元レスターのスリマニがブレストへ移籍、昨季はリヨンとスポルティングでプレー

2022.08.25 18:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スタッド・ブレストは25日、スポルティングCPからアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(34)を獲得したことを発表した。契約は延長オプション付きの1年間となる。

かつてスポルティングで頭角を現し、2016年夏にレスターへ3100万ユーロの移籍金で加入したスリマニ。だが、思うような活躍は見せられず、ニューカッスルやフェネルバフチェ、モナコへとレンタルを繰り返した。

2021年1月にはリヨンへ移籍、その1年後の今年1月にはスポルティングに復帰したもの、目立った成績を残せず、古巣とは契約解除。この度3つ目のリーグ・アンクラブとなるブレストでプレーすることになった。
スリマニは「ミシェル・デル・ザカリアン監督らと話をして、彼らの中に自信を感じた。これまでの経験がチームに多くのものをもたらすことができると思う」と意気込みを語っている。

関連ニュース
thumb

ブレストがオリンピアコスからDFララを獲得! かつては仏国内屈指の攻撃的SBの評価

スタッド・ブレストは6日、オリンピアコスからフランス人DFケニー・ララ(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 ララは2023年1月1日付けでの加入となるが、すでにチームトレーニングに参加している。 これまでパリFC、ヴァランシエンヌ、RCランスと国内クラブを渡り歩いてきたララは、2017年に加入したストラスブールでブレイク。果敢な縦への仕掛けから繰り出す高精度のクロス、プレースキッカーを任されるほどの精度を持つ右足のキックを武器に、攻撃的な右サイドバック、ウイングバックとして評価を高めた。 その後、2021年1月に加入したオリンピアコスでは加入1年半は定期的にプレー機会を得て国内リーグ連覇に貢献したが、今シーズンは完全に構想外となり、ここまで一度の出場機会も与えられていなかった。 2022.12.06 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

アジャクシオ、ブレストを電撃退団したベライリをフリーで獲得

ACアジャクシオは12日、アルジェリア代表MFユセフ・ベライリ(30)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 2022年1月にカタールSCからフリーでスタッド・ブレストに加入したベライリは、加入後すぐに定位置を確保しリーグ・アン13試合で3ゴール2アシストをマークすると、今季もここまでリーグ戦6試合に出場し2アシストを記録していた。 しかし、9月末に個人的な問題を理由にブレストとの契約を双方合意の上で解除。この度2つ目のリーグ・アンクラブとなるアジャクシオでプレーすることになった。 昨季のリーグ・ドゥをトゥールーズに続く2位でフィニッシュし、2013-14シーズン以来のリーグ・アン昇格を果たしたアンジェだが、ここまでは2勝1分け7敗の18位に沈んでいる。 2022.10.13 02:30 Thu
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン最下位のブレストがデル・ザカリアン監督を更迭…14日の経営陣会議後に解任へ

スタッド・ブレストは11日、ミシェル・デル・ザカリアン監督(59)を更迭した。 ブレストは2021年夏にモンペリエへ引き抜かれたオリヴィエ・ダロリオ監督の後任として、奇しくもモンペリエ前指揮官のデル・ザカリアン監督を招へい。 就任初年度となった昨シーズンは前年17位のチームを11位に大きく躍進させたが、今シーズンは開幕から不振に陥り、1勝3分け6敗の最下位に低迷していた。 この成績不振を受け、クラブは14日に実施される経営陣の会議まで同監督のレイオフを決定。解任は同会議後に正式に言い渡される見込みだが、それまでの期間はリザーブチームを率いるブルーノ・グロウジ監督が暫定的にチームを指揮することになる。 ただ、グロウジ監督はリザーブチームを率いた直近の試合で退席処分を受けており、16日に予定されるリーグ次節のナント戦ではベンチ入りできない。そのため、クラブは同試合までに後任監督を招へいする必要があるという。 2022.10.11 22:51 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレストがアルジェリア代表MFベライリとの契約解除を発表

スタッド・ブレストは29日、アルジェリア代表MFユセフ・ベライリ(30)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 2022年1月にカタールSCからフリーでブレストに加入したベライリは、加入後すぐに定位置を確保しリーグ・アン13試合で3ゴール2アシストをマークすると、今季もここまでリーグ戦6試合に出場し2アシストを記録していた。 ベライリとの契約解除についてブレストのグレゴリー・ロレンツィSD(スポーツ・ディレクター)は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ユセフは家族と離れていることで日々倦怠感を感じていた。彼の日々のバランスとチームのために、このままではいけないと思った。だから我々は、契約を解除することに同意しました」 「ここ数日、彼について言われていることはすべて、我々には関係のない、あるいは話す必要のないプライベートな問題だ」 「いま最も重要なことはスタッド・ブレストの状況であり、それは彼やほかの選手の個人的な問題よりも優先されることなんだ」 2022.09.30 01:05 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG監督ガルティエ、勝利も気分晴れず 「相手に希望抱かせた」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督がゲーム内容を反省した。クラブ公式サイトが伝えている。 リーグ・アンを開幕6戦無敗の首位で立ち上がり、今週ミッドウィークから始まったチャンピオンズリーグのグループステージも白星スタートのPSG。10日のリーグ・アン第7節では17位のブレストをホームに迎え撃ち、1-0で勝利した。 30分にFWネイマールのゴールで幸先よく先制したPSGだが、終始ペースを握る展開ながら追加点をもぎ取れず、70分に痛恨のPKチャンスを献上。GKジャンルイジ・ドンナルンマのストップで何とか凌ぎ、辛くも勝利した試合だった。 ともあれ、しっかりと勝ち切ったわけだが、ガルティエ監督は「前後半でまったく異なるゲームだった」と振り返り、苦戦を認めた。 「前半は多くのチャンスを作り、先制点を奪うにふさわしい内容だったと思う。だが、もっとゴールを決めるべきなのにそうできなかった。もっと良い形でゲームをマネジメントしようと攻撃的なトリオを使い続けたが、後半は前半とまったく違って非常にタフなものだったよ」 「我々のチームは2つに分裂し、前線、中盤、さらに後方でも多くの技術的なミスをおかしてしまった。我々が1点しかリードしていないことで、ブレストに大きな希望を抱かせてしまったんだ。このパリで1点差であれば、相手が信じるようになるのは明らかだ」 「疲労と緊張のためか、動きや機動性に欠けた。もっと早くやっておけば良かったと思わせられる交代を余儀なくされたよ。チームにもっとバランスをもたらしたり、たくさんプレーしている選手を温存するためにね。幸運にもジャンルイジが決定的なPKセーブをしてくれた」 「ファウルかどうかはチェックしていないからわからないが、レフェリーが宣言したのだ。前半と後半でまったく違う展開になった試合だったね」 2022.09.11 09:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly