勝ち上がった。

10月5日に準決勝の2試合が行われ、甲府vs鹿島、京都vs広島のカードに。そして8日、両試合の日程が発表された。
甲府vs鹿島は茨城県立カシマサッカースタジアムで17時30分キックオフ、京都vs広島はサンガスタジアム by KYOCERAで19時30分キックオフとなる。

なお、チケットは9月23日(金・祝)の10時から発売される。

◆準決勝
▽10/5(水)
《17:30》
ヴァンフォーレ甲府 vs 鹿島アントラーズ
[茨城県立カシマサッカースタジアム]

《19:30》
京都サンガF.C. vs サンフレッチェ広島
[サンガスタジアム by KYOCERA]


関連ニュース
thumb

「広島の皆さんに恩返しすることができた」ルヴァン杯優勝弾アシストの満田誠、悔し涙から嬉し涙に

サンフレッチェ広島のMF満田誠が、ルヴァンカップ制覇を涙を流して喜んだ。 22日に国立競技場で行われた第30回目のルヴァンカップ決勝。昨年のファイナリストで2度目の優勝を狙うセレッソ大阪と、8年ぶり3度目の決勝で初優勝を目指す広島が激突した。 大方の予想通り、試合は遅攻の広島と速攻のC大阪という構図が成り立った中、後半8分に佐々木翔のバックパスが奪われ、先制点を与えてしまう展開に。 だが、79分にナッシム・ベン・カリファにパンチを喰らわしたC大阪のマテイ・ヨニッチの一発退場をきっかけに、試合の大勢が大きく傾き、以降は広島の一方的な攻勢が続く。すると、9分と長めに設定された後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。 まずは追加タイム6分、相手のハンドでPKを獲得すると、これを途中出場のピエロス・ソティリウが決めて土壇場で同点に。 そして追加タイム11分に、満田のCKからピエロスがゴールを決めて逆転。後半アディショナルタイムの奇跡の逆転劇で、広島がクラブ史上初のカップ戦タイトルを手にした。 1週間前に行われたヴァンフォーレ甲府との天皇杯決勝戦では、後半アディショナルタイムに決めれば勝利という状況でPKを外し、悔し涙を流していた満田。今回の優勝直後のインタビューでは、アシストシーンを振り返りながら、「広島の皆さんに恩返しすることができた」と嬉し涙で瞳をうるませた。 「ゴール前に競り勝てる選手がたくさんいるので、良い所に蹴れば点取ってくれると思って思い切って蹴りました。しっかり合わせてくれたので良かったです」 「天皇杯では本当に悔しい思いをさせてしまった分、結果で恩返ししたくて1週間頑張って来たんですけど、タイトルとして恩返しすることができて本当に広島の方々みんなに感謝したいです」 <span class="paragraph-title">【動画】「広島の皆さんに恩返しすることができた」満田誠、悔し涙から嬉し涙に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">「タイトルとして恩返しすることができて、広島の方々みんなに感謝したいです。」<br><br>優勝を決める2点目をアシストした<br>満田誠 選手のインタビュー<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E6%B1%BA%E5%8B%9D?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ルヴァンカップ決勝</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E5%BA%83%E5%B3%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンフレッチェ広島</a><a href="https://twitter.com/sanfrecce_SFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@sanfrecce_SFC</a><a href="https://twitter.com/makoto_mitsuta?ref_src=twsrc%5Etfw">@makoto_mitsuta</a> <a href="https://t.co/kyPOTloWyj">pic.twitter.com/kyPOTloWyj</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1583716126210789376?ref_src=twsrc%5Etfw">October 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.22 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「チームを称えてやってください」広島主将・佐々木翔が涙ながらにルヴァン制覇の喜びを爆発

サンフレッチェ広島のDF佐々木翔が、ルヴァンカップ制覇に喜びを爆発させた。 22日に国立競技場で行われた第30回目のルヴァンカップ決勝。昨年のファイナリストで2度目の優勝を狙うセレッソ大阪と、8年ぶり3度目の決勝で初優勝を目指す広島が激突した。 大方の予想通り、試合は遅攻の広島と速攻のC大阪という構図が成り立った中、後半8分に佐々木はバックパスを奪われ、失点の原因になってしまう。 佐々木は失敗を取り返そうと積極的に攻撃参加していく中で、79分にC大阪のマテイ・ヨニッチがナッシム・ベン・カリファにパンチを喰らわし一発退場に。 ここから試合の大勢が傾き、徐々に広島の攻撃のギアが上がっていく。すると、9分と長めに設定された後半アディショナルタイムに相手のハンドでPKを獲得し、途中出場のピエロス・ソティリウが決めて土壇場で同点に。 だが、これだけに留まらず、追加タイム11分には、CKからピエロスがゴールを決めて逆転。後半アディショナルタイムの奇跡の逆転劇で、広島がクラブ史上初のカップ戦タイトルを手にした。 試合終了直後、インタビューに応えた佐々木は涙ながらに喜びを爆発させた。サポーターを祝福し、チームを称えて欲しいと、広島に関わる全員で掴んだ優勝であることを強調した。 「本当、仲間に助けられました。厳しい試合でしたけど、最高に嬉しいです!」 「最高のチームです。広島の皆さんのパワーがあったからこそ、ここまで来られたと思います。ありがとうございます。おめでとうございます」 「ハラハラしましたけど、皆さんのおかげで獲れました。チームを称えてやってください!」 <span class="paragraph-title">【動画】「チームを称えてやってください」主将・佐々木翔が涙ながらに喜びを爆発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>最高のチームです<br>\<br><br>キャプテン 佐々木翔 選手の<br>熱い、熱い優勝インタビューをどうぞ<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E6%B1%BA%E5%8B%9D?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ルヴァンカップ決勝</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E5%BA%83%E5%B3%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンフレッチェ広島</a> <a href="https://twitter.com/sanfrecce_SFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@sanfrecce_SFC</a> <a href="https://t.co/CNZMLDdqEK">pic.twitter.com/CNZMLDdqEK</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1583715797410926592?ref_src=twsrc%5Etfw">October 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.22 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

天皇杯で涙を飲んだ広島がついにカップ戦初制覇! ピエロスの後半AT2発でC大阪に奇跡の逆転勝利《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップ決勝、セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島が22日に国立競技場で行われ、1-2で広島が勝利し、初制覇を果たした。 5年ぶり2度目の優勝を目指すC大阪と、悲願の初優勝を狙う広島による決戦。C大阪は決勝トーナメントで川崎F、浦和を下して2年連続で決勝へ。一方。横浜FMと福岡を破ってきた広島は8年ぶりの決勝戦。過去に2度この舞台に到達しているが、栄冠には達していない。 今季の広島は天皇杯でもファイナルに進んでいたが、甲府との決戦はPK戦の末に敗北。こちらは6度目の挑戦だったが、またしてもタイトルに手が届くことはなかった。 なお、この試合の前日に、かつて広島にも所属した工藤壮人が返らぬ人に。広島はベンチに同選手のユニフォームをディスプレイし、会場にも数多くのバナーが掲げられた。 今季は天皇杯準々決勝でも対戦した両者。戦績は広島の3戦全勝で、今日も開始1分に味方のパスを受けてボックス右に侵入した満田が右足を振り抜き、先に挨拶代わりのシュートを浴びせる。 4連敗の屈辱は避けたいC大阪も4分、カウンターから上門。右サイドからの折り返しをダイレクトで合わせたが、枠に飛ばせなかった。15分には広島ユース出身の加藤が古巣相手にゴールに迫ったが、そのユースでチームメイトだったGK大迫が好セーブを見せた。 20分まではポゼッション率も全くの五分五分と、互角の攻防を見せる両チーム。徐々にC大阪の押し込む時間が長くなる中、30分に広島はボックス手前右の好位置でFKを獲得。優秀なプレースキッカーを揃える広島にとって大きなチャンスだったが、野津田が直接狙ったシュートは壁に阻まれた。 45分には、広島は川村のクロスに飛び込んだ満田が背後から接触したDFに倒されるシーンもあったが、主審の笛は鳴らず。試合は0-0で折り返した。 しかし、後半立ち上がりに予期せぬ形で試合が動く。53分、自陣左サイドでボールを落ち着かせたい広島は、佐々木がGKへバックパスを出したところ、C大阪の加藤がそのパスを奪取。最後はGKもかわてゴールに流し込んだ。 らしくないプレーで失点に関与してしまった佐々木。汚名返上にと直後から積極的な攻撃参加を見せる。しかし、佐々木が上げたクロスをキャッチしたGKキム・ジンヒョンが一気に前線へロングボールを送ると、これが毎熊に届き、C大阪にビッグチャンス。上手くディフェンスラインの背後に抜け出した毎熊はボックス右から蹴り込んだが、GK大迫に止められ追加点ならず。 守護神に救われた広島も63分、右サイドの野上のクロスにダイビングヘッドで飛び込んだベン・カリファがゴールに迫るが、C大阪もGKキム・ジンヒョンが負けじと好セーブ。 その直後に広島は松本を下げてピエロスを投入。C大阪も先制点の加藤と上門を下げて、清武と今大家のニューヒーロー賞に選ばれた北野をピッチへ送り込む。 この交代から試合はさらにヒートアップ。C大阪が清武も絡んだプレーから北野がチャンスメイクすれば、広島もピエロスがヘディングシュートを放つ。75分過ぎには天皇杯で同点ゴールを叩き込んだ川村に再びそのチャンスが訪れるも、クロスに合わせたヘディングシュートはGKの正面に。 そんな中、79分に重大インシデント。広島のロングボールに競り合ったベン・カリファとヨニッチが接触し共に転倒。立ち上がった際にヨニッチがベン・カリファの顔面にパンチを見舞い、カードの対象となる。最初はイエローカードが提示されたが、オンフィールドレビューの末にレッドカードに。C大阪は1点リードの中、残り10分を10人で戦うことになった。 こうなると構図は明確に。押し込む広島と、守備を徹底するC大阪。後半アディショナルタイムは、ヨニッチ退場の際の中断もあり、9分とかなり長めに設定された。 1人多い広島にとってはありがたい追加タイム。すると劇的で歓喜に満ちた結末が待っていた。後半アディショナルタイム6分、CKでピエロスの放ったヘディングシュートが鳥海の腕に当たってPKを獲得。これをピエロス自ら決めて、土壇場で同点に。 天皇杯決勝に似た展開で俄然勢いの増す広島。その後も相手を押し込んでいく中、追加11分に再びCKを獲得。満田が右足でクロスを入れると、ボックス中央でピエロスが右足で合わせたシュートがゴールイン。1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイムに奇跡の逆転に成功した。 そして、最後にC大阪の残りの力を振り絞った攻撃を凌いだ広島が悲願のカップ戦初制覇。天皇杯の悔しさを晴らす、ドラマティックな優勝劇を収めた。 セレッソ大阪 1-2 サンフレッチェ広島 【C大阪】 加藤陸次樹(後8) 【広島】 ピエロス・ソティリウ(後51[PK]) ピエロス・ソティリウ(後56) 2022.10.22 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

天皇杯決勝は2度目のPK戦で決着/六川亨の日本サッカーの歩み

第102回を迎えた天皇杯はJ2の甲府がPK戦の末に広島を下して初優勝を果たした。 J2クラブが優勝したのは2011年のFC東京以来11年ぶり。しかし当時のFC東京はJ2に降格して1年でJ1復帰を決めており、天皇杯優勝はそれほど大きなサプライズではなかった。一方の甲府はJ2で7連敗を喫するなど、残留争いに巻き込まれながらも天皇杯では札幌、鳥栖、福岡、鹿島といったJ1勢を下しながらの優勝だけに、“下剋上“を実践しての見事な戴冠だった。 試合はというと、甲府は自陣深くに5BKを配してスペースを消し、その前に4人の選手をゾーンとマンツーマンを併用したブロックで堅固な守備組織を築いた。一発勝負のカップ戦ならではの、なりふり構わない戦い方である。しかし、これが広島相手にピタリとはまった。 マイボールになればロングパスで前線の三平和司や長谷川元希、鳥海芳樹を走らせるか、無理を承知で2列目の長谷川や鳥海に加え、サイドハーフの関口正大、荒木翔らに単独でのドリブル突破を敢行させた。格下のチームがリスクヘッジしながら格上相手に勝機をつかむには、無理を承知で挑み続けるしかない。実際、前半はパスカットや単独ドリブルでのカウンターからチャンスをつかんでいた。 これに対し広島は、完成度の高い[3-4-2-1]からパスサッカーによる多彩な攻撃が持ち味のチームでもある。ところが甲府は自陣にベタ引きのため、広島が得意とする「剥がすプレー」ができない。相手がプレスを掛けにこないため、剥がしたくても剥がせないのだ。ここらあたりが同じポゼッションスタイルを得意とする川崎Fとの違いと言える。 ボールの支配率で上回り、後半は甲府陣内で試合を進めたものの、サイドを崩しきれず、満田誠らのミドルも分厚いブロックに跳ね返された。こんな時に有効なのはドリブラーだが、広島には密集地帯をすり抜けるようなドリブラーがいなかった。他の有効な手段としてパワープレーという選択肢もあるが、ミヒャエル・スキッベ監督は最後まで“地上戦“にこだわった。かくして広島は、6度の決勝戦進出もランナーズアップに終わるという珍記録を更新することになったのである。 この天皇杯決勝でPK戦までもつれこんだのは過去に1回しかない。Jリーグ開幕を3年後に控えた90年の日産対松下戦で、試合は0-0のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦4-3で松下が初優勝を果たした。 当日は氷雨の降る元日決戦で、日産は88、89年から続く3連覇を目ざしたものの、松下の守備的なサッカーに最後までゴールを割れず、PK戦で涙を飲んだ。試合後、キャプテンだった柱谷哲二は「攻めてこない相手に負けてしまった自分たちが悔しい」と、それこそ悔し涙を流しながら声を絞り出していた。 日産は翌91年と、92年は日産FC横浜マリノスとして連覇を果たす。もしも松下に勝っていれば5連覇という偉大な記録を作れていたのだった。そして柱谷哲二氏は88、89年と91年の3度の優勝に貢献し(88年は兄の幸一氏と兄弟で天皇杯に優勝)、92年は読売クラブに移籍したものの古巣の日産FC横浜マリノスに決勝で敗れたのだった。 Jリーグの始まる前の10年間は、日産と読売クラブがタイトルを独占した天皇杯だった。それだけ2強が図抜けていた時代でもあった。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> <span class="paragraph-title">【動画】物議を醸した福岡のゴールから無抵抗のゴール献上まで</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="HDti8D63Gx8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.18 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「本当に劇的」甲府在籍20年、天皇杯初優勝に導いた42歳・山本のPKが話題沸騰「このシナリオは書けない」

ヴァンフォーレ甲府が成し遂げた歴史的瞬間に、多数のサッカーファンが胸を揺さぶられている。 甲府は16日に第102回天皇杯決勝でサンフレッチェ広島と日産スタジアムで対戦した。 過去最高成績はベスト8ながら、今大会では北海道コンサドーレ札幌、サガン鳥栖、アビスパ福岡、鹿島アントラーズと、J1勢を次々に撃破。クラブ史上初の決勝の舞台でもトーナメント特有の勢いそのままに、27分にショートコーナーからFW三平和司が先制点を挙げた。 だが、ボールを握る広島の前に我慢の時間が続くと、84分に広島MF川村拓夢にゴールを許し、90分を終えて延長戦へ。延長後半にはPKを献上し、絶体絶命のピンチを迎えたが、守護神GK河田晃兵がMF満田誠のキックをストップ。120分でも決着はつかず、勝負の行方はPK戦へ委ねられた。 GK河田はPK戦でも1つビッグセーブを見せると、後攻の甲府は全員が成功して迎えた5人目、DF山本英臣がきっちり沈め、見事初優勝の栄冠を手にした。 勝負を決めた山本は甲府在籍20年目。この試合はベンチスタートとなったが、同点ながらも押し込まれた状況下、落ち着きをもたらす役割を持って112分に途中投入された。だが、直後に偶発的ながらもハンドでPKを献上してしまっていた。 ただ、前述の通り、GK河田がこれをしのぎ、山本は勝負を決めるキッカーとして登場。42歳となった大ベテランの一振り後には「甲府の奇跡がすばらしすぎる」、「この終わり方は本当に劇的」、「このシナリオは書けない」、「感動しました」、「この瞬間だけでも鳥肌が立つ!」と、多数の感動の声が寄せられている。 J2勢の天皇杯優勝は2011年第91回大会のFC東京以来2度目。甲府としても史上初の国内トップタイトルの獲得となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】在籍20年、甲府を天皇杯初優勝に導いた42歳・山本のPK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E7%94%B2%E5%BA%9C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヴァンフォーレ甲府</a><br> 歓喜の初優勝】<br><br>PK戦最後は<br>在籍20年のレジェンド<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E8%8B%B1%E8%87%A3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#山本英臣</a> 選手が決める<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E6%9D%AF%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#天皇杯サッカー</a> 決勝<br>試合終了<br>甲府 1(5PK4)1 広島<br><br>この試合もう一度見たい方は<br>NHKプラス で見逃し配信中<a href="https://t.co/dIY0ZCf8A4">https://t.co/dIY0ZCf8A4</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E5%BA%83%E5%B3%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンフレッチェ広島</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E6%9D%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#天皇杯</a> <a href="https://t.co/OBfQXHOrgR">pic.twitter.com/OBfQXHOrgR</a></p>&mdash; NHKサッカー (@NHK_soccer) <a href="https://twitter.com/NHK_soccer/status/1581556074834169857?ref_src=twsrc%5Etfw">October 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.16 22:27 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly