山口のMF神垣陸が疲労骨折で12週間、FW大槻周平がじん帯損傷で8週間の離脱

2022.08.16 15:52 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
レノファ山口FCは16日、MF神垣陸、FW大槻周平の負傷を発表した。

神垣は左第五中足骨疲労骨折と診断され、手術を実施。全治は12週間程度とのことだ。

また、大槻は右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、8週間程度の離脱となる。

神垣は今シーズンの明治安田生命J2リーグで26試合に出場。大槻は、ここまでJ2で19試合に出場し3得点を記録していた。

関連ニュース
thumb

横浜FCの守護神が接触で落下し意識不明、ピッチに救急車で緊急搬送も長崎下して首位に迫る…残留争う群馬は高井がハットの山口に大量6失点【明治安田J2第38節】

24日、明治安田生命J2リーグ第38節の4試合が行われた。 首位アルビレックス新潟を3ポイント差で追う2位横浜FCは、8位V・ファーレン長崎とアウェイで対戦した。 最初にゴールに迫ったのはホームの長崎。左サイドを突破したクレイソンがボックス内に切れ込み、中央へ折り返す。これを受けた奥田が右足のシュートを放つも、相手GKが好セーブ。 逆にこのこぼれ球を横浜FCのバックラインが繋ぎ、山根が自陣から左サイドの裏のスペースへとスルーパスを供給。抜け出したマルセロ・ヒアンが抜群のスピードで相手DFをちぎり、相手GKとの一対一を破って先制点を奪った。 横浜FCが1点をリードした状況のまま、ハーフタイムを迎えるかに思われた前半アディショナルタイムにアクシデント。相手のクロスボールを処理しようとした横浜FCの守護神・ブローダーセンと、長崎の米田が空中で激突し、両者がピッチに倒れ込んだ。 落下し、意識を失ったブローダーセンはその後も意識を取り戻す様子のないまま、ピッチ内に救急車が入ることに。そのまま病院へと救急搬送。米田はしばらくして立ち上がったが、ハーフタイムで交代となった。 治療のために15分にもわたった前半アディショナルタイムが終わり、ハーフタイムをはさんで試合は再開。後半に入って最初にゴールに迫ったのは横浜FCだった。49分、敵陣右サイドで速攻を仕掛けるも、相手DFがクリア。しかし、このボールを敵陣中央で拾った長谷川がボックス手前まで持ち込み、左足の強烈なミドルシュートを放つと、ゴール右に決まった。 2点ビハインドとなった長崎は57分、大竹の右サイドからのクロスをがエジガル・ジュニオが頭で落とし、最後はゴール前の奥田。至近距離から右足のシュートを放つも、相手GKのセーブによって阻まれる。 その後も攻勢を敷く長崎だが、横浜FCの堅い守備を相手にゴールは奪えず。0-2のまま試合終了を迎え、アウェイで3ポイントを積み上げた横浜FCが勝ち点で首位に並んだ。 また、14位のレノファ山口は20位ザスパクサツ群馬とアウェイで対戦。残留へ向けて負けられないホームチームを相手に攻撃力を見せつけた。 立ち上がり13分、山口にサイド攻撃からチャンスが訪れる。中盤での細かいパス回しから右サイド浅い位置の吉岡にボールが渡ると、アーリークロスを供給。これをボックス内の梅木が頭で落として、最後はゴール前の池上が押し込んだ。 先制に成功したアウェイチームには23分にも得点を奪う。敵陣中央の池上からのスルーパスでボックス右に抜け出した吉岡が右足でシュート。これが一度は相手GKに阻まれるも、こぼれ球を梅木が詰め、2点リードとする。 前半に2ゴールを奪った山口は試合を折り返しても止まらない。61分、敵陣左サイド浅い位置でパスを回し、前が右足で鋭いボールを供給。これに高井がバイシクルシュートで合わせてゴール右に決めた。 ビューティフルゴールで3点目を奪った高井はここから爆発する。73分に左サイドの橋本のクロスにオーバーヘッド気味に合わせて2点目を奪うと、78分にも再び橋本のグラウンダーの折り返しを右足で流しこんでで3点目を記録。後半だけでハットトリックを達成する離れ業をやってのけた。 5点をリードした山口は89分に群馬の平松に1点を返されるも、後半アディショナルタイムに岸田がダメ押しの6点目を決めて再び5点差に。試合は1-6のままタイムアップを迎え、アウェイで大勝を挙げた。 その他、13位東京ヴェルディは7位のモンテディオ山形をホームに迎え、天候不良による1時間半におよぶ試合中断がありながらも、1-0で勝利。6位大分トリニータは2-1で16位ヴァンフォーレ甲府を下して、昇格プレーオフ圏内をキープした。 ◆明治安田生命J2リーグ第38節 ▽9/24(土) ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">6 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 横浜FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 ▽9/25(日) ファジアーノ岡山 vs ベガルタ仙台 いわてグルージャ盛岡 vs ツエーゲン金沢 ブラウブリッツ秋田 vs FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 vs 大宮アルディージャ 徳島ヴォルティス vs 水戸ホーリーホック <span class="paragraph-title">【写真】仲間たちが勝利を緊急搬送のブローダーセンに届ける</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">Get well soon BRODERSEN<a href="https://twitter.com/yokohama_fc?ref_src=twsrc%5Etfw">@yokohama_fc</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/Tuo7X1VLqg">pic.twitter.com/Tuo7X1VLqg</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1573657248110301184?ref_src=twsrc%5Etfw">September 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 22:23 Sat
twitterfacebook
thumb

山口のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性に…咽頭痛、倦怠感の症状

レノファ山口FCは6日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 当該スタッフは本日6日に咽頭痛、倦怠感の症状があり、医療機関で検査を受けたところ陽性判定に。現在は適切な対策のもと、療養しているとのことだ。 なお、クラブによると濃厚接触者はいないと報告している。 2022.09.06 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

J2山口の選手がルール違反のサイン対応、クラブが謝罪「再発防止に努めてまいります」

レノファ山口FCは5日、「試合後のサイン対応に関するお詫びとお願い」として声明を発表した。 クラブの発表によると、3日に開催された明治安田生命J2リーグ第34節の横浜FC戦の試合後、スタンドから選手へサインの依頼があり、選手が応じていることが確認されたという。 しかし、山口のホームゲームでは、試合前後に関わらず、スタンド内からの選手へのサイン依頼、物品の提供は禁止としているとのことだ。 今回は、クラブスタッフが同行していたにも関わらずに、選手がサイン対応を行ったとのこと。しっかりとルールを遵守させられていないことを謝罪した。 「クラブとして運営ルールを遵守できなかったこと、およびルールを遵守いただいている皆様に対し不快な想いをさせてしまいましたことを、深くお詫び申し上げます」 「今一度、試合運営関係者内で運営ルールの徹底を行い、再発防止に努めてまいります。引き続き観戦ルールの遵守にご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます」 2022.09.05 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

山口、トップチームスタッフ1名の新型コロナ陽性を発表…濃厚接触者はなし

レノファ山口FCは5日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 当該スタッフは4日に発熱の症状があり、同日に医療機関で検査を受けたところ陽性判定に。現在は適切な対策のもと、療養しているとのことだ。 なお、クラブによると濃厚接触者はおらず、「新型コロナウイルス感染症対策を継続して実施し、関係者全員に周知、徹底をはかっていく」と報告している。 2022.09.05 15:22 Mon
twitterfacebook
thumb

首位・横浜FCは2点差追いつかれ18位・山口とドロー、2位・新潟、3位・仙台は共に敗戦【明治安田J2第34節】

3日、明治安田生命J2リーグ第34節の8試合が全国各地で行われた。 2位につけるアルビレックス新潟(勝ち点65)は7位につける大分トリニータ(勝ち点49)とホームで対戦した。 先手を奪ったのは大分。19分、左サイドを突破した増山朝陽が深い位置まで持ち込んでクロス。これに2列目から飛び込んだ中川寛斗がヘッド。これが決まり大分が先制する。 その大分は30分にもチャンス。弓場将輝が強烈なミドルシュートを放つと、これは枠を捉えるも、古巣対戦となったGK小島亨介がセーブする。 新潟は43分に決定機。藤原奏哉のロングフィードを相手がクリア。こぼれ球に対して谷口海斗がダイレクトでミドルシュート。しかし、これはGK吉田舜がセーブする。 大分のリードで迎えた後半は、勝利が欲しい新潟が圧倒する。ポゼッションをしながら攻め込んでいくが、フィニッシュが上手くいかず。最後まで1点が遠くタイムアップ。新潟は痛恨の黒星を喫し、大分は暫定ながらプレーオフ圏内に浮上した。 首位の横浜FC(勝ち点66)はアウェイで18位のレノファ山口FC(勝ち点35)と対戦した。 首位を守りたい横浜FCがアウェイに乗り込んだ中、32分に横浜FCが先制。長谷川竜也が持ち出すと、和田拓也がボックス内左からグラウンダーのクロス。これを小川航基が決めた。 前半は横浜FCがリードしたまま終えるが、後半にミスから失点。53分、前からプレスをかけられた中村拓海がバックパス。しかし、強いパスがズレると、GKスベンド・ブローダーセンがなんとかゴールに入らないように防ぐが、こぼれ球を成岡輝瑠が蹴り込み同点。成岡のプロ初ゴールで同点に追いつかれた。 嫌な形で追いつかれてしまった横浜FCだったが、61分にロングフィードに抜け出した伊藤翔がクロス。これが菊地光将のハンドを誘うと、このPKを伊藤が自ら決めて勝ち越す。さらに直後の63分には、小川がこの試合2点目を決め、リードを2点に広げる。 磐石の体制で首位キープになるかと思われたが、ホームの山口が粘りを見せる。81分、右サイドからのクロスをファーから折り返し、最後は梅木翼が蹴り込み2てんさ。さらに86分にも右からのクロスがボックス内で混戦となると、相手のクリアボールを成岡が蹴り込み、3-3。そのまま試合は終了して勝ち点1を分け合った。 その他、4位のベガルタ仙台(勝ち点55)は12位の水戸ホーリーホック(勝ち点43)と対戦。杉浦文哉、土肥航大のゴールで水戸にリードを許すと、終盤に中山仁斗が1点を返すにとどまり,手痛い敗戦となった。 また、自動降格圏の21位いわてグルージャ盛岡、最下位のFC琉球は、それぞれモンテディオ山形、ブラウブリッツ秋田に敗れている。 ◆明治安田生命J2リーグ第34節 ▽9/3(土) FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ブラウブリッツ秋田</span> ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 大分トリニータ</span> ベガルタ仙台 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-1 いわてグルージャ盛岡 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 2</span>-1 東京ヴェルディ レノファ山口FC 3-3 横浜FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 2</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 ▽9/4(日) 《18:00》 栃木SC vs ザスパクサツ群馬 《19:00》 ファジアーノ岡山 vs FC町田ゼルビア ロアッソ熊本 vs 大宮アルディージャ 2022.09.03 21:33 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly