ジダンの息子ルカ、キャリア初の母国フランスへ? GK重傷のモンペリエが関心か

2022.08.30 18:16 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ラージョ・バジェカーノのフランス人GKルカ・ジダン(24)にモンペリエが関心を寄せているようだ。

フランスの偉大なるフットボーラー、ジネディーヌ・ジダン氏の次男として知られるルカ・ジダン。父親がレアル・マドリーでプレーしていた6歳の時に自身も同クラブのアカデミー入りし、2019年3月には父が指揮するファーストチームでデビューを果たした。

しかし、2020年10月にマドリーとの契約が満了を迎え、その後の2シーズンはラージョに在籍。昨季はラ・リーガで8試合、コパ・デル・レイで5試合のピッチに立ったが、シーズン終了後にこちらも契約満了となり、現在は無所属となっている。
そんななか、キャリアで初めて母国クラブでプレーする可能性が浮上。フランス『レキップ』によると、モンペリエがルカ・ジダンに関心を寄せ始めたという。モンペリエは控えGKのフランス人GKディミトリ・ベルトーがヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負ったことを受け、急きょGKの獲得に動き出したとみられている。

関連ニュース
thumb

ヴォルフスブルク、モンペリエDFコッツァを完全移籍で獲得

ヴォルフスブルクは25日、モンペリエからフランス人DFニコラ・コッツァ(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までで、背番号は「8」に決定した。 モンペリエの下部組織出身のコッツァは、2017年6月にプロ契約を締結。トップチームでは在籍5年半で公式戦112試合に出場し5ゴール7アシストを記録。今季は左サイドバックやセンターバックを主戦場に公式戦18試合に出場していた。 ヴォルフスブルクでは、今冬に左サイドバックを務めていたフランス人DFジェローム・ルシヨン(30)がウニオン・ベルリンへ移籍しており、フランスの世代別代表に選出された実力を持つコッツァがその後釜として選ばれた。 2023.01.26 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、ウニオンへ移籍したルシヨンの後釜をモンペリエから獲得か

ヴォルフスブルクは、フランス人DFニコラ・コッツァ(24)の完全移籍に関してモンペリエとクラブ間合意に至ったようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 モンペリエの下部組織出身のコッツァは、2017年6月にプロ契約を締結。トップチームでは在籍5年半で公式戦112試合に出場し5ゴール7アシストを記録。今季は左サイドバックやセンターバックを主戦場に公式戦18試合に出場していた。 そんなコッツァをヴォルフスブルクは、今冬にウニオン・ベルリンへ移籍したフランス人DFジェローム・ルシヨン(30)の後釜として注目。当初はモンペリエとの契約が終了する夏に獲得する予定だったが、ルシヨンの移籍により前倒しでの獲得に動いたとのこと。 また、モンペリエは現在リーグ・アンで15位と残留争いを強いられていることから交渉は難航していたが、ヴォルフスブルクのイェルグ・シュマッケSDは『キッカー』の取材に対し「我々は合意に達している。まもなく確定するはずだ」と明かしている。 2023.01.25 01:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ゾマーがバイエルン移籍のボルシアMGがスイス代表GKオムリンをモンペリエから獲得!

ボルシアMGは19日、モンペリエからスイス代表GKヨナス・オムリン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの4年半となる。 2020年に母国屈指の名門バーゼルからモンペリエに加入したオムリンは、ここまで公式戦74試合に出場。チームの脆弱なディフェンスの影響でクリーンシートは15試合にとどまったが、高いアスリート能力を生かしたショットストップはリーグ屈指の評価を得ていた。 2018年11月に初招集となったスイス代表では長らくプレー機会がなかったが、2020年10月に行われたクロアチア代表戦でデビュー。昨年6月のUEFAネーションズリーグではポルトガル代表を相手に1-0の完封勝利に導くなど、ここまで通算4試合に出場。先のカタール・ワールドカップ(W杯)でもメンバー入りしていた。 なお、ボルシアMGではそのカタールW杯でスイス代表の守護神を務めていたヤン・ゾマー(34)がバイエルンに完全移籍しており、オムリンは新天地でその守護神の後釜を担う。 2023.01.20 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンがゾマー獲得へ! ボルシアMGは代役にスイス代表GKオムリンを確保

バイエルンが、ボルシアMGのスイス代表GKヤン・ゾマー(34)の獲得を決定的なモノとしたようだ。 守護神マヌエル・ノイアーが休暇中のスキーで負った骨折によって今季絶望となり、急遽代役を探すことになったバイエルン。当初はモナコに貸し出しているGKアレクサンダー・ニューベルのリコールを画策したが、モナコと選手サイドの合意を取り付けられず。 そういった中、有力候補として挙がっていたゾマー獲得交渉をついに完了させたようだ。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、バイエルンはボルシアMGとゾマーのクラブ間、個人間の双方で合意。移籍金に関しては800万ユーロ(約11億1000万円)+アドオン150万ユーロ(約2億円)となり、ゾマーは2025年6月までの2年半契約にサインする予定だ。 また、フランス『レキップ』によると、ゾマーを引き抜かれたボルシアMGは、モンペリエのスイス代表GKヨナス・オムリン(29)を後釜として獲得することが決定したという。 2020年にスイス屈指の名門バーゼルからモンペリエに加入したオムリンは、リーグ・アン屈指のセーブ率を誇り、カタール・ワールドカップではゾマーのバックアップを担っていた。 ボルシアMGは移籍金として700万ユーロ(約9億7000万円)を支払うことになる。 さらに、オムリンを引き抜かれるモンペリエは、モナコからエスパニョールにレンタル中の元フランス代表GKバンジャマン・ルコント(31)を獲得する見込み。 2017年から2019年までモンペリエで守護神を務め、レ・ブルーにも招集されたルコントは、その後モナコ、アトレティコ・マドリーへのレンタルを挟んで現在はエスパニョールでプレー。だが、 スペイン人GKアルバロ・フェルナンデスとのポジション争いに敗れ、セカンドGKに甘んじている。そのため、古巣モンペリエ復帰に向けての障壁はない。 2023.01.19 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

フランス撃破の立役者、チュニジア代表FWハズリが31歳で代表引退…

モンペリエのチュニジア代表FWワフビ・ハズリ(31)が代表引退を決断した。 ハズリは今回のカタール・ワールドカップ(W杯)で2試合に出場。グループD最終節のフランス代表戦では、相手がすでにグループリーグ突破を決めていたものの、大金星に導く決勝点を記録する活躍を見せていた。 ただ、長年“カルタゴの鷲”の攻撃をけん引してきた31歳は、『beIN Sports』のインタビューで今大会での代表引退を表明した。 「昨日の試合後、ホテルでのミーティングの場でみんなに話した。 5回のアフリカ・ネーションズカップと2回のワールドカップの後、今が適切な時期だと思っているよ」 「両親、家族、妻、子供たちを誇りに思い、この国のためにプレーすることは格別だった。僕はチュニジアの人々を誇りに思い、輪が完成したと思っている」 「フランス代表に対する勝利で終わることは、僕のキャリアの中で最高の瞬間の1つとなったよ。常に僕の後ろにいてくれたすべてのチュニジアの人々、良いときも悪いときもそばにいてくれたプレーヤーたちに感謝します」 2013年1月にチュニジア代表デビューを飾ったハズリは、これまで通算74試合に出場し、歴代2位となる25ゴールを記録。前回のロシア大会では2ゴール2アシストと躍動した大舞台の強さは今回も健在で、レ・ブルー相手の会心の勝利は多くの母国民のハートを熱くさせた。 2022.12.02 23:12 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly