「冷静に考えたら、奇跡のポジショニング」クールな家長もメッシとムバッペに挟まれ思わず笑顔

2022.07.21 12:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
川崎フロンターレのMF家長昭博がパリ・サンジェルマン(PSG)戦の思い出を振り返った。『エアトリ presents PSG JAPAN TOUR 2022』で来日中のPSGと、20日対戦した川崎F。史上最多の6万4922人が集まった国立競技場での一戦に臨んだ。

家長は[4-3-3]の右ウイングで先発出場。対峙したヌーノ・メンデスを相手にも負けることなくプレーを見せた。
試合前の整列時には両チームの選手たちが混ざっての写真撮影となったが、その際家長はPSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとフランス代表FWキリアン・ムバッペに挟まれる格好に。普段はクールな素振りが目立つ家長もこの時ばかりは笑顔が隠せなかったように見えた。

そして、家長は試合後にインスタグラムのストーリーズを更新。整列時の写真を添え、「冷静に考えたら、奇跡のポジショニング」とコメント。試合中は浮つくことなく冷静なプレーを見せた家長だったが、改めて贅沢なポジショニングだったことを認識したようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

セルティックも狙う? スコットランドで注目される5人のJリーグの宝石

現在6人の日本人選手が所属するセルティック。アンジェ・ポステコグルー監督は、すでに夏の移籍市場に目を向けているようだ。『フットボール・スコットランド』が伝えた。 セルティックは2021年夏にポステコグルー監督が就任。同時にヴィッセル神戸からFW古橋亨梧を獲得。その古橋がチームを牽引すると、2022年冬にはFW前田大然、MF旗手怜央、MF井手口陽介を獲得し、チームは見事にリーグ優勝を果たした。 今シーズンに向けては日本人選手は獲得せず。それでも古橋はゴールを重ねて現在リーグ得点ランキングトップ。2023年1月には神戸からDF小林友希、横浜F・マリノスからMF岩田智輝を獲得し6人に増加。チームは首位を走っている。 今冬には小林と岩田に加え、カナダ代表DFアリスター・ジョンストン、韓国代表FWオ・ヒョンギュを獲得していた。 一方で、ギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスが退団するとされており、来夏にはイスラエル代表FWリエル・アバダや前田にはプレミアリーグのサウサンプトンが興味。その他にも興味を持たれている選手がいる。また井手口も今冬のJリーグ復帰が噂されている。 ポステコグルー監督は既にチームに必要な人材をピックアップ。また、ハート・オブ・ミドロシアンには神戸からFW小田裕太郎、マザーウェルにはMF檀崎竜孔が今冬に加入しており、スコットランドのクラブにとってJリーグが1つのマーケットとなっている。 『フットボール・スコットランド』は、Jリーグに詳しいサム・ロブソン記者がピックアップした5選手を紹介。今後数年間で注目すべき若手について触れている。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF松木玖生(19/FC東京)</span> 3枚の中盤の左でプレーするボックス・トゥ・ボックスの選手。2022年は彼にとって最初のプロのシーズンであり、ほぼ主力としてプレーした。 素晴らしいクオリティ、優れたスピードと強さ、そして若さからくる自信。1、2年は成長が必要かもしれないが、注目に値する。 <span class="paragraph-title">◆MF満田誠(23/サンフレッチェ広島)</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_mitsuta.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 昨年の最大のサプライズ。大学を卒業後1年目でリーグを席巻。ミヒャエル・スキッベ監督からの信頼を得て、左ウイングバックとして1試合プレーも、その後はシャドーとして活躍した。 公式戦12ゴール14アシストを記録し、広島を3位に導き、国内の2つのカップ戦ではどちらも決勝に導いた。取材した中で最初のシーズンで大きな影響を与えたのは三笘薫以来となる。 <span class="paragraph-title">◆MF橘田健人(24/川崎フロンターレ)</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_tachibanada.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 2021年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で印象的な活躍を見せた後、川崎フロンターレの中盤で中心選手となり、旗手や三笘など多くの選手を失ったにもかかわらず、安定したパフォーマンスを維持することに貢献した 中盤のそこでプレーし、攻撃を素早くスタートさせることが得意。サイドバックとしての役割も含め、高度な役割を担える。 <span class="paragraph-title">◆GK谷晃生(22/ガンバ大阪)</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_tani.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 湘南ベルマーレの第1GKとして3シーズンのローンを組んだ後、ガンバ大阪に復帰する。彼のパフォーマンスは、日本代表の招集を受け、2021年の東京オリンピックで正守護神となるまで成長した。 足元の技術はとても成熟しており、優れたショットストッパーでもある。まだ22歳だ。日本のGKがヨーロッパで活躍できることは滅多になく、セルティックが門戸を開くことを願っている。 <span class="paragraph-title">◆DF山原怜音(23/清水エスパルス)</span> <span data-other-div="page5"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_yamahara.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 昨シーズンは最終的に降格した清水エスパルスのサイドでの彼のエネルギーと一貫性に感銘を受けた攻撃的なサイドバック。ポゼッションを得るためにオーバーラップ、または中央に入ることは得意で、2ゴール9アシストを記録した。 ボールを扱うのがとても上手く、優れたセットプレーを提供。チームを2部から救うことが重要となる。 2023.02.07 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「良い顔してる」「このカラーいいな。好み」Aリーグ移籍の齋藤学が新天地でのユニフォーム手に、背番号は「4」

Aリーグのニューカッスル・ジェッツへ加入した元日本代表FW齋藤学(32)の背番号が決定した。 横浜F・マリノスの育成組織で育った齋藤は、2009年にトップチームに昇格。2011年に愛媛FCへの期限付き移籍で研鑽を積んだ。翌年には横浜FMに復帰し、2014年にはブラジル・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーにも選出された。 右ヒザ前十字じん帯損傷の不運に見舞われる中で2018年には川崎フロンターレへと電撃移籍。名古屋グランパスを経て2022年6月からはKリーグ1の水原三星ブルーウィングスでプレーしていた。 初のオーストラリア挑戦となる齋藤の背番号は「4」に決定。本拠地でネームの入ったユニフォーム手にする齋藤の姿を、1月31日にクラブ公式ツイッターが公開している。 この1枚には「電光掲示板までちゃんと学なのすごい」といった演出に目を留めるコメントや「ユニフォームのフォント可愛いッスね」とデザインに注目する声も。齋藤へのエールを含め、「良い顔してる」、「本田圭佑み」、「このカラーいいな。好み」など、様々な声が届いた。 ニューカッスル・ジェッツで指揮を執るのは、横浜FMのアシスタントコーチや鹿児島ユナイテッドFCの監督を務めたアーサー・パパス監督。4日にはパース・グローリーとのアウェイ戦を控えるが、日本を代表するドリブラーの新天地デビューにも期待が膨らむ。 <span class="paragraph-title">【写真】ニューカッスル・ジェッツの本拠地でユニフォームを手にする齋藤学</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Our new number<a href="https://twitter.com/hashtag/BondedByGold?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BondedByGold</a> <a href="https://t.co/mo6pPDvhy2">pic.twitter.com/mo6pPDvhy2</a></p>&mdash; NEWCASTLE JETS FC (@NewcastleJetsFC) <a href="https://twitter.com/NewcastleJetsFC/status/1620276697877876736?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「プレミアでも止められないんだから…」「Jリーグの最高傑作」三笘薫、川崎フロンターレでの無双プレー集をJリーグが公開!「レベチ」

Jリーグの公式SNSが、鮮烈な活躍を見せるブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫の川崎フロンターレ時代のプレーを公開している。 1月29日に行われたFAカップ4回戦で、リバプール相手に衝撃のゴールを決めて世界を震撼させた三笘。今季からブライトンでプレーしているが、2022年10月29日に行われたプレミアリーグ第14節のチェルシー戦で初アシストを記録すると、そこから11試合に出場し、8試合でゴールに絡む活躍。6ゴール2アシストと凄まじい結果を残している。 Jリーグは、そんな三笘のプレーを1分に凝縮した川崎F時代のプレー集を公開。無双ともいえるようなドリブル突破の数々には、ファンからも「プレミアで止めれないんだからJで止めれるわけない」、「これを1分にまとめるのはあまりにも贅沢すぎる」、「三笘選手、レベチ」、「Jリーグの最高傑作」と称賛の言葉が溢れている。 川崎Fの下部組織で育った三笘は、筑波大学へ進学した後に川崎Fの特別指定選手に承認されると、2020年に入団。1年目からJ1新人記録に並ぶ13得点を記録し、プロ1年目でベストイレブンを受賞。2020年夏にブライトンへと完全移籍し、ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへのレンタルを経て、ブライトンでプレーしている。 <span class="paragraph-title">【動画】川崎フロンターレ時代の三笘薫のキレキレなドリブル突破!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0l_i6WKxwFI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫、リバプール戦のスーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4VkPs7GBVU8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎Fに打撃…家長昭博が最大4週間の負傷離脱、開幕微妙に

川崎フロンターレは30日、MF家長昭博の戦線離脱を報告した。 大宮アルディージャから加入して今季で7年目の家長。昨季も明治安田生命J1リーグでキャリアハイの12ゴールと奮闘した36歳だが、トレーニング中に左足関節外側じん帯損傷のケガを負ってしまったという。 全治は受傷日の25日から数えて、3~4週間程度を要する見込み。川崎FではFWレアンドロ・ダミアン、FW小林悠が出遅れるが、家長も2月17日に行われる横浜F・マリノスとのJ1開幕節が微妙な情勢となった。 2023.01.30 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

日本最高位は浦和もアジアで5位、韓国勢が上位占める…クラブランキングのアジアトップ30にはJリーグ4クラブ

IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)は25日、2022年のアジアサッカー連盟(AFC)所属クラブのランキングを発表した。 様々な統計を行うIFFHS。2022年1月1日から12月31日までの試合結果を基に作成され、勝利数や勝ち点数などからポイントを算出。ランキングを作成している。 Jリーグクラブで最上位は浦和レッズ。98ポイントを獲得し、アジアで5位となった。なお、世界では150位となっている。 アジア1位は天野純が所属する全北現代モータース(韓国)で165ポイント。世界全体でも42位に位置している。また、2位は江坂任が所属する蔚山現代(韓国)で121ポイント。こちらも世界で99位と100位内に入り、韓国の2クラブが上位に並んだ。 3位はアル・ヒラル(サウジアラビア)で112ポイント。4位は大邱FC(韓国)で104.75ポイントとなっている。 なお、6位には川崎フロンターレで93.5ポイント(世界161位)、昨年のJ1王者の横浜F・マリノスは88.5ポイントで8位(世界179位)となっている。 ちなみに、トップ30では日本は4クラブで2位、韓国が8クラブで1位となっている。日本の残り1クラブはヴィッセル神戸で69.5ポイントの16位(世界267位)だった。 <span class="paragraph-subtitle">◆IFFHSクラブランキング(アジア)</span> 順位/世界順位/クラブ名/ポイント 1(42):全北現代モータース(韓国)/165pt 2(99):蔚山現代(韓国)/121pt 3(115):アル・ヒラル(サウジアラビア)/112pt 4(133):大邱FC(韓国)/104.75pt 5(150):浦和レッズ/98pt 6(161):川崎フロンターレ/93.5pt 7(167):アル・シャーブ(サウジアラビア)/91.5pt 8(172):BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)/90.5pt 9(179):横浜F・マリノス/88.5pt 10(183):ナサフ・カルシ(ウズベキスタン)/87pt 11(188):アル・ドゥハイル(カタール)/86pt 12(213):フーラード(イラン)/77.5pt 13(242):シャールジャ(アラブ首長国連邦)/72.75pt 14(249):PFCソグディアナ・ジザフ(ウズベキスタン)/71.5pt 15(250):ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)/71pt 16(267):ヴィッセル神戸/69.5pt 17(271):FCソウル(韓国)/68.5pt 17(271):アル・アハリ・ドバイ(アラブ首長国連邦)/68.5pt 19(296):浦項スティーラース(韓国)/66pt 20(308):セパハン(イラン)/65.5pt 21(310):山東泰山(中国)/64.5pt 22(320):メルボルン・シth(オーストラリア)/63.75pt 23(321):アル・シーブ(オマーン)/63.5pt 24(339):仁川ユナイテッド(韓国)/61.5pt 25(370):アル・タアーウン(サウジアラビア)/58.75pt 26(372):アル・ジャジーラ(アラブ首長国連邦)/58.5pt 27(390):済州ユナイテッド(韓国)/57pt 27(390):パフタコール(ウズベキスタン)/57pt 29(407):アル・サッド(カタール)/55.5pt 29(407):江原FC(韓国)/55.5pt 2023.01.27 17:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly