ソシエダ退団のヤヌザイ、リキ・プッチに続いてLAギャラクシー行きが濃厚か

2022.08.18 18:11 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元レアル・ソシエダのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(27)が、アメリカ・メジャーリーグ・サッカー(MLS)行きに近づいているようだ。

かつてマンチェスター・ユナイテッドで鮮烈なデビューを果たしたヤヌザイ。同クラブ時代は飛躍しきれなかったものの、2017年夏からプレーしたソシエダでは通算168試合23得点21アシストを記録。ケガの多さこそ難点だが、持ち前のドリブルはスペインでも高く評価された。

だが、今夏でソシエダとの契約が満了。現在は無所属となっており、セビージャやベティス、オサスナ、ウェストハムなど、スペインを中心に多くの欧州クラブが新天地として浮上している。しかし、ヤヌザイが要求する高額な給与に、いずれも二の足を踏んでいる状態だ。
そんななか、スペイン『Fichajes』によると、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーがヤヌザイに接近。すでに本格的な交渉が始まっており、選手自身も渡米に乗り気だという。

LAギャラクシーはヤヌザイがユナイテッド時代に共にプレーした元メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが主将を務めており、今夏にはバルセロナからスペイン人MFリキ・プッチを完全移籍で獲得している。

関連ニュース
thumb

「3歳差には見えないな」元ユナイテッド2人がアメリカで再会!今はMLSの選手と監督「最高の写真」

マンチェスター・ユナイテッドとメジャーリーグ・サッカー(MLS)のファンが喜ぶ1枚だ。 ロサンゼルス・ギャラクシーのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが25日に自身のSNSを更新。「久しぶりに再会できてうれしい。ピッチの中や外で共有したすべての思い出に感謝したい。あなたの成功を祈っています」と元チームメイトとの2ショットを投稿。その人物とは、元イングランド代表FWのウェイン・ルーニー氏だった。 チチャリートことハビエル・エルナンデスは、2010年夏にユナイテッドへと完全移籍。主力だったルーニーともに二度のプレミアリーグ優勝にも貢献。その後はレアル・マドリーへのレンタル移籍やレバークーゼン、セビージャなどを経て、2020年からMLSの看板選手として活躍している。 一方のルーニー氏は、2017年までユナイテッドでプレーした後、古巣のエバートンを経て2018年から2年間MLSのDCユナイテッドでプレー。2022年夏からは同クラブの監督を務めている。 2023シーズンの開幕を目前に控えた中、別々のチームの選手と監督という立場で2人は再会。そんな2人の2ショットにはファンも喜んでおり、「3歳差には見えないな」、「いい時代だった」、「最高の写真」とコメントを寄せている。 <span class="paragraph-title">【写真】ルーニーとチチャリートがアメリカで再会!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It&#39;s great to see you again after all this time. Thanks for all the memories we shared on and off the field. Wish you nothing but the best! <a href="https://twitter.com/WayneRooney?ref_src=twsrc%5Etfw">@waynerooney</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/OnceARedAlwaysARed?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OnceARedAlwaysARed</a> <a href="https://t.co/3oVXLjwsKs">pic.twitter.com/3oVXLjwsKs</a></p>&mdash; Javier “Chicharito” Hernandez (@CH14_) <a href="https://twitter.com/CH14_/status/1618022837889150976?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ退団のイスコ、新天地決めを焦らず? マルセイユ&サウジ行き却下

セビージャとの契約を解除した元スペイン代表MFイスコ(30)だが、新天地を決めかねているようだ。 昨夏にレアル・マドリーとの契約を終え、セビージャに移籍したイスコ。主力として公式戦19試合に出場していたが、昨秋のフレン・ロペテギ監督解任に端を発してスポーツ・ディレクター、モンチ氏との関係が悪化し、昨年12月に契約解除が発表された。 半年足らずでのスピード退団となったが、年末には恩師ロペテギ監督が率いるウォルバーハンプトンを筆頭に、ミランやユベントス、さらにはアメリカ・メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーなどからの関心が報じられた。 しかし、スペイン『Relevo』はイスコの新天地を「謎」と表現しており、同選手がマルセイユからのオファーを却下した上で、サレルニターナからのオファーを保留中と紹介。新天地を熟考していると考えられる。 また、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、サウジ・プロフェッショナルリーグのアル・ハリージからの巨額オファーもすでに退けているとのことだ。 2023.01.16 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイルが現役引退を電撃発表!「愛するスポーツで活躍するという夢を叶えることができ、本当に幸せだった」

メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFCに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(33)が現役引退を発表した。 サウサンプトンの下部組織で育ったベイルは、2006年4月にトップチームデビュー。 2007年夏にサウサンプトンから17歳でトッテナムに加入すると、2013年までの在籍期間に公式戦203試合56ゴール58アシストを記録した。 この活躍が評価され、 2013年夏にトッテナムから8500万ポンド(約115億3000万円)といわれる移籍金でマドリーに加入。クラブ公式戦通算251試合の出場で105ゴール68アシストの成績を収め、4度のチャンピオンズリーグ制覇や2度のラ・リーガ優勝など計15個ものタイトル獲得に貢献した。 昨夏に9年在籍したマドリーを退団したベイルは、1年契約でロサンゼルスFCに加入。2022年シーズンは公式戦14試合に出場し3ゴールを挙げていた。 また、2006年に弱冠16歳でデビューしたウェールズ代表では、歴代最多出場記録の通算111キャップを誇り、エースとして2度のユーロ(2016,2020)と64年ぶりとなるワールドカップ出場に貢献。通算40ゴールを挙げ、歴代最多得点記録も樹立している。 ベイルは9日に自身のSNSを通じて、現役引退の決断を報告するとともに感謝した。 「慎重に熟考した結果、クラブと代表から引退することを発表します。愛するスポーツで活躍するという夢を叶えることができ、本当に幸せだった。サッカーは僕の人生で最高の瞬間をいくつも与えてくれた。17シーズンに渡る最高の瞬間は、次のステージでどんなことが待ち受けていようと、絶対に味わうことはできないだろう」 「サウサンプトンでの最初のプレーから、ロサンゼルスFCでの最後のプレー、そしてその間にあるすべての出来事が、僕のクラブキャリアを形成し、大きな誇りと感謝の気持ちでいっぱいだ。また、母国の代表選手として111試合に出場し、キャプテンを務めたことは、まさに夢のような出来事でした」 「僕のサッカー人生を支えてくれたすべての人々に感謝の気持ちを伝えることは、不可能なことだと思っている。9歳でサッカーを始めたときには夢にも思わなかったような、自分の人生を大きく変え、キャリアを築く手助けをしてくれた多くの人たちに心から感謝しています」 「サウサンプトン、トッテナム、レアル・マドリー、そして最後にロサンゼルスFCへ。これまでの監督、コーチ、バックルームスタッフ、チームメイト、熱心なファンの皆さん、エージェント、素晴らしい友人、家族、皆さんが与えてくれた影響は計り知れません」 「両親と妹、若い頃のあなた方の献身的な努力と強い絆がなければ、今こうして文章を書いていることはないでしょう。どんな時も僕の隣にいてくれた妻と子供たち、あなた方の愛とサポートが僕を支えてくれました」 「だから、僕は人生の次のステージに期待を持って進んでいく。変化と転換の時が、新たな冒険の機会なんだ」 2023.01.10 02:01 Tue
twitterfacebook
thumb

「まさか自分が」LAギャラクシーの遠藤翼が急性白血病を公表、かつて日本人初のMLSドラフト1位

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーⅡに所属するFW遠藤翼(29)が、急性白血病を患ったことを報告した。 JFAアカデミー福島U-18出身の遠藤は、2012年にアメリカのメリーランド大学に留学。2016年1月にMLSのドラフトで日本人として初となる1巡目指名を受け、トロントFCに入団した。 MLSでプレーした遠藤だったが、2017年3月にリザーブチームである3部相当のトロントFC IIに降格。その後、トロントFCと契約満了となったが、2018年8月にトロントFC IIに再加入を果たすと、14試合8得点をマーク。2019年1月からはファーストチームに昇格した。 MLSで通算63試合で7ゴール5アシストを記録すると、2022年2月にオーストラリアのメルボルン・シティに完全移籍。Aリーグで5試合に出場、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも4試合に出場し1アシストを記録。今年8月にアメリカへ戻り、ロサンゼルス・ギャラクシーⅡに加入していた。 遠藤は自身のSNSを更新。今年は体調が優れず日本へ帰国していたことを明かした中、急性白血病であると診断されたと報告した。 「ご報告があります。日頃から応援ありがとうございます」 「今年9月下旬LAでプレーしている中、少しの間体調を崩し、緊急帰国をしましたが、実は何回か体調も良くなったりと波があり、この2ヶ月間診断がつきませんでした」 「しかし先日12月2日に、【急性白血病】と診断されました。正直、まさか自分が白血病になるとは思いもよりませんでした」 「今後は、日本で治療に専念して1日でも早くピッチの上に復帰できるように闘っていきます。長い闘いになると思いますが、暖かく見守って下さると嬉しい限りです」 <span class="paragraph-title">【写真】オーストラリアでの休日を過ごす遠藤翼</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CemwtvyvriB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CemwtvyvriB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CemwtvyvriB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Tsubasa Endoh/遠藤 翼(@tsubasa_endoh)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script>「まさか自分が」LAギャラクシーの遠藤翼が急性白血病を公表、かつて日本人初のMLSドラフト1位 メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーⅡに所属するFW遠藤翼(29)が、急性白血病を患ったことを報告した。 JFAアカデミー福島U-18出身の遠藤は、2012年にアメリカのメリーランド大学に留学。2016年1月にMLSのドラフトで日本人として初となる1巡目指名を受け、トロントFCに入団した。 MLSでプレーした遠藤だったが、2017年3月にリザーブチームである3部相当のトロントFC IIに降格。その後、トロントFCと契約満了となったが、2018年8月にトロントFC IIに再加入を果たすと、14試合8得点をマーク。2019年1月からはファーストチームに昇格した。 MLSで通算63試合で7ゴール5アシストを記録すると、2022年2月にオーストラリアのメルボルン・シティに完全移籍。Aリーグで5試合に出場、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも4試合に出場し1アシストを記録。今年8月にアメリカへ戻り、ロサンゼルス・ギャラクシーⅡに加入していた。 遠藤は自身のSNSを更新。今年は体調が優れず日本へ帰国していたことを明かした中、急性白血病であると診断されたと報告した。 「ご報告があります。日頃から応援ありがとうございます」 「今年9月下旬LAでプレーしている中、少しの間体調を崩し、緊急帰国をしましたが、実は何回か体調も良くなったりと波があり、この2ヶ月間診断がつきませんでした」 「しかし先日12月2日に、【急性白血病】と診断されました。正直、まさか自分が白血病になるとは思いもよりませんでした」 「今後は、日本で治療に専念して1日でも早くピッチの上に復帰できるように闘っていきます。長い闘いになると思いますが、暖かく見守って下さると嬉しい限りです」 <span class="paragraph-title"></span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CmqQY3Jv3eY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CmqQY3Jv3eY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CmqQY3Jv3eY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Tsubasa Endoh/遠藤 翼(@tsubasa_endoh)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.28 07:55 Wed
twitterfacebook
thumb

スピード退団のイスコ、PLとMLSから人気博す…特にLAギャラクシーが強く関心

元スペイン代表MFイスコ(30)にアメリカ行きの可能性が浮上している。 イスコは今季からレアル・マドリーを離れ、かつて師事したフレン・ロペテギ監督のセビージャに。その新天地では主力として重用されたが、10月にロペテギ監督が成績不振で解任されてしまった。 ホルヘ・サンパオリ監督の下でも出番こそあったが、パフォーマンスに厳しい目が向けられ、スポーツディレクタ(SD)を務めるモンチ氏との不仲も噂に。そして、先日に契約解消による退団が決まった。 わずか4カ月ほどで退団を決したイスコだが、『アス』によると、プレミアリーグやメジャーリーグサッカー(MLS)から人気を博す模様。特に、ロサンゼルス・ギャラクシーが強い関心を示すという。 2022.12.26 09:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly