全北現代、飲酒運転で逮捕された邦本宜裕の契約を解除…

2022.07.13 20:59 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
Kリーグ1(韓国1部)の全北現代モータースは13日、MF邦本宜裕(24)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。

邦本は今月8日の明け方、飲酒運転をしたとして逮捕されていた。プロサッカー連盟や関係機関に通報されており、調査を受けていた。

そして、韓国プロサッカー連盟は同選手に対して、60日間の活動停止処分を発表。また、「今回の措置として、まず邦本の試合出場を禁止し、早急に懲罰委員会を開催して正式な懲戒を行う予定」と、更なる処分が下される可能性が示唆されていた。
また、自動車メーカーの『現代自動車』を親会社に持つため、邦本へのより厳しい処分が予想された中、クラブは「起こった事案は明確であり、我々はこれを重く受け止めた。選手とは双方合意の下、早期契約解除に至った」と、事実上の解雇を言い渡した。

2020年1月に全北現代に加入した邦本は、ここまで83試合に出場し13ゴール10アシストを記録。今シーズンもKリーグ1で14試合に出場し4ゴール1アシスト、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも3試合に出場していた。

日本でも浦和レッズ、アビスパ福岡で2度に渡って契約解除されるという異色の経歴を持つ選手であり、“問題児”として知られていたが、韓国でも契約解除という残念な結末となった。


関連ニュース
thumb

齋藤学が韓国初ゴール! 得意のドリブルでPK獲得、豪快に蹴り込むもチームは敗戦

MF齋藤学が韓国で初ゴールを記録した。 18日、Kリーグ1第33節で水原三星ブルーウィングスvs全北現代モータースの一戦が行われた。 12チーム中11位の水原三星と2位につける全北現代の一戦。齋藤はベンチスタートとなった。 試合は水原三星が早々に先制。そのままリードを保つが、39分にエルヴィス・サリッチが退場し、数的不利となる。 それでも粘っていたが、後半に入り立て続けに2失点。さらにダヴィ・ブルトハイスも83分に退場。すると86分にも失点し2点差となる。 70分から出場していた齋藤は諦めず、すると91分に左サイドでパスを受けると特異のドリブル突破。そのままボックス内に入ったが、ク・ジャリョンのスタイディングで倒されPKを獲得する。 すると齋藤はこのPKのキッカーを務めることに。ゴール左に強烈なシュートを決めて1点を返す。 結局このゴール後はゴールを奪えず、水原三星は敗戦となった。 <span class="paragraph-title">【動画】齋藤学が得意のドリブルでPK奪取&移籍後初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVdm5Wd3J6UiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.09.19 12:23 Mon
twitterfacebook
thumb

「家族も代理人も…」誰も浦和行きに賛成しなかった酒井宏樹、ACL制覇で成功へ「僕自身が証明するしかない」

浦和レッズの日本代表DF酒井宏樹が、全北現代モータース(韓国)戦を振り返った。 25日、浦和はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)東地区準決勝で全北現代と対戦。3大会ぶりの決勝進出を目指す浦和は準々決勝でヴィッセル神戸を破った全北現代と対戦した中、11分に酒井のクロスを松尾佑介が合わせて先制する。 その後は主導権を握り、浦和のペースで進みながらも、全北現代の集中した守備の前に決定機を作れないでいると、55分にはPKを与えてしまい同点に。試合終盤は猛攻を見せるが、GKのセーブやポストに嫌われるなどしてゴールを奪えず、延長戦に突入する。 すると116分に一瞬の隙を突かれて失点。万事休すかと思われたが、120分に酒井が決死のスライディングタックルでボールを奪うと、最後はキャスパー・ユンカーがこぼれ球を詰めて土壇場で同点に。そのまま突入したPK戦ではGK西川周作が2本のセーブを見せるなどして1-3で勝利し決勝に駒を進めた。 試合後の記者会見に出席した酒井は「試合前から、タフな試合になることは予想できました。実際、日韓対決としてすごく熱い試合だったと思います」と、熱量の高い試合だったとし、「僕らはホームの試合でしたけど、そのアドバンテージを十分に生かすことができたかは分かりません。非常に難しい試合だったと思います」と、ホームの埼玉スタジアム2002で多くのサポーターがいた中でも難しさを感じたようだ。 「ただ、勝利を諦めることなく一丸となって120分闘った上で、次のステージに進むことができたことに対し、今はすごくチームを誇らしく思っています」」とコメント。決勝への切符を掴んだことを喜んだ。 その酒井は延長後半15分の奇跡の同点ゴールを生み出すスライディングタックル、そしてオーバーラップからのクロスを見せていた。 「正直、そのシーンはあまり覚えていません。ただただ負けたくない気持ちだけで走っていましたし、おそらくフィールド上の僕ら11人はその思いを共有できていたからこそ、ゴールが生まれたと思います。本当に、決まって良かったなという気持ちです」とコメント。必死すぎてあまり覚えていないという。 それだけ全てをかけ、クロスの後には足もつっていた酒井。浦和に加入した際にACLについて口にしていたが、タイトルまでは決勝を残すのみとなった。 酒井は移籍について反対を多くされていたことを明かしながらも、移籍を成功とするためには結果を残すしかないと、改めて気持ちを強く語った。 「昨年の夏にマルセイユからレッズに移籍してきて、当時は家族も代理人も含めて誰一人、この移籍に賛成の人はいませんでした。ただ、この移籍が成功だったかどうかは僕自身が証明するしかないと思っていましたし、そのためにはこの大会を獲ることがとても必要だと思っています」 「まだ何も成し遂げていませんが、東地区で優勝でき、ACL全体の決勝に進めたことは、僕にとって非常に大きなことです。それを成し遂げられたことについて、本当にチームメート、スタッフに感謝したいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】奇跡の同点弾を呼び込んだワールドクラスの酒井宏樹のタックル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="a4_wbseUYtE";var video_start = 362;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.26 12:43 Fri
twitterfacebook
thumb

「まさに世界基準」「バケモンすぎる」浦和の土壇場同点弾を生んだ酒井宏樹のワールドクラスのタックルに称賛の嵐

PK戦で劇的な勝利を収めた浦和レッズだが、日本代表DF酒井宏樹のプレーが注目を浴びている。 25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の全北現代モータース(韓国)vs浦和レッズが行われ、120分間を終えて2-2のドロー。PK戦の末、1-3で浦和が勝利し、3大会ぶりに決勝に駒を進めた。 勝てば決勝という大一番。松尾佑介のゴールで先制するも、後半にPKを与えて失点。1-1で90分を終えると、116分に一瞬の隙を突かれて失点した。 浦和が主導権を握りながら、少ないチャンスを決めきられてしまい、万事休すかと思われた中、120分にドラマが。こぼれ球をキャスパー・ユンカーが押し込み同点。そのままPK戦にも連れ込み、GK西川周作が2本のセーブを見せる活躍で勝利を収めていた。 話題となっているのが、敗戦間際でユンカーのゴールに繋げた酒井のプレーだ。 120分、ボールを運び出そうとしたFWムン・ソンミンに対して酒井が猛然とタックル。気迫のこもった激しいタックルは、しっかりとボールを捉えて奪う。 さらに、そのボールをダヴィド・モーベルグが拾い持ち運ぶ中、酒井は猛然とオーバーラップ。モーベルグからのパスからクロスを上げると、そのまま座り込むことに。ただ、味方が粘り、ユンカーが最後は仕留めていた。 同点ゴールを喜ぶことすらできないほど、限界だった酒井の足。それでも、この奇跡の同点ゴールを生んだタックルに称賛の声が集まっている。 「お手本のようなタックル」、「まさに世界基準」、「ノーファールで奪い切るのもさすが」、「120分プレーしてここでオーバーラップ出来る体力・気力もバケモン」、「酒井のスライディングタックルが凄すぎた!!」、「見ていて気持ちいいスライディングだった!」、「酒井バケモンすぎる」 酒井は試合後にこのシーンについて「あまり覚えていません」とコメント。「ただただ負けたくない気持ちだけで走っていました」と、ゴールを決める、勝利のためだけに走っていたと語った。 まだまだヨーロッパからも関心が寄せられるほどのレベルである酒井。浦和、そして日本代表に欠かせない存在であることは間違いなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】奇跡の同点弾を産んだワールドクラスの酒井宏樹のタックル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="a4_wbseUYtE";var video_start = 362;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.26 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

「浦和ファミリーを非常に誇りに思う」ACL決勝進出を受けリカルド監督が感謝、控え選手の活躍にも「全員が大事」

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が、全北現代モータース(韓国)戦を振り返った。 25日、浦和はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)東地区準決勝で全北現代と対戦した。 3大会ぶりの決勝進出を目指す浦和。準々決勝でヴィッセル神戸を破った全北現代と対戦した中、11分に酒井宏樹のクロスを松尾佑介が合わせて先制。その後は主導権を握り、浦和のペースで進みながらも、全北現代の集中した守備の前に決定機を作れない。 1点リードで折り返したものの、55分にはPKを与えてしまい同点に。試合終盤は猛攻を見せるが、GKのセーブやポストに嫌われるなどしてゴールを奪えず、延長戦へ。すると116分に一瞬の隙を突かれて失点。万事休すかと思われた。 しかし120分、酒井が決死のスライディングタックルでボールを奪うと、最後はキャスパー・ユンカーがこぼれ球を詰めて土壇場で同点に。そのまま突入したPK戦でドラマが待っていた。 全北現代が先行だったが、1人目のシュートを西川周作が横っ飛びでセーブすると、2人目のシュートは逆を突かれるも足を伸ばしてセーブ。浦和は2人連続で成功し、迎えた3人目のダヴィド・モーベルグが失敗。ただ、全北現代は4人目も失敗すると、最後は江坂任が決めて勝利を収めた。 PK戦を制して決勝に駒を進めた浦和。リカルド監督は改めて試合を振り返った。 「準決勝の舞台で、素晴らしい試合ができた。チームはこの勝利にふさわしいプレーをしたと思っている。相手に攻撃される部分はあったが、そこで大きなチャンスを作られたわけではなく、カウンターでいくつか危ない場面もあったが、流れの中では危ない場面はなかったのかなと思う」 「90分間の前後半では最後の最後にキャスパー・ユンカーのビッグチャンスがあり、もしかしたらそこで試合を決めることができていたかもしれないが、延長戦に入った」 「延長戦では失点による衝撃を受けたが、その後も諦めず、酒井宏樹がうまくボールを奪ってからゴールラインを割りそうなところまでしっかりと運び、クロスを入れたところからゴールにつながってPK戦に持ち込むことができた。PK戦では全員が自信を持ってプレーしていたと思う」 試合はPK戦にまでもつれ込んだが、「ジョアン(ミレッ)GKコーチの指導のもと、PK戦のメカニズムというか、やり方があり、その質は非常に高いものだと感じている」とGKコーチの力も大きかったとし、「西川周作、そしてキッカーは自信を持って挑むことができただろうし、相手にとってはとても難しい、簡単ではない状況だったと思う」と振り返った。 また、「我々のファン・サポーターがあれだけ熱い応援をしてくれたことに感謝していることは言うまでもないが、JリーグやJFA(日本サッカー協会)の大きな努力・サポートのおかげで埼玉スタジアムでのセントラル開催が実現できたので、そのことに対してもありがたく思っている。全員の仕事のおかげで、決勝進出が果たせたと思う」と、選手たちだけでなく、ファン・サポーター、そしてリーグや協会など、全体のサポートに感謝した。 さらに「選手、スタッフ、それから浦和ファミリーを非常に誇りに思うし、ACL決勝の舞台を日本を代表して戦えることは、監督としても誇らしいこと。選手たちも、同じように感じていると思う」と、日本の代表としてアジアを制す戦いができることを誇りに感じているようだ。 土壇場での同点ゴールを決めたユンカーをはじめ、途中交代の選手は3試合全てベンチからのスタートとなった。リカルド監督は控え選手のクオリティについて問われ、「選手にとって、スタートから出場したいという思いは当然あると思うし、それは全ての選手がそうだと思う。スタートから出る選手たちが大事だと思われがちだが、私にとってはそうではなく、全員が大事。スタートで出た選手、試合が終わる時にピッチにいる選手、そういった1試合を通しての存在が大事だと思っている」と、先発も控えの選手も大事な存在であると語った、 また「今回で言えば小泉(佳穂)、松尾(佑介)がうまくプレーをしてくれたが、キャスパー・ユンカー、江坂、明本、トモ(大久保智明)、馬渡(和彰)、柴戸(海)、安居(海渡)などいろいろな選手がいる中で、誰が出てもチームにプラスに働くようなプレーをしてくれただろうと思っている」と、控えだった選手たちの貢献度も称え、「以前の試合では、より簡単な展開もあったが、今日のような拮抗した試合の中で、彼らの存在は非常に大事になってくる。ACLの期間中、そのように思っていた。スターティングメンバーを決めるのも簡単ではなかったが、その中で全員がしっかりプレーしてくれたことに非常に感謝している」と、3試合ほとんどスタメンを変えず、同じような采配にしながらも、全ての選手たちへの感謝を口にした。 <span class="paragraph-title">【動画】いざ決勝へ!死闘となった全北現代vs浦和ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="a4_wbseUYtE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.26 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「ユニフォームあげちゃいました」先制弾の浦和FW松尾が起点となったボールボーイに粋なプレゼント「ナイスすぎ」

浦和レッズのFW松尾佑介が先制点の影の立役者に感謝している。 浦和は25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の東地区準決勝で全北現代(韓国)と対戦。2-2で120分間の戦いを終えると、PK戦の末に決勝進出を決めた。 先制点を奪ったのは浦和だった。11分、右のハイサイドへのボールから高い位置でのスローインとなると、ダヴィド・モーベルグがボールボーイから颯爽とボールを受け取り、素早くリスタート。伊藤敦樹とのワンツーから裏へ送ると、右のポケットを取った酒井宏樹のクロスに松尾が合わせて先制点を挙げた。 「このスローインからの崩しは完璧」、「酒井の抜け出しすごい」、「今日もボールボーイ選手大活躍」などの賛辞が上がったゴールだったが、松尾は試合直後に自身のツイッターを更新。「ナイスすぎて先制点の起点のボールボーイにユニフォームあげちゃいました」と明かした。 まさにチーム一丸となって死闘を制した浦和。2試合制となる西地区王者との決勝戦は、来年2月19日と26日に行われる。 <span class="paragraph-title">【動画】浦和の先制点はボールボーイの素早い動きから…松尾のゴールシーン!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="BuL3HCLSOTU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.26 11:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly