ローマがスペツィアDFキヴィオルに関心か? モウも高評価の多才な左利き

2022.08.20 08:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマが、スペツィアのポーランド代表DFヤクブ・キヴィオル(22)に興味を示しているようだ。

今夏の移籍市場で手薄なセンターバックの補強を目指しているローマ。ここまではドルトムントを退団してフリーのDFダン=アクセル・ザガドゥや、マンチェスター・ユナイテッドDFビクトル・リンデロフ、トッテナムDFジャフェット・タンガンガ、チェルシーDFトレヴォ・チャロバーへの関心が伝えられる。

その獲得候補に新たに名を連ねたのが、スペツィアの若き主力DFのようだ。
ポーランド生まれもスロバキアのシュポルト・ポドブレゾバ、ジリナでキャリア初期を過ごしたキヴィオルは、昨夏にスペツィアへ加入。初挑戦のセリエAではチアゴ・モッタ監督の採用する特殊な戦術に適応し、本職はセンターバックながらも守備的MFを主戦場に22試合に出場した。

189cmの左利きのDFは身体能力が非常に高く、守備面ではアグレッシブ且つ正確なスライディングを特長を持つ。また、スペツィアのチーム事情はあったものの、現役時代に同じ左利きの守備的MFとして活躍したモッタ監督が中盤で起用し続けたように、戦術眼と高精度のキックを生かしてパスの散らし役としても存在感を発揮していた。

イタリア『コリエレ・デラ・セーラ』によると、ジョゼ・モウリーニョ監督はキヴィオルを高く評価しており、獲得に興味を示しているという。

移籍金に関しては1000万ユーロ(約13億7000万円)程度が必要になると思われるが、ローマはMFクリスティアン・ヴォルパートか、DFフィリッポ・トリピの若手逸材のいずれかの貸し出しを交渉に組み込んで、移籍金の減額を図る考えも持っているようだ。

なお、キヴィオルに関してはウェストハムやミランなどからの関心も伝えられていたが、現時点では具体的な動きはないという。

関連ニュース
thumb

ローマのウズベキスタン代表FWショムロドフ、半年レンタルでスペツィアへ

ローマのウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(27)は、スペツィアへのレンタル移籍が確実となったようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝える。 ウズベキスタン代表の主将ショムロドフは、2020-21シーズンにジェノアでセリエA31試合8得点をマーク。この活躍が認められ、2021年夏に名門ローマ移籍を果たした。 ローマではジョゼ・モウリーニョ監督の下で貴重なオプションとなるも、途中出場がメインということもあり、ゴール数は伸び悩み。昨季は公式戦40試合で5得点と6アシスト、今季は8試合151分間の出場で1得点のみとなっている。 今冬は当初から半年レンタルが噂され、行き先はトリノとサンプドリアの二択だと言われていたが、交渉をまとめたのはスペツィア。買い取りオプション等は付帯せず、6月までのレンタル費用は150万ユーロ(約2億1000万円)という。 スペツィアがローマと合意したのは26日とのことで、最後はエラス・ヴェローナ、クレモネーゼとの争いを制したようだ。 2023.01.27 20:27 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランOBコスタクルタ氏がローマに苦言、ザニオーロに50億円要求は「実績と釣り合わない」

黄金期のミランを支えたアレッサンドロ・コスタクルタ氏が、不振にあえぐ現在の古巣に言及した。 コスタクルタ氏は現在56歳。現役引退から15年が経過し、今ではイタリアサッカー連盟の副会長を務める重鎮に。イタリア『スカイ』のインタビューでは、ラツィオに0-4の大敗を喫した古巣ミラン、盟友のパオロ・マルディーニSDに言及した。 「ラツィオが並外れていたのか、それともミランがスペースを空けてしまったのか… 試合を見てないからなんとも言えないな。ただ、ステファノ・ピオリ(監督)のチームが受けた心理的ショックは相当だろう」 「きっとパオロは頭を悩ませている。W杯疲れを引きずる選手がいるだろうし、彼自身はマーケットで苦戦しているように思う。パオロとは最近会ってないんだが、冷静に仕事に取り組もうとしているはずさ」 一方、ミランが獲得を断念したローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)に関し、ローマ側に苦言。3500万〜4000万ユーロ(約49億〜57億円)とされる要求額は選手の価値に見合わないと語った。 「どう考えても高すぎる。ザニオーロを悪く言うつもりはない。ただ、ピッチで示した実績とそれ(要求額)が釣り合っているとは到底思えない。彼はまだまだこれからキャリアを重ねていく年齢だ」 ザニオーロはボーンマス移籍が濃厚に。ボーンマスが3500万ユーロ(約49億4000万円)越えのオファーをローマに提示し、大筋合意に至ったとされている。 2023.01.27 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランが今冬のザニオーロ獲得を断念…選手自身がボーンマス行きかローマ残留かを選択へ

ミランは、今冬の移籍市場でのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の獲得を断念したようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 今冬のローマ退団を希望するザニオーロは、すでに個人間の合意が報じられたミラン行きを目指していた。 しかし、3500万~4000万ユーロ(約49億6000万~56億7000万円)の完全移籍を売却条件とするローマは、買い取りオプション付きのレンタルでの獲得を目指すミランのオファーを固辞。 その間に急遽、獲得レースに参戦したボーンマスが、移籍金3000万ユーロ(約42億5000万円)+アドオン500万ユーロ(約7億1000万円)、将来的なリセール時の移籍金10%の支払いという好条件のオファーをローマに掲示。クラブ間で大筋合意に至った。 これを受け、ミランの首脳陣はローマとの交渉の中でボーンマスと同等の条件を掲示することは不可能であることを伝え、今冬のタイミングでの交渉打ち切りを決断したようだ。 ミランの撤退によってザニオーロは、一度拒否したとされるボーンマス行きを決断するか、心機一転ローマで戦い続けるかの選択を迫られることになる。 2023.01.27 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ザニオーロの新天地はミランorボーンマスの2択? 交渉難航で残留の可能性も

ローマ退団を希望するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の新天地は、現時点でミランとボーンマスの2択となっているようだ。 先日にジョゼ・モウリーニョ監督が退団希望を認めたことで、今冬の退団が濃厚とみられるザニオーロ。 一時はトッテナムが有力な新天地候補に挙がっていたが、交渉が難航したノースロンドンのクラブは、ビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマをレンタルで補強。今冬に関しては完全に獲得レースから撤退した。 そういった中、現時点で最も有力な新天地は、セリエAのライバルであるミランだ。 ローマ時代にインテルからザニオーロを獲得したスポーツディレクターのリッキー・マッサーラ氏は、以前から23歳の獲得を希望しており、イタリア残留を望む選手自身もミラノ行きを最優先事項としており、すでに個人間での合意も伝えられる。 ただ、ミランが掲示したとされる買い取りオプション付きのレンタルのオファーはローマ側に拒否されており、現在もクラブ間交渉は平行線をたどっている模様だ。 一方、トッテナムに代わるプレミアリーグ勢として新たに候補として浮上しているのが、ボーンマスだ。現在、リーグ戦18位と降格圏に沈むチェリーズは巻き返しに向けた目玉補強としてザニオーロの獲得を目指しているという。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ボーンマスはローマに対して移籍金3000万ユーロ(約42億5000万円)+アドオン、将来的なリセール時の移籍金10%の支払いという好条件のオファーを掲示。クラブ間で大筋合意に至っているという。 ただ、先日にボーンマスからのオファーを固辞したとされるザニオーロ自身にイングランド行きの考えはなく、個人間での交渉は進んでいないという。 先日にモウリーニョ監督が語ったように、ローマとしては必ずしも今冬の売却を急いでいるわけではないため、残り1週間を切った今冬の移籍市場でザニオーロのローマ退団が実現するには、ミランがローマの要求を受け入れるか、同選手がボーンマス行きを受け入れるかのいずれかになる。 2023.01.27 01:09 Fri
twitterfacebook
thumb

クワラツヘリアが練習復帰、ローマとのデルビー・デル・ソーレ出場へ

ナポリのジョージア代表MFクヴィチャ・クワラツヘリアが25日のトレーニングに参加したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 クワラツヘリアはインフルエンザの影響により17日のコッパ・イタリア・ラウンド16クレモネーゼ戦、21日のセリエA第19節サレルニターナ戦を欠場していた。 ナポリは次節、29日にセリエA第20節ローマとのデルビー・デル・ソーレを控えるが、ベストメンバーで臨めることになりそうだ。 2023.01.25 23:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly