ブレントフォード、アーセナル関心のボローニャDFヒッキー獲得が決定的に

2022.07.03 15:08 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレントフォードが、ボローニャからスコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(20)を獲得することが決定的となった。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

今夏の移籍市場では元同僚である日本代表DF冨安健洋を、昨夏に獲得したアーセナル行きの可能性が伝えられたヒッキーだが、今年1月の段階ですでに関心を示してきたブレントフォード行きを決断。

両クラブは1400万ポンド(約23億円)+アドオンの条件でクラブ間合意に至っており、すでに2027年までの5年契約で同意している20歳DFは、来週に現地に渡り、メディカルチェックを受診後、正式にビーズの一員となる見込みだ。

ハーツとセルティックの下部組織に在籍経験があるヒッキーは、2019年5月にハーツでトップチームデビューを飾った両利きのサイドバック。2020年夏に加入したボローニャではセリエ47試合に出場し、5ゴール1アシストの数字を残している。

185cmの恵まれた体躯に加え、フィジカルとテクニックレベルも総じて高い万能型のサイドバックは、両足をそん色なく操るが、主戦場は左サイドバックとウイングバック。

攻撃では果敢なオーバーラップで推進力をもたらすと共に、両利きを生かしてビルドアップの起点やインスウィング、アウトスウィングのクロスでチャンスを演出。より伸びしろを残す守備ではフィジカル向上と共に、守備の国で戦術理解度を高めてきた。

3バックと4バックを併用するブレントフォードでは、イングランド人DFリコ・ヘンリーが左サイドでほぼフル稼働となっていただけに、ヒッキー獲得は大きな補強となるはずだ。


関連ニュース
thumb

ユナイテッドが4失点惨敗で開幕2連敗…テン・ハグ「ファンに申し訳ない」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が詫びのコメントを発した。イギリス『BBC』が報じている。 ユナイテッドは13日のプレミアリーグ第2節でブレントフォードのホームに乗り込み、0-4の敗北で開幕2連敗。10分から17分までにGKダビド・デ・ヘアの処理ミスと不用意なパスで2失点を喫すると、以降も混乱に陥り、前半だけで4失点と守備が崩壊した。 FWクリスティアーノ・ロナウドが初先発した攻撃陣も沈黙を続け、ひどいやられっぷりに終わったユナイテッドはデータ集計会社『Opta』いわく、1992年8月21日以来、30年ぶりのプレミア最下位に。テン・ハグ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で発言した。 「チームとして責任を負わないといけない。ファンに対しては本当に申し訳なく思っている。彼らは全力でサポートしてくれたのに、我々が失望させてしまった」 「チームで、個々で、ピッチ上で責任を負う必要があるが、できなかった。選手に求めたのは信念を持ってのプレーと、パフォーマンスに責任を持つことだった」 「そこを改善しないといけない。監督にも責任がある。責任の所在は主に監督であり、私はそれを受け止め、取り組んでいく」 また、「我々はチームとして困難なプロセスの最中。異なる形でのスタートが期待されたはずで、我々が期待したものでもない」とも述べ、さらなる補強を口にしている。 「新たな選手たちが必要だ。クオリティのある選手がね。それに取り組んでいるし、彼らを口説き落とすために全力を注いでいる」 2022.08.14 09:20 Sun
twitterfacebook
thumb

新生ユナイテッドがブレントフォードに屈辱の4失点大敗…開幕連敗で次節リバプールとのビッグマッチへ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、ブレントフォードvsマンチェスター・ユナイテッドが13日にグリフィン・パークで行われ、ホームのブレントフォードが4-0で圧勝した。 テン・ハグ新体制の初陣となったホームでのブライトン戦に1-2で敗れ、厳しい船出を強いられた新生ユナイテッド。その開幕戦の失態を払しょくしたい赤い悪魔は、開幕ドロースタートのブレントフォードのホームに乗り込んだ。 オランダ人指揮官は初戦からマクトミネイに代えてクリスティアーノ・ロナウドを起用し、[4-2-3-1]の布陣を採用。最前線にロナウド、2列目に右からサンチョ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードが入った。 立ち上がりからボールを握り、開始直後にはロナウドが早速シュートを放つなど、まずまずの入りを見せたユナイテッド。しかし、思わぬミスから開幕戦に続いて先制を許す。 10分、自陣右サイドでのスローインからロナウドが中央でボールを奪われてカウンターを許すと、ペナルティアーク付近でダシルバが右足で放ったシュート。ゴール右下隅の良いコースに飛んだとはいえ、ボールの勢いを考えれば、問題なく対応できるものだったが、GKデ・ヘアが脇の下を抜かれる失態で先制点を献上した。 これで俄然勢いづくホームチームに対して、早い時間帯の同点ゴールを目指すユナイテッドは、前がかって攻めに出る。しかし、開幕戦でも露呈した不安定なビルドアップを相手に突かれる。 攻撃時にアンカーに入るエリクセンの直前のボールロストはマグワイアのカード覚悟のファウルで事なきを得るが、18分にはゴールキックのリスタートの際に相手が完全に狙っていた中、GKデ・ヘアからエリクセンに出したパスに猛然としたプレスを仕掛けたイェンセンにボックス内でボールを奪われ、巧みな切り返しから右足のシュートを流し込まれ、再びミスから2失点目を喫した。 信じがたいミスの連続で開幕戦に続く2点ビハインドとなったユナイテッドは、ボールを握って攻め手を窺うものの、持たされる印象が強く相手の5バックを揺さぶり切れない。そうなると、流れに関係なくゴールを決められるエースに期待がかかるが、立ち上がり以降はなかなか見せ場を作れない。 すると、苦境の中で粘りを欠くチームは耐え切れない。まずは30分、ブレントフォードの右CKの場面で大外のトニーに頭で折り返されると、ファーサイドで待つベン・ミーに泥臭く頭で押し込まれて3失点目。さらに、35分には人数をかけた攻撃で攻め切れず、相手ボックス内からのクリアでロングカウンターを浴びる。左サイドのスペースに飛び出したトニーに速いタイミングでムベウモへのラストパスを許すと、DFショーの必死の戻りも及ばずにボックス内へ侵入したムベウモに左足のシュートを流し込まれ、屈辱の4失点目となった。 この連続失点で完全に心が折れたようにも見えるアウェイチームは、まずは1点ずつを返そうと攻勢を強めていく。だが、相手を上回るプレー強度はなくさしたる見せ場を作れぬまま、最悪な形でハーフタイムのドレッシングルームに戻ることになった。 迎えた後半、テン・ハグ監督はリサンドロ・マルティネス、ショー、フレッジを下げてヴァラン、マラシア、マクトミネイをそれぞれ同じポジションで投入。攻撃に全振りの交代というよりも、まずは崩壊しかけていた部分にテコ入れを図る形となった。 後半立ち上がりの守勢を凌いで徐々に押し込む時間帯を作り出すユナイテッドだが、4点リードによって余裕を持って守る相手の守備に苦戦。ボールは握るものの攻めあぐねる状況が続き、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない。 さらに、存在感を欠いたサンチョを諦めてエランガを60分過ぎにピッチへ送り出すが、この交代策も流れを引き寄せるまでには至らない。ゴールが遠く時間だけが過ぎていく中、80分過ぎにはグリフィン・パーク帰還のエリクセンに見せ場も、ボックス中央でのシュートチャンスで枠に飛ばすことができない。 その後も覇気のない戦いに終始したユナイテッドは、無抵抗のままタイムアップを迎え、敵地で屈辱の0-4の大敗。厳しい開幕連敗スタートとなった赤い悪魔は、最悪な形で次節リバプールとのビッグマッチに臨むことになった。 2022.08.14 03:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ブレントフォード、デンマーク代表MFダムスゴーアを完全移籍で獲得

ブレントフォードは10日、サンプドリアに所属するデンマーク代表MFミッケル・ダムスゴーア(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなる。 ダムスゴーアは2020年9月に母国のノアシェランからサンプドリア入り。昨季はケガでシーズンの大半を棒に振ったものの、切れ味鋭いドリブルやカットインからのシュートが魅力のマルチアタッカーだ。 デンマーク代表としては通算16試合4得点。昨夏のEUROでは準決勝のイングランド代表戦で直接FKを叩き込むなど、大会通算2得点1アシストの活躍。ベスト4進出の立役者となった。 ブレントフォードを率いるトーマス・フランク監督は、ダムスゴーアについて以下のように語った。 「ダムスゴーアにはゴールを生み出す能力もあるし、選手たちをかわしてボールを持ち上がる能力もある。これはチームにとって大きな財産だ。彼はチャンスを作ってくれるだろうし、狭いエリアからボールを持って抜け出すのが素晴らしいので、我々もその恩恵を受けることができるだろう」 「彼は4-3-3システムの8番、あるいは10番としてプレーできると考えている。また、ウイングでもプレーできる。彼の攻撃的な能力を最大限に引き出すことができると思う方法で、彼を起用するつもりだ」 2022.08.11 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ブレントフォードがデンマーク代表MFダムスゴーア獲得を決定的に!

ブレントフォードがサンプドリアのデンマーク代表MFミッケル・ダムスゴーア(22)獲得を決定的なものとしたようだ。 ダムスゴーアは2020年9月に母国のノアシェランからサンプドリア入り。昨季はケガでシーズンの大半を棒に振ったものの、切れ味鋭いドリブルやカットインからのシュートが魅力のマルチアタッカーだ。 デンマーク代表としては通算16試合4得点。昨夏のEUROでは準決勝のイングランド代表戦で直接FKを叩き込むなど、大会通算2得点1アシストの活躍。ベスト4進出の立役者となった。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ブレントフォードは移籍金1400万ユーロ(約19億2000万円)+ボーナス600万ユーロ(約8億2000万円)でサンプドリアと合意した模様だ。 ダムスゴーアは8日にもロンドンでメディカルチェックを受ける見通し。契約は2026年までの4年間とみられている。 2022.08.08 16:29 Mon
twitterfacebook
thumb

ブレントフォード、ユーロでブレイクしたダムスゴーア獲得に迫る

ブレントフォードがサンプドリアに所属するデンマーク代表MFミッケル・ダムスゴーア(22)の獲得に迫っているようだ。 昨夏に行われたユーロ2020でライジングスターとして大きな注目を集めたダムスゴーア。しかし、昨シーズンは左太ももに負った重傷により、長期離脱を余儀なくされた結果、セリエA11試合の出場にとどまった。 これにより、昨夏に4000万ユーロ(約53億6000万円)前後の強気な移籍金の設定をしていたサンプドリアは、より現実的なオファーを受け入れる構えだ。 そういった中、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、デンマーク資本でトーマス・フランク監督を含め、多くの同国出身の選手を抱えるブレントフォードがダムスゴーア獲得に近づいていると報道。 現時点で交渉は完了していないものの、1500万ユーロ(約20億1000万円)+アドオンという条件で、交渉が順調に進んでいる模様だ。 デンマーク屈指の育成組織を誇るノアシェラン出身のダムスゴーアは2020年夏にサンプドリアへ加入。2020-21シーズンは左右のウイングや攻撃的MFを主戦場に、初挑戦のセリエAで35試合に出場し、2ゴール4アシストの数字を残していた。 切れ味鋭い仕掛けと優れたスプリント能力を武器にスペース、密集の双方で局面を打開できる上、ユーロで見せたように多彩なキックを生かしたラストパスやフィニッシュも兼備する万能型のアタッカー。決定力やアタッキングサードでの判断は今後の課題と言えるが、伸びしろ十分の逸材だ。 今夏にマンチェスター・ユナイテッドへ旅立った同胞MFクリスティアン・エリクセンとはタイプが異なるものの、ブレントフォードでは新たなチャンスメーカーとしての活躍が期待されるところだ。 2022.08.02 15:13 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly