「身につける勇気のある人いますか?」FC東京の“顔だらけ”推しグッズにOBの石川直宏らも追加!「子どもには気持ち悪いぃ〜と言われてしまいました」

2022.08.18 07:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元日本代表FWの石川直宏氏が自身のグッズを自虐的に宣伝した。横浜F・マリノスのユース出身の石川氏は、2002年に加入したFC東京で16年間プレー。2017年に現役を引退すると、2018年からFC東京のクラブコミュニケーターを務めている。

そのFC東京は、9日に新グッズを発表。その中には該当選手の顔写真を所狭しと無数に張り付けた推しクッション、推しランドリーバッグ、推しTシャツもあり、その攻めたデザイン性が話題を呼んでいた。
そして、FC東京は16日にクラブの公式SNSを更新。この推しグッズに石川氏とクラブのナビゲーターを務める元日本代表MF羽生直剛氏のデザインも追加したことを発表した。

追加は石川氏からの要望があったということだが、石川氏は16日に自身のツイッターを更新。自虐的にグッズを紹介している。

「身につける勇気のある人いますか?子どもたちからは『気持ち悪いぃ〜』と言われてしまいました」

「次女は来月、長女と親父は再来月誕生日だから、サプライズのプレゼントにしよっと そんなギフトにも是非

これには元日本代表MF福西崇史氏も反応。「面白〜い でも、いらな〜い」とし、残念ながら購入には至らなかったようだ。

一瞬買うのをためらってしまいそうな強烈なデザインのグッズだが、生粋のファンにはたまらないかもしれない。

なお、このグッズの受注期間はら22日までであり、商品の発送は今年9月下旬を予定している。


関連ニュース
thumb

FC東京、岡山の守備支えたDF徳元悠平を完全移籍で獲得「念願のJ1リーグ優勝のために全力を尽くします」

FC東京は1日、ファジアーノ岡山のDF徳元悠平(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 沖縄県出身の徳元は、那覇西高校から城西国際大学へと進学。2018年にFC琉球に入団した。 J3からスタートしたプロキャリアは、1年目からリーグ戦31試合に出場し2得点を記録。チームのJ3優勝&J2昇格に貢献すると、2年目はJ2で35試合に出場。2020年に岡山へ完全移籍した。 岡山でも主軸を張り、3シーズン連続でリーグ戦30試合以上出場。今季も31試合に出場し1得点を記録し、チームの3位フィニッシュに貢献していた。岡山での通算成績はJ2で106試合3得点、天皇杯で2試合出場だった。 ついにJ1の舞台にステップアップした徳元は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「このたび、ファジアーノ岡山から加入することになりました徳元悠平です。念願のJ1リーグ優勝のために全力を尽くします」 「ファン・サポーターのみなさんとお会いできることを楽しみにしています。よろしくお願いします」 ◆ファジアーノ岡山 「このたび、FC東京に移籍することになりました。3シーズン、どんな時もともに戦ってくださったファジアーノ岡山に関わる全ての方々に感謝します」 「岡山で培ったことを存分に発揮し、FC東京で頑張ります!!本当にありがとうございました」 2022.12.01 13:08 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京、18歳の梶浦勇輝が金沢に育成型期限付き移籍 「頑張ってきます」

ツエーゲン金沢は1日、FC東京からMF梶浦勇輝(18)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2024年1月31日まで。同期間中、FC東京との全公式戦に出場できない。 梶浦はFC東京のアカデミー出身で、2020年11月〜2021年まで2種登録。今年から正式昇格して、明治安田生命J1リーグで3試合に出場したほか、ルヴァンカップと天皇杯でも計5試合でプレーした。 ルヴァンカップではプロ初ゴールも記録したが、来季は金沢で修行する運びに。金沢を通じて意気込みを語っている。 「この度、FC東京から加入することになりました梶浦勇輝です。金沢の勝利、そしてJ1昇格のために全力で戦います! 応援よろしくお願いします!」 一方、FC東京の公式ウェブサイトを通じてはルーキーイヤーの今季を振り返りつつ、金沢での成長を誓った。 「FC東京のファン・サポーターのみなさん、2022シーズンの応援ありがとうございました。プロとしての厳しさを感じた1年でした」 「活躍している姿を届けられるように、また選手としてさらに成長した姿をみなさんに見せられるように頑張ってきます。引き続き応援よろしくお願いします」 2022.12.01 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京守護神スウォビィクが来季契約合意 「このクラブの誇りを胸に全力を尽くします!」

FC東京は30日、GKヤクブ・スウォビィク(31)と2023シーズンの契約に合意した旨を発表した。 2019年7月に母国ポーランドを飛び出してベガルタ仙台入りし、それが初の国外移籍だったが、抜群のショットストップで存在感を示したスウォビィク。今季からFC東京に加わってもその持ち味をもって守護神を任され、明治安田生命J1リーグでは33試合に出場した。 来季も守護神としての活躍が期待されるスウォビィクはFC東京の公式サイトを通じて、契約更新を喜び、決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京のユニフォームを着ることができ、とても嬉しく思います。このクラブで多くを勝ち獲りたいと思いますし、このクラブの誇りを胸に全力を尽くします! いつも本当に多くのサポートをありがとうございます。2023シーズンも熱い応援をよろしくお願いします。We are Tokyo!」 2022.11.30 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京がMF青木拓矢の契約更新を発表「2022シーズンはケガで悔しいシーズンになりました」

FC東京は29日、MF青木拓矢(33)の契約更新を発表した。 青木は前橋育英高校から2008年に大宮アルディージャへ入団。その後、浦和レッズでのプレーを経て昨シーズンFC東京に加入すると、初年度から主力に定着して公式戦42試合に出場した。 今シーズンも新たに就任したアルベル・プッチ・オルトネダ監督からの信頼を得て明治安田生命J1リーグで18試合に出場していたが、7月の練習中に右腓腹筋筋挫傷を負傷。全治8~10週間と発表され、以降は出場機会がないままシーズンを終えた。 それでも、来季もFC東京でプレーすると発表された青木。クラブを通じて多くの試合を欠場した今季の悔しさを晴らしたいと述べている。 「2022シーズンは、ケガで悔しいシーズンになりました。しっかりと治して、タイトルを獲るために日々成長していきたいと思います。2023シーズンも応援よろしくお願いします」 2022.11.29 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京、下部組織育ちのDF岡崎慎が熊本に完全移籍 「結果で恩返しができずに去ることが悔しいですが…」

ロアッソ熊本は29日、FC東京からDF岡崎慎(24)の完全移籍加入を発表した。 岡崎はFC東京のアカデミー育ちで、2016年の2種登録を経て、翌年に正式昇格。2020年から同年9月まで清水エスパルスに貸し出される経験もして、今日までFC東京でプレーを続けたが、アルベル新監督の今季も公式戦8試合と出番が限定的だった。 アンダー世代の日本代表歴も持つ24歳は熊本の公式サイトを通じて、「自分を信じてオファーをしてくださったロアッソ熊本で成長し、J1昇格にむけて結果で恩返しをできるような活躍をします! 応援よろしくお願いします」とコメントした。 一方で、FC東京の公式ウェブサイトでは「今回FC東京を離れることになりました」と移籍を報告。下部組織時代からこれまでを振り返り、新天地での活躍を誓うとともに、感謝の言葉を綴った。 「U-15深川から約12年間良いことも悪いこともサッカー人生のほとんどを過ごしたクラブを離れる決断は簡単ではありませんでした。プロサッカー選手に成長させてくれたチーム、ファン・サポーター、スタッフに結果で恩返しができずに去ることが悔しいですが、FC東京で培ったものを全力で出して活躍している姿を届けられるように頑張ります。本当にありがとうございました」 2022.11.29 10:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly