ウィリアンが30日にフルアムのメディカルチェック、再びプレミアの舞台へ

2022.08.30 16:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ブラジル代表MFウィリアン(34)がフルアム移籍を果たすようだ。

かつてチェルシーやアーセナルでプレーしたウィリアン。プレミアリーグで実に8シーズンを過ごした後、2021年夏から古巣コリンチャンスに凱旋を果たした。

ところが、今月中旬に自身のインスタグラムで自身とその家族に対する脅迫被害を理由に2023年末まで契約を残すコリンチャンスからの退団を明らかにした。
後日にコリンチャンス側からも退団が公式化され、今季からプレミア返り咲きのフルアムが移籍先候補に浮上。本人のプレミア復帰願望も取り沙汰されている。

それからすでにフルアムでの練習も報じられるなか、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、30日にメディカルチェックを受けるという。

フルアムは今夏にGKベルント・レノらの獲得で増強したが、プレミア通算259試合の出場数を誇るウィリアンの加入でさらに期待が膨らむ陣容となりそうだ。

関連ニュース
thumb

チェルシー、今冬の補強完遂後も勝てず…ポッター「攻撃的なチームとしてもっとやりたい」

チェルシーのグレアム・ポッター監督が振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 3日のプレミアリーグ第22節でフルアムをホームに迎え撃ったチェルシー。今冬に巨額を叩いて獲得したMFエンソ・フェルナンデスにFWミハイロ・ムドリクのほか、移籍が書類不備でとん挫したMFハキム・ツィエクをスタートから送り出したが、0-0のドローに終わった。 これで新年に入ってから、公式戦7試合でわずか1勝(3分け3敗)。リーグ戦では2試合連続の無得点ドローと調子を掴めず、さらに上位との差が広がりそうだが、ポッター監督はポジティブな面も強調しつつ、改善すべき点を口にした。 「試合のスタートからポジティブで良い感覚だったが、クリエイトするための攻撃的なプレーが足りなかった。そこを突き詰めていく必要がある。フルアムはよく守り、よく組織されてもいたよ。そのなかで、我々はケガから復帰したばかりの選手や、新しい選手で繋がりや理解に欠けた。ただ、ポジティブな面もあった。頑張りや、スピリットはあったが、攻撃的なチームとしてもっとやりたいことがある」 今冬のデッドラインデイにベンフィカからイギリス史上最高額の移籍金1億2100万ユーロ(約171億2000万円)で加入して、さっそくデビューのエンソ・フェルナンデスについても触れ、プレーぶりから多くの可能性を感じたようだ。 「素晴らしいプレーをしてくれたと思う。彼のクオリティが見られ、チームにもたらすものもわかったはず。まだ我々と長くいるわけじゃないから、簡単じゃなかっただろうが、ワクワクしたよ」 また、加入後初先発だったが、ハーフタイムに交代したムドリクについては「今週、ずっと風邪をひいていたんだ。60分が限界だと思っていたが、ハーフタイムに足が重く感じたようだ。まだ調整段階だ」と話している。 2023.02.04 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

エンソ・フェルナンデスがデビューのチェルシー、フルアムとのウェストロンドン・ダービーはゴールレスドロー《プレミアリーグ》

チェルシーは3日、プレミアリーグ第22節でフルアムをホームに迎え、0-0で引き分けた。 前節リバプール戦をゴールレスドローで終えた10位チェルシー(勝ち点29)は、エンソ・フェルナンデスが先発デビュー。[4-3-3]で臨んだ。 7位フルアム(勝ち点31)とのウェストロンドン・ダービー。ハヴァーツ、ムドリク、ツィエクの3トップ、中盤アンカーにエンソ・フェルナンデスを据える形でスタートしたチェルシー。 そのチェルシーがボールを握る展開で立ち上がったが、自陣に引くフルアムを崩しきれない状況が続いた。 すると25分、アンドレアス・ペレイラにミドルシュートでGKケパを強襲されると、ここからフルアムの攻守の切り替えの鋭さの前にペースを持っていかれてしまう。 前半終了間際の追加タイム2分、ようやくチェルシーに先制のビッグチャンス。ツィエクの浮き球スルーパスに抜け出したハヴァーツがボックス内へ。飛び出したGKを見てループシュートを狙ったがバーに嫌われ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、ムドリクに代えてマドゥエケを投入したチェルシーだったが、やはり攻めあぐねる状況が続く。 そこで60分、ツィエクに代えて負傷明けのスターリングを投入。しかし、流れを変えられずにいると71分にはミトロビッチにロングシュートでゴールを脅かされてしまう。 その後、エンソ・フェルナンデスやギャラガーのミドルシュートでゴールに迫ったチェルシーは79分にビッグチャンス。途中出場のフォファナが浮き球パスに抜け出し、飛び出してきたGKレノをかわしてシュート。だが、懸命にゴール前へ戻ったリームの好ブロックに阻まれてしまった。 結局、試合終了間際のスターリングのループシュートはGKレノにキャッチされたチェルシーはゴールを割れずに2戦連続0-0に終わった。 2023.02.04 06:54 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG行きがとん挫のツィエク、チェルシーに再合流…フルアム戦のメンバー入りも?

チェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエクがトレーニングに復帰した。 今冬、巨額を投じて派手に動いたチェルシー。FWミハイロ・ムドリクやMFエンソ・フェルナンデスに至ってはかたやイギリス史上最高額の移籍金を記録したりと、両選手ともに1億ユーロを上回る取引となった。 その一方で、チームに加入した選手がいれば、当然ながら溢れる選手も。MFジョルジーニョがアーセナル移籍を決めたなか、ツィエクもパリ・サンジェルマン(PSG)行きが濃厚視されたが、書類不備でとん挫した。 そんな29歳のアタッカーは今後、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントの登録メンバーを外れる筆頭と目されたりと苦しい立場に追いやられる様相を呈すが、今週末のゲームに向けた練習に戻ったようだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、チェルシーのグレアム・ポッター監督がツィエクのチーム再合流を明かして、フルアム戦の出場も示唆した。 「彼は国に戻ってきた。今朝もトレーニングをしたよ。こうした話は今に始まったことじゃなく、最後にもならないだろう。彼はプロフェッショナルな選手で、状況を理解している。我々にコミットしてくれているし、フルアム戦のメンバーにも入っていける。残りシーズンも我々にとって重要な選手になるだろう」 2023.02.03 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

WBAがフルアムMFチャロバーを完全移籍で獲得、今季は出番激減

WBAは1月31日、フルアムの元イングランド代表MFナサニエル・チャロバー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年夏までの1年半となる。 チャロバーは、チェルシーの下部組織育ちで、ワトフォードやノッティンガム・フォレエスト、ミドルズブラ、バーンリー、レディング、ナポリへとレンタル移籍を繰り返した。 2017年7月にワトフォードに完全移籍すると、2021年8月にフルアムへと完全移籍する。 フルアムでは公式戦28試合に出場し2アシスト。今シーズンはプレミアリーグで4試合に出場もプレーしたのは12分。FAカップで1試合、EFLカップ(カラバオカップ)で1試合の出場に終わっていた。 チャロバーはクラブを通じてコメントしている。 「少し前にクラブが僕に関心を持っていると聞いていたので、ようやく契約を結ぶことができてうれしい。自分に興味があると聞いて以来、明らかにクラブの結果をより追いかけるようになった。最近たくさんの試合を見てきたけど、見た限りではかなり良かった」 「僕は間違いなく、このチームに多くの可能性を見出している。ここには才能のある選手が集まっていることが分かるし、僕はすべてにおいて役割を果たしたいと思っている」 WBAはチャンピオンシップ(イングランド2部)を戦っており、現在10位。プレミアリーグの昇格の可能性を残しており、ここからの巻き返しの力になることが期待されている。 2023.02.01 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルのポルトガル代表DFセドリックがフルアムへレンタル移籍「本当に満足」

フルアムは1月31日、アーセナルのポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(31)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。移籍期間はシーズン終了までとなる。 セドリックはクラブを通じてコメントしている。 「良い気分だ。僕はこの取引が実現することを望んでいたので、みんな同じ方向に進んでいた」 「僕と僕の家族は、この移籍に本当に満足している。素晴らしい移籍になったし、スタートするのが待ちきれない」 セドリックはスポルティングCPの下部組織育ちで、ファーストチームでプレーした後サウサンプトンへと完全移籍。インテルでのプレーを経て、2020年1月にアーセナルへとレンタル移籍。同年7月に完全移籍で加入した。 左右のサイドバックでプレーが可能なセドリックは、貴重なバックアッパーとしてアーセナルで公式戦59試合に出場し2ゴール5アシストを記録している。 しかし、右サイドバックにはイングランド代表DFベン・ホワイト、左サイドバックにはウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコとスコットランド代表DFキーラン・ティアニーがおり、さらに日本代表DF冨安健洋が左右のサイドバックで起用されており、両サイドでも3番手の状態。今シーズンはベンチ入りこそするものの出番は激減し、ここまで公式戦4試合の出場に終わっていた。 なお、マルコ・シウバ監督は同じポルトガル人で、スポルティングの監督時代にセドリックを指導しており、よく知っている仲だ。 <span class="paragraph-title">【動画】セドリックがフルアムに到着!ユニフォーム姿も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Ac%C3%A9dIt?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AcédIt</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/FFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FFC</a> <a href="https://t.co/hwzCXeryhp">pic.twitter.com/hwzCXeryhp</a></p>&mdash; Fulham Football Club (@FulhamFC) <a href="https://twitter.com/FulhamFC/status/1620580564871925760?ref_src=twsrc%5Etfw">February 1, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 09:47 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly