ジダンの息子ルカ、キャリア初の母国フランスへ? GK重傷のモンペリエが関心か

2022.08.30 18:16 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ラージョ・バジェカーノのフランス人GKルカ・ジダン(24)にモンペリエが関心を寄せているようだ。

フランスの偉大なるフットボーラー、ジネディーヌ・ジダン氏の次男として知られるルカ・ジダン。父親がレアル・マドリーでプレーしていた6歳の時に自身も同クラブのアカデミー入りし、2019年3月には父が指揮するファーストチームでデビューを果たした。

しかし、2020年10月にマドリーとの契約が満了を迎え、その後の2シーズンはラージョに在籍。昨季はラ・リーガで8試合、コパ・デル・レイで5試合のピッチに立ったが、シーズン終了後にこちらも契約満了となり、現在は無所属となっている。
そんななか、キャリアで初めて母国クラブでプレーする可能性が浮上。フランス『レキップ』によると、モンペリエがルカ・ジダンに関心を寄せ始めたという。モンペリエは控えGKのフランス人GKディミトリ・ベルトーがヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負ったことを受け、急きょGKの獲得に動き出したとみられている。

関連ニュース
thumb

16歳ザイール=エメリがクラブ最年少弾! ムバッペら負傷もPSGが3戦ぶり白星!《リーグ・アン》

リーグ・アン第21節、モンペリエvsパリ・サンジェルマン(PSG)が1日にスタッド・ドゥ・ラ・モソンで行われ、アウェイのPSGが1-3で勝利した。 2023年に入って1勝1分け2敗と失速傾向にある首位のPSGは、2位以下との勝ち点差が徐々に縮まる中、14位のモンペリエを相手に3試合ぶりの白星を目指した。筋肉疲労のネイマール、出場停止のヴェッラッティら一部主力不在の中、メッシとムバッペを前線に並べた[4-3-1-2]の布陣を採用した。 PSG対策で守備的な[5-3-2]に並びを変えたモンペリエに対して、立ち上がりからボールを握って押し込むアウェイチーム。すると、7分にはFKの競り合いの際にセルヒオ・ラモスがDFジュリアンにホールディングで倒されてPKを獲得。 だが、キッカーのムバッペは蹴り直しを含め2度のシュートをGKルコントに見事な反応で防がれ、絶好の先制機会を逸した。一方、前節オセール戦に続く復帰の守護神のPKストップで勇気を得たホームチームは、ここからしばらく押し返す展開を見せた。 拮抗した状況が続く中、PSGに思わぬアクシデントが発生。筋肉系のトラブルか自らピッチに座り込んだムバッペがプレー続行不可能となり、21分にエキティケがスクランブル投入となった。 PK失敗にムバッペの負傷交代と嫌な流れが漂うアウェイチームに更なる追い打ち。序盤の接触プレーで頭部を痛めていたセルヒオ・ラモスが30分過ぎに自ら交代を要求。レナト・サンチェスが2枚目のカードとして投入され、ダニーロがセンターバックにポジションを下げた。 以降もリズムに乗り切れないPSGは、34分にハキミのクロスをボックス中央のヴィティーニャが頭でフリックし、ファーで浮いたメッシのシュートでゴールネットを揺らす。だが、これはオフサイド判定で取り消しとなり、前半の内にゴールをこじ開けることはできなかった。 それでも、ハーフタイムの修正によって良い形で押し込む入りを見せたPSG。52分にハキミが放った圧巻のミドルシュートでゴールネットを揺らした場面は、直前の戻りオフサイドで取り消しとなるが、直後に先制点を奪い切る。 55分、ハキミの絶妙なボックス内への抜け出しはGKルコントの好対応に阻まれるが、浮いたこぼれ球をエキティケが頭で繋ぐと、ゴール前に走り込んだファビアン・ルイスが泥臭く左足で押し込んだ。 ファビアン・ルイスの加入後初ゴールで先制に成功したPSGは、失点後も大きく戦い方を変えないホームチームに対してストレスなくボールを握ってゲームをコントロール。62分にはメッシのスルーパスに抜け出したエキティケに決定機も、右足のシュートは右ポストを叩く。 その後、ヴィティーニャとメンデスを下げてザイール=エメリ、ベルナトを投入したアウェイチームは、再びファビアン・ルイスが決定的な仕事を果たす。72分、カウンターから左サイドでキープしたエキティケから内側でボールを受けたファビアン・ルイスがゴール前の密集を抜く完璧なスルーパスを供給すると、これに反応したメッシが冷静にGKとの一対一を制した。 ファビアン・ルイスの1ゴール1アシストの活躍で勝利に大きく近づいたPSGは、ここから試合を締めに入る。だが、攻撃的なカードを切って反撃を狙うモンペリエに食い下がられると、89分にはノルダンにペナルティアーク付近から見事なミドルシュートを決められて1点を返される。 これで一気に試合は分からなくなるが、“パリの至宝”が大仕事をやってのけた。92分、自陣のハーフウェイン手前でパスカットしたザイール=エメリがハキミにボールを預けて右サイドのスペースへ抜け出す。そして、正確なリターンパスを受けたザイール=エメリはボックス右から鋭い右足のシュートをファーポストへ突き刺した。 そして、ザイール=エメリのクラブ最年少記録となる16歳と330日でのリーグ戦初ゴールでモンペリエを突き放したPSGが、3試合ぶりの白星を手にして首位を維持している。 2023.02.02 07:11 Thu
twitterfacebook
thumb

モンペリエが元守護神ルコントを獲得! ボルシアMGに引き抜かれたオムリン後釜に

モンペリエは26日、モナコから元フランス代表GKバンジャマン・ルコント(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「40」に決定している。 3年半ぶりに古巣帰還を果たしたルコントは、クラブ公式サイトを通じて喜びを露わにしている。 「とても幸せな気持ちだし、仲間との再会が待ち切れないよ。僕はここで男としても、プレーヤーとしても成長することができた。そして、ここに戻ってきたことを本当に誇りに思っているよ」 フランス代表招集歴を持つルコントは、ロリアンやモンペリエで守護神として活躍後、2019年夏にモナコへ加入。モナコでは公式戦80試合に出場した。 その後はアトレティコ・マドリー、エスパニョールとスペインのクラブに2シーズン連続でレンタルに出ており、今季はエスパニョールでラ・リーガ10試合に出場していた。 なお、モンペリエでは2020-21シーズンから守護神を務めていたスイス代表GKヨナス・オムリンが、同国代表GKヤン・ゾマーをバイエルンに引き抜かれたボルシアMGに移籍。そして、その後釜として元守護神を呼び戻す形となった。 2023.01.27 07:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、モンペリエDFコッツァを完全移籍で獲得

ヴォルフスブルクは25日、モンペリエからフランス人DFニコラ・コッツァ(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までで、背番号は「8」に決定した。 モンペリエの下部組織出身のコッツァは、2017年6月にプロ契約を締結。トップチームでは在籍5年半で公式戦112試合に出場し5ゴール7アシストを記録。今季は左サイドバックやセンターバックを主戦場に公式戦18試合に出場していた。 ヴォルフスブルクでは、今冬に左サイドバックを務めていたフランス人DFジェローム・ルシヨン(30)がウニオン・ベルリンへ移籍しており、フランスの世代別代表に選出された実力を持つコッツァがその後釜として選ばれた。 2023.01.26 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、ウニオンへ移籍したルシヨンの後釜をモンペリエから獲得か

ヴォルフスブルクは、フランス人DFニコラ・コッツァ(24)の完全移籍に関してモンペリエとクラブ間合意に至ったようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 モンペリエの下部組織出身のコッツァは、2017年6月にプロ契約を締結。トップチームでは在籍5年半で公式戦112試合に出場し5ゴール7アシストを記録。今季は左サイドバックやセンターバックを主戦場に公式戦18試合に出場していた。 そんなコッツァをヴォルフスブルクは、今冬にウニオン・ベルリンへ移籍したフランス人DFジェローム・ルシヨン(30)の後釜として注目。当初はモンペリエとの契約が終了する夏に獲得する予定だったが、ルシヨンの移籍により前倒しでの獲得に動いたとのこと。 また、モンペリエは現在リーグ・アンで15位と残留争いを強いられていることから交渉は難航していたが、ヴォルフスブルクのイェルグ・シュマッケSDは『キッカー』の取材に対し「我々は合意に達している。まもなく確定するはずだ」と明かしている。 2023.01.25 01:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ゾマーがバイエルン移籍のボルシアMGがスイス代表GKオムリンをモンペリエから獲得!

ボルシアMGは19日、モンペリエからスイス代表GKヨナス・オムリン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの4年半となる。 2020年に母国屈指の名門バーゼルからモンペリエに加入したオムリンは、ここまで公式戦74試合に出場。チームの脆弱なディフェンスの影響でクリーンシートは15試合にとどまったが、高いアスリート能力を生かしたショットストップはリーグ屈指の評価を得ていた。 2018年11月に初招集となったスイス代表では長らくプレー機会がなかったが、2020年10月に行われたクロアチア代表戦でデビュー。昨年6月のUEFAネーションズリーグではポルトガル代表を相手に1-0の完封勝利に導くなど、ここまで通算4試合に出場。先のカタール・ワールドカップ(W杯)でもメンバー入りしていた。 なお、ボルシアMGではそのカタールW杯でスイス代表の守護神を務めていたヤン・ゾマー(34)がバイエルンに完全移籍しており、オムリンは新天地でその守護神の後釜を担う。 2023.01.20 00:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly