今治の高卒ルーキーMF佐藤璃樹が右ヒザ外側半月板損傷で手術…全治約3カ月

2022.09.08 14:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC今治は8日、MF佐藤璃樹の負傷を発表した。

クラブの発表によると、佐藤は右ヒザ外側半月板損傷と診断されたとのことだ。

なお、1日に手術を受けており、全治は術後約3カ月とのことだ。
佐藤は神村学園高校から今シーズン加入。ここまで明治安田生命J3リーグで1試合に出場していた。


関連ニュース
thumb

今治新指揮官にコーチから昇格の高木理己氏 「過去の正しさをこれからの未来で証明する」

FC今治は27日、2023シーズンのトップチーム監督に高木理己氏(44)の就任を発表した。 かつて市立船橋高校や、山梨学院大附属高校、帝京第三高校のほか、京都サンガF.C.、ガイナーレ鳥取、湘南ベルマーレを指導した高木氏。鳥取で監督を務めた後、2021年5月から今治のトップチームコーチに就任した。 今季の今治は明治安田生命J3リーグ5位でフィニッシュしたが、橋川和晃監督が今季限りで退任。高木氏はコーチからの内部昇格という形でチームの陣頭指揮を執る運びとなり、クラブを通じて意気込みを語っている。 「FC今治に関わる全ての皆様、こんにちは。今季、ヘッドコーチを務めさせていただきました高木理己です。橋川監督が先頭に立ち、突き進んだFC今治の舵輪を引き継がせていただく事となりました」 「このクラブに脈々と受け継がれる、『 Progression 』(前進する) 『 Proactive 』(主体的かつ積極的に) というマインドを体現するチームを築き上げると共に、過去の正しさをこれからの未来で証明する為に邁進していきたいと思います」 「そして、私をこの地に導いてくださったのは、前監督である布啓一郎さんです。私が15歳の時に繋がったこのご縁が、己の人生の背骨となっています」 「人と人とが手を取り、会話をし、結束し、繋がっていく事で創り出されるものの強固さと素晴らしさを体現する事。これは私の使命です。FC今治に関わる全ての皆様の熱量を動力に変え、この船を我々の目指す場所まで押し進めます!! 皆様の熱いご声援を宜しくお願い致します!! 里山スタジアムでお待ちしています!!」 2022.11.27 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

今治がイ・ドヒョン退団を発表 「人としても選手としても成長できた」

FC今治は22日、GKイ・ドヒョン(21)の退団を発表した。 かつて母国韓国の全南ドラゴンズや水原FCの下部組織に在籍したイ・ドヒョンは東海大学付属福岡高校を経て、2020年から今治でプレー。今季で3年目だったが、明治安田生命J3リーグで出番なく、天皇杯1試合のプレーに終わった。クラブを通じて別れの挨拶をしている。 「今シーズンでFC今治を離れる事になりました。チームメイト、スタッフ、バックスタッフ、サポーターの皆さんに支えてもらって3年間頑張れました。本当に心から感謝しています!」 「18歳の時に今治にきて何もわからない状況からはじめました。ですがこの3年間人としても選手としても成長できたと思います。もっともっと良い姿を見せれるように次のステージでも頑張ります。またみんなどこかで会えるように頑張ります!」 「クラブを離れてもFC今治をずっと応援します! 3年間本当にありがとうございました!」 2022.11.22 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

J3MVPは優勝いわきのルーキー有田稜! 17ゴールで得点王にも輝く《2022J3リーグアウォーズ》

21日に2022シーズンのJ3リーグアウォーズが行われた。 今季からJ1からJ3のカテゴリー別でそれぞれMVPやベストイレブンを選定することになったJリーグ。J1の表彰式から2週間、今回はJ3の各賞が発表された。 今季のJ3は新規参入のいわきFCが23勝を挙げる成績で優勝。最終的に2位の藤枝MYFCとは9ポイント差の大差をつけて、Jリーグ参入から1年でJ2昇格を果たした。 そして、そのいわきFCで17得点をマークし、J3得点王に輝いた有田稜がJ3初代MVPに。国士舘大学出身の有田は今季からいわきに入団。プロデビュー戦は第3節の愛媛FC戦で、後半アディショナルタイムからの途中出場だったが、直後に決勝ゴールを決める鮮烈な印象を与えた。来季以降の活躍にも期待したいストライカーだ。 また、年間最優秀ゴールには、Y.S.C.C.横浜のロリス・ティネッリが9月の松本山雅FC戦で決めたゴールが選ばれた。左サイドからドリブルで切り込み、DFをなぎ倒しながらボックス左へ侵入。右足を振り放ったシュートが決まり、これが来日初ゴールとなった。 そのほかでは、優秀監督に藤枝の須藤大輔監督が選ばれている。ベストイレブンはいわきから5名と最多の選出となった。 <span style="font-weight:700;">【2022 J3リーグ各賞受賞者】</span> <span style="font-weight:700;">◆最優秀選手賞</span> FW<span style="font-weight:700;">有田稜</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">◆ベストイレブン</span> GK <span style="font-weight:700;">内山圭</span>(藤枝MYFC) DF <span style="font-weight:700;">安藤智哉</span>(FC今治) <span style="font-weight:700;">家泉怜依</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">林堂眞</span>(カターレ富山) <span style="font-weight:700;">広瀬健太</span>(鹿児島ユナイテッドFC) MF <span style="font-weight:700;">嵯峨理久</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">日高大</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">横山暁之</span>(藤枝MYFC) <span style="font-weight:700;">山下優人</span>(いわきFC) FW <span style="font-weight:700;">有田稜</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">有田光希</span>(鹿児島ユナイテッドFC) <span style="font-weight:700;">◆得点王</span> 【17得点】 FW<span style="font-weight:700;">有田稜</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">◆フェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">カターレ富山</span> <span style="font-weight:700;">◆優勝監督賞</span> <span style="font-weight:700;">村主博正</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">◆優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">須藤大輔</span>(藤枝MYFC) <span style="font-weight:700;">◆最優秀ゴール賞</span> <span style="font-weight:700;">ロリス・ティネッリ</span>(Y.S.C.C.横浜) 2022.11.21 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

今治が日体大FW桝田凌我の来季加入内定を発表「感謝をピッチで表現したい」

FC今治は21日、日本体育大学のFW桝田凌我(22)の来季加入内定を発表した。 桝田は東京都出身で、初芝橋本高校から日本体育大学へと進学。188cm75kgと恵まれた体格を持ったストライカー。今シーズンの関東大学サッカーリーグ2部では13試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 桝田はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンからFC今治に加入することになりました日本体育大学の桝田凌我です。 幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としてのスタートラインに立てたこと、そしてFC今治という素晴らしいクラブの一員になれたこと、嬉しく思います」 「また、どんな時も支えてくれた家族、熱い指導をしてくださった指導者の方々、チームメイトへの感謝をピッチで表現したいと思います。FC今治のファン、サポーターの皆様と勝利を分かち合えるように全力で闘います。応援よろしくお願いします」 2022.11.21 11:44 Mon
twitterfacebook
thumb

いわきのルーキーFW有田稜がJ3得点王!後半戦定位置確保でPKなしの17得点マーク

2022シーズンの明治安田生命J3リーグ全日程が20日に終わり、いわきFCのFW有田稜が初のJ3得点王に輝いた。 国士舘大学から今季加入したルーキーの有田は、第3節愛媛FC戦の後半アディショナルタイムにJリーグ初出場を飾ると、投入直後にヘディングでJ初ゴールを記録した。 前半戦は途中出場が続いていたものの、第18節松本山雅FC戦からスタメンに定着。第26節から第30節にかけては5試合連続得点で一挙8ゴールをマークするなどし、PKなしで計17得点を積み上げた。 いわきFCは今季がJリーグ参入初年度のため、クラブからJの得点王が誕生するのは初めてのこととなる。 次点は16得点でFC岐阜のFW藤岡浩介。先シーズンはテゲバジャーロ宮崎で10得点を挙げ、得点ランキング2位となっていた点取り屋は、今季も岐阜でゴールを量産。最終節でも1得点を挙げたが、惜しくも及ばず、2年連続の次点となった。 3位は15得点で、鹿児島ユナイテッドFCのストライカー・有田光希と、第33節ではハットトリックを達成したガイナーレ鳥取のFW石川大地が並んだ。 ◆J3得点ランキング 【17】 有田稜(いわきFC) 【16】 藤岡浩介(FC岐阜) 【15】 有田光希(鹿児島ユナイテッドFC) 石川大地(ガイナーレ鳥取) 【14】 岡田優希(テゲバジャーロ宮崎) 【13】 横山暁之(藤枝MYFC) 【12】 米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC) 中川風希(FC今治) 千葉寛汰(FC今治) 【11】 横山歩夢(松本山雅FC) 2022.11.20 17:43 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly