積極補強のモンツァ、ヴェローナからカプラーリをレンタルで獲得!

2022.07.22 06:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モンツァは21日、ヴェローナからイタリア代表FWジャンルカ・カプラーリ(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約にはスポーツ面で設定した条件を達成した場合、買い取り義務が発生する条項が盛り込まれている。

カプラーリはローマやペスカーラ、パルマなどを経て、2021年夏にサンプドリアから1年レンタルでヴェローナへと加入。2021-22シーズンはセリエA35試合12得点7アシストを記録するなど攻撃の核として活躍し、シーズン終了後には完全移籍へ移行していた。

また、今年6月にはUEFAネーションズリーグ(UNL)を戦うイタリア代表に初選出され、14日のドイツ戦で28歳にしてデビューを飾っている。

セリエA初昇格を勝ち取ったモンツァは大型補強を敢行。ステファノ・センシマッテオ・ペッシーナなど、イタリア代表経験を有する選手をすでに4名獲得しており、カプラーリは5人目の補強選手となった。

関連ニュース
thumb

「※マフィアではありません」名物会長とイブラの2ショットが強烈!肩を揉む姿に「ゴッドファーザーみたいだ」

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとモンツァのシルヴィオ・ベルルスコーニオーナーが互いのSNSを更新。2ショットを披露した。 イタリア元首相でもあるベルルスコーニ氏は、2017年に売却するまでミランの会長とオーナーを務めると、セリエA3連覇や5つのビッグイヤー獲得など大成功を収め、2011-12シーズンにはイブラヒモビッチらとともにスクデットを獲得していた。 2018年からモンツァのオーナーとして当時セリエCだったクラブをセリエAの舞台まで引き上げているが、イブラヒモビッチとの親交は今も続いているようだ。 ベルルスコーニ氏は自身のインスタグラムに自宅で撮影した1本の動画を投稿。「イブラは君のところで何をしているんだ?と聞かれてから『イブラにビジネスのやり方を教えたい』と言ったんだ」と陽気に話すと、一方のイブラヒモビッチは「ベルルスコーニにサッカーのやり方を教えたい」とジョークを返した。 インパクトある2人の2ショットはファンにも反響。「※マフィアではありません」、「最強の2人!」、「強烈」、「ゴッドファーザーみたいだ」と驚きが寄せられている。 3日に41歳の誕生日を迎えたイブラヒモビッチ。肩もみは86歳ベルルスコーニ氏からのささやかなプレゼントだったのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ベルルスコーニオーナーがイブラヒモビッチの肩を揉む</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjTlLcYMcCK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjTlLcYMcCK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjTlLcYMcCK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

セリエA未勝利が続くサンプドリアがジャンパオロ監督を解任…後任はラニエリ氏が有力か

サンプドリアは2日、マルコ・ジャンパオロ監督(55)の解任を発表した。 今年1月に解任された ロベルト・ダヴェルサ前監督の後任として、2年半ぶりにサンプドリアの指揮官に復帰したジャンパオロ監督。昨季は15位でクラブをセリエA残留に導いたが、今季は開幕から大不振に陥っており、セリエA7試合を消化した時点で2分け5敗の最下位と低迷。 さらに、直近のリーグ戦では4連敗の苦境に陥っており、0-3と完敗を喫した2日のモンツァ戦後にジャンパオロ監督の解任が決定した。 なお、新監督については明かされていないが、イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、クラウディオ・ラニエリ氏(70)が有力と報道。 同氏は2019年10月から2020-21シーズン終了までサンプドリアを指揮した経験があり、直近では今年1月までワトフォードの指揮官を務めていたが、成績不振を理由に解任され、以降はフリーの状態が続いている。 2022.10.03 06:20 Mon
twitterfacebook
thumb

元伊代表CBラノッキアが34歳で現役引退…モンツァとの契約解消の翌日にスパイク脱ぐ決断

元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア(34)が現役引退を発表した。 今夏、クラブ史上初のセリエA昇格となったモンツァに加入したラノッキアだが、デビュー2戦目となった先月21日のナポリ戦で足を滑らせて負傷。診断の結果、足首捻挫および腓骨の複雑骨折が判明し、最低3カ月の離脱を余儀なくされていた。 すると、元イタリア代表DFは、受傷から1カ月後となった21日に2年契約を結んでいたモンツァとの契約を双方合意の下で解消していた。 その契約解消から1日後に34歳は自身の公式インスタグラムを通じて、「自分の中でスイッチが切れたようだ。もうフットボールをすることはないと思う」と、唐突に現役引退を発表することになった。 ペルージャやアレッツォの下部組織で育ったラノッキアは、2008年にジェノアへステップアップ。バーリでの武者修行を経て、2010年夏にはインテルに共同保有の形となり、同年末に完全移籍へ移行した。 そのインテルではジェノア、サンプドリア、ハル・シティへのレンタルを挟んだものの、10年以上の在籍で公式戦225試合に出場。2012-13シーズン、2014-15シーズンは主力としてプレーし、一時カピターノを担ったものの、主に控えセンターバックの役割を担った。 また、2010年11月にデビューを飾ったイタリア代表では、ワールドカップやユーロといったメジャー大会の出場は叶わずも、通算21試合に出場していた。 195cmの恵まれた体躯に端正な顔立ち、センターバックとしての総合力の高さから、かつてはアレッサンドロ・ネスタの後継者とも称された大型センターバックだったが、34歳という若さでカルチョの世界を去ることになった。 2022.09.23 06:46 Fri
twitterfacebook
thumb

モンツァ、腓骨骨折のアンドレア・ラノッキアと契約解除

モンツァは21日、元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア(34)との契約解除を発表した。 クラブ初のセリエA昇格で今夏に大量補強を実施したモンツァにおいて、注目選手の1人だったラノッキア。昨季のインテルでは公式戦10試合の出場に留まったものの、イタリア代表でも活躍したセリエAを代表するDFの初昇格クラブへの移籍には少なからず驚きの声が挙がった。 ところが、デビュー2戦目となった先月21日のナポリ戦で足を滑らせて負傷。診断の結果、足首捻挫および腓骨の複雑骨折が判明し、最低3カ月の離脱を余儀なくされている。 そうした中、モンツァは2年契約の早期解除を決断。双方合意の下、加入からちょうど3カ月で終わりを迎えることになった。 「ACモンツァは本日、アンドレア・ラノッキアと双方合意の下、契約を解除したこと発表します。我々はアンドレアと過ごしたこの数カ月に感謝し、彼の将来の成功を願っています」 2022.09.21 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス相手にセリエA初勝利達成のモンツァ、デビュー戦の指揮官明かす「ベルルスコーニはすぐ電話を、ガッリアーニは涙を流していた」

モンツァのラッファエレ・パッラディーノ監督が、ユベントス戦の勝利を喜んだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 開幕から勝利のない昇格組のモンツァは、18日に行われたセリエA第7節でユベントスと対戦。今季不調に陥る強豪を相手に前半から押し込む展開が続く。 40分には相手FWアンヘル・ディ・マリアがヒジ打ちによって退場処分を受け、数的有利となると流れはさらにホームチームへ。74分にはFWパトリック・チュリッアの右サイドからのクロスに、ゴール前のFWクリスティアン・ギトケアーが右足で合わせて、先制点を決めた。 終盤には相手にゴールを脅かされたが守備陣が集中した対応を見せ、1-0のまま試合終了。創設110年の歴史を持つクラブが、本拠地U-POWERスタジアムで記念すべきセリエA初勝利を手にした。 チームを歴史的勝利に導いたのは13日にジョヴァンニ・ストロッパ前監督の解任を受けて就任したパッラディーノ監督。試合後の会見では、準備期間がほとんどなかったのにもかかわらず、決意を持ってこの一戦に臨んだ選手たちのメンタリティを称賛した。 「夢が実現した。勝って自分のデビュー戦を飾れるとは思っていなかったが、選手たちが魂を込めて試合に臨んでくれると信じていたし、週の間にもそれは感じていていた」 「彼らの顔からは決意が感じられ、私の話に耳を傾けてくれたから、私は何もしなかった。5日間ではほとんど何もできなかったのだ。彼らは勝ちたいと思っていたし、多くの意志があり、毎週トレーニングに素晴らしい姿勢で取り組んでいた。自分たちは強いんだ、勇気が必要なんだと理解させ、彼らの勝ちたいと思う心を刺激した」 また、シルヴィオ・ベルルスコーニ会長と最高経営責任者(CEO)を務めるアドリアーノ・ガッリアーニ氏からも連絡があったと明かした指揮官。元ミランコンビの重役たちもこの勝利を喜んでいるようだ。 「ベルルスコーニはすぐに私に電話をかけてきて、信じられないと言った。とても興奮していながらも、私とチームの両方を祝福してくれた」 「ガッリアーニは涙を流し、とても感動していた。彼は我々をとても気にかけてくれて、昨日も一緒に食事をしたし、まもなく合流する予定だ」 「私の就任には懐疑的な意見が多く、大きな動きを見せた移籍市場を経てプリマヴェーラ出身の私にトップチームを任せることに、戸惑いがあったことは理解している。私はこのような大きな責任を与えてくれた2人に感謝しなければならないし、とても幸せだ。今日、彼らは私の夢を叶えてくれた。感謝しかない」 2022.09.19 14:11 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly