PSMで川島永嗣vs森岡亮太、試合後には笑顔のツーショット公開

2022.07.18 21:21 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州でのトレーニングマッチで日本人対決が行われた。

16日、今季2試合目のプレシーズンマッチ(PSM)として、ベルギーのシャルルロワと対戦したストラスブール。日本代表GK川島永嗣は後半頭から出場し、1失点を喫したものの、チームは2-1と逆転勝ちを収めた。

この試合にはシャルルロワのMF森岡亮太も出場。試合後の18日には川島がインスタグラムを更新し、森岡とのツーショットを公開した。

森岡の代表デビュー戦となった2014年9月5日のキリンチャレンジカップ・ウルグアイ代表戦でゴールを守っていたのが川島という、縁のある2人。ファンからも長きにわたって海外で活躍する2人へ、声援が送られている。

1 2

関連ニュース
thumb

伊東純也は1G1Aも痛恨の退場…南野とオナイウは途中出場で勝利に貢献【リーグ・アン日本人選手】

リーグ・アン第9節が週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。 今節唯一の先発出場となった伊東はアウェイでトロワと対戦。前半立ち上がりの13分に右サイドからの鋭いクロスでバログンの先制点をアシストする最高の入りを見せた日本代表FWは、後半立ち上がりに追いつかれた直後の54分にセットプレーの二次攻撃からフィリプが上げたクロスをゴール前でボレーで合わせ、今季3点目を奪取。 だが、この直後の56分に中盤でルーズボールに反応した伊東はスライディングを試みた際にジャクソン・ポロソの左ヒザに足裏を見せたタックルを見舞い、弁解の余地がないレッドカードでの退場に。勝ち越しゴールの天国から一転して退場という地獄を味わうことになった中、チームも試合終盤に同点に追いつかれて4試合ぶりの勝利を逃すことになった。 前節のスタッド・ランス戦で加入後初ゴールを含む1ゴール1アシストの活躍を見せた南野だったが、今節のナント戦ではベンチスタートとなった。チームがエースのベン・イェデルのハットトリックの活躍で4-0の大量リードを得た65分に投入された南野は、[4-4-2]の左サイドハーフでプレー。プレースキッカーに加え、攻撃時は内側に絞って2トップとの連携でチャンスに絡もうとするが、決定的な仕事には至らず。それでも、チームは4-1の快勝を収めた。 オナイウはモンペリエ戦で8試合連続の途中出場。チームが4-2の状況で79分から途中出場となったが、数的不利を背負っていた影響もあって主にサイドで守備のタスクを担うことに。攻撃面ではフィニッシュに絡むシーンはほぼなかったが、チームプレーヤーとしてきっちり逃げ切りに貢献した。なお、川島はケガの影響で引き続きベンチメンバーを外れた。 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽10/1 ストラスブール 1-3 スタッド・レンヌ ◆負傷の影響でベンチ外 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽10/2 トゥールーズ 4-2 モンペリエ ◆79分から途中出場 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽10/2 トロワ 2-2 スタッド・ランス ◆先発出場も56分に一発退場 ★南野拓実[モナコ] ▽10/2 モナコ 4-1 ナント ◆65分から途中出場 2022.10.03 06:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「さすがの風格」「監督とGKコーチの図」川島永嗣が帯同中の長谷部誠との2ショットにファンも感激「なんの違和感もなくいる」

ドイツ遠征中の日本代表。その中で1つの話題となっているのが、電撃訪問した元日本代表キャプテンのMF長谷部誠だ。 今シーズンもフランクフルトで現役を続け、チームの重要な役割を務めている長谷部。一方で、指導者としての引退後のキャリアに向けても準備を進めている。 そんな中、長谷部はドイツでトレーニングキャンプを行っている日本代表の活動に参加。指導者として3日間チームに帯同することとなった。 2018年のロシア・ワールドカップが終わってから、初めての日本代表に関わった長谷部。4年ぶりとなるはずだが、全くもって違和感がない。 その姿には、これまで長らく共に日本を支えてきたGK川島永嗣(ストラスブール)も思わずインスタに投稿。「なんの違和感もなくいる」といじった。 日本代表のウェアを纏った2ショットを久々に見たファンは「違和感ない」、「さすがの風格」、「久々の光景」、「最高のツーショット」、「二人が並んでると嬉しい」と、久々の光景に喜びの声が集まった。 また、「むしろ長谷部コーチくらいの貫禄」、「もはや監督」、「監督とGKコーチの図」とコメント。互いにまだ現役としてプレーしているが、数年後にはこの姿を拝める日が来るだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】将来の日本代表で見たい光景!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci5-1-4sRgk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci5-1-4sRgk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci5-1-4sRgk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">川島永嗣 Eiji Kawashima(@eijikawashima01)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.25 20:45 Sun
twitterfacebook
thumb

南野が伊東との直接対決で1G1Aの躍動! オナイウは途中出場も見せ場なし【リーグ・アン日本人選手】

リーグ・アン第8節が週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。 今節ではスタッド・ランスvsモナコで短い時間ながらも伊東と南野の日本人対決が実現した。開幕から苦戦が続くホームのランスでは伊東が引き続きスタメン起用となったが、チームは前半半ばにロッコが一発退場となり、いきなり数的不利を背負った。その中で個での局面打開が期待された伊東は右サイドで幾度となく突破するシーンを見せるが、決定機を演出するまでには至らず。 その後、試合はアウェイのモナコが後半立ち上がりにゴロビンのゴールで先制に成功。畳みかけるアウェイチームは、65分にジェウソン・マルティンスと共に南野を投入。加入以降、低調なパフォーマンスを批判され続けてきた日本代表FWだが、この試合ではその批判を払しょくする活躍を披露。1点リードの試合終盤の87分にエンボロからの完璧なスルーパスに抜け出すと、冷静にGKとの一対一を制して待望のリーグ・アン初ゴールを記録。さらに、直後にはベン・イェデルの3点目もアシストし、チームの3-0の勝利に大きく貢献した。一方、伊東はフル出場も悔しい連敗となった。 また、オナイウはリールとのアウェイゲームで1-2のビハインドで迎えた後半の76分から出場。攻撃の活性化を期待されて右サイドに入ったものの、攻撃力を売りとする対面のDFイスマイリに押し込まれる場面が多く攻撃面ではほぼ見せ場を作れず。試合終盤にセットプレーの局面ではフリーでクロスに飛び込む場面もあったが、味方との呼吸が合わずにフィニッシュまで持ち込めなかった。そのため、決定機を逸した前節に続き消化不良の形で試合を終えている。 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽9/17 モンペリエ 2-1 ストラスブール ◆負傷の影響でベンチ外 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽9/17 リール 2-1 トゥールーズ ◆76分から途中出場 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽9/18 スタッド・ランス 0-3 モナコ ◆先発フル出場 ★南野拓実[モナコ] ▽9/18 スタッド・ランス 0-3 モナコ ◆65分から途中出場し、1ゴール1アシスト 2022.09.19 06:15 Mon
twitterfacebook
thumb

オナイウと伊東の日本人対決実現! オナイウはホーム初勝利も絶好機逸…【リーグ・アン日本人選手】

リーグ・アン第7節が週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。 オナイウと伊東の日本人対決となったトゥールーズvsスタッド・ランスは、ホームのトゥールーズが1-0で勝利した。 この試合では伊東が2トップの一角でスタメン出場。立ち上がりからそのスピードと献身性を生かしたプレッシングでチームを牽引。また、カウンターシチュエーションを中心に前を向いて得意の縦への仕掛けで局面を打開するシーンも作った。 しかし、ランスは前半半ば過ぎに一瞬の隙を突かれ、30分にアブクラルに先制点を奪われた。そして、試合はトゥールーズが1点リードで折り返すことになった。 後半もランスは伊東とバログンの2トップを軸に攻勢を仕掛けるが、61分にフィリップスが決定機阻止で一発退場。ビハインドに加え、数的不利まで背負うことに。その中で個での打開が期待された伊東だが、守備に追われる場面も増えて80分に途中交代となった。 一方、トゥールーズは数的優位を生かして押し切りたい状況で、64分には主砲ダリンガに代えてオナイウを投入。オナイウにとっては数的不利の相手に対して、得意のカウンターが嵌りやすい状況に。そして、87分にはペナルティアーク付近でフリーでのシュートチャンスが訪れるが、このシュートを枠の左に外す、痛恨の決定機逸に。さらに、後半アディショナルタイムにもオープンスペースで一対一を仕掛ける場面があったものの、相手守備にうまく対応され、逆に相手のカウンターに繋げてしまった。 結局、試合はトゥールーズがホーム初勝利を手にしたが、短い時間ながらピッチ上で実現した日本人対決は、いずれも消化不良の形となった。 また、開幕以降厳しい評価が続く南野はリヨンとの名門対決に挑んだが、出場機会は訪れず。なお、前半から一進一退の攻防を見せた白熱の一戦は、セットプレーからバディアシル、マリパンとセンターバック2人がゴールネットを揺らしたモナコが終盤の守勢を何とか凌ぎ切って2-1の勝利を収めている。 また、川島は負傷の影響でホーム開催のクレルモン戦はベンチ外となっている。 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽9/11 ストラスブール 0-0 クレルモン ◆負傷の影響でベンチ外 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽9/11 トゥールーズ 1-0 スタッド・ランス ◆64分から途中出場 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽9/11 トゥールーズ 1-0 スタッド・ランス ◆80分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽9/11 モナコ 2-1 リヨン ◆ベンチ入りも出場機会なし 2022.09.12 06:15 Mon
twitterfacebook
thumb

伊東が退場誘発もスタッド・ランスは10人相手に逃げ切り失敗…【リーグ・アン日本人選手】

リーグ・アン第6節が週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。 2戦連発中の伊東が4試合連続の2トップの一角で先発したスタッド・ランスは、ホームでRCランスと対戦。試合はゴールレスで後半を迎えると66分、カウンターからパスを受けた伊東がゴール手前でマチャドに倒されると、主審はレッドカードを提示した。 数的優位となったスタッド・ランスは71分、再びカウンターからチャンスを迎える。ドリブルでボックス手前へ持ち上がったゥンビアがラストパスを供給すると、最後はゴール前のバログンがワントラップからゴールネットを揺らした。 待望の先制点を挙げたスタッド・ランスだったが、82分にオペンダに同点弾を許し、1-1のドローで決着。スタッド・ランスはリーグ戦連勝を逃した。 南野がベンチスタートとなったモナコは、アウェイでニースと対戦。一進一退の好ゲームが続く中、モナコは69分にカイオの左クロスから走りこんだエンボロがヘディングシュートを叩き込み、先制する。 結局、これが決勝点となり1-0でモナコが勝利。モナコの南野は出場機会はなかった。 開幕からベンチスタートが続くオナイウはクレルモンとのアウェイゲームで5試合連続途中出場。45分から出場したオナイウは引き続き右ウイングでのプレー。なかなか決定機に絡むことはできず。チームも試合終了間際に失点するなど0-2で敗戦した。また、川島はブレスト戦でベンチ入りも守護神セルスが健在なこともあり、出番は訪れなかった。 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽9/4 ブレスト 1-1 ストラスブール ◆ベンチ入りも出場せず ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽9/4 クレルモン 2-0 トゥールーズ ◆45分からプレー ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽9/4 スタッド・ランス 1-1 RCランス ◆フル出場 ★南野拓実[モナコ] ▽9/4 ニース 0-1 モナコ ◆ベンチ入りも出場せず 2022.09.05 06:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly