横浜FMのFWンダウ・ターラ、DF池田航がJFLのFCマルヤス岡崎に育成型期限付き移籍

2022.07.05 09:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜F・マリノスは5日、FWンダウ・ターラ(23)、DF池田航(21)がJFLのFCマルヤス岡崎に育成型期限付き移籍することを発表した。

ともに移籍期間は2023年1月31日までとなる。

両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆FWンダウ・ターラ
「横浜F・マリノスに関わるすべての皆さん、半年という短い間でしたがとても濃い時間を過ごすことができました!」

「Jリーグ初ゴールをF・マリノスで決めるという目標は叶えられませんでしたが、また新たな目標があるので自分らしく頑張っていきたいと思います。皆さんの応援はいつも力になっていましたし、これからも応援していただけると嬉しいです」

「厳しい環境に揉まれて成長して這い上がります。このチャンスを活かしてもっと成長して恩返しできるように頑張ります。ありがとうございました!」

◆DF池田航
「またこの時期での移籍にはなりますが、もっともっと経験を積んできます。また一からとなりますが、これからも引き続き応援よろしくお願いします」

ンダウ・ターラは、新潟医療福祉大学から2021年に横浜FMに入団。プロ1年目はそのままFC町田ゼルビアへと期限付き移籍。明治安田生命J2リーグで2試合、天皇杯で1試合に出場。2年目の今季は明治安田生命J1リーグでデビューを果たしていた。

池田は横浜FMの下部組織出身で、2020年にトップチーム昇格。2020年途中にはSC相模原へ、2021年はカマタマーレ讃岐へと期限付き移籍。讃岐では明治安田生命J3リーグで2試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.111】ルヴァン8強敗退で残るはJ1タイトルのみ。パリ世代の主軸ボランチの最終アピールの行方はいかに?/藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス/MF)

「カタール・ワールドカップ(W杯)に行けたらいいですけど、そんなに簡単な壁ではない。この大会がよかったから呼ばれるというのはないと思うので。今回をきっかけに自信がついたので、Jリーグでもしっかり活躍していって、そういった日常が評価されていくことが大事だと思います」 先月27日のEAFA E-1選手権のラストマッチ韓国戦(豊田)。宿敵を撃破し、タイトルをつかむと同時に評価を大きく上げたパリ五輪世代の主軸ボランチ・藤田譲瑠チマ(横浜FM)は、いち早く先を見据えていた。 E-1では香港(鹿島)・韓国の2試合に出場。A代表初招集とは思えない堂々たるパフォーマンスを披露した。視野の広さやワイドな展開力、緩急をつけたパス回し、鋭い戦術眼はかつての小野伸二(札幌)を彷彿させるものがあった。フランス代表のエンゴロ・カンテ(チェルシー)や元フランス代表のクロード・マケレレになぞらえるメディアもあったほど、弱冠20歳の若武者はポジティブな印象を残した。だからこそ、その先が重要だったのだ。 本人も言うように、現段階でのA代表定着は藤田にとって険しい道だ。ご存じの通り、森保ジャパンのボランチ陣には、遠藤航(シュツットガルト)、守田英正(スポルティングCP)、田中碧(デュッセルドルフ)ら欧州組がひしめいており、鎌田大地(フランクフルト)や原口元気(ウニオン・ベルリン)もインサイドハーフの一角を占めつつある。そこに割って入ろうと思うなら、相当なインパクトが必要。Jリーグレベルを超越した一挙手一投足を示さない限り、3カ月後のカタール行きは叶わない。 そういう意味で、E-1後の横浜F・マリノスでの一挙手一投足が注目されていたが、残念ながら、チーム自体が芳しくない。7月30日の鹿島アントラーズとの上位対決に2-0で勝利し、J1制覇へ大きなアドバンテージを得たと思われたが、8月に入ってから停滞。YBCルヴァンカップのサンフレッチェ広島戦(ホーム&アウェー)とJ1・川崎フロンターレ戦で公式戦3連敗という予期せぬ苦境に直面しているのだ。 藤田自身も鹿島戦は後半途中から出場。白星に貢献することができたが、その後の3試合はスタメンに名を連ねながら、悪循環を断ち切ることができていない。もちろん直近の8月10日の広島戦は角田涼太朗の退場、畠中槙之輔のミスなどが重なり、広島にいいようにやられてしまったが、そういう時に流れをガラリと変えられるような存在にならなければいけないのも確かだ。 E-1の時にも「自分自身の改善点はボールを奪いきるところ。奪うべきところで奪いきれなかったり、攻撃で前を向ける時にバックパスしてしまうところは直さないといけない。森保(一)監督から何か言われたわけではないですけど、遠藤航さんとかと比較した時に自分はそういうところが足りないと思っています」と課題を口にしていた藤田。そこに積極的に取り組もうという姿勢は色濃く感じられる。が、現状では物足りなさも拭えない。もっともっと高い領域に到達すべく、努力を続けていくしかないのだ。 ただ、若い選手というのは、小さなきっかけで劇的に変化する可能性がある。ここ数試合は苦しんでいるかもしれないが、13日には湘南ベルマーレ戦(※台風の影響で当日中止)があるし、その直後にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の大舞台が控えている。 今回のACLの決勝トーナメントは日本開催。横浜は18日にヴィッセル神戸との一発勝負に挑み、勝ち上がれば、22日の準々決勝、25日の準決勝と進んでいくことになる。1週間で重要なゲームが3つ続くという点はE-1とほぼ同じ流れ。7月につかんだ飛躍のきっかけを再度、得られるのは朗報と言っていい。 「年上の人にも気負いなくやるっていうのが自分のいいところ。今までやってきたことを今まで通りにやれればいい」とも彼は語っていたが、どんな大舞台でも平常心で戦える強心臓は魅力。試合の重みが大きければ大きいほど力を発揮できる強みを今こそ、存分に示すべき時なのだ。 それをACLで実証できれば、9月の欧州遠征帯同への道も開けてくる。11〜12月の本大会前に直前合宿がないカタールW杯は、9月のインターナショナル・マッチデー(IMD)が最終調整の場と位置づけられている。そこでメンバー絞り込みも行われるだけに、本気でカタールに行きたいと願うなら、何としても遠征に滑り込まなければならない。 パリ世代のメインターゲットは2026年アメリカ・カナダ・メキシコ共催W杯になるが、早いうちに大舞台を経験できれば、それに越したことはない。藤田には目の前に転がっているチャンスを貪欲につかみにいってもらいたいのだ。 8月の公式戦は自身のキャリアの分岐点になるかもしれない。そのくらいの覚悟と決意を持ってピッチに立ってほしい。藤田の持てる全ての力を見せつけることで、新たな未来が開けるはずだ。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.08.13 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

オリジナル10の横浜FMと鹿島の違いを考えた/六川亨の日本サッカーの歩み

J1リーグは第24節を終了し、依然として横浜F・マリノスが首位に立っている。先週末の試合では、川崎フロンターレとの“新旧王者"の対決で、後半アディショナルタイム9分にジェジエウのヘッドから決勝点を許して10試合ぶりの敗戦を喫した。 もしもこの試合を横浜FMが勝利していれば勝点は51の大台に乗っていた。2試合消化の少ない川崎Fが連勝したら2位に浮上するものの勝点は43。残り10試合で逆転が可能かどうか微妙なところ。すでに柏、C大阪、鹿島、広島といった上位陣との対戦は終えているだけに、横浜FMの優位は動かない。 そんな横浜FMの“強さ"の秘訣にシティグループとの提携を指摘できるだろう。宮市亮のたび重なる負傷は、本人はもちろんのこと、チームにとっても痛手だったはず。すると昨日9日のことだ。チームはポルトガル2部モレイレンセの元ブラジルU-17代表だった23歳のFWヤン・マテウスの獲得を発表した。 チームには、得点王レースで首位に立つレオ・セアラを筆頭に、攻撃的なブラジル人選手が4人いる。マテウスは23歳と若いだけに、完全移籍で獲得したのは来シーズン以降を視野に入れてのことかもしれないが、それにしても打つ手が早い。絶えず先を見ての補強には感心するばかりだ。 その一方で、疑問に思ったのが鹿島アントラーズである。かつての“常勝軍団"も16年の優勝を最後に、ここ5シーズンは国内タイトルから遠ざかっている。とはいえ下位に低迷したわけではなく、17年が2位、18年と19年は3位、20年が5位、21年が4位とリーグ優勝こそ逃したもののACL圏内を狙える好位置につけてきた。 にもかかわらず、17年から3年間に渡り監督を務めた大岩剛(現U-21日本代表監督)が19年に退任すると、20年に就任したブラジル出身のアントニオ・カルロス・ザーゴは21年4月に解任。後任の相馬直樹(現大宮アルディージャ監督)も21年末に退任するなど、ここ3年間で3人も監督が交代している。 そしてレネ・ヴァイラー監督である。クラブ初の欧州出身監督で、元スイス代表でもあるヴァイラー監督だったが、横浜FM戦に続き6日に広島に0-2で負けて5位に後退すると、クラブは7日、ヴァイラー監督の解任を発表した。「フットボールにおける現状と今後の方向性について協議した結果、双方合意のもと契約を解除することとなった」と解任の理由を説明し、8日には岩政大樹コーチの監督就任を発表した。 鹿島は20年に就任したザーゴ監督の時代は「ポゼッションスタイル」への変更を模索したものの、すぐには結果が出なかった。しかしヴァイラー監督になり、トレンドである“強度"の高い守備と、“タテに速い"サッカーで一時は首位に立った。 ところが得点源のFW上田綺世がベルギーへ移籍すると、FW鈴木優磨も孤立して深刻な得点力不足に陥った。にもかかわらず、チームはFW染野唯月を東京ヴェルディへ期限付き移籍で、MFファンアラーノをG大阪へ完全移籍で放出するなど、攻撃陣のタレントを失った。 その一方で補強はベルギー2部ベールスホルトから完全移籍で獲得した、ナイジェリア出身のFWブレッシング・エレケだけ。単純計算でも戦力のプラス、マイナスは後者だろう。このため不振・低迷の原因を監督に求めるのは簡単だが、それではいつまでたっても「その場しのぎ」の悪循環を繰り返すだけではないだろうか。 過去にはそうやって衰退し、気付いたらJ2に降格したチームも少なくない。 その点、これまでの鹿島は、フロントのブレない強化方針と確かなスカウティングで数々のタイトルを獲得してきた。いま早急に手をつけるべきは、監督を交代するのではなく、上田に代わる実績のあるストライカーの獲得が急務であることは誰の目にも明らかだろう。さらには中長期的なチームの強化プランの策定も必要である。 かつて“常勝軍団"だったからといって、過去の名声で毎年リーグ優勝できるわけではない。そのことはフロントが一番よく知っているはずだが、19年7月にメルカリが親会社となってから、監督交代のサイクルが早まったことと関係しているのだろうか。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.08.10 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

広島が10人の横浜FMに完勝! 2戦合計5-2で8年ぶりの準決勝へ《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝の横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島の第2戦が10日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-2で広島が勝利し、準々決勝に進出した。 1週間前にエディオンスタジアムで行われた第1戦では、3-1でホームの広島が先勝。広島はその後、リーグ戦も鹿島アントラーズに完勝しており、強豪相手に連勝を収めている。 一方の横浜FMは広島戦後、リーグ戦で川崎フロンターレと対戦。白熱の試合を繰り広げたが、後半アディショナルタイムの失点で、10試合ぶりの黒星を喫した。 試合は2点差を追いかけるホームの横浜FMが先に仕掛ける。4分、前線からのプレスでショートカウンターに転じると、ボックス中央の藤田から右に走り込む水沼に展開。フリーでシュートを放ったが、GK大迫の好セーブに遭った。 立ち上がりのピンチを切り抜けた広島もすぐに攻勢に出る。8分、森島が右サイドからパス交換しながら徐々に中央へ。ゴール前のベン・カリファへのラストパスは畠中にカットされてしまったものの、ベン・カリファが背後から奪い返し、左足で豪快にゴールに突き刺した。 素早い攻守の切り替えが功を奏し、上手く相手の出鼻をくじいた広島。その後も継続して前線からのプレッシングを続ける中で、横浜FMの渡辺が角田にバックパスを出したところを森島が奪取。一気にゴール前に抜け出ようとしたところを角田に倒された。 このプレーで角田には決定機阻止の理由でレッドカードが提示され、横浜FMは3点のビハンドのうえ、残り75分を10人で戦うことになってしまった。 しかし直後の22分、左から中に切り込んだマルコス・ジュニオールがボックス手前の水沼にパスを入れると、水沼はワンタッチでボックス右へ展開。ここで待っていたレオ・セアラが冷静に流し込んでネットを揺らした。 これを反撃の狼煙としたいところだったが、その後は数的有利のある広島のペースが続いていく。すると37分、佐々木のスルーパスで柏が左サイドを突破し、グラウンダーのクロスを供給。逆サイドから走り込んでいた野上がプッシュし、追加点とした。 これで再び3点差に広げ、アウェイゴールでも上回った広島。40分に塩谷が負傷し、藤井をスクランブル投入するアクシデントに見舞われるが、失点以外は概ね完璧な試合運びを見せた。 後半に入ると、横浜FMはマルコス・ジュニオールを下げ、来季加入が内定している関東学院大学の村上悠緋を投入。48分に水沼から村上を狙ったクロスが上がったが、ここは合わせられず。 一方の広島は、数的優位を生かして極めて冷静にボールを回していく。そのなかで森島や満田が立て続けにゴール前に攻め込むなど、さらなる得点の予感をさせる。 ただ、65分過ぎに塩谷に続いて野上が右足を痛めてしまうことに。代わりに鹿島戦で広島初ゴールを決めた川村が投入された。 73分には左の柏のクロスから途中出場のドウグラス・ヴィエイラがヘディングシュート。直後の74分には森島に後半最大の決定機が訪れるも、ここも決められず。 それでも最後まで余裕のある試合運びを見せた広島がリードを保ったまま勝利。2戦合計スコア5-2で8年ぶりの準決勝進出を決めた。なお、9月21日と25日に行われる準決勝ではヴィッセル神戸を退けたアビスパ福岡と対戦する。 横浜FM 1-2(AGG:2-5) 広島 【横浜FM】 レオ・セアラ(前21) 【広島】 ナッシム・ベン・カリファ(前8) 野上結貴(前37) 2022.08.10 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

これぞフェアプレーの鑑!「優しすぎる」、「さすがキャプテン」横浜FMの喜田拓也が熱戦で見せた行動力が話題…負傷の主審にいち早く気がつく

これぞキャプテン。フェアプレーをまさに体現したシーンと言えるだろう。 Jリーグ公式SNSが切り取ったワンシーンは、7日に行われた明治安田生命J1リーグ第24節の川崎フロンターレvs横浜F・マリノスの一戦からだった。 首位に立つ横浜FMと、消化試合が少ない中で2位につける可能性がある川崎Fの対戦。近年タイトルを争い続ける両者の頂上決戦となった。 白熱した一戦は互いに譲らず1-1の同点で終わるかと思われた中、後半アディショナルタイムのラストプレーでジェジエウがヘディングを決めて、川崎Fが2-1と競り勝っていた。 素晴らしい熱戦となったが、試合途中にアクシデントが発生。1-1で迎えた74分に主審を務めていた木村博之主審が突如足を引きずることに。その異変にいち早く気がついたのが、横浜FMのキャプテンだる喜田拓也だった。 左太もも裏を押さえて違和感を覚えていた木村主審に近寄り声をかけると、すぐさまベンチに向かって交代を指示。チームドクターと担架を呼んだのだ。 チームドクターに状況を説明し、そのまま木村主審は交代。第4審の佐藤誠和氏と交代していた。 素晴らしい振る舞いには「素晴らしい」、「優しすぎる」、「相手チームながら素晴らしい振る舞いだと思いました」、「視野が広い」、「さすがキャプテン」と多くの称賛の声。難しい試合での試合終盤という大事な場面ながら、周囲の異変に気がづける力はさすがと言えるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】頼れるキャプテン・喜田拓也、称賛されるべきフェアプレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="f9u8x-vEeDM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.09 22:28 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMがブラジル人FWヤン・マテウスを完全移籍で獲得…ポルトガルで活躍のウインガー

横浜F・マリノスは9日、モレイセンセからブラジル人FWヤン・マテウス(23)を完全移籍で獲得することを発表した。 背番号は「20」に決定。メディカルチェック後に正式契約を結ぶとのことだ。 ヤン・マテウスはクラブを通じてコメントしている。 「新しいチャレンジに向けて、とてもモチベーションが高く、うれしい気持ちです。早く試合に出場して横浜F・マリノスのファン・サポーターのみなさんに会えることが待ち遠しいです。クラブのすべての目標を叶えるために、チームの助けとなれるよう、全力を尽くすことを約束します!」 右ウイングを主戦場に左ウイングでもプレー可能なアタッカーで、パウメイラスの下部組織出身。ポルトガルのエストリルやブラジルのスポルチ・レシフェ、そして2020年8月からモレイレンセへとレンタル移籍を繰り返している。 モレイレンセでは公式戦66試合で13ゴール10アシストを記録。プリメイラリーガ(ポルトガル1部)では通算59試合で10ゴール7アシストを記録している。 出場歴はないが、U-17ブラジル代表に招集歴もある選手。右ヒザ前十字じん帯断裂で手術を受け、全治8カ月となった日本代表FW宮市亮の代役としての活躍が期待されている。 2022.08.09 21:13 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly