エスパニョールが乾や武藤の元同僚、エイバルMFエスポジトを完全移籍で獲得…5年契約

2022.08.09 12:09 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エスパニョールは8日、エイバルのMFエドゥ・エスポジト(26)が完全移籍で加入することを発表した。

契約期間は2027年6月までの5年間となる。

エスポジトは、2018年7月にデポルティボ・ラ・コルーニャのファーストチームに昇格。2019年7月にエイバルへと完全移籍していた。

エイバルでは公式戦117試合に出場し13ゴール10アシストを記録。乾貴士(清水エスパルス)や武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)共プレーした。

ラ・リーガでは通算70試合4ゴール4アシスト、セングンダ・ディビシオン(スペイン2部)では75試合で10ゴール9アシストを記録している。

関連ニュース
thumb

「足を出そうと決めていた」久保建英がアシストシーンは過去の反省からと明かす

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、エスパニョール戦を振り返った。 18日、ラ・リーガ第6節でエスパニョールをホームに迎えたソシエダ。久保はこの試合も2トップの一角として先発出場を果たした。 するとその久保は15分にボックス手前でルーズボールをシュート。これはGKを襲うもセーブされてしまう。 しかし17分、相手が後方から繋ごうとGKアルバロ・フェルナンデスにバックパス。これを追い続けた久保が一気に寄せると、GKのキックをブロック。こぼれ球に反応したアレクサンダー・セルロートが無人のゴールに流し込んだ。 その後すぐに追いつかれてしまったソシエダだったが、29分にブライス・メンデスが勝ち越しゴールを決めて2-1で勝利を収めた。 試合後、クラブのインタビューに応じた久保は前節のヘタフェ戦の敗戦後のイマノル・アルグアシル監督の言葉を明かし、ヨーロッパリーグ(EL)を含めてしっかりと準備をし、連勝できたことを振り返った。 「ヘタフェ戦で負けた後、監督は『休みまでに勝ち点6を取って、それから休んでエネルギーを得て、また再スタートしよう』と言っていました」 「なので、今週はチーム全体にとっても、トレーニングセッションを見ても、とても良いものになったと思います」 その中で、立ち上がりから押し込み、先制ゴールにつながるプレスを見せた久保は「特に前半は、僕たちはとても流動的だったと思います。どちらも失点しましたが、とても面白い試合でした。フィールドの中にいた僕でも楽しかったです」とコメント。合計3ゴールが生まれたた前半を振り返った。 アシストシーンのプレーについては「プレシーズンのアスレティック戦では、チャンスがあったのに足を出さなかったです。それを覚えていたので、足を出そうと決めていました」と、過去の反省からしっかりと寄せきり、足を出した結果がアシストになったとした。 これで一旦はインターナショナル・ブレイクを挟むことになるソシエダ。久保は日本代表の活動に参加するが、今後の戦いのためにより強くなってくるとコメント。ただ、今は日本代表に集中すると語った。 「一旦中断して休み、強くなって帰ってきます。なぜなら、休み明けにはとてもとても大きな試合が続くからです」 「ここにいてとても幸せですが、代表チームが待っています。代表に戻った時のことも頭の片隅には置いておきたいです」 「日本代表から戻ってきたら、とても重要な試合が待っていますし、今はそのチームに全て捧げます」 <span class="paragraph-title">【動画】反省が生きたプレー!GKへのチェイスから久保建英がアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MRs2f17jv5s";var video_start = 30;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.19 14:08 Mon
twitterfacebook
thumb

「素晴らしいプレー」「ガツガツしてて最高」ラ・リーガ100試合目の久保建英が、粘り強い守備からアシスト記録!

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がアシストを記録した。 18日、ラ・リーガ第6節でエスパニョールをホームに迎えたソシエダ。久保はこの試合も2トップの一角として先発出場を果たした。 するとその久保は15分にボックス手前でルーズボールをシュート。これはGKを襲うもセーブされてしまう。 しかし17分、相手が後方から繋ごうとGKアルバロ・フェルナンデスにバックパス。これを追い続けた久保が一気に寄せると、GKのキックをブロック。こぼれ球に反応したアレクサンダー・セルロートが無人のゴールに流し込んだ。 守備で魅せてアシストを記録した久保。これには「守備貢献と裏抜けの意識素晴らしかった」、「伸び伸びプレーできててほんと嬉しい」、「プレスの緩急めちゃめちゃ上手い」、「素晴らしいプレー」、「ガツガツしてて最高」、「ヘタフェマジョルカ時代も無駄じゃなかった」とコメント。久保の高い守備意識が称えられた。 ちなみに、この試合は久保のラ・リーガ100試合目のメモリアルマッチ。チームも2-1で勝利し、日本代表合流前に良い流れを掴んでいるようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】GKへのチェイスから久保建英がアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MRs2f17jv5s";var video_start = 30;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.19 09:09 Mon
twitterfacebook
thumb

久保が先制点アシスト、ソシエダがエスパニョールに逃げ切り勝利で白星取り戻す《ラ・リーガ》

レアル・ソシエダは18日、ラ・リーガ第8節でエスパニョールをホームに迎え、2-1で逃げ切った。ソシエダのMF久保建英は82分までプレーしている。 前節ヘタフェ戦を落とし、今季2敗目を喫したソシエダ(勝ち点7)は、3日前に行われたヨーロッパリーグではオモニアに2-1で競り勝った。後半10分から出場して決勝点をアシスト久保が2トップの一角で先発となった。 今季1勝のエスパニョール(勝ち点5)に対し、立ち上がりからソシエダが押し込むと、15分に久保がGK強襲のシュートを浴びせた。そして17分に押し切る。久保がGKにプレスをかけてボールを奪取。ルーズボールをセルロートが押し込んだ。 2分後、CKからエスポジトに同点弾を許したソシエダだったが、29分に勝ち越す。ショートカウンターに転じた流れからメリーノのラストパスを受けたブライス・メンデスがシュートを決めきった。 ハーフタイムにかけてもボールを握って主導権を掴んだソシエダが、2-1として迎えた後半も同様の展開に持ち込む。 75分にシルバが際どいミドルシュートを浴びせれば、80分には久保がGK強襲のミドルシュートを放った。 その後、久保とシルバをお役御免としたソシエダは、終盤にかけてのエスパニョールの反撃を抑え込み、2-1で逃げ切り。白星を取り戻している。 2022.09.19 03:33 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン代表FWラウール・デ・トーマスのラージョ移籍が正式決定、5年契約締結も1月まで選手登録は不可

ラージョ・バジェカーノは13日、エスパニョールに所属するスペイン代表FWラウール・デ・トーマス(27)が完全移籍で加入することを発表した。 契約期間は2027年6月30日までの5年間となる。 レアル・マドリーの下部組織育ちのデ・トーマスは、カスティージャからコルドバやレアル・バジャドリー、そしてラージョへとレンタル移籍。2018年7月にファーストチームへ昇格すると、2018年8月から再びラージョへレンタル。2019年7月にベンフィカへ完全移籍した。 2020年1月にはエスパニョールへと完全移籍し半年でスペインへと戻ると、2021-22シーズンのラ・リーガでは34試合で17ゴール3アシストを記録。チーム内得点王として活躍した。 今夏の移籍市場でラージョへの移籍を望んでいたものの、間に合わず。市場が開いていたトルコや中東からも興味は持たれていたが、ラージョ行きを望み、その願いが叶ったこととなった。 スペイン『アス』によれば、移籍金は固定で800万ユーロ(約11億5500万円)、最大1100万ユーロ(約16億円)になる予定とのことだ。 なお、今夏の移籍市場は閉鎖しており、デ・トーマスは1月の市場が開くまでは選手登録ができず。スペイン代表としても4試合プレーしていたが、これでカタール・ワールドカップ行きは無くなったと考えて良さそうだ。 2022.09.13 18:12 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャが待望の今季初勝利! 初先発の生え抜きDFカルモナが殊勲のドブレーテ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、エスパニョールvsセビージャが10日にRCDEスタジアムで行われ、アウェイのセビージャが2-3で勝利した。 開幕から公式戦5試合未勝利と低迷が続くセビージャ。前節のバルセロナ戦に続き、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではマンチェスター・シティにホームで0-4の大敗を喫し、ロペテギ監督の去就が騒がしくなっている。 結果次第で即時解任とも報じられ、背水の陣で臨んだ試合でセビージャは底力を見せる。まずは開始40秒過ぎ、中盤でのボール奪取からカルモナの縦パスに抜け出したラメラがボックス右に侵入。左足アウトで押し出すシュートでGKの股間を抜く技ありのフィニッシュで電光石火の先制点を奪った。 以降はホームチームの攻勢を受ける展開となるが、エン=ネシリのスピードを生かしたカウンターでチャンスを作るなど、集中した試合運びを継続。すると、26分にはこれがプリメーラ初スタメンとなった生え抜きDFが大仕事を果たす。左CKの場面でエン=ネシリの強烈なヘディングシュートはGKの好守に遭うが、こぼれ球をカルモナが押し込んだ。 貴重なプリメーラ初ゴールを挙げたカルモナは、これで完全にノッたか更なるゴールをもたらす。45分、味方とのワンツーでゴール前に侵入すると、相手DFがクリアをもたついたところを勢いを持って奪い切り、ゴール至近距離からのシュートを流し込み、ドブレーテを達成した。 その後、アクーニャのハンドで与えたPKをホセルに決められて1点を返されたが、良い形で試合を折り返した。 しかし、今季ここまで勝ちのないアウェイチームは、後半の巻き返しに向けて勢いを持って入ったエスパニョールに押し込まれる時間帯が続く。そして、62分には右サイドのオスカル・ヒルが上げたクロスをブラースヴァイトに頭で合わせられると、GKボノが何とか前にはじき出すが、こぼれ球を押し込まれた。 これで1点差に迫られたロペテギ監督は、キケ・サラス、カルモナの若手2人に代えてレキク、ヘスス・ナバスを、さらにオリベル・トーレスを下げてタンギ・ニアンズをピッチに送り込み、[5-4-1]の守備的な布陣に変更した。 これで相手の勢いを止めることに成功したセビージャだが、84分にはラメラが不必要なアフターチャージで2枚目のカードをもらってしまい、痛恨の退場に。このアクシデントでアディショナルタイムを含め残り10分あまりを数的不利で戦うことに。 この退場直後には鋭いカウンターからボックス内に持ち込んだエン=ネシリにビッグチャンスも、ここは相手GKの好守に遭う。その後は攻撃的なカードを切ったホームチームの攻勢に晒され、自陣深くで耐える状況が続いたが、今季初勝利に向けて気迫を見せたアウェイチームが何とかリードを守り切った。 この結果、泥臭く敵地で勝ち切ったセビージャが待望の今季初白星を手にした。 2022.09.11 01:24 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly