パニックバイを否定したテン・ハグ監督、補強プランは「適切な選手だけ」

2022.08.05 23:45 Fri
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、シーズン開幕戦に向けた記者会見に出席。補強について言及した。
5日、2022-23シーズンのプレミアリーグが開幕。クリスタル・パレスvsアーセナルの一戦で幕を開ける。
ユナイテッドは7日にブライトン&ホーヴ・アルビオンとの開幕ゲームを控えている状況。そのユナイテッドだが、今夏は思うような補強が進んでいない状況。退団する選手が多く、特に中盤の補強が足りていない。

特にバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは当初から狙っているとされる中、未だ進展はない状況だ。

記者会見で補強について問われると、チームとしては補強を進めたい意向があるものの、間違った選手を連れてくる気はないと、焦ってはいないとした。
「現在のチームは順調に進んでいる。今までの補強に満足している。我々は、ただ選手を必要としているわけではない。適切な選手が必要であり、それが我々が協力しているポイントだ」

「もし適切な選手でないのであれば、必要はない。それならば、今のメンバーで満足だ。適切な選手だけが必要だ」

「適切な選手はたくさんいる。ただ、他のクラブと契約している選手についてはコメントしない」

「今のメンバーで仕事をし、そして今のメンバーの中で選手を育てる。今この瞬間も、そこのポジションには選手がいて、彼らはハードワークしてくれている」

パニックバイをする気はないと語ったテン・ハグ監督。補強したい選手には言及しなかったが、お目当ての選手を獲得することはできるだろうか。


関連ニュース

「誰が悪いか理解しているみたいだ」「同情はない」痛恨のミスでチームは2点差追い浸かる失態…ユナイテッドGKの試合終了直後の反応が話題

マンチェスター・ユナイテッドのカメルーン代表GKアンドレ・オナナの反応が話題だ。 29日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループA 第5節でユナイテッドはアウェイでガラタサライと対戦した。 ここまでCLでわずか1勝のユナイテッド。負ければ敗退が決まるなか、チームは良いパフォーマンスを見せる。11分にアレハンドロ・ガルナチョが先制すると、18分にはブルーノ・フェルナンデスのゴールで突き放すことに成功。早々に2点のリードを奪う。 しかし、29分にボックス手前のFKからハキム・ツィエクに直接決められ失点。それでも55分にスコット・マクトミネイのゴールで再び2点差とする。 大きな勝利を挙げると思われたが、まさかの展開、62分には長い距離のFKをツィエクが直接狙うとGKアンドレ・オナナがファンブルし得点に。さらに71分にはケレム・アクトゥルコールに豪快に決められ3-3のドロー。勝利を逃して最下位を脱せなかったが、2位でのグループステージ突破の可能性を残した。 大きな期待を懸けられ、インテルから今夏加入したオナナ。しかし、不安定なパフォーマンスが度々話題になる。 この試合でもミスから最終的にはチームが勝利を逃す結果に。3-3で試合終了のホイッスルが鳴った直後、オナナはグローブを投げ捨て、自身の不甲斐なさに怒りを覚えているのか、嘆くそぶりを見せた。 ファンも「彼は誰が悪いのか理解しているよう」、「GKには起こりうるけど彼のせいだ」、「足元が上手いGKが良いとは限らない」、「同情はない。ゴミだった」とコメント。また、オナナの獲得により退団となった元スペイン代表GKダビド・デ・ヘアを引き合いに出し、「デ・ヘアを置いた方が良かった」、「彼は代わりになっていない」、「給料はいくらだった?」と辛辣なコメントも寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】痛恨ミスで勝利を逃すこととなったGKオナナの反応が話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C0Pt2t2IZeh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C0Pt2t2IZeh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C0Pt2t2IZeh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">TNT Sports(@tntsports)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】GKオナナが遠目からのFKを手で弾いて入れてしまう…</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="l7Z1L0sqV7I";var video_start = 42;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.11.30 19:55 Thu

「地獄へようこそ」ガラタサライの名物・大迫力コレオが反響!まさかの結末に「その通りになった」の声

ガラタサライのサポーターたちが作り上げたコレオが話題だ。 29日にチャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節が開催。ガラタサライはマンチェスター・ユナイテッドをアリ・サミ・イェン・スタジアムに迎えた。 グループ3位と4位の対戦とはいえ、まだ決勝トーナメント突破の可能性が残されている両者の一戦では、ガラタサライのサポーターたちが圧巻のコレオで選手たちを後押し。「This is Sami Yen. Welcome to hell(ここはサミ・イェン。地獄へようこそ)」という文字が浮かび上がるように人文字を作り、ユナイテッドを“歓迎”した。 その試合では、アウェイのユナイテッドが18分までに2点を先取。勝利に近づいたと思われたが、29分にGKアンドレ・オナナとの駆け引きを制したガラタサライのハキム・ツィエクの直接FKが決まって1点差。3点目を奪ったユナイテッドが突き放すも、再びツィエクのFKからのゴールが決まり、71分には同点に。ユナイテッドにとっては2点差を追いつかれる厳しい展開で3-3のドローに終わった。 この結果、ガラタサライが暫定ながら2位に浮上。一方のユナイテッドは最下位のまま自力での突破の可能性が消滅し、現状ではバイエルンとの最終節で勝利且つコペンハーゲンとガラタサライのドローが突破の条件となっている。 ユナイテッドにとっては地獄とも言える状況。ガラタサライのコレオにはファンからも「その通りになったな」、「まじで地獄だった」、「威圧感ある」、「相変わらずすごいな」と反響が寄せられていた。 拙守で自ら地獄へと落ちた感もあるユナイテッド。泣いても笑っても最後のグループステージとなるバイエルン戦で勝利を掴み、逆転での決勝トーナメント進出を叶えられるか。 <span class="paragraph-title">【写真】「地獄へようこそ」ガラタサライサポーターのド迫力コレオ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="tr" dir="ltr">Galatasaray&#39;ın maç önü koreografisi <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> <a href="https://t.co/LgTPebJKhk">pic.twitter.com/LgTPebJKhk</a></p>&mdash; TRT Spor (@trtspor) <a href="https://twitter.com/trtspor/status/1729932833387405757?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.11.30 18:10 Thu

ユナイテッドと白熱ドローは「悪い結果ではない」 ガラタサライ指揮官はGS突破に意気込み「別の叙事詩を書きたい」

ガラタサライのオカン・バラク監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での戦いに満足感を示した。『UEFA.com』が伝えている。 29日、ガラタサライはCLグループA第5節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。序盤に2失点を許す苦しい展開となりながらも、MFハキム・ツィエクのゴールで1点差に。後半に3失点目を許したが、そこからツィエクとFWケレム・アクトゥルコールのゴールで一気に追いつくと、そのまま3-3のドローに終わった。 この結果、自力でのCLグループステージ突破の可能性を残したバラク監督はチームのパフォーマンスを称えつつ、最終節となるコペンハーゲン戦への意気込みを示している。 「この試合では58%のボール支配率を記録し、多くのチャンスを作った。もっと得点できたはずの試合だったと思う。とはいえ、ユナイテッドはプレミアリーグで最も実績があり、成功しているチームの一つだ。我々はその相手に、2試合で6ゴールを決めることができた。勝てたかもしれないが、引き分けは悪い結果ではない。ハッピーな気分で今日は去れるよ」 「我々は23年前のコペンハーゲンで、(ヨーロッパリーグを制して)叙事詩を書くことができた。そして今、別の叙事詩を書くためそこへ戻るのだ。コペンハーゲンは素晴らしいチームであり、素晴らしいファンもいる。難しい場所ではあるが、選手たちがクオリティを示せば、そこで再び大きな成功を収められると願っている」 2023.11.30 12:05 Thu

「勝ち点3を奪うべきだった」最下位に沈むユナイテッド、突破の可能性残すもテン・ハグ監督はドローを嘆く「我々が犯したミスは許されない」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、ガラタサライ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 29日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループA 第5節でユナイテッドはガラタサライとアウェイで対戦した。 ここまでCLでわずか1勝のユナイテッド。負ければ敗退が決まるなか、チームは良いパフォーマンスを見せる。 11分にアレハンドロ・ガルナチョが先制すると、18分にはブルーノ・フェルナンデスのゴールで突き放すことに成功。早々に2点のリードを奪う。 しかし、29分にボックス手前のFKからハキム・ツィエクに直接決められ失点。それでも55分にスコット・マクトミネイのゴールで再び2点差とする。 大きな勝利を挙げると思われたが、まさかの展開、62分には長い距離のFKをツィエクが直接狙うとGKアンドレ・オナナがファンブルし得点に。さらに71分にはケレム・アクトゥルコールに豪快に決められ3-3のドロー。勝利を逃して最下位を脱せなかったが、2位でのグループステージ突破の可能性を残し最終節を戦う。 試合後、テン・ハグ監督はアメリカ『TNT Sports』でコメント。チームが追いつかれたことを嘆き、そのパターンが続いていると語った。 「我々は勝っていたのに、(勝ち点を)失うこととなった。勝ち点3を奪うべきだった。それは他の試合でも同様だ。ホームのガラタサライ戦でも、アウェイのコペンハーゲン戦でも、我々はとても良いプレーをした」 「チームには大きな賛辞を送りたいが、同時に私はチームと私自身を批判しなければならない。コーチングスタッフとして、そして私自身、監督としてだ」 「我々は十分な守備をしていない。3-1でリードしていたが、我々が犯したミスは許されない。それが違いを生むからだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ユナイテッドは2点リードからのまさかのドロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="l7Z1L0sqV7I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.11.30 10:05 Thu

打ち合いとなったガラタサライvsユナイテッドは痛み分け…拙守に勝負弱さ露呈の赤い悪魔は自力突破の可能性消滅【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節、ガラタサライvsマンチェスター・ユナイテッドが29日にアリ・サミ・イェン・スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。 バイエルン相手の連敗で3位に転落したものの、地力での2位通過の可能性を十分に残すガラタサライ(勝ち点4)。ホームで最大のライバルを迎え撃った大一番ではイカルディやメルテンス、ザハ、ツィエク、エンドンベレといった攻撃的な選手をスタメンで起用した。 一方、コペンハーゲン相手の痛恨の敗戦で最下位に沈んだユナイテッド(勝ち点3)。それでも、リーグ戦では今シーズン初の3連勝と良い状態で敵地での重要な一戦に臨んだ。テン・ハグ監督は3-0で快勝した直近のエバートン戦から先発4人を変更。ダロトとメイヌーに代えてワン=ビサカとアムラバト、サスペンションのラッシュフォード代役にアントニー、マルシャルに代えて負傷明けのホイルンドを1トップに置いた。 ホームサポーターの強烈な後押しを受け、アグレッシブな入りを見せたガラタサライ。開始4分にはメルテンスがミドルシュートで相手ゴールを脅かす。 一方、立ち上がりの守勢を凌いだユナイテッドは、得意のカウンターを起点に幾つかボックス付近に迫る場面を創出。すると、11分には一瞬の隙を突いてゴールをこじ開ける。ボックス手前右でボールを持ったブルーノ・フェルナンデスがゴール前のホイルンドの足元へ差し込み、マイナスのリターンパスをボックス左で浮いたガルナチョに繋ぐ。ここでアルゼンチン代表FWがニア上へ強烈な左足シュートを突き刺し、公式戦2試合連発となるCL初ゴールを決めた。 この直後にはガラタサライが右CKからトレイラのヘディングシュート、エンドンベレらの連続シュートで同点ゴールに迫るが、ここはGKオナナの好守に遭う。 すると、ピンチを凌いだユナイテッドは18分に左サイドでのパス交換からショーのパスを受けたB・フェルナンデスがそのままボックス手前左まで運んで右足を一閃。鋭いシュートがゴール左上隅の完璧なコースを射抜いた。 主将の鮮烈な一撃によって追加点を挙げたアウェイチームは、明らかにトーンダウンしたアリ・サミ・イェンで余裕を持ってプレー。だが、ガラタサライのワンプレーをきっかけに試合の流れが大きく変わる。 29分、ボックス手前右の好位置で得たFKの場面でキッカーのツィエクがアヤックスの元同僚GKオナナと駆け引きを仕掛けると、壁に入った味方が空けたスペースに低い弾道で蹴り込んだシュートがゴール左隅に決まった。 これでスタジアムの空気が変わると、畳みかけるホームチームはサイドでの良い崩しから際どいクロスを供給。35分にはボックス左でパスを受けたザハがシュートに持ち込むが、ここは相手DFの身体を張ったブロックに遭う。さらに、前半終了間際には背後へ良いタイミングで抜け出したイカルディが冷静にゴールネットを揺らすが、ここはかなり際どいオフサイド判定で認められず。 ユナイテッドの1点リードで折り返した後半は一進一退の攻防が続いたが、アウェイチームがファーストチャンスをモノにする。55分、相手のプレスを剥がして良い形で前進すると、右サイド深くでフリーのワン=ビサカが丁寧なグラウンダークロスを供給。これをニアに走り込んだマクトミネイが冷静に左足で合わせた。 これで勝利に大きく近づいたユナイテッドは58分、ホイルンドとアムラバトを下げてマルシャル、メイヌーを同時投入。対するガラタサライはメルテンスとエンドンベレを下げてケレム、セルジオ・オリベイラをピッチに送り込んだ。すると、一連の交代が試合を大きく動かすことに。 まずは62分、ボックス右角付近で得たFKの場面でキッカーのツィエクが左足インスウィングのボールを入れると、ゴール前でヘディングでのクリアを試みたマルシャルが気になったか、GKオナナがボールをはじき出せずにゴールネットに吸い込まれた。 前半に続くオナナの拙守でホームチームに流れが傾くと、71分には右サイドから内側に少し運んだツィエクからの鋭い縦パスに反応したケレムが見事なファーストタッチでスピードに乗ってボックス右に持ち込むと、鋭い右足のシュートをニア上に突き刺した。 2点差を追いつかれて厳しくなったユナイテッドは、再び攻撃のギアを上げていく。そして、カウンターの形からガルナチョ、マクトミネイと続けてペナルティアーク付近から鋭いシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れず。78分にはワン=ビサカ、ガルナチョを下げてダロト、ペリストリをピッチに送り出した。 後半終盤は互いに疲労によって中盤が間延びして非常にオープンな攻防に。その流れでよりパワーを出したユナイテッドは途中出場の選手を起点に攻勢を強めていく。だが、B・フェルナンデスのミドルシュートは左ポストに嫌われ、ボックス内でのマルシャルやペリストリの決定機も相手の身体を張った守備を前に劇的ゴールとはならず。 この結果、打ち合いとなった白熱の一戦は3-3のドローに終わり、ガラタサライが暫定ながら2位に浮上してコペンハーゲンとの最終節に臨むことに。一方、またしても勝負弱さを露呈したユナイテッドは自力での突破の可能性が消滅し、現状ではバイエルンとの最終節で勝利且つコペンハーゲンとガラタサライのドローが突破の条件となった。 2023.11.30 04:46 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly