元仏代表FWオアロがプロ引退…PSGやヤング・ボーイズで活躍し、久保裕也や若月ともプレー

2022.08.29 22:57 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元フランス代表FWギヨーム・オアロ(38)がプロフットボーラーからの引退を発表した。

昨シーズンまでスイスのFCシオンに在籍していた元フランス代表は29日、自身の公式インスタグラムを通じて、プロフットボーラーからの引退と共に、生まれ故郷のレユニオン島にある古巣のアマチュアクラブ、サン=ピエローゼへの加入を明かした。

「僕はプロの世界を去る。短い言葉で別れを告げることは簡単ではないね そして、感傷的な気分でもあるよ」
「だから、シンプルな言葉で伝える。ありがとう。僕を信じてくれた人々に感謝している。本当にありがとう! 愛しているよ」

ル・アーヴルでプロキャリアをスタートしたオアロは、2007–08シーズンのリーグ・ドゥ(フランス2部)で得点王に輝く活躍をみせ、クラブの優勝と共にリーグ・アン昇格に貢献。その活躍が認められ、カタール系オーナー買収前のパリ・サンジェルマン(PSG)へステップアップ。加入初年度にリーグ戦17ゴールを挙げる活躍を見せたが、現オーナー体制移行後は出場機会を失い、中国の大連人職業足球倶楽部(当時は大連一方)に完全移籍。

ただ、中国では思うような活躍を見せられず、母国のボルドーを経て201年夏にヤング・ボーイズへ加入。そのスイスの名門では元日本代表FW久保裕也(現FCシンシナティ)らと共に攻撃を牽引。2018–19シーズンにはスイス・スーパーリーグで得点王に輝き、在籍期間にリーグ3連覇にも貢献した。その後、シオンではFW若月大和(現湘南ベルマーレ)と共にプレーしていた。

また、2010年にデビューを飾ったフランス代表では通算5キャップを刻んでいた。

関連ニュース
thumb

モンペリエが今季2度目の監督解任…降格圏と2pt差の苦境受けピトー監督を更迭

モンペリエが今シーズン2度目の指揮官解任に踏み切った。 モンペリエは7日、ロマン・ピトー監督(45)のレイオフを発表した。 モンペリエは昨年10月中旬にオリヴィエ・ダロリオ前監督を解任。そして。クラブはアシスタントコーチを務めていたピトー監督を暫定指揮官に据えた。 しかし、ピトー新体制ではここまでのリーグ・アンで11試合で2勝2敗2分けと低迷。前体制の11位から15位まで順位を下げており、クラブは降格圏とわずか2ポイント差の苦境を受け、同監督の更迭を決断した。 現役時代の晩年にモンペリエに加入し、2013年に現役を退いたピトー監督。以降はユースチームやリザーブチームの指揮官を歴任し、2021年7月からトップチームのアシスタントコーチを務めていた。 2023.02.08 05:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレストが元仏代表FWロイク・レミの獲得を正式発表! 2年半ぶりの母国復帰

スタッド・ブレストは6日、元フランス代表FWロイク・レミ(36)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は今季終了までで、背番号は「14」を着用する。 リヨンでプロデビューを飾ったレミは、RCランスやニース、マルセイユに在籍後、イングランドに渡りQPR、ニューカッスル、チェルシー、クリスタル・パレスでプレー。その後はスペインに渡り、ラス・パルマス、ヘタフェでプレーし、2018年7月から再び母国のリールでプレー。 2020年以降はトルコのリゼスポル、アダナ・デミルスポルでプレー。ただ、アダナ・デミルスポルでは完全に構想外の扱いとなっており、リーグ戦わずか2試合の出場で昨年7月に退団。以降は半年以上フリーの状況が続いていた。 2023.02.07 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、ベテランDFグロスとの契約を2024年まで延長

ブレーメンは6日、ドイツ人DFクリスティアン・グロス(33)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたグロスは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕がこのクラブでとても心地よく過ごしていることは、誰もが知っていること。の1年半で築いた素晴らしいストーリーを継続するために、自分の役割を果たしたいと思っているよ」 2018年の夏にブレーメンに加入したグロス。加入当初はセカンドチームでプレーしていたが、大量の負傷離脱など非常に苦しいシーズンとなった2019-20シーズンにトップチームへ昇格。センターバックや守備的MFとしてこれまで公式戦87試合に出場し1ゴール4アシストを記録している。 2023.02.07 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

17位に沈むリーズがマーシュ監督の解任を発表

リーズ・ユナイテッドは6日、ジェシー・マーシュ監督(49)を解任したことを発表した。 マルセロ・ビエルサ監督の後任として昨年2月から指揮を執っていたマーシュ監督。昨季途中までRBライプツィヒを率いたアメリカ人指揮官は、自身初となるプレミアリーグで、低迷していたチームを17位に導きプレミア残留に成功。 昨夏にアメリカ代表MFタイラー・アダムスや同代表MFブレンデン・アーロンソン、デンマーク代表DFラスムス・クリステンセンらを積極補強して臨んだ今季は、開幕3戦負けなしと好スタートを切ったが、第4節でブライトンに敗れたあたりから不調に。以降16試合で2勝5分け9敗と大きく負け越しており、降格圏の18位エバートンと同勝ち点の17位に沈んでいた。 リーズは解任したマーシュ監督に対して「ジェシーと彼のスタッフたちの努力に感謝し、彼らの今後の活躍を祈りたい。」と、感謝の声明を発表している。 また、後任監督については「新たな監督を選任するプロセスは進行中であり、今後数日間を通してサポーターに最新情報を提供し続ける」と明かしている。 2023.02.07 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、アトレティコ戦で復帰したウルグアイ代表MFアランバリと契約延長

ヘタフェは6日、ウルグアイ代表MFマウロ・アランバリ(27)との契約を2028年6月30日まで延長した。 アランバリは、2017年8月に母国のボストン・リーベルからヘタフェへレンタル移籍で加入。2017-18シーズンはラ・リーガ27試合に出場し、リーグ9位と躍進したチームに貢献すると、翌年夏に完全移籍を果たした。 ヘタフェではセントラルMFとして公式戦180試合に出場し6ゴール12アシストを記録。しかし、今季はラ・リーガ第7節のレアル・バジャドリー戦で右足首を負傷すると、昨年10月に手術を受け、先日のアトレティコ・マドリー戦で戦列復帰していた。 また、2020年10月にデビューしたウルグアイ代表としても12試合に出場。しかし、前述のケガの影響もあり、昨年末のカタール・ワールドカップは欠場していた。 2023.02.07 00:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly