リキ・プッチ衝撃のLA初得点に公式も「OMG!」 ロケット砲には「MLSではチート」との声も

2022.09.01 21:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロサンゼルス・ギャラクシーのスペイン人MFリキ・プッチのゴラッソが注目を浴びている。リキ・プッチは今夏、バルセロナからメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに加入した。

入団会見では「チチャリート(ハビエル・エルナンデス)のゴールをたくさんアシストできるよう願っているよ」と語っていたリキ・プッチは、8月29日のニュー・イングランド戦でキレのあるスルーパスからチチャリートのゴールをお膳立て。有言実行を果たしている。
さらに翌9月1日のトロント戦では衝撃的なMLS初ゴールを記録した。

左サイドでボールを持ったリキ・プッチは味方とのワンツーを駆使し、カットインから右足を一閃。目の覚めるようなキャノン砲をゴール右隅へ突き刺した。

MLS公式ツイッターアカウントも「OMG! MLS初ゴールはスクリーマーだ!」と紹介。「クラッキだ」、「こんなキック力あったの?」、「これでアメリカのレジェンドが変わる」、「MLSではチート」、「リキ・プッチ楽しそう」と、様々な声が寄せられている。

バルセロナでは近年十分な出場機会を与えられていなかったが、アメリカで水を得た魚のように躍動するリキ・プッチ。23歳のアタッカーは新天地でまだまだ結果を残しそうだ。

1 2

関連ニュース
thumb

「18秒だった」補強なしのバルサ、システムエラーでメキシコ代表DFの獲得失敗を明かす「FIFAが何を言ってくるかを待つ」

今冬の移籍市場では新たな選手を獲得できなかったバルセロナ。フットボール・ディレクター(FD)を務めるマテウ・アレマニー氏がコメントした。スペイン『マルカ』が伝えた。 慢性的な財政難に陥っており、選手のサラリー問題も抱えているバルセロナ。今冬はまず選手を売却しない限り新たに登録ができない状況で、アトレティコ・マドリーにオランダ代表FWメンフィス・デパイを売却した。 また、昨年電撃的に引退を発表した元スペイン代表DFジェラール・ピケも含め2人分の余裕ができたものの、スペイン代表MFガビの登録が認められない事態に。裁判所の判断で登録は認められたが、ラ・リーガはこれに反論し上訴すると声明を発表している。 新たな選手を獲得する余裕はないバルセロナだが、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーするメキシコ代表DFフリアン・アラウホ(21)に関心を寄せていた。 バルセロナはBチームの選手としてフリアン・アラウホを獲得し、試合に出場させようという狙いがあったが、移籍期限を迎えても獲得が発表されず。しかし、それには理由があったとした。 「まず初めに、彼はバルセロナ・アトレティックの選手になることを明確にしておく」 「ただ、システムエラーのために叶わなかったことは事実だ。それは18秒だった。FIFAが何を言ってくるのかを待つ」 また、今冬補強がなかったことにも言及。問題はないとした。 「誰も来なかったが、我々のチームには問題がないと信じている。3選手が去り、誰も到着しなかったことは事実だ」 「ガビのような選手の登録を優先し、現在は(ロナルド・)アラウホ、マルコス・アロンソ、イニャキ・ペーニャの登録に動いている」 2023.02.02 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

選手登録不可もバルセロナがメキシコ代表SBを補強? MLSで躍動のフリアン・アラウホをBチームに所属させプレーさせる狙いか

財政難で選手を補強できないはずのバルセロナだが、アメリカから選手を補強する動きを見せている。 バルセロナが獲得を目指しているのは、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーするメキシコ代表DFフリアン・アラウホ(21)だ。 アメリカのバルサアカデミーで育った後、ロサンゼルス・ギャラクシーのアカデミーでプレー。2019年3月にファーストチームにアップした。 世代別のアメリカ代表を経験し、2020年12月にはアメリカ代表デビュー。ただ、親善試合でのプレーだったため、2021年12月にメキシコ代表としてデビューを果たした。 右サイドバックや右サイドハーフでプレーするアラウホは、MLSで98試合に出場し1ゴール14アシストを記録。2022シーズンはMLSで33試合に出場し5アシストを記録し、飛躍のシーズンとなった。 MLSで躍動するアラウホは2025年までロサンゼルス・ギャラクシーとの契約があるが、バルセロナは買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得を考えているという。 ただ、バルセロナはサラリーキャップの問題を抱えており、スペイン代表MFガビ、ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホの登録をラ・リーガに拒否され、契約延長を発表したスペイン代表DFマルコス・アロンソの契約も認められないという状況だ。 ただ、DFエクトル・ベジェリンがスポルティングCPへ移籍する可能性があり、夏にはDFジョルディ・アルバも退団する可能性。サイドバックを補強したいバルセロナは、ウルトラCの方法を発動。バルセロナ・アトレティックの選手として契約してファーストチームの選手としてプレーさせるというものだ。 攻撃的なサイドでもプレーできるフリアン・アラウホ。バルセロナの狙いは上手くいくだろうか。 2023.01.31 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「3歳差には見えないな」元ユナイテッド2人がアメリカで再会!今はMLSの選手と監督「最高の写真」

マンチェスター・ユナイテッドとメジャーリーグ・サッカー(MLS)のファンが喜ぶ1枚だ。 ロサンゼルス・ギャラクシーのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが25日に自身のSNSを更新。「久しぶりに再会できてうれしい。ピッチの中や外で共有したすべての思い出に感謝したい。あなたの成功を祈っています」と元チームメイトとの2ショットを投稿。その人物とは、元イングランド代表FWのウェイン・ルーニー氏だった。 チチャリートことハビエル・エルナンデスは、2010年夏にユナイテッドへと完全移籍。主力だったルーニーともに二度のプレミアリーグ優勝にも貢献。その後はレアル・マドリーへのレンタル移籍やレバークーゼン、セビージャなどを経て、2020年からMLSの看板選手として活躍している。 一方のルーニー氏は、2017年までユナイテッドでプレーした後、古巣のエバートンを経て2018年から2年間MLSのDCユナイテッドでプレー。2022年夏からは同クラブの監督を務めている。 2023シーズンの開幕を目前に控えた中、別々のチームの選手と監督という立場で2人は再会。そんな2人の2ショットにはファンも喜んでおり、「3歳差には見えないな」、「いい時代だった」、「最高の写真」とコメントを寄せている。 <span class="paragraph-title">【写真】ルーニーとチチャリートがアメリカで再会!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It&#39;s great to see you again after all this time. Thanks for all the memories we shared on and off the field. Wish you nothing but the best! <a href="https://twitter.com/WayneRooney?ref_src=twsrc%5Etfw">@waynerooney</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/OnceARedAlwaysARed?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OnceARedAlwaysARed</a> <a href="https://t.co/3oVXLjwsKs">pic.twitter.com/3oVXLjwsKs</a></p>&mdash; Javier “Chicharito” Hernandez (@CH14_) <a href="https://twitter.com/CH14_/status/1618022837889150976?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ退団のイスコ、新天地決めを焦らず? マルセイユ&サウジ行き却下

セビージャとの契約を解除した元スペイン代表MFイスコ(30)だが、新天地を決めかねているようだ。 昨夏にレアル・マドリーとの契約を終え、セビージャに移籍したイスコ。主力として公式戦19試合に出場していたが、昨秋のフレン・ロペテギ監督解任に端を発してスポーツ・ディレクター、モンチ氏との関係が悪化し、昨年12月に契約解除が発表された。 半年足らずでのスピード退団となったが、年末には恩師ロペテギ監督が率いるウォルバーハンプトンを筆頭に、ミランやユベントス、さらにはアメリカ・メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーなどからの関心が報じられた。 しかし、スペイン『Relevo』はイスコの新天地を「謎」と表現しており、同選手がマルセイユからのオファーを却下した上で、サレルニターナからのオファーを保留中と紹介。新天地を熟考していると考えられる。 また、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、サウジ・プロフェッショナルリーグのアル・ハリージからの巨額オファーもすでに退けているとのことだ。 2023.01.16 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイルが現役引退を電撃発表!「愛するスポーツで活躍するという夢を叶えることができ、本当に幸せだった」

メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFCに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(33)が現役引退を発表した。 サウサンプトンの下部組織で育ったベイルは、2006年4月にトップチームデビュー。 2007年夏にサウサンプトンから17歳でトッテナムに加入すると、2013年までの在籍期間に公式戦203試合56ゴール58アシストを記録した。 この活躍が評価され、 2013年夏にトッテナムから8500万ポンド(約115億3000万円)といわれる移籍金でマドリーに加入。クラブ公式戦通算251試合の出場で105ゴール68アシストの成績を収め、4度のチャンピオンズリーグ制覇や2度のラ・リーガ優勝など計15個ものタイトル獲得に貢献した。 昨夏に9年在籍したマドリーを退団したベイルは、1年契約でロサンゼルスFCに加入。2022年シーズンは公式戦14試合に出場し3ゴールを挙げていた。 また、2006年に弱冠16歳でデビューしたウェールズ代表では、歴代最多出場記録の通算111キャップを誇り、エースとして2度のユーロ(2016,2020)と64年ぶりとなるワールドカップ出場に貢献。通算40ゴールを挙げ、歴代最多得点記録も樹立している。 ベイルは9日に自身のSNSを通じて、現役引退の決断を報告するとともに感謝した。 「慎重に熟考した結果、クラブと代表から引退することを発表します。愛するスポーツで活躍するという夢を叶えることができ、本当に幸せだった。サッカーは僕の人生で最高の瞬間をいくつも与えてくれた。17シーズンに渡る最高の瞬間は、次のステージでどんなことが待ち受けていようと、絶対に味わうことはできないだろう」 「サウサンプトンでの最初のプレーから、ロサンゼルスFCでの最後のプレー、そしてその間にあるすべての出来事が、僕のクラブキャリアを形成し、大きな誇りと感謝の気持ちでいっぱいだ。また、母国の代表選手として111試合に出場し、キャプテンを務めたことは、まさに夢のような出来事でした」 「僕のサッカー人生を支えてくれたすべての人々に感謝の気持ちを伝えることは、不可能なことだと思っている。9歳でサッカーを始めたときには夢にも思わなかったような、自分の人生を大きく変え、キャリアを築く手助けをしてくれた多くの人たちに心から感謝しています」 「サウサンプトン、トッテナム、レアル・マドリー、そして最後にロサンゼルスFCへ。これまでの監督、コーチ、バックルームスタッフ、チームメイト、熱心なファンの皆さん、エージェント、素晴らしい友人、家族、皆さんが与えてくれた影響は計り知れません」 「両親と妹、若い頃のあなた方の献身的な努力と強い絆がなければ、今こうして文章を書いていることはないでしょう。どんな時も僕の隣にいてくれた妻と子供たち、あなた方の愛とサポートが僕を支えてくれました」 「だから、僕は人生の次のステージに期待を持って進んでいく。変化と転換の時が、新たな冒険の機会なんだ」 2023.01.10 02:01 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly