「胸熱!」「懐かしすぎます!」10年前のFC東京の主軸と監督が肩を並べた懐かしショット「大好きなメンバー」

2022.08.21 21:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元FC東京のメンバーが勢揃いした1枚が話題となっている。

FC東京は21日、J2のFC町田ゼルビアとの練習試合を実施した。

FC東京は今節の試合がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場しているヴィッセル神戸とのカードが組まれていたため、試合がなく、21日に練習試合を行った。
一方の町田は20日にアウェイで大宮アルディージャと対戦。2-0で勝利を収め、昇格争いに残っている。

その両チームが練習試合を行った中、町田にはFC東京に所属したことのある選手が多数在籍している。

ランコ・ポポヴィッチ監督をはじめ、DF太田宏介、MF長谷川アーリア ジャスールらが所属。FC東京は、SNSで懐かしのショットを投稿した。

投稿された写真では、ポポヴィッチ監督の他、長谷川と太田に加え、FC東京の森重真人東慶悟が写っている。

この投稿には「これはいい」、「胸熱!」、「懐かしすぎます!」、「ただただいい写真は!」、「大好きなメンバー」と、ファンが胸を熱くしている。

ポポヴィッチ監督がFC東京を率いていたのは、2012年、2013年。当時はクラブ史上初のACL出場を果たしていた。当時在籍していた主軸が肩を並べた10年前を思い起こさせる1枚には胸も熱くなるだろう。



1 2

関連ニュース
thumb

FC東京守護神スウォビィクが来季契約合意 「このクラブの誇りを胸に全力を尽くします!」

FC東京は30日、GKヤクブ・スウォビィク(31)と2023シーズンの契約に合意した旨を発表した。 2019年7月に母国ポーランドを飛び出してベガルタ仙台入りし、それが初の国外移籍だったが、抜群のショットストップで存在感を示したスウォビィク。今季からFC東京に加わってもその持ち味をもって守護神を任され、明治安田生命J1リーグでは33試合に出場した。 来季も守護神としての活躍が期待されるスウォビィクはFC東京の公式サイトを通じて、契約更新を喜び、決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京のユニフォームを着ることができ、とても嬉しく思います。このクラブで多くを勝ち獲りたいと思いますし、このクラブの誇りを胸に全力を尽くします! いつも本当に多くのサポートをありがとうございます。2023シーズンも熱い応援をよろしくお願いします。We are Tokyo!」 2022.11.30 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京がMF青木拓矢の契約更新を発表「2022シーズンはケガで悔しいシーズンになりました」

FC東京は29日、MF青木拓矢(33)の契約更新を発表した。 青木は前橋育英高校から2008年に大宮アルディージャへ入団。その後、浦和レッズでのプレーを経て昨シーズンFC東京に加入すると、初年度から主力に定着して公式戦42試合に出場した。 今シーズンも新たに就任したアルベル・プッチ・オルトネダ監督からの信頼を得て明治安田生命J1リーグで18試合に出場していたが、7月の練習中に右腓腹筋筋挫傷を負傷。全治8~10週間と発表され、以降は出場機会がないままシーズンを終えた。 それでも、来季もFC東京でプレーすると発表された青木。クラブを通じて多くの試合を欠場した今季の悔しさを晴らしたいと述べている。 「2022シーズンは、ケガで悔しいシーズンになりました。しっかりと治して、タイトルを獲るために日々成長していきたいと思います。2023シーズンも応援よろしくお願いします」 2022.11.29 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京、下部組織育ちのDF岡崎慎が熊本に完全移籍 「結果で恩返しができずに去ることが悔しいですが…」

ロアッソ熊本は29日、FC東京からDF岡崎慎(24)の完全移籍加入を発表した。 岡崎はFC東京のアカデミー育ちで、2016年の2種登録を経て、翌年に正式昇格。2020年から同年9月まで清水エスパルスに貸し出される経験もして、今日までFC東京でプレーを続けたが、アルベル新監督の今季も公式戦8試合と出番が限定的だった。 アンダー世代の日本代表歴も持つ24歳は熊本の公式サイトを通じて、「自分を信じてオファーをしてくださったロアッソ熊本で成長し、J1昇格にむけて結果で恩返しをできるような活躍をします! 応援よろしくお願いします」とコメントした。 一方で、FC東京の公式ウェブサイトでは「今回FC東京を離れることになりました」と移籍を報告。下部組織時代からこれまでを振り返り、新天地での活躍を誓うとともに、感謝の言葉を綴った。 「U-15深川から約12年間良いことも悪いこともサッカー人生のほとんどを過ごしたクラブを離れる決断は簡単ではありませんでした。プロサッカー選手に成長させてくれたチーム、ファン・サポーター、スタッフに結果で恩返しができずに去ることが悔しいですが、FC東京で培ったものを全力で出して活躍している姿を届けられるように頑張ります。本当にありがとうございました」 2022.11.29 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFW仲川輝人がFC東京に完全移籍、2019年には得点王&MVP受賞「自分なりに日々全力で走り抜けてきました」

FC東京が28日、横浜F・マリノスのFW仲川輝人(30)が完全移籍で加入することを発表した。 仲川は川崎フロンターレの下部組織育ちで、U-18から専修大学へと進学。2015年に横浜FMに入団。プロ1年目からデビュー2016年途中からFC町田ゼルビア、2017年途中にアビスパ福岡へと期限付き移籍していた。 2018年に復帰した後、2019年に明治安田生命J1リーグで33試合で15得点を記録。チームを優勝に導くとともに、得点王に輝き、最優秀選手賞も受賞していた。 その後はケガなどもあったが、今シーズンは横浜FMで明治安田J1で31試合7得点を記録していた。 仲川は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「FC東京に関わるみなさま、はじめまして仲川輝人です。勝者のメンタリティを持って戦い、クラブの目標を達成するため全力を尽くしますので、応援よろしくお願いいたします」 ◆横浜F・マリノス 「横浜F・マリノスに関わるすべての皆さんへ。2015年から8シーズン過ごした横浜F・マリノスを離れる時がきました」 「振り返ると、加入してからしばらくは思うように活躍することができず、もどかしい日々が続きました。ただ、大ケガを負った自分と契約をしてくれた横浜F・マリノス。そして、何よりどんな時でも支えてくれたファン・サポーターの皆さんに恩返しをしたい一心で、自分なりに日々全力で走り抜けてきました」 「どれだけその恩を返すことができたか分かりませんが、マリノスファミリー全員で勝ち獲った2度の優勝は、自分のなかで一生残る大切な宝物です」 「自分にとって横浜F・マリノスは、チームが一丸となりひとつの方向へ進むために、どのような振る舞いをするべきかなど、選手としてだけでなく、人としても大きく成長させてくれたとても大切な場所です」 「横浜F・マリノスに関わるすべての人たちの存在がなければ、いまの自分はありません。この8年間、歴史と伝統あるクラブの一員として、共に戦えたことをとても誇りに思います」 「今度は対戦相手となりますが、またお会いできることを楽しみにしています。マリノスファミリーの皆さんには、感謝してもしきれない想いでいっぱいです。本当にありがとうございました」 2022.11.28 15:22 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京が今季途中に川崎Fから加入した塚川孝輝と契約更新「FC東京最強の時代を作れるように」

FC東京は28日、MF塚川孝輝(28)との契約更新を発表した。 塚川はサンフレッチェ広島のジュニアユース出身で、広島観音高校から流通経済大学を経て、2017年にファジアーノ岡山に入団した。 その後、松本山雅FCやFC岐阜でプレーすると、2021年に川崎フロンターレへと加入。しかし、出番があまりもらえず、2022年7月に完全移籍でFC東京に加入していた。 FC東京ではJ1で12試合に出場し2得点を記録していた。 塚川はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンをFC東京でプレーさせていただきます。このエンブレムをつけて戦えることと、東京ファミリーのみなさんとまたともに戦えることをとても嬉しく思います!」 「そして、タイトルを獲れるように、結果にこだわりFC東京最強の時代を作れるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」 2022.11.28 13:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly