サンプ退団の吉田麻也、新天地はDF補強が急務のシャルケか

2022.07.05 01:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアを退団した日本代表DF吉田麻也(33)の新天地がドイツになる可能性があるようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。

名古屋グランパス、VVVフェンロ、サウサンプトンでプレーした吉田は、2020年1月にサンプドリアへとレンタル移籍で加入。ちょうど時を同じくして新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中で蔓延。多くの感染者、被害者を出す中、新たな土地イタリアでのキャリアをスタート。半年のプレーでチームの信頼を得ると、そのまま完全移籍を果たした。

2年半の在籍で、セリエA72試合に出場し3ゴール6アシストを記録。チームの守備の軸としてプレーした一方で、今年1月の負傷後は低パフォーマンスもあり、序列が低下。シーズン終盤は満足にプレーせず、契約満了の6月30日をもって退団となった。

そんな吉田には、セリエAに初昇格を果たしたモンツァやトルコ王者のトラブゾンスポルなどが関心を示したが、ロマーノ氏によれば新天地はシャルケになるようだ。

2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)を制して1年でのブンデスリーガ復帰を決めたシャルケは、昨季センターバックとして活躍した日本代表DF板倉滉の買い取りオプション行使見送り退団。また、コンビを組んだU-21ドイツ代表DFマリック・チャウの流失も懸念されている。

今夏のセンターバック補強が急務となっているシャルケは、一時セルティックのフランス人DFクリストファー・ジュリアンの獲得に迫ったが、クラブ間交渉が決裂し土壇場で破断に。そこで白羽の矢が立ったが吉田だ。

なお同氏によれば、吉田は5日にもドイツに向かいメディカルチェックを受けるとのことだ。

関連ニュース
thumb

吉田麻也、高級SUV「レンジローバー」の乗りこなしが「やはりかっこいい」「渋い~」と反響

シャルケの日本代表DF吉田麻也が新型レンジローバーを乗りこなしている。 サウサンプトンに在籍していた2018年7月にランドローバーのブランド・アンバサダーに就任していた吉田は、29日に自身のSNSを更新。2021年末に刷新された5代目レンジローバーのハンドルを握る姿を披露した。 吉田が運転席に座ったのは、新型レンジローバーのオートバイオグラフィー P530だ。スーツに身を包んだ吉田とラグジュアリー感ある車の組み合わせは高級感に溢れている。 日本代表キャプテンと高級SUVの2ショットにはファンからも「渋い~」、「やはりRANGE ROVERかっこいい」、「かっこいい車がよくお似合いで」、「めちゃくちゃかっこいいです」と反響を呼んでいる。 <span class="paragraph-title">【写真】吉田麻也と新型レンジローバーのラグジュアリーな2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjEPERrje5_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjEPERrje5_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjEPERrje5_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Maya Yoshida(@mayayoshida22)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.29 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「75%元フロンターレ」ミズノのモデルに起用された“人選”にファン注目「推しの揃い踏み!」

ミズノは27日、「ミズノフットボール22AWコレクション」のモデルに、日本代表のDF吉田麻也(シャルケ)、MF守田英正(スポルティングCP)、MF田中碧(デュッセルドルフ)、MF旗手怜央(セルティック)の4人を起用することを発表した。 いずれも9月の日本代表メンバーに招集されており、以前からミズノのスパイクを着用してきた選手たちだ。 偶然にも吉田以外の3人はJリーグ時代に川崎フロンターレでプレー。そのこともあり、ファンも「推しの揃い踏み!」、「良い人選」、「圧倒的川崎色」、「かっこいい」、「75%元フロンターレw」と喜んでいる。 元々、川崎Fの選手たちはミズノのスパイクを着用している選手が多い。また、日本代表ではGK権田修一(清水エスパルス)やMF相馬勇紀(名古屋グランパス)もミズノのスパイクを着用している。 <span class="paragraph-title">【写真】「かっこいい」ミズノのウェアに身を包んだ4人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjAXDiZP2fk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjAXDiZP2fk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjAXDiZP2fk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ミズノフットボール(@mizuno_football_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.28 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「これは好感度マックス」吉田麻也が日本戦にまで応援に来た外国人シャルケサポーターと“アツい交流”「すてきー!」

1人のシャルケサポーターの願いが叶った。 ドイツでトレーニングキャンプを行っている日本代表。23日にはアメリカ代表との親善試合を戦い、2-0で完勝していた。 ヨーロッパで最大の日本人コミュニティが形成されている街としても知られているデュッセルドルフでの一戦には多くの日本代表ユニフォームを着たサポーターたちが駆けつけていたが、ひとりのシャルケサポーターも来場していた。 シャルケのウェアを身に纏い、シャルケのユニフォームを掲げる男性サポーターは、今シーズンからシャルケに加入したDF吉田麻也に声援を送り続けていた。 そして試合後、スタンドのサポーターたちに挨拶に回っていた日本のイレブンだが、そこで吉田がその男性を改めて見つけると、看板を乗り越えて固い握手。さらに、男性が持っていたシャルケのユニフォームと吉田のユニフォームの交換が行われた。 この様子はシャルケの日本語版公式ツイッターやSNSでも紹介されており、多くのファンも「素晴らしい対応」、「すてきー!」、「痺れる」、「最高に良い話」、「これは好感度マックスだなぁ〜」、「最高だな!」と心を打たれたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】外国人サポーターと吉田麻也のやり取りに周囲の観客も拍手!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="K56D916aQII";var video_start = 1179;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.26 12:02 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田躍動のフランクフルトがシュツットガルトに快勝! 2季ぶりのレヴィア・ダービーはドルトムントに軍配【ブンデスリーガ日本人選手】

ブンデスリーガ第7節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第7節では遠藤、伊藤の所属するシュツットガルトが鎌田、長谷部の所属するフランクフルトと激突。また、吉田が所属するシャルケは、ドルトムントと2年ぶりの“レヴィア・ダービー”を行った。 日本人選手4人が先発したシュツットガルトvsフランクフルトは、開始早々の6分にフランクフルトが先制。鎌田が直接FKでゴールに迫るとGKが弾いたルーズボールをローデが頭で押し込んだ。 1点のリードで前半を終えたフランクフルトは、後半の立ち上がりに追加点を奪う。55分、ボックス手前左で得たFKを鎌田が直接狙うと、ディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 その後、トマスのミドルシュートで1点を返されたフランクフルトだったが、88分に鎌田の左CKからヤキッチのヘディングシュートを突き刺し、試合を決定づける3点を奪取。 結局、試合はそのまま1-3でタイムアップ。日本人選手4人がフル出場した一戦は鎌田の活躍でフランクフルトに軍配が挙がった。 また、ドルトムントとの“レヴィア・ダービー”に臨んだ吉田のシャルケは、78分にヴォルフの左クロスからムココにヘディングシュートを決められ、ドルトムントに先制を許す。 何とか反撃に出たいシャルケだったが、ドルトムントの要所を締める守備に阻まれ、ゴールは奪えず。2年ぶりのダービーは1-0でドルトムントが勝利した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽9/17 ボルシアMG 3-0 ライプツィヒ ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426910">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場、55分にゴールを記録 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426903">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽9/18 ホッフェンハイム 0-0 フライブルク ◆78分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426967">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽9/17 ドルトムント 1-0 シャルケ ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426905">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽9/18 ウニオン・ベルリン 2-0 ヴォルフスブルク ◆ベンチ入りも出場せず ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426903">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽9/18 ボーフム 1-1 ケルン ◆ケガのため欠場 2022.09.19 06:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ロイス、またも大舞台前に不運…シャルケとのダービー戦で足首捻って担架で交代

ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスがまたも大舞台を逃す恐れが生じている。 今秋にカタール・ワールドカップを控える今季もドルトムントの顔であり続けるロイス。17日に行われたブンデスリーガ第7節のシャルケとのダービーマッチも先発したが、28分にMFフロリアン・フリックと接触した際の着地で右足首を捻ってしまった。 パッと見でも嫌な捻り方をしたロイスは即座に崩れ落ち、両手で顔を覆って悶絶。メディカルスタッフもすぐさま駆けつけたが、自力での歩行も難しく、チームメイトから心配そうに見つめられながら担架に乗せられ、31分に交代を強いられている。 ドイツ『ビルト』によると、ロイスは後半開始前に右足首に包帯を巻かれ、車でスタジアムを後に。スポーツディレクターのセバスティアン・ケール氏はドイツ『スカイ』で「じん帯を痛めた恐れがある。検査結果を待たないと、全治はわからない」と話した。 一方で、エディン・テルジッチ監督からは6〜8週間の離脱予想を問われ、「彼はこれまで何度も足首を痛めているが、そんなに長引かないと思う」と期待感を持たせる発言もあったようだが、とにかく、今はクラブからの検査結果が待たれるところだ。 2018年のロシア・ワールドカップこそ出場したが、2014年のブラジル大会をはじめ、これまでも数々のビッグトーナメントをケガで棒に振った過去を持つロイス。カタール大会まであと2カ月ほどしかなく、さらなる悲劇も頭をよぎるが、果たして。 2022.09.18 11:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly