セルタがローマFWカルレス・ペレスを買取OP付レンタル移籍で獲得…かつてバルサでプレー

2022.08.10 09:27 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルタは9日、ローマのスペイン人FWカルレス・ペレス(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

1年間のレンタル移籍で買い取りオプションもついているという。

バルセロナの下部組織出身のカルレス・ペレスは、2019年7月にファーストチームに昇格。2020年1月にローマへとレンタル移籍し、2020年9月に完全移籍していた。

バルセロナでは公式戦13試合で2ゴール3アシストを記録。ローマでは公式戦75試合で8ゴール7アシストを記録していた。

2021-22シーズンもセリエAで19試合に出場し1ゴール1アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でも6試合に出場し2ゴールを決め、チームの優勝に貢献していた。

また、世代別のスペイン代表を経験しており、かつては大きく期待された選手。バルセロナの選手として2019年の夏には来日しており、ヴィッセル神戸相手に2ゴールを決める活躍を見せていた。

関連ニュース
thumb

35歳元スペイン代表FWアスパス、カタールW杯出場を「最後まで諦めない」

セルタの元スペイン代表FWイアゴ・アスパス(35)が、カタール・ワールドカップ(W杯)出場に闘志を燃やしている。スペイン『アス』が伝えている。 今年8月に35歳となったアスパス。リバプールやセビージャ時代はインパクトを残せなかったが、セルタでは通算424試合189得点64アシストを記録し、今季もラ・リーガで6試合5得点と、チームの絶対的エースとして君臨。衰え知らずの得点力を発揮している。 そんなアスパスだが、スペイン代表には2019年を最後に招集されていない。それでも、スペイン『El Larguero』のインタビューの中で、カタールW杯のメンバー選出を諦めないと口にした。 「希望は最後まで持ち続けるが、しばらく代表チームに参加できていないのも事実だ。昨季はとても良い成績を残せたし、今季も継続できている」 「もちろん(スペイン代表に)参加できないことは辛い。だけど僕は頑固者で、最後まで諦めるつもりはないよ。できる限りのことをするつもりだ」 アスパスは前回のロシアW杯メンバーに選出も、決勝トーナメント1回戦の開催国ロシア代表との一戦において、PK戦でキックを失敗。アスパスの失敗もあり、スペイン代表はベスト16敗退となっていた。 悔しい思いを残すW杯の舞台とあってか、残された時間は少ないとはいえ、決死のアピールでカタールW杯のメンバー選出を目指す姿勢を鮮明にした。 2022.09.20 15:06 Tue
twitterfacebook
thumb

4発快勝のアトレティコ、シメオネ監督が選手らを称賛 「誰もが重要なプレーヤー」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がセルタ戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルディポ』が伝えている。 アトレティコは10日、ラ・リーガ第5節でセルタとのホームゲームに臨んだ。試合は9分にアルゼンチン代表MFアンヘル・コレアが先制点を決めると、50分に同代表MFロドリゴ・デ・パウル、66分にはベルギー代表MFヤニク・カラスコが追加点を叩き込む。直後に1点を返されたものの、アトレティコは82分にオウンゴールが決まって勝負あり。4-1で勝利を収めた。 シメオネ監督はクラブ公式サイトで試合を振り返り、選手たちのパフォーマンスにおおむね満足していると語った。 「我々のチームは前半から積極的だったが、ボールロストが多く、危険なシーンもあった。すべてのゴールは良い連携から生まれた産物で、後半になると選手たちが勇気を持って大胆なポジショニングを見せた」 「後半はより強固なチームになっていたね。3-1から3-2になってしまうと複雑な状況にならざるをえなかったが、先にクーニャが4点目(記録はオウンゴール)を決めてくれた」 「今日はフレッシュなプレーヤーを使うことにした。彼らのプレーにはとても満足しているよ。このチームでは誰もが重要なプレーヤーであり、裏を返せば1人として特別なプレーヤーはいない」 また、今夏にドルトムントから加入し、ラ・リーガ全試合でフルタイム出場を続けるベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルや、4点目に絡む活躍を見せたブラジル代表FWマテウス・クーニャに賛辞の言葉を送っている。 「彼特有の落ち着きやライン間でのパスの選択… ヴィツェルは素晴らしいゲームビジョンを持っている。彼が後ろに安心感を与える存在であるとプレシーズンで理解したよ。とてもうまくやってくれている。彼はボールロストしたことがあるのだろうか?」 「クーニャはアトレティコにとって理想的なプレーヤーと言える。アルバロ・モラタのコンディションがとても良いが、そんな彼とも激しく競争しているよ。クーニャは情熱や激しさを持つ男で、そういうストライカーが必要なのだよ」 2022.09.11 15:57 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコが今季最多4ゴールで曲者セルタ撃破! 次節マドリードダービーに大きな弾み《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、アトレティコ・マドリーvsセルタが10日にシビタス・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが4-1で勝利した。 アトレティコは前節、レアル・ソシエダとの強豪対決をがっぷり四つの1-1のドローで終えた。これにより、今季初の連勝を逃した。だが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では昨季の対戦で因縁生まれたポルトを相手に、後半アディショナルタイムの熾烈な攻防をグリ-ズマンのラストプレー弾で制して劇的な2-1の勝利を飾った。 その勢いを生かしたい同勝ち点で並ぶ難敵セルタとのアウェイゲームでは先発6人を変更。負傷でベンチ外の守護神オブラクに代わって、加入後初先発のグルビッチが起用されたほか、コケやマルコス・ジョレンテ、フェリックスがベンチスタートとなり、レマルやコンドグビア、ホセ・アンヘルがスタメンに入った。 開始直後にラーセンの抜け出しからのチップキック、セットプレーのマージョのヘディングシュートと連続でピンチを迎えたアトレティコ。しかし、ここはGKグルビッチの見事なセーブで事なきを得る。 すると、控えGKの活躍に触発された攻撃陣が早い時間帯にゴールをこじ開ける。9分、左サイドのレマルからのサイドチェンジをモリーナ、デ・パウルとダイレクトで繋ぎ、ボックス中央に走り込むコレアにボールが渡る。ここで今季初先発のアルゼンチン代表FWが冷静に右足のシュートを決め切った。 幸先よく先制に成功したホームチームだが、その2分後にはイアゴ・アスパスに右ポスト直撃の強烈なシュートを浴びるなど、試合の主導権を完全に握るまでには至らない。 以降は一進一退の攻防が続き、互いにモラタやアスパスとスペイン人アタッカーがフィニッシュに絡むシーンを作り出したが、最後の局面でややプレー精度を欠き、アトレティコの1点リードで後半へ折り返すことになった。 ハーフタイムで動いたのはアトレティコ。レマルを下げてコケを後半頭からピッチへ送り出した。すると、シメオネのこの交代策が結果的に追加点をもたらす。 50分、左サイド深くでカラスコが折り返したボールをボックス中央のコケが巧みなファーストタッチで収めて丁寧にマイナスへ落とす。これに反応したデ・パウルが右足を振り抜くと、低弾道のシュートがゴール前の密集を抜けてゴール右下隅へ決まった。 これで勝利に大きく近づいた中、60分過ぎにはモラタに代えてお馴染みの途中投入となったグリーズマンがフェリックスと共に同時でピッチへ立つ。この交代直後の66分には自陣で相手のハイプレスをかいくぐり、コンドグビアから左サイドでボールを受けたカラスコが相手陣内をドリブルで独走。ボックス内では巧みな仕掛けでDFマージョをかわしてボックス左から左足のシュートを流し込む、ゴラッソを挙げた。 その後、71分にはセットプレーの流れからボックス右でガブリ・ベイガがニアを狙ったシュートをGKグルビッチが阻止できず、クリーンシートを逃したアトレティコ。それでも、82分にはカウンターから見事な裏街道でボックス内に侵入した途中出場のクーニャがDFウナイ・ヌニェスのオウンゴールを誘発し、再び点差を3点に広げた。 そして、難敵セルタ相手に今季最多4ゴールを挙げたアトレティコが、リーグ2戦ぶりの白星を挙げると共に、CLレバークーゼン戦を挟んで迎える来週末のレアル・マドリーとのダービーに大きな弾みを付けた。 2022.09.11 06:01 Sun
twitterfacebook
thumb

元スペイン代表の35歳ノリート、2部イビサが新天地に

イビサは5日、元スペイン代表FWノリート(35)の加入を発表した。契約は2年間。背番号「9」をつける。 かつてバルセロナやベンフィカ、グラナダ、セルタでもプレーしたノリート。2016年夏からはマンチェスター・シティに活躍の場を移したが、慣れないイングランドでの生活にジョゼップ・グアルディオラ監督の下でレギュラーの座を掴めない状況もあって、わずか1年で母国復帰となるセビージャ行きを決断した。 2020年6月からは古巣のセルタに復帰。昨季も公式戦35試合に出場したが、同シーズンをもって契約切れとなり、今季開幕後もフリーだった。 スペインの観光名所として有名な土地に拠点を置くイビサは現在、セグンダ・ディビシオンに所属。ラ・リーガで通算243試合、スペイン代表としても16キャップを誇るアタッカーだが、スペイン2部で新たなキャリアを築くこととなった。 2022.09.06 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

性的虐待で懲役4年のセルタFWサンティ・ミナがサウジアラビアのアル・シャバブにレンタル移籍…昨季も36試合9ゴール

サウジアラビアのアル・シャバブは23日、セルタのスペイン人FWサンティ・ミナ(26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は1年間となる。 セルタの下部組織で育ったサンティ・ミナは、2013年7月にファーストチームに昇格。2015年7月にバレンシアへと完全移籍すると、2019年7月に復帰していた。 セルタでは、公式戦通算163試合に出場し42ゴール17アシスト。バレンシアでも公式戦150試合で42ゴール19アシストを記録していた。 2021-22シーズンもラ・リーガで33試合に出場し7ゴール3アシスト、コパ・デル・レイで3試合2ゴール2アシストとまずまずの結果を残していた中、中東への挑戦となった。 なお、ミナはバレンシア時代の2017年6月に性的虐待を行ったとされ、今年5月に懲役4年の判決がなされていた。 セルタはミナに対して懲戒処分を科すことを決定し、処分が確定するまではトップチームから外すことを決定していた。 <span class="paragraph-title">【動画】ドラマ仕立てでサンティ・ミナの到着を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><a href="https://twitter.com/AlShababSaudiFC/status/1562190079560364033?ref_src=twsrc%5Etfw">August 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.24 09:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly