マドリーがベティスとの全勝対決制す! ヴィニシウス&ロドリゴが4連勝に導く《ラ・リーガ》

2022.09.04 01:49 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第4節、レアル・マドリーvsベティスが3日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-1で勝利した。

前節、ベンゼマのドブレーテの活躍により、エスパニョールを3-1で破って開幕3連勝を達成した王者マドリーは、同じく開幕3連勝スタートのベティスとの首位攻防戦に臨んだ。

週明けの6日にセルティックとのチャンピオンズリーグ(CL)初戦を控える中、アンチェロッティ監督はこのホーム開幕戦に向けて前節から先発4人を変更。ルーカス・バスケスとリュディガーに代えてカルバハル、メンディを起用し、アラバがセンターバックに。中盤から前ではクロースとバルベルデに代わって、前節途中投入で存在感を示したカマヴィンガ、ロドリゴが入った。
試合は開幕全勝対決らしい緊迫感のある攻防が立ち上がりから続く。5分過ぎには左サイドから見事な仕掛けを見せたフェキルがボックス内でDFカルバハルと交錯。開始早々のPK奪取かに思われたが、これはノーファウルの判定。

冷や汗をかいたマドリーだが、すぐさま気持ちを切り替えると、ファーストチャンスをいきなりゴールに結びつける。9分、最後尾でボールを持ったフリーのアラバがハーフウェイライン手前まで運んで絶妙なフィードを供給。これにオフサイドラインぎりぎりで飛び出したヴィニシウスが、飛び出したGKのポジションを見極めてペナルティアーク付近から右足のループシュートを流し込み、3試合連続ゴールとした。

一瞬の隙を突かれて先制を許したベティスは、さらにアクシデント発生。負傷したフェキルが自らベンチに下がり、11分にルイス・エンヒキがスクランブル投入された。

ビハインドに加え、エースの負傷交代に見舞われたアウェイチームだが、頼れる背番号10が魅せる。17分、左サイド深くでのスローインからボックス左でDFを背負ったイグレシアスが丁寧にマイナスへ落とすと、カナーレスが右足シュート。GKクルトワの股間を抜けたシュートがゴールネットを揺らした。

この試合でもクリーンシートを逃したマドリーだが、攻撃は相変わらず好調。失点直後にロドリゴとの連携でゴール前に抜け出したヴィニシウスがドブレーテに迫ると、直後の右CKではチュアメニが完璧なヘディングシュートを枠の左へ飛ばす。だが、加入後初ゴールかに思われたフランス代表MFの渾身のシュートはGKルイ・シウバが驚異的な反応ではじき出した。

前半半ばから終盤にかけてもマドリー優勢が続くが、ベティスも引いて守るだけでなくイグレシアスを起点にカウンターを仕掛け、マドリーの守備陣にギリギリの対応を強いる。全勝対決らしい見応えのある攻防が繰り広げられたが、ベティスの粘りの守備もあり均衡が保たれたままハーフタイムを迎えることになった。

前半に続き後半も試合はがっぷり四つの戦いに。立ち上がりにはロドリゴのシュートにファーで詰めたベンゼマに決定機も、ここれは相手DFの決死のゴールカバーに遭う。さらに、モドリッチの鋭いミドルシュートもGKルイ・シウバがビッグセーブ。

対するベティスは左サイドでカナーレス、アレックス・モレノとロングカウンターでゴールに迫るが、GKクルトワらの牙城を再び崩すまでには至らない。

後半も押し込みながら最後のところでゴールをこじ開けられないマドリーは、63分にカマヴィンガを下げてバルベルデを投入。すると、アンチェロッティ監督のこの采配が見事に嵌った。

65分、右サイドの高い位置でボールを持ったカルバハルに対して内側で絶妙なランニングを見せたバルベルデがボックス右でボールを引き出す。そして、完璧な折り返しを入れると、ゴール前のロドリゴが丁寧な右足ダイレクトシュートをゴールネットに流し込んだ。

これで余裕を持った戦い方が可能となったマドリーは、心身ともに疲労の見えるベティスを前に冷静にゲームをコントロール。その中でロドリゴの左ポスト直撃のシュートなどで3点目にも迫る。

また、試合終盤にはモドリッチ、ロドリゴ、カルバハルと殊勲の選手たちを下げてクロース、セバージョス、リュディガーの投入で試合をクローズ。ベンゼマにゴールこそ生まれなかったものの、後半半ば以降はアウェイチームに見せ場を作らせることなくホーム開幕戦を勝利で飾った。

そして、開幕4連勝のマドリーは余力を残した状態で週明けのセルティックとのCL初戦に挑むことになった。

関連ニュース
thumb

マドリーがダニ・オルモを注視! 契約延長交渉の行方次第で今夏に動く?

レアル・マドリーが、RBライプツィヒのスペイン代表MFダニ・オルモ(24)を注視しているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 ダニ・オルモはバルセロナの下部組織育ちだが、飛躍のきっかけは16歳で加入したクロアチアの名門ディナモ・ザグレブ。スペイン人ながらも東欧経由でブンデスリーガ行きを掴んだという異色の経歴の持ち主だ。 ライプツィヒでは主力として活躍し、今季の公式戦16試合で4得点6アシスト。年明けには「この先もずっとバルサは僕の家で、スペインは僕の国。契約延長は代理人に任せっきりさ」と、近い将来のバルセロナもしくは母国への復帰を示唆していた。 気になる契約は2024年6月までで、つい先日にはライプツィヒ幹部がダニ・オルモとの契約延長に全力を注ぐ意志を表明。その行方をマドリーが注目しているとのことだ。 また、ライプツィヒは契約延長にて7000万〜7500万ユーロ(約99億〜106億円)のリリース条項を念頭に置いているといい、選手の希望を考慮してか、スペインクラブ向けには6000万ユーロ(約85億円)を適用するプランだという。 マドリーはダニ・オルモとライプツィヒの交渉が不調と見れば、即座に今夏の獲得へ動く用意があると考えられている。 2023.01.26 20:37 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルが『マルカ』の見出しに声明「全くもって虚偽」…「アウェイファンの入場を許可しない」と掲載され反論

レアル・マドリーは25日、スペイン『マルカ』の一面の記事に関しての声明を発表した。 『マルカ』は25日付の一面に「NOS SACAN LOS COLORES(私たちから色を奪う)」と掲載。「スポーツの精神や価値観に反し、理解し難いレギュレーションに守られている。マドリーとバルサは、ライバルチームのユニフォームやシンボルを持つファンを入場させる権利を留保する。これを受け入れて正常化することは、スペインサッカーにとって失敗である」とした。 これはスペインやマドリーに限ったことではなく、世界どこでも共通の見解。日本のJリーグでも同様であり、アウェイのサポーターがホームのゾーンに、またはその逆に関しても禁じているのは通常だ。 マドリーはこの一面の掲載を受けて声明を発表。クラブのスタンスを説明した。 「この情報は全くもって虚偽であること。レアル・マドリーはこれまで、ライバルチームのユニフォームを着たファンのサンティアゴ・ベルナベウへの入場を禁止したことはない。これは我々のスタジアムで行われるすべての試合で見られることであり、これからもそうであり続けるだろう」 「レアル・マドリーがアトレティコ・マドリーに提供した次の試合のチケット枚数について、我がクラブは、レアル・マドリーがメトロポリターノを訪れた際に受け取る枚数と同じであり、両者が維持している特別な関係の枠内での合意であることを明確にする」 「同様に、レアル・マドリーはサンティアゴ・ベルナベウのチケットの販売及び譲渡は、常に各大会で施行されている規定に準拠している」 マドリーの声明を受けた『マルカ』は反論。「禁止については決して言及しておらず、『入場の権利を留保する』としているだけであり、『マルカ』を誤って非難する声明を出した」とした。 <span class="paragraph-title">【写真】レアル・マドリーが反対声明を出した『マルカ』の一面</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Marca recoge la vergüenza de las decisiones del Real Madrid y Barcelona. Prohiben a los aficionados de sus rivales que puedan acceder con sus colores si no van a los zonas de visitantes. Zonas a las que casi no asignan entradas.<br>Los dos grandes.... miserables. <a href="https://t.co/EMuEeWwFSO">https://t.co/EMuEeWwFSO</a> <a href="https://t.co/B7j18vL3eG">pic.twitter.com/B7j18vL3eG</a></p>&mdash; Francisco Sierra (@fsierra) <a href="https://twitter.com/fsierra/status/1618174107853680640?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.25 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー功労者2人の去就は… クロースやはり引退? 在籍23年目ナチョも退団決意か

レアル・マドリーに長く貢献してきた元ドイツ代表MFトニ・クロース(33)、元スペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(33)の去就が不確定だ。スペイン『Relevo』が伝える。 クロースはマドリー在籍9年目、11歳から在籍するワンクラブマンのナチョは23年目を迎えた。2選手は揃って今月で33歳を迎え、今シーズン限りで契約が満了となる。 主軸のクロースは数年前に「33歳での現役引退がベスト」と発言。今夏の引退が噂されており、実際にクラブから契約の1年延長をオファーされて数カ月経つものの、シーズン終了まで回答を保留。1年延長か引退の二択で、マドリー以外のユニフォームを着る可能性は皆無だという。 一方、出場機会が少ないナチョには延長オファーがない模様。だが、こちらの去就も選手自身の意志が最優先されているようで、クラブとしては現行と同じ金銭条件で単年契約を更新し続けていくというプランがあるようだ。すなわち、ナチョはマドリー退団を決意したものと考えられている。 2023.01.25 14:38 Wed
twitterfacebook
thumb

注目のベリンガム移籍先、リバプール有力か…「クロップも猛プッシュ」

ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)は現時点でリバプールが有力の移籍先と目されるようだ。 2020-21シーズンにバーミンガムからドルトムントに移り、まだ19歳ながらドイツで通算113試合の出場数を誇るベリンガム。先のカタール・ワールドカップ(W杯)でも存在感を示して、瞬く間に次代のスターとして名を広め、近い将来の動向が大いに注目される。 すでにマンチェスター・シティのほか、レアル・マドリーの関心も取り沙汰されており、来る夏の主役になるのも間違いなしだが、ドイツ『スカイ』のフロリアン・プレッテンベルク記者が『『The Transfer Show』で最も可能性の高い移籍先にリバプールを挙げた。 「ベリンガムは夏に出ていくだろうし、ドルトムントの引き止めは現時点でノーチャンスだと、我々の誰しもが思っている。ただ、彼はリリース条項なしの契約だから、値段が非常に高い。ドルトムントは夏に1億〜1億5000万ユーロを求めている」 「そんな彼をターゲットとするクラブは3つ。レアル・マドリー、マン・シティ、そしてリバプールだ。そのなかで、リバプールが有力候補の1つで、ユルゲン・クロップも猛プッシュしており、彼がNo1ターゲットだと言っていると聞いている」 「クロップとはまだだが、ベリンガムは(スポーツディレクターの)ジュリアン・ウォードのような上層部と話をした。今はどう金を払うかというところだ」 2023.01.25 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「珍しいものを見た」激レア!? アンチェロッティ監督がベンチ裏のファンにチューイングガムのプレゼント「何の味なんだろう?」

試合前に大胆な要求をするファンがいたものだ。レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督の行動が話題となっている。 22日、ラ・リーガ第18節でマドリーはアスレティック・ビルバオとアウェイで対戦した。 ラ・リーガで首位のバルセロナを追いかけるマドリー。アンチェロッティ監督率いるチームは勝利が必要ななか、カリム・ベンゼマ、トニ・クロースのゴールで0-2と勝利を収めた。 インスタグラムに投稿された動画は、モロッコのジャージを着たファン。ベンチのすぐ上に陣取ったファンは、アンチェロッティ監督に声をかけると、なんとチューイングガムを要求したのだ。 突然話しかけられたアンチェロッティ監督は、「なんだ?」と言わんばかりの反応。ただ、再度要求されると、自身が持っていたチューイングガムを手に取り、そのファンに分け与えたのだ。 これには、「意外だな」、「珍しいものを見た」、「何の味なんだろう?」、「やったね」、「チューイングガムの伝説だ」、「これ10年は食べるんでしょ?」とまさかの行動に驚きのコメントも集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】アンチェロッティ監督、試合前に珍しすぎるファンサービス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CnwOISYBsNz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CnwOISYBsNz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CnwOISYBsNz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.23 22:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly