元G大阪の韓国代表FWファン・ウィジョがフォレストに完全移籍! そのままオリンピアコスへレンタル、ELで堂安律と対戦も

2022.08.26 23:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノッティンガム・フォレストは26日、ボルドーの韓国代表FWファン・ウィジョ(29)を完全移籍で獲得することを発表した。なお、そのままオリンピアコスへとレンタル移籍することとなった。

ファン・ウィジョは2017年7月に城南FCからガンバ大阪へと完全移籍。G大阪では70試合で30ゴール7アシストの成績を残すと、2019年7月にボルドーへと完全移籍した。
ボルドーでも点取り屋として活躍。公式戦97試合で29ゴール7アシストを記録。2021-22シーズンはリーグ・アンで32試合に出場し11ゴール2アシストを記録していたが、チームはリーグ・ドゥ(2部)に降格していた。

そのボルドーは、慢性的な財政問題を抱えており、4000万ユーロ(約55億5000万円)の赤字を抱える財政問題を理由に、3部降格の可能性もあったが、2部に残留。それでも選手の売却を進める必要があり、ファン・ウィジョも移籍の候補となっていた。

オリンピアコスは、今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に出場。26日に行われた抽選の結果、カラバフ、フライブルク、ナントとグループステージで同居。フライブルクには、G大阪時代で入れ違いになってしまった日本代表MF堂安律が所属しており、元G大阪対決が見られるかもしれない。

1 2

関連ニュース
thumb

元G大阪のファン・ウィジョがFCソウルにレンタル! ギリシャでの戦力外から再起期す

Kリーグ1のFCソウルは5日、韓国代表FWファン・ウィジョ(30)のレンタル加入を発表した。 かつてガンバ大阪の主砲としてJリーグのベストイレブンにも輝き、ボルドー入りから欧州挑戦の旅に出たファン・ウィジョ。フランスの地でしっかりと結果を残して、昨夏にノッティンガム・フォレスト移籍を決めた。 だが、プレミアリーグ挑戦とはすんなりいかず、オーナーが同じ姉妹クラブのオリンピアコスに1年レンタル。ヨーロッパリーグこそ全6試合に出場したが、リーグ戦は昨年10月半ばからメンバーにすら入れていない。 ヨーロッパ内で移籍先を探りたいところだが、今季はボルドー、フォレスト、オリンピアコスで選手登録され、そのうちの2つでプレーとあって、国際サッカー連盟(FIFA)の規定上、新天地が制限される状況だった。 一部ではメジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーや、Jリーグのヴィッセル神戸も候補に挙がったが、その一角を占めた韓国のFCソウル行きで去就決着。2017年夏のG大阪移籍以来、6年ぶりの母国復帰なる。 なお、ファン・ウィジョは6日に鹿児島県で始まる二次キャンプから合流。ギリシャでの状況も影響してか、先のカタール・ワールドカップ(W杯)でも1度の先発にとどまり、無得点に終わったが、母国で再起なるか。 2023.02.05 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

今冬も積極補強のフォレスト、エバートンとの競合制してガーナ代表FWアイェウを獲得!

ノッティンガム・フォレストは2日、ガーナ代表FWアンドレ・アイェウ(33)の加入を発表した。背番号は「42」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 先日にカタールのアル・サッドを退団したアイェウは、ヨーロッパでのキャリア再開に向けて1日にイングランド入り。現地報道ではエバートンとフォレストの2クラブと交渉を行った模様だが、クラブの現状やスウォンジー時代に指導を受けたスティーブ・クーパー監督の存在もあり、フォレスト行きを決断する形となった。 アイェウはイングランド屈指の古豪加入に際して以下のコメントを残している。 「ノッティンガム・フォレストと契約できて素晴らしい気分だよ。フォレストやシティ・グラウンドでプレーするときはいつも大変だったし、このスタジアムが大好きなんだ」 「スティーブ・クーパーは僕のことをよく知っていて、ピッチの中でも外でも、自分と一緒に仕事をする方法を理解している人だ。彼は特別なコーチであり、特別な人間であり、僕が本当に尊敬している人なんだ」 「自分がチームに何をもたらすことができるかは分かっているよ。自分のすべてを出し切り、プレミアリーグ残留の手助けとなる準備はできているよ」 マルセイユの下部組織出身のアイェウは、これまでスウォンジーとウェストハムと2つのクラブでプレミアリーグを戦い、89試合21ゴール12アシストの数字を残している。 アル・サッドでは在籍1年半で39試合22ゴール3アシストを記録し、先のカタール・ワールドカップでも健在ぶりを示していた33歳は、クリスタル・パレスで活躍する実弟ジョルダンと共に再びプレミアを舞台にプレーすることになった。 24年ぶりのプレミアリーグ参戦に向け昨夏、スカッド総入れ替えとも言える積極補強を敢行したフォレスト。シーズン開幕当初はなかなか結果が伴わなかったが、徐々に成績は好転。第10節以降はわずか3敗という成績を収めている。 また、現在13位のクラブは今冬の移籍市場でパリ・サンジェルマンのGKケイロル・ナバスや、アトレティコ・マドリーのDFフェリペ、ニューカッスルのMFジョンジョ・シェルヴェイなど即戦力候補を獲得。さらに、指揮官の戦術を知り抜くベテランアタッカーの獲得で後半戦に向けた補強を完了させた。 2023.02.03 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

フォレストがフリーのアンドレ・アイェウにオファー! エバートンと競合へ

フリーのガーナ代表FWアンドレ・アイェウ(33)に、ノッティンガム・フォレストがオファーを出したようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 先のカタール・ワールドカップでも健在ぶりを示していたアイェウ。かつてスウォンジーとウェストハムで活躍した元プレミア戦士は、直近では2021年夏からアル・サッドでプレーしていたが、先日退団しフリーの身となった。 そのため、移籍市場が閉幕したヨーロッパのクラブでも獲得が可能。すでにエバートンとの接触が伝えられている中、プレミアリーグ残留を目指すフォレストもオファーを試みたようだ。 現在13位の同クラブは今冬の移籍市場でパリ・サンジェルマンのケイロル・ナバスやアトレティコ・マドリーのフェリペ、ニューカッスルのジョンジョ・シェルヴェイなど即戦力候補を獲得している。夏の補強を含めると、29人もの選手が加入しており、チャンピオンシップを戦っていた1年前とはすっかり異なるチームとなった。 シーズン開幕当初はなかなか結果が伴わなかったが、スティーブ・クーパー監督が粒揃いの選手たちを何とかチームとしてまとめ上げ、徐々に成績は好転。第10節以降はわずか3敗という成績を収めている。 2023.02.02 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「我々はユナイテッドだ」テン・ハグ監督は決勝進出も課題に言及「もう少し賢くなければならない」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、EFLカップ(カラバオカップ)決勝進出を評価した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは1日に行われたEFLカップ準決勝2ndレグでノッティンガム・フォレストと対戦。1stレグを3-0で完勝したチームは、多くの選手を入れ替えて臨んだ一戦も主導権を握る有利な展開となった。 前半こそ無得点で終えたものの、73分にFWアントニー・マルシャルのゴールで先制すると、直後にはMFフレッジにも追加点が生まれ、そのまま2-0で勝利。この結果、合計スコア5-0としたユナイテッドが決勝進出し、ニューカッスルと対戦する。 就任初年度からいきなりチームをカップ戦決勝に導いたテン・ハグ監督だが、試合後にはチームの課題に言及した。 「前半は正直言ってあまり良くなかった。テンポが悪く、遅く、チャンスを作れなかった。相手に2度の好機を与えてしまったが、それはあってはならないことだろう。ただ、後半はより良くなったと思う。テンポが良くなり、良いゴールを決められた」 「こうした試合ではもう少し賢くなければならない。ボールをキープしてパスを回し続ける、それが我々のすべきことで、もっと動きをつけるべきだった。それがあまり実現できなかったと思う。ベンチからのインパクトが必要だったが、後半最初の15分間はテンポが良く、何度かチャンスも作れていた」 「試合が多いのは利点だ。試合ごとに改善ができる。選手たちにどこを改善しなければならないかを明確に示し、次の試合に持ち込める。それに、マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブでは、3日おきに試合をするのは普通だろう。それに対応しなければならない」 また、決勝進出では満足せず、勝利を目指したいと意気込んだ。 「決勝進出は素晴らしい。そして決勝戦は勝つために戦うものだ。決勝戦に来るだけで達成感はない。そこで勝ちたい」 「まずは他にやるべきことがあり、プレミアリーグに戻る必要がある。我々はユナイテッドだ。ユナイテッドの選手である以上、その基準に合わせなければならない。みんなには土曜日のクリスタル・パレス戦が楽しみだと伝えた。カップ戦のことは忘れ、次の週に集中しなければならない」 2023.02.02 10:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがフォレストに快勝でニューカッスルの待つ決勝へ《EFLカップ》

マンチェスター・ユナイテッドは1日、EFLカップ準決勝2ndレグでノッティンガム・フォレストをホームに迎え、2-0で快勝した。この結果、2戦合計スコアを5-0としたユナイテッドが決勝進出を決めた。 敵地での1stレグを3-0で快勝していたユナイテッドは3日前に行われたFAカップ4回戦ではレディングに3-1と快勝した。その試合で負傷したエリクセンが欠場となった中、レディング戦のスタメンから6選手を変更した。 ヴェグホルスト、ガルナチョ、アントニーの3トップで臨んだユナイテッドが自陣に引くフォレスト相手に立ち上がりからボールを握っていく。 すると38分、CKの流れからルーズボールに反応したアントニーがボックス手前から際どいミドルシュートを放った。 さらに45分、カゼミロのクロスからヴェグホルストの放ったヘディングシュートがポストに直撃。ユナイテッドが好機を作りながらもゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半も危なげなく時間を進める中、ユナイテッドは62分に3枚替え。ラッシュフォード、マルシャル、10月以降離脱していたサンチョを投入した。 すると73分にマルシャルがゴール。カゼミロのパスカットを受けたマルシャルがボールを運びラストパス。ラッシュフォードのシュートはDFにブロックされたものの、ルーズボールをマルシャルが蹴り込んだ。 さらに3分後、ユナイテッドに追加点。ボックス右角からブルーノ・フェルナンデスが右足アウトで上げたクロスをファーサイドのラッシュフォードが合わせるとポストに直撃。ルーズボールをフレッジが蹴り込んだ。 このまま2-0で快勝としたユナイテッドがニューカッスルの待つ決勝へ進出している。 2023.02.02 07:47 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly