「野球が新しい友達?」LAFCのベイルがドジャースのユニで始球式に登板「楽しかった」

2022.08.11 21:33 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロサンゼルスFC(LAFC)のウェールズ代表FWガレス・ベイルがゴルフ以外の球技にも挑戦したようだ。今夏にレアル・マドリーを離れ、アメリカへと渡ったベイル。新天地では出場2戦目で加入後初得点を挙げ、ここまで4試合に出場して2ゴールをマークしている。

マドリー時代にはクラブよりもゴルフが大切などと揶揄されていたベイルだが、ロサンゼルスではメジャーリーグの始球式に登板。ロサンゼルス・ドジャースの本拠地、ドジャー・スタジアムのマウンドへ立った。

現地時間9日に行われたミネソタ・ツインズ戦でチームメイトとともに登板し、見事なノーバウンド投球を披露。サッカー選手らしく、野球ボールでも華麗なリフティングも見せた。

野球少年からもボールにサインをねだられるなど、他競技のプレーヤーからも人気のベイルは、自身のインスタグラムで「楽しかった」と振り返った。

ドジャースの公式からも「お付き合いいただきありがとうございます!」とのメッセージが送られ、ファンからも「これはあなたの最高の投稿です」、「多才な男」、「時速100マイルは出た?」、「野球が新しい友達?」など、様々なリアクションが寄せられることとなった。

1 2

関連ニュース
thumb

「モドリッチかと思った」守備の名手キエッリーニのアウトサイドアシストに驚きの声「美しい」

ロサンゼルスFC(LAFC)の元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが見事なアシストをマークした。 今夏に17年間在籍したユベントスからメジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAFCへと加入したキエッリーニ。MLS首位に立つチームのセンターバックとして活躍を見せている。 守備の名手であるキエッリーニだが、11日に行われたリーグ第34節のFCダラス戦では攻撃面で驚きのプレーを見せた。 0-0で迎えた前半アディショナルタイム、キエッリーニは最終ラインでボールを持つと、相手の最終ライン裏に抜け出したFWクリスティアン・アランゴに向けて、左足アウトサイドで浮き球のスルーパスを供給。絶妙な回転がかかったパスはアランゴにピンポイントで渡り、美しいアシストとなった。 試合は、LAFCが逆転を許し1-2で敗戦。それでも、キエッリーニのアシストシーンには「モドリッチかと思った」、「元々足元は十分うまい」、「メッシが乗り移ったのか」、「美しい」と絶賛の声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】モドリッチばりのアウトサイドアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This assist by Chiellini on Chicho Arango&#39;s goal. <a href="https://t.co/knLxYwhuVm">pic.twitter.com/knLxYwhuVm</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1568773826808352773?ref_src=twsrc%5Etfw">September 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.13 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

元スペイン代表FWテージョがロサンゼルスFCへ移籍!

ロサンゼルスFC(LAFC)は26日、元スペイン代表FWクリスティアン・テージョ(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約はMLSの2022シーズンいっぱいまでで、2年間の延長オプションが付随している。 バルセロナのカンテラ出身ながら、エスパニョールを経由して2010年に再びバルセロナBに加入したテージョは、2017年の夏にバルセロナからベティスへ完全移籍。 ベティスでは加入初年度から主力として活躍すると、在籍5年間で公式戦171試合で24ゴール20アシストをマーク。昨季は途中出場がメインながらも公式戦34試合に出場し5ゴール3アシストを記録したが、契約が満了を迎えた今夏に退団していた。 現在、MLSウェスタン・カンファレンスで首位を快走するLAFCは、今季は元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ、ウェールズ代表FWガレス・ベイル、ガボン代表MFデニス・ブアンガなど欧州からの補強を進めている。 2022.08.27 06:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、ロサンゼルスFCのセネガル人DFフォールをレンタルで獲得

ビジャレアルは26日、ロサンゼルスFCのセネガル人DFママドゥ・フォール(19)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 元セネガル代表MFサリフ・ディアオ氏が運営するモンベルデ アカデミーで育ったセンターバックのフォールは、2021年6月にロサンゼルスFCに入団。加入シーズンはMLSで19試合に出場して4ゴールを挙げる活躍を見せ、昨季は16試合に出場していた。 2022.08.26 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

解説も思わず「バレーボール」と表現…頭上を越されたDFキエッリーニが思わず“大胆ブロック”「腹抱えて笑った」

ロサンゼルスFC(LAFC)の元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニがバレーボールばりのブロックを見せた。 今夏に17年間在籍したユベントスからメジャーリーグサッカー(MLS)のLAFCへと加入したキエッリーニは、早速センターバックの定位置を確保すると、7日に行われたMLS第27節のレアル・ソルトレイク戦にも先発出場を果たす。 試合はアウェイのLAFCが優位に進め、1-3と2点リードで後半の60分を迎える。さらに追加点を目指し攻めあがっていたLAFCだが、ボールを奪われるとロングボールを出され、一気にカウンターのピンチを迎える。 しかし、そこは百戦錬磨のキエッリーニ。ハーフウェイライン付近でロングボールを処理しようとするが、目測を誤ったのか、ワンバウンドしたボールにヘディングが届かず、キエッリーニは咄嗟に両手を挙げてブロックした。 当然、キエッリーニには警告が出され主審はイエローカードが提示。だが、後ろに通されていれば失点のピンチにもなっていたため、イエローカード1枚で済めば御の字というところか。 現地の解説も「バレーボール」と表現したこのプレーは「キエッリーニらしい」、「さすがだ」、「バレーボールかよ」、「腹を抱えて笑ったよ」、「スポーツ間違えてる」とファンの笑いを誘っているようだ。 なお、失点を許さなかったLAFCは、途中出場のFWガレス・ベイルの追加点もあり、1-4の大勝を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】キエッリーニが咄嗟に見せた“大胆ブロック”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">No hands allowed, <a href="https://twitter.com/chiellini?ref_src=twsrc%5Etfw">@chiellini</a> <a href="https://t.co/3sNIGDobRs">pic.twitter.com/3sNIGDobRs</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1556129122795094021?ref_src=twsrc%5Etfw">August 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.08 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アメリカツアー中のマドリー、LAで昨季別れた彼と再会

再会の時は思いのほか早く訪れたようだ。 現在、アメリカツアー中のレアル・マドリー。バルセロナとのエル・クラシコやメキシコのクラブ・アメリカとの対戦を経て、現地時間30日にローズボウルでユベントスと対戦する。 カリフォルニア大学ロサンゼルス校などでトレーニングを行うマドリーの選手たちには、意外なゲストが。昨季でチームを離れ、現在はロサンゼルスFCでプレーをするウェールズ代表FWガレス・ベイルがマドリーのトレーニング場を訪れた。 ベイルは30日に自身のインスタグラムで「みんなに会えて嬉しいよ」と、その時の様子を公開。カルロ・アンチェロッティ監督はもちろん、カリム・ベンゼマ、エドゥアルド・カマヴィンガ、カゼミロ、ティボー・クルトワ、ヴィニシウス・ジュニオールとの写真を投稿した。 2013年にトッテナムからレアル・マドリーへ加入し、スペインで長期を過ごしたベイル。昨季こそ出番が少なかったが、一時代を築いたアタッカーはチームを離れても愛され続けているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ベイルとマドリーの面々がアメリカで再会</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CgmfHchsHeq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CgmfHchsHeq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CgmfHchsHeq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Gareth Bale(@garethbale11)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.30 16:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly