3代目のJリーガーに? 愛媛のDF高木利弥に第1子誕生、父は高木琢也氏

2022.08.04 14:32 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】1代目と2代目がお揃いの親子Tシャツで2ショット



この投稿をInstagramで見る

高木利弥/Toshiya Takagi(@toshiya03)がシェアした投稿




1 2

関連ニュース
thumb

鳥栖が板橋洋青と契約満了…修行先の愛媛も退団発表

サガン鳥栖は26日、GK板橋洋青(21)との契約満了を発表した。 板橋は鳥栖のアカデミー育ちで、2種登録も経験して、2020年に正式昇格。今季から愛媛FCに育成型期限付き移籍をしたが、出番なしに終わった。 愛媛からも契約満了が発表され、板橋は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆サガン鳥栖 「この度、サガン鳥栖を離れることになりました。U-15・U-18から約8年間、サガン鳥栖のエンブレムをつけてプレーさせていただきました。アカデミー出身の選手としてチームのチカラになれなかったことがとても悔しいです」 「今シーズンでチームを離れますが、このサガン鳥栖は自分を成長させてくれた地元の大好きなクラブなので、どこにいてもずっと応援しています。 サポーターの皆さんありがとうございました!」 ◆愛媛FC 「まずはチャンスをくれた愛媛FCに、そして後押ししてくれたサポーターの皆さま、応援していただきありがとうございました! ここ愛媛FCでプレーできた事、チームメイトを心から誇りに思います! 1年間ありがとうございました!」 2022.11.26 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

愛媛、DF高木利弥の契約満了を発表「一緒に戦うことができて光栄でした」

愛媛FCは21日、DF高木利弥(29)の契約満了を発表した。 高木は神奈川大学から2014年に加入したモンテディオ山形でプロデビュー。4シーズンを過ごした後にジェフユナイテッド千葉、柏レイソル、松本山雅FCを経て、2021年7月に愛媛へ期限付き移籍で加入した。 今季から完全移籍に切り替わった高木は、明治安田生命J3リーグで26試合に出場。チームは7位フィニッシュで目標としていたJ2復帰を逃したが、シーズンを通して主軸としてプレーした。 1年半を過ごした愛媛から去ることが決まった高木は、クラブを通じてサポーターへの感謝を述べている。 「最終戦の次の日になりますが、今シーズンで愛媛FCを離れることになりました。昨年の夏から1年半という短い期間でしたが、濃い時間を過ごすことができましたし、ファン・サポーターの皆さんと一緒に戦うことができて光栄でした。スタジアムで自分のユニホームや親子Tシャツを掲げていただいた方々がいて、本当に感謝しています。また逢える日を楽しみにしています。ありがとうございました」 2022.11.21 17:43 Mon
twitterfacebook
thumb

群馬、今季愛媛へ期限付き移籍のFW進昂平の契約満了を発表「申し訳ない気持ちでいっぱいです」

ザスパクサツ群馬は16日、今季愛媛FCに期限付き移籍をしていたFW進昂平(27)の契約満了を発表した。 浦和レッズの下部組織出身である進は、東京国際大学を経て加入したY.S.C.C.横浜でプロデビュー。その後、2020年に群馬へ加入した。初年度は主軸としてプレーしたが、昨季は明治安田生命J2リーグで19試合の出場にとどまるなど出場機会が減少。今年1月に愛媛への期限付き移籍が発表された。 今シーズンは、明治安田生命J3リーグで14試合に出場して2ゴールを記録。シーズン中盤にポジションを掴んだが、目標としていたJ2復帰を逃したチームで終盤は出場機会が激減していた。 愛媛からも期限付き移籍期間満了が発表された進は、両クラブを通じてこれまでの感謝を述べている。 ◆ザスパクサツ群馬 「今シーズンで契約満了になり退団することになりました。今シーズンは愛媛FCに期限付き移籍しましたが、群馬のファンの方が現地まで足を運んでくれたりSNSでたくさんメッセージを頂いたりと本当に感謝しています」 「良い報告ができるように毎日全力で取り組みましたが、期待を裏切る形になり悔しさと申し訳ない気持ちでいっぱいです。群馬での2年間は僕を沢山成長させてくれたと思います。また新天地が決まり次第報告します。ありがとうございました」 ◆愛媛FC 「愛媛FCに関わる皆様1年間ありがとうございました。チームが掲げたJ3優勝J2昇格という目標を達成できず申し訳なく思います。僕自身も今年は怪我ばかりでチームに貢献できず悔しい気持ちでいっぱいです。そんな中でも僕のユニフォームを着てグッズやゲーフラを持ってスタジアムに足を運んでくれたファンの方には本当に感謝しています。ありがとうございました!」 2022.11.16 12:48 Wed
twitterfacebook
thumb

1年でのJ2昇格を逃した愛媛、石丸清隆監督の続投を発表「期待感を再燃させ地域を盛り上げていく」

愛媛FCは12日、石丸清隆監督(49)が2023シーズンもトップチームの指揮を執ることを発表した。 石丸監督はアビスパ福岡、京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)、当時JFLの愛媛でプレー。引退後に指導者の道へと進んだ。 引退後は愛媛のトップチームのコーチとして指導者キャリアをスタート。2010年にユースの監督、2013年にトップチームの監督に就任した。 2015年に京都のヘッドコーチとなり、同年7月から2016年まで監督に。2017年からは松本山雅FCでコーチを務め、2020年から翌年4月まではモンテディオ山形を指揮した。 1年でのJ2昇格を目指した愛媛へ今季8年ぶりに帰還したものの、第33節を終えて8位にとどまり、昇格を逃していた。 石丸監督はクラブを通じ、以下のようなコメントを残している。 「2023シーズンも愛媛FCで監督として指揮を執ることとなりました」 「今シーズンはJ2リーグへの復帰を果たせず、個人としてもチームとしても大変悔しい思いを味わいました。サポーターの皆さまも落胆していることと思います」 「まずは愛媛FCに関わる皆さまの熱量、そしてサポーターの期待感を再燃させ、それらを与えられるチーム・基盤を作ることから再スタートし、いちフットボーラーとして、そしてフットボールクラブとして、この愛媛という地域を盛り上げていきます」 2022.11.12 21:18 Sat
twitterfacebook
thumb

ホーム最終戦の愛媛は沼津とドロー、鳥取は石川のハットトリックでYS横浜を撃破【明治安田J3第33節】

12日、明治安田生命J3リーグ第33節の2試合が各地で行われた。 8位・愛媛FCは15位・アスルクラロ沼津と対戦。ホーム最終戦はドローに終わった。 先手を取ったのはアウェイの沼津だった。39分、幅を使ったパスワークからボックス左の前川智敬へボールがわたり、左足のシュートがネットを揺らす。 ビハインドで折り返した愛媛は、後半に複数の絶好機を作るも決め切れず。それでも82分、最終ラインからのフィードを松田力がうまく収めてスルーパスを送ると、矢田旭が流し込んで試合を振り出しに。そのままタイムアップを迎え、1-1の引き分けに終わった。 17位・YSCC横浜との敵地戦へ臨んだ14位・ガイナーレ鳥取は、チームトップスコアラーの石川大地が爆発した。 42分、右からのクロスを石川がダイレクトで合わせ、試合を動かすと、60分にはPKを獲得した背番号「18」が自らこれを沈めてリードを広げる。清永丈瑠の追加点で突き放した直後の84分には、石川がこの日3点目を奪い、ハットトリックを達成。鳥取が4-0と、大勝を飾った。 鳥取のハットトリック達成者は、Jリーグでは美尾敦、フェルナンジーニョ、レオナルド、大久保優に次ぐ5人目となっている。 ◆第33節 ▽11月12日 Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ガイナーレ鳥取</span> 愛媛FC 1-1 アスルクラロ沼津 ▽11月13日 《13:00》 藤枝MYFC vs 福島ユナイテッドFC FC今治 vs AC長野パルセイロ 鹿児島ユナイテッドFC vs FC岐阜 《13:05》 テゲバジャーロ宮崎 vs 松本山雅FC 《14:00》 SC相模原 vs いわきFC カマタマーレ讃岐 vs ヴァンラーレ八戸 ギラヴァンツ北九州 vs カターレ富山 2022.11.12 17:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly