C・ロナウド代理人と会食のラポルタ会長、口を噤む「名前が出た選手については話はしない」

2022.07.06 23:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの代理人であるジョルジュ・メンデス氏との会談について言及した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。

ラポルタ会長は4日、メンデス氏と夕食を取ったと報道。C・ロナウドの代理人ということもあり、両者の会談は大きな話題となった。

特に、そのC・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドを去りたいと考えているという報道が出ており、メンデス氏が売り込んだのではないかという憶測も飛び交っていた。

ラポルタ会長は、6日に行われたコートジボワール代表MFフランク・ケシエの入団発表でこの件について言及。夕食を共にしたことは認め、移籍市場についての話もしたと認めたが、どの選手について何を話したかを明かすつもりはないとした。

「月曜日(4日)にジョルジュ・メンデスとは夕食をとった。マーケット全般について話をした。アレマニー(フットボールディレクター)は来られなかったが、ジュステ(副会長)は同席した」

「クリスティアーノ? ミーティングで名前が出た選手については話はしない。彼が私に選手を薦めてきたかどうかは言わない」

メンデス氏との会食は楽しかったようだが、移籍市場が開いている中で、選手について話す気はないとしたラポルタ会長。リスペクトが必要だと語った。

「彼と話すのはいつだって面白い。素晴らしいエージェントだ」

「私は何らかの形で選手について話すつもりはない。誤解される可能性があるからだ」

「すべてのサッカー選手は尊敬に値する。ただ、それはバルサの利益には何も貢献しない。他チームと契約している選手に関しては、尊重しなければいけない」


関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第8節プレビュー】クラシコ迫る両雄は格下と対戦! セビージャはサンパオリ初陣

先週末に行われた第7節ではオサスナと引き分けた王者レアル・マドリーの開幕連勝がついにストップ。一方、6連勝を飾ったバルセロナが勝ち点で並び、得失点差で今季初めて首位に浮上した。 インターナショナルマッチウィーク明けから超過密日程に入った中、今回の第8節では今季最初のエル・クラシコを控えるバルセロナとレアル・マドリーの両雄の戦いに注目。 バルセロナは前節、マジョルカを相手にFWレヴァンドフスキの6試合連続ゴールを持ち味の堅守で守り切ってウノセロ勝利。6連勝での首位浮上に成功した。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループ2番手の座を争うインテルとの連戦初戦を0-1のスコアで落とし、厳しいグループリーグ2連敗となった。 “FIFAウイルス”罹患でインターナショナルマッチウィーク中に5人の主力を失ったチームは、このインテル戦でDFクリステンセン、MFケシエの2選手が新たに負傷者リスト入り。通常であれば、勝ち点3必須のインテルとのホーム戦、次節のクラシコに向けて主力のプレータイムをコントロールしたいところだが、曲者セルタをホームで迎え撃つこの一戦では豊富な前線を除き主力の継続起用を余儀なくされる。対戦相手は7戦13失点と守備に問題を抱えており、直近の公式戦2試合で湿りがちな攻撃陣の爆発によって主力を早いタイミングでベンチへ下げられるような展開に持ち込みたい。 一方、レアル・マドリーは前節、オサスナ相手に試合の主導権を握りながらも復帰戦となったエースFWベンゼマのPK失敗が響き、ホームで1-1のドロー。今季の公式戦10戦目にして初の取りこぼしとなった。それでも、CLシャフタール戦ではシュート30本以上を放ってFWロドリゴ、FWヴィニシウスの2ゴールにとどまったものの、ホームで2-1の勝利。グループリーグ3連勝で突破に王手をかけている。守護神クルトワにMFセバージョスとこちらも負傷者が出始めている点は気がかりも、クラブ、代表でフル稼働だったMFモドリッチを温存するなど、余裕を持った戦いとなった。ヘタフェとのマドリード自治州ダービーでは対戦相手のハードな球際での戦いが懸念材料となるため、“戦える”メンバーできっちり勝ち点3を持ち帰りたい。 今季のラ・リーガでは、前節終了後に最下位のエルチェと17位のセビージャで最初の監督交代が行われた。エルチェは現時点で後任は決まっていないが、ロペテギ監督を解任したセビージャはサンパオリ新監督を再招へい。5年ぶりのアンダルシア帰還となったアルゼンチン人指揮官は、3位のアスレティック・ビルバオという難敵との初陣に臨む。 リーグ前節ではアトレティコ・マドリーに0-2、CLではドルトムントに1-4と連敗を喫して公式戦4試合未勝利のチームは攻守両面で大きな問題を抱えており、メンタル面でも厳しい状況。百戦錬磨のサンパオリ監督にとって中2日での立て直しは非常に困難だが、結果はともかく新たな空気をサンチェス・ピスフアンに吹かせたい。 前節はそのセビージャに2-0の快勝を収めてダービー敗戦のショックを払しょくしたアトレティコだが、CLでは好調クラブ・ブルージュに敗れてグループリーグ2連敗。波に乗り切れない序盤戦を過ごす。シメオネのチームにとって優先事項は週明けに控えるクラブ・ブルージュとの第2戦だが、昇格組ジローナをしっかりと叩いて弾みを付けたいところだ。その中でバルセロナからの完全移籍合意が報じられながらも、CLでは痛恨のPK失敗となったFWグリーズマンの奮起に期待したい。 MF久保建英を擁する7位のレアル・ソシエダは、8位のビジャレアルとの強豪対決でリーグ3連勝を狙う。前節のジローナ戦では壮絶な打ち合いとなった中、久保が1ゴール1アシストの鮮烈な活躍を披露し、5-3の勝利を手にした。さらに、チームはヨーロッパリーグ(EL)のシェリフ戦も2-0の快勝を飾り、公式戦4連勝を達成。そのシェリフ戦ではフル出場したものの、目に見える結果を残せなかった久保だが、随所に好調さを感じさせるプレーを見せた。ここまで7戦2失点とリーグ屈指の堅守を誇る古巣との一戦では、FWセルロートやMFダビド・シルバと共に攻撃を牽引する働きを期待したい。 《ラ・リーガ第8節》 ▽10/7(金) 《28:00》 オサスナ vs バレンシア ▽10/8(土) 《21:00》 アルメリア vs ラージョ 《23:15》 アトレティコ・マドリー vs ジローナ 《25:30》 セビージャ vs アスレティック・ビルバオ 《28:00》 ヘタフェ vs レアル・マドリー ▽10/9(日) 《21:00》 バジャドリー vs ベティス 《23:15》 カディス vs エスパニョール 《25:30》 レアル・ソシエダ vs ビジャレアル 《28:00》 バルセロナ vs セルタ ▽10/10(月) 《28:00》 エルチェ vs マジョルカ 2022.10.07 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

守備陣がケガで崩壊しているバルセロナ、1月にスペイン代表DFを獲得か

最終ラインにケガ人が続出しているバルセロナだが、1月の移籍市場ではアスレティック・ビルバオのスペイン代表DFイニゴ・マルティネス(31)を狙うようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナは今夏の移籍市場ではクラブの慢性的な財政難、そしてサラリーキャップに抵触するということもあり、ドタバタが最後まで続いた。 その中で多くの選手を獲得したことは他クラブから非難されており、資金がない中での補強はあり得ないとまで言われている。 結局、その場しのぎにしかならない子会社の株式を大量に売却して資金を捻出することに決定。それでもなお、補強したい選手がいたという状況だ。 その中でスタートしたシーズンだったが、不運が。DFジュール・クンデ、DFロナルド・アラウホ、FWメンフィス・デパイ、DFエクトル・ベジェリンが9月のインターナショナル・マッチウィークの中断中に負傷離脱。特にアラウホは手術を受けてしばらくは起用できない。 さらに、MFフレンキー・デ・ヨングやMFフランク・ケシエといった中盤の選手にも負傷者が。そこに、DFクリスティアン・エリクセンも加わってしまった。 守備陣に多数のケガ人が出ている状況で、いずれもしばらく起用ができないというケガに。その中で、来夏にアスレティックを退団する予定のイニゴ・マルティネスを獲得したいようだ。 ただ、獲得に動くにしても条件があるとのこと。1つは2023年に契約が終了することが前提であり、冬に獲得する際の移籍金が手頃であること。もう1つは、イニゴ・マルティネスの負傷が癒えているかどうかだ。 今シーズン開幕前には左ヒザの膝蓋腱炎に苦しみ、開幕から3試合を欠場。現在は復帰して主軸としてプレーしている。 ケガからは復帰しているが、再発しないかどうか、またその状態がどうかをバルセロナは監視していくとのことだ。 2022.10.07 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ移籍なしか…スビメンディにソシエダ会長「契約更新間近」

レアル・ソシエダのスペイン代表MFマルティン・スビメンディ(23)が契約延長に極めて近いところにいるようだ。 アカデミー時代から過ごすソシエダで着実に力をつけ、代表キャリアもふる代表にまで漕ぎ着けたスビメンディ。今季もラ・リーガ開幕から全試合にフル出場中だ。 だが、ピッチ外では死活問題となるスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者擁立が死活問題となるバルセロナの興味が噂され、今後の動向が注目されている。 プレーエリア、プレースタイルからバルセロナのチャビ・エルナンデス監督が獲得を催促しているとされるが、その裏でソシエダに新契約の動きも取り沙汰される。 そうしたなか、スペイン『マルカ』によれば、ソシエダのジョキン・アペリベイ会長がスビメンディとの契約更新に迫る状況を認めたという。 「どの選手との関係も至って良好だ。特に、マルティンとはね。ラ・レアルでキャリアを全うしてもらいたい。交渉は順調だし、契約更新の合意も間近にある」 2022.10.07 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ケガ人続出のバルセロナ、クリステンセンに続きケシエも負傷

バルセロナは5日、コートジボワール代表MFフランク・ケシエが負傷したことを発表した。 クラブによれば、ケシエは5日午前中に行われたトレーニング中で右太ももを負傷。 同日午後に検査を受けたところ、右太ももの内転筋に負傷が確認され、チームからの離脱が決定。復帰時期は回復具合によるという。 今夏にミランからフリーでバルセロナに加入したケシエだが、ここまでは出場機会に恵まれないのが実情で、公式戦8試合でわずか247分の出場にとどまっていた。 現在バルセロナでは、DFジュール・クンデやDFロナルド・アラウホ、DFエクトル・ベジェリン、MFフランキー・デ・ヨング、MFメンフィス・デパイら負傷者が続出。また、同日にはDFアンドレアス・クリステンセンの離脱も発表されており、ケシエの離脱は過密日程が控えるチームにとって更なる打撃となる。 2022.10.05 23:32 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサとアトレティコがグリーズマンの完全移籍で合意

フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(31)の完全移籍に関して、アトレティコ・マドリーとバルセロナが合意に至った模様だ。スペイン『ESPN』など複数国内メディアが報じている。 グリーズマンは2019年夏に1億2000万ユーロ(約171億円)でアトレティコからバルセロナに加入。しかし、その新天地では思うような活躍を見せられず、昨夏古巣へ買い取り義務付きの2年間のレンタル移籍で復帰することになった。 両者の契約にはプレー可能な時間の50%以上をプレーするという買い取り条項が設定されており、2021-22シーズンには公式戦39試合に出場(8ゴール7アシスト)し、81%プレーしていた。 しかし、財政問題を抱えるアトレティコは、費用対効果の悪いグリーズマンの4000万ユーロ(約57億1000万円)での買い取りを避けるため、今シーズンはディエゴ・シメオネ監督の承諾を得て、30分以下の出場時間の制限を設けていた。 一時はアトレティコの対応に対して、法的措置を辞さない構えを見せていたバルセロナだが、不良債権であるグリーズマンの売却を実現させるため態度を軟化。 ここに来てアトレティコ側の移籍金の大幅な減額という要求を呑む形で、2000万ユーロ(約28億6000万円)強の金額での売却を受け入れたようだ。 なお、両者の合意を裏付けるかのようにグリーズマンは、インターナショナルマッチウィーク前のレアル・マドリーとのダービー、直近のクラブ・ブルージュ戦でいずれもフル出場を飾っており、近日中にも完全移籍移行が公式にアナウンスされる見込みだ。 2022.10.05 22:34 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly