ヘタフェのチェコ代表MFヤンクトがスパルタ・プラハへ買取OP付きのレンタル移籍

2022.08.10 20:48 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スパルタ・プラハは10日、ヘタフェのチェコ代表MFヤクブ・ヤンクト (26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

1年間のレンタル移籍で、買い取りオプションもついているという。

ヤンクトはウディネーゼやアスコリ、サンプドリアでプレー。2021年8月にヘタフェに完全移籍で加入した。

ヘタフェでは、ふくらはぎのケガの影響などもあり公式戦15試合の出場で2アシストに終わっていた。

世代別のチェコ代表の他、A代表でも45試合で4ゴールを記録。左サイドバックやサイドハーフなど、左サイドのスペシャリストとして知られている。


関連ニュース
thumb

ユナイテッドの若手GKコバールが母国での修行に、契約延長の上で1年レンタル

スパルタ・プラハは9日、マンチェスター・ユナイテッドからチェコ人GKマチェイ・コバール(22)の1年レンタルを発表した。背番号「1」をつける。 2018年に母国クラブからユナイテッドアカデミーの門を叩いたコバール。まだトップチームデビューを果たせずにいるが、過去2度のレンタルを挟み、今夏もプレシーズンに帯同した。 そうして迎えた今季はプレミアリーグ第4節のレスター・シティ戦で初のベンチ入り。だが、スロバキア代表GKマルティン・ドゥブラフカの加入もあって、母国での修行を決断した。 代表キャリアにおいては昨年9月に初キャップとはならなかったものの、チェコのフル代表を経験。U-21チェコ代表としては今年6月にもプレーし、これまで8キャップを記録している。 なお、ユナイテッド側は貸し出しとともに、契約延長を発表。新たな契約は2025年6月までで、さらに1年延長オプションも付帯している。 2022.09.10 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

フェイエノールト、スロバキア代表DFハンコを完全移籍で獲得

フェイエノールトは22日、スパルタ・プラハからスロバキア代表DFダビド・ハンコ(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までで、背番号は33を着用する。 母国スロバキアのジリナでプロデビューしたハンコは、2018年の夏に5年契約でフィオレンティーナに加入。しかし、フィオレンティーナでは出場機会が限られると、2019年の夏からチェコの強豪スパルタ・プラハへ武者修行に出ることに。 2シーズンのレンタル移籍を経て、完全移籍を果たしたスパルタ・プラハでは188cmの恵まれたサイズと高精度の左足を武器に攻守両面で貢献できるモダンなセンターバックとして活躍。在籍3シーズンで公式戦102試合に出場し20ゴール11アシストを記録していた。 また、2018年10月にデビューしたスロバキア代表では、これまで22試合に出場。昨夏に行われたユーロ2020の出場メンバーにも選出されていた。 2022.08.22 22:58 Mon
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、チェコの新星FWフロジェクを約25億円で獲得

レバークーゼンは2日、スパルタ・プラハのチェコ代表FWアダム・フロジェク(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金はボーナス込みで最大1800万ユーロ(約25億円)になるとのことで、2027年6月までの5年契約を結んでいる。 仮に今後、レバークーゼンがフロジェクを売却した際、移籍金の30%がスパルタ・プラハに入る条項も含まれている。 スパルタ・プラハのアカデミー出身のフロジェクは、2018年にクラブ史上最年少デビュー(16歳と2カ月と7日)を飾った早熟なアタッカー。188cmの恵まれた体躯と高い身体能力、パワフルな右足のシュートを特長とする19歳は、ここまでトップチームで公式戦132試合40ゴール36アシストの数字を残している。 2020年9月にデビューを飾ったチェコ代表でも着実にプレータイムを増やす俊英は、バイエルンやドルトムント、アーセナルという強豪の関心を集めてきた中、新天地は同胞FWパトリック・シックも在籍するドイツの名門となった。 レバークーゼンへの加入が決まったフロジェクは「ブンデスリーガで最高のクラブの一つであるレバークーゼンと契約できたことは素晴らしいこと。ここ数週間、チームの試合映像を見たけど、美しいサッカーをしているね。このチームの一員となることに大きな希望を抱いている」とコメントした。 2022.06.03 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、チェコの新星フロジェク獲得が決定的に

レバークーゼンがスパルタ・プラハに所属するチェコ代表FWアダム・フロジェク(19)の獲得を決定的なモノとしたようだ。ドイツ『ビルト』など複数メディアが報じている。 スパルタ・プラハのアカデミー出身のフロジェクは、2018年にクラブ史上最年少デビュー(16歳と2カ月と7日)を飾った早熟なアタッカー。188cmの恵まれた体躯と高い身体能力、パワフルな右足のシュートを特長とする19歳は、ここまでトップチームで公式戦132試合40ゴール36アシストの数字を残している。 2020年にデビューを飾ったチェコ代表でも着実にプレータイムを増やす俊英は、バイエルンやドルトムント、アーセナルという強豪の関心を集めてきたが、新天地は同胞FWパトリック・シックも在籍するドイツの名門となる見込みだ。 報道によると、レバークーゼンとスパルタ・プラハは、ボーナスを含めた総額2200万ユーロ(約30億円)の移籍金と、将来のリセール時の移籍金30%という条件でクラブ間合意。さらに、27日にメディカルチェック受診のためドイツ入りしたフロジェクは、2027年までの5年契約にサインする見込みだ。 セカンドトップを主戦場に前線の全ポジションでプレー可能なチェコの新星は、新シーズンにチャンピオンズリーグとブンデスリーガの二足の草鞋を履くレバークーゼンにとって良い攻撃オプションとなるはずだ。 2022.05.29 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和が元スウェーデン代表WGの完全移籍加入でクラブ間合意! チェコ名門スパルタ・プラハの27歳

浦和レッズは30日、スパルタ・プラハから元スウェーデン代表MFダヴィド・モーベルグ(27)の獲得を発表した。浦和とスパルタ・プラハはモーベルグの完全移籍でクラブ間合意。モーベルグの入国日は現時点で未定だという。 モーベルグは左利きのウィンガー。3試合1得点のスウェーデン代表歴を持ち、母国クラブのIFKヨーテボリでプロ入り後、サンダーランド(イングランド)やキルマーノック(スコットランド)、ノアシェラン(デンマーク)などでプレーし、2019年冬からチェコの名門スパルタ・プラハに活躍の場を移した。 そのスパルタ・プラハでは公式戦通算96試合の出場で26得点22アシストをマーク。今季はチャンピオンズリーグ(CL)予選やヨーロッパリーグ(EL)でもプレーして、公式戦22試合の出場で5得点3アシストの数字を収めている。 浦和入りが決まったモーベルグはクラブを通じて喜びの心境を語った。 「日本一のビッグクラブと契約することができて光栄です。浦和レッズのユニフォームを着て、素晴らしいファン・サポーターのみなさんの前でプレーすることを心待ちにしております。そして、満員の埼玉スタジアムで勝利を分かち合うことを想像するだけで鳥肌が立ちます」 2021.12.30 09:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly