「サッカーへの情熱半端ないね!」欧州で戦い続ける長谷部と岡崎が“私服で2ショット”「刺激もらいました!」

2022.07.06 20:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠(38)がカルタヘナの元日本代表FW岡崎慎司(36)との2ショットを公開した。2002年に浦和レッズでプロデビューした長谷部は、2007年のAFCチャンピオンズリーグ優勝を置き土産にヴォルフスブルクへ移籍。2008-09シーズンにはブンデスリーガを制覇した。

その後はニュルンベルクを経て2014年夏にフランクフルトに加入すると、2017-18シーズンのDFBポカール優勝に貢献。さらに2021-22シーズンでは日本代表MF鎌田大地とともにヨーロッパ・リーグのタイトルも獲得している。

一方の岡崎は2011年1月に清水エスパルスからシュツットガルトへ加わり、マインツへの移籍を経て、2015年7月にレスター・シティへと完全移籍。2015-16シーズンの“奇跡の優勝”のメンバーの1人として活躍すると、2019年夏からはスペインでプレー。選手登録できなかったマラガとウエスカを経て2021-22シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のカルタヘナでプレーした。

欧州で戦い続ける日本代表のレジェンド2人は、岡崎がドイツを訪れた際に再会。長谷部は私服姿での2ショットを添え、「Okazaki!!!!サッカーへの情熱、半端ないね!」と綴った。一方の岡崎も「刺激もらいました!!Hasebe」とインスタグラムのストーリーズに投稿。2人ともリラックスした表情で笑顔を見せている。

1 2

関連ニュース
thumb

「選手の経験を無駄にしちゃいけない」岡崎慎司が日本サッカーに分析訴え、再び重傷の宮市亮にエール「強くなって戻ると確信してる」

カルタヘナに所属する元日本代表FW岡崎慎司が、再び重傷を負った横浜F・マリノスの日本代表FW宮市亮について言及した。 10年ぶりに日本代表に選出された宮市は、27日に行われたEAFF E-1選手権の韓国代表戦に途中出場。しかし、相手選手との接触により負傷しプレー続行不可能となっていた。 試合後のセレモニーにも姿を見せないほどの重傷だった宮市は、クラブの診断の結果、右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷。手術を行うことが発表されていた。 キャリアを通じて、何度もヒザを負傷し、手術を重ねてきた宮市。日本に戻り、充実したキャリアを積んでいた最中での負傷には、多くのファンも悲しむとともに、再び復活してくれることを願い、激励するコメントが集まっている。 そんな中、10年前に一緒に日本代表としても活動した岡崎が自身のツイッターを更新。今回のケガについて言及し、エールを送るとともに、日本のサッカー界についても警鐘を鳴らし、ここまでの宮市のケガの理由とそこからの復活劇をしっかりと分析して欲しいと訴えた。 「宮市の今回の怪我は今までとは違う。接触があり右足が残り、踏ん張ってしまった。本人は本当に悔しいと思う」 「ただあれだけの怪我を負って代表に戻ってきた事実。日本に帰りトレーニングを繰り返し完全復活した宮市は自信に変えて欲しい。そして日本のサッカー界は選手の経験を無駄にしちゃいけない」 「経験を無駄にして欲しくないというのは、どうして怪我をしたか?とどうやって完全復活したか?に対して分析して次世代に還元して欲しい。という事です!」 「そしてもちろんこれから宮市がどう乗り越えていくのかも」 「膝を何度も経験するという選手は宮市だけじゃない問題です。だからこそそこから復活して代表に帰ってきた。みんなに期待されるとこまで来た宮市は凄いと思う。だから、またみんな期待したいし、俺もさらに強くなって戻ると確信してる。ただ必ず日本サッカー界は分析して欲しい」 ヨーロッパでのキャリアを若くして経験し、機体の反面ケガを何度も重ねてきた宮市。そこからの復活劇は多くの人が見守ってきたが、今回もその期待に応えてくれることを信じ、回復を願うばかりだ。 <span class="paragraph-title">【SNS】岡崎慎司が宮市亮にエール、そして分析を訴える</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">宮市の今回の怪我は今までとは違う。<br>接触があり右足が残り、踏ん張ってしまった。本人は本当に悔しいと思う。ただあれだけの怪我を負って代表に戻ってきた事実。日本に帰りトレーニングを繰り返し完全復活した宮市は自信に変えて欲しい。そして日本のサッカー界は選手の経験を無駄にしちゃいけない。</p>&mdash; Shinji Okazaki (@okazakiofficial) <a href="https://twitter.com/okazakiofficial/status/1553024725126991875?ref_src=twsrc%5Etfw">July 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">膝を何度も経験するという選手は宮市だけじゃない問題です。だからこそそこから復活して代表に帰ってきた。みんなに期待されるとこまで来た宮市は凄いと思う。だから、またみんな期待したいし、俺もさらに強くなって戻ると確信してる。<br>ただ必ず日本サッカー界は分析して欲しい。</p>&mdash; Shinji Okazaki (@okazakiofficial) <a href="https://twitter.com/okazakiofficial/status/1553027973258821637?ref_src=twsrc%5Etfw">July 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.31 10:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ウエスカ公式が橋本へウェルカムメッセージ、登場したのは岡崎慎司

ウエスカの加入が決まった日本代表MF橋本拳人へ、スペインの先輩からエールが届いた。 18日、 ヴィッセル神戸からスペイン2部のウエスカの移籍が発表された橋本。新天地での活躍を期するボランチへは、かつてウエスカでプレーをしたカルタヘナの元日本代表FW岡崎慎司からもメッセージが届けられた。 「拳人、ウエスカへようこそ!」 「ウエスカは、本当に素晴らしい街、ファン、クラブがそこにあります」 「ウエスカのファンの皆さん、拳人はチームのために戦ってくれる選手ですし、ゴールもたくさん獲れる中盤の選手なので、チームのために貢献してくれると思います」 「ウエスカで頑張ってください!」 ウエスカ初の日本人プレーヤーとして、2019-20シーズンの2部優勝と1部昇格に貢献した岡崎。別クラブに所属しながらも、ウエスカの公式からメッセージが発信されるところに、両者の良い関係性がうかがえる。 岡崎は自身のツイッターにて、「実は僕も狙ってたんだけどなー笑。けど日本人がまた来てくれる事は嬉しい。お互い頑張ろう」とも投稿。アラベスのFW原大智、レガネスのMF柴崎岳を含めた、日本人対決も楽しみだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ウエスカの公式SNSから橋本へのエールを送る岡崎</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> Un viejo conocido como <a href="https://twitter.com/okazakiofficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@okazakiofficial</a> nos habla de su compatriota, <a href="https://twitter.com/hassi37?ref_src=twsrc%5Etfw">@hassi37</a>, nuestra última incorporación. <br><br>Y con estas referencias solo podemos decir que tenemos muchas ganas de verlo sobre el césped.<br><br><a href="https://t.co/OKzf9fsQSk">pic.twitter.com/OKzf9fsQSk</a></p>&mdash; SD Huesca (@SDHuesca) <a href="https://twitter.com/SDHuesca/status/1549780292889710593?ref_src=twsrc%5Etfw">July 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.21 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司が古巣クラブを訪問、スタジアムで恩師と記念撮影「今後も一緒に何かを」

カルタヘナの元日本代表FW岡崎慎司がドイツの古巣クラブを往訪。今後の活動に期待を抱かせた。 2011年1月に清水エスパルスからシュツットガルトへ加わり、マインツやレスター・シティなどを経て現在はスペインでの4季目を迎える岡崎。帰国中には地元・兵庫県にて、なでしこジャパンのMF中島依美らとトレーニングも行っていた。 日本を発った岡崎はドイツのラインラント=プファルツ州にも足を運んだ様子。マインツ時代の恩師、当時スポーツ・ダイレクター(SD)を務めていたクリスティアン・ハイデル氏と再会し、スタジアムにて記念撮影を行った岡崎は自身のツイッターで次のようなメッセージを残した。 「画像はシュツットガルトで苦戦してる時に自分を移籍金を払って獲得してくれたハイデルと。マインツの街やクラブ、ファンには感謝もあるし、今後も一緒に何かしたいと話しました。育成や地域密着のクラブとしてドイツでもトップのマインツと繋がる事でヨーロッパと日本の距離を縮めたい」 マインツの街と岡崎の関りは深く、滝川第二高校の先輩が代表を務めるFCバサラ・マインツ(現:ドイツ6部)の創設にも携わり、スーパーアドバイザーも務めるなどしている。 また、岡崎の獲得に尽力したハイデル氏は2016-17シーズンからシャルケのSDに就任していたが、2020年12月に再び古巣へ戻り、手腕を発揮。マインツの公式も「また会えて嬉しいよ、シンジ・オカザキ!!」と4日に同じ写真を投稿した。ファンからも再来を喜ぶ声や復帰を望むコメントが上がっている。 <span class="paragraph-title">【写真】マインツ時代の恩師とスタジアムで記念撮影した岡崎慎司</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfmCPjCK57A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfmCPjCK57A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfmCPjCK57A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">1. FSV Mainz 05(@1fsvmainz05)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.05 20:25 Tue
twitterfacebook
thumb

三笘薫vs岡崎慎司が親善試合で実現!サン=ジロワーズDF町田浩樹も「刺激もらいました」

日本代表MF三笘薫とDF町田浩樹が所属するロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズと元日本代表FW岡崎慎司が所属するカルタヘナが親善試合を行った。 昇格組ながらレギュラーシーズンの1位を決めたサン=ジロワーズは、プレーオフに向けてカルタヘナと対戦。三笘と町田はベンチスタート。岡崎はスターティングメンバーで起用された。 試合は、11分にサン=ジロワーズが左サイドを攻略し、折り返しからダンテ・バンゼイルが先制ゴールをマーク。1-0で前半を折り返すと、後半頭から三笘が投入される。 後半にはサン=ジロワーズのアレックス・ミジャンとカツペル・コズラウスキーがそれぞれ追加点をマーク。三笘がシュートを放つ場面もあったもののゴールにはならず、3-0でサン=ジロワーズが勝利した。 試合後、3人の日本人選手がインスタグラムを更新。町田が「トレーニングマッチvsカルタヘナ チャンピオンズ・プレーオフへの準備は整いました。刺激もらいました もっと頑張らな!」と綴り、岡崎&三笘との3ショットを投稿すると、2人もストーリーズを更新し、その投稿を引用する形で反応している。 快勝を収めたサン=ジロワーズは、24日にアンデルレヒトとのプレーオフ1第1節に臨む。 <span class="paragraph-title">【写真】岡崎はムキムキ!三笘&町田との3ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CcfsjIIPquH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CcfsjIIPquH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CcfsjIIPquH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">町田浩樹(@koki.machida_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">FINAL del amistoso en <a href="https://twitter.com/PinatarArena?ref_src=twsrc%5Etfw">@PinatarArena</a>. <br><br> <a href="https://twitter.com/FCCartagena_efs?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCCartagena_efs</a> 0 - 3 <a href="https://twitter.com/UnionStGilloise?ref_src=twsrc%5Etfw">@UnionStGilloise</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/amistoso?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#amistoso</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CartagenaUGS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CartagenaUGS</a> <a href="https://t.co/evk80sAd7t">pic.twitter.com/evk80sAd7t</a></p>&mdash; FC Cartagena (@FCCartagena_efs) <a href="https://twitter.com/FCCartagena_efs/status/1516006830127861760?ref_src=twsrc%5Etfw">April 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.19 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司の劇的“オーバーヘッド”弾に元日本代表選手ら続々反応「やっぱ岡ちゃんが一番すげーわ!」

カルタヘナのFW岡崎慎司のバイシクルシュートに、かつてスペインでプレーした元日本代表選手からも喝采を送られている。 2月28日セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のカルタヘナは、第29節でマラガとアウェイで対戦。0-1と、1点ビハインドの状況で、岡崎は83分に途中投入された。 試合終了まで残り1分を切った後半のアディショナルタイム。カルタヘナは右サイド深い位置でスローインを得ると、ロングスローをニアで味方がフリックし、これをボックス中央から岡崎がバイシクルシュートで叩き込んだ。 限られた時間の中で結果を残した岡崎にはファンだけでなく、昨季限りで現役を引退した平井将生も「えぐい」と反応。 さらにスペインでのプレー経験もある元日本代表の2人、シント=トロイデンのMF香川真司が「いや、ゴラッソ」と引用ツイートを返せば、セレッソ大阪のMF乾貴士もインスタグラムのストーリーで「やっぱ岡ちゃんが一番すげーわ!!さすがやな!!ないしゅー!!」などとコメントを残している。 <span class="paragraph-title">【動画】香川や乾も唸る!岡崎慎司の後半ATバイシクル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ca" dir="ltr">OKAZAKI QUI ARRACHE L&#39;EGALISATION DE CARTAGENA SUR CA NENIDEIADJOADZOJOADZP <a href="https://twitter.com/hashtag/malagacartagena?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#malagacartagena</a> <a href="https://t.co/EvXjVxBD8L">pic.twitter.com/EvXjVxBD8L</a></p>&mdash; Le Football en VOD LXI (@lelxiaja) <a href="https://twitter.com/lelxiaja/status/1498417372113379330?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.03.01 20:06 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly