バルサ退団のL・デ・ヨング、古巣復帰迫る! PSVがメディカルチェック発表

2022.07.02 10:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに別れを告げ、セビージャにひとまず戻るオランダ代表FWルーク・デ・ヨング(31)だが、来季からは母国の古巣PSVでプレーするようだ。

L・デ・ヨングは昨夏、セビージャからのローンでバルセロナ入り。当時の指揮官だった同胞のロナルド・クーマン氏が熱望しての移籍実現で、周囲からの懐疑的な声に晒され、出番も限定的だった。

結局、10回の先発機会でプレータイムも936分間に終わったが、年明けぐらいからスーパーサブとして地位を確立。今年1月に移籍が噂されたりもしたが、公式戦29試合に出場して7得点を記録した。

だが、買取オプションも有したバルセロナは1日、レンタル終了に伴う退団を発表。L・デ・ヨングを巡ってはメキシコのトルーカ行きも取り沙汰されたが、PSVが1日に復帰間近をアナウンスしている。

PSVの発表によると、L・デ・ヨングはすでに現地入りしてメディカルチェックを受診。保有権を持つセビージャとの商談は進み、選手との交渉も最終局面で、2日にさらなる報告ができる見通しだという。

なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏いわく、PSVとセビージャは移籍金400万ユーロ(約5億6000万円)でクラブ間合意に達した模様だ。

関連ニュース
thumb

ユナイテッド、PSVのオランダ代表FWガクポに再トライ? 今夏は獲得断念も

マンチェスター・ユナイテッドが今夏に引き続き、PSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)を注視しているようだ。 ガクポは今夏、ユナイテッドやリーズ・ユナイテッド、サウサンプトンなどからの関心が話題に。最終的にはPSV残留を決断するも、迎えた今季は公式戦13試合で10得点9アシストと、キャリアハイの活躍を披露している。 ユナイテッドは当初、ガクポに2500万ポンド(約39億円)のオファーを用意していたが、ブラジル代表FWアントニーの獲得に8500万ポンドと予想以上の資金を注ぎ込んでしまったため、ガクポは断念。イギリス版『フォーブス』によると、ユナイテッドは来冬ないし来夏の獲得を目指し、再トライする可能性が高いとのことだ。 ガクポ自身も先日、「代表チームのコーチに相談し、W杯直前の移籍は理想的ではないとのアドバイスに従った」とコメント。今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)終了後の移籍市場ではステップアップを躊躇しないともとれる発言が注目されていた。 2022.09.29 18:12 Thu
twitterfacebook
thumb

10月のアーセナルvsシティが延期に…延期となったELのアーセナルvsPSV開催で日程変更

プレミアリーグは14日、10月19日に予定されていたアーセナルvsマンチェスター・シティの日程変更を発表した。 これはアーセナルが参加しているヨーロッパリーグ(EL)のPSV戦が9月15日に予定されていたものの、エリザベス2世女王陛下が逝去され、警察体制の問題があるために中止となっていた。 プレミアリーグと欧州サッカー連盟(UEFA)が協議を行い、10月20日(木)にアーセナルvsPSVが開催。そのため、10月19日(水)に予定されていたアーセナルvsシティが延期となった。 なお、アーセナルvsシティの日程に関しては、改めて発表されるという。 2022.09.14 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ELのアーセナルvsPSVの延期が決定、エリザベス女王逝去を受けた警察体制の問題で

欧州サッカー連盟(UEFA)は12日、ヨーロッパリーグ(EL)グループA第2節のアーセナルvsPSVが延期することを発表した。 15日にアーセナルの本拠地エミレーツ・スタジアムで予定した同カードだが、8日に逝去したエリザベス2世女王陛下の追悼がイギリス全土で広がる中、試合に関連する警察のリソースと組織上の問題が深刻な制限にあうためとして延期が決定した。 なお、新たな日程については追って発表するとのことだ。 今季のCLやヨーロッパリーグ(EL)、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)には、アーセナル以外にもイングランド、スコットランドのクラブが出場。CLでは13日開催予定のレンジャーズvsナポリが14日に日程変更されていた。 2022.09.12 23:50 Mon
twitterfacebook
thumb

フルアムがダン・ジェームズとカルロス・ヴィニシウスを獲得!

フルアムは1日、リーズ・ユナイテッドのウェールズ代表FWダニエル・ジェームズ(24)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ジェームズはアカデミーから在籍したスウォンジー・シティでブレイクを果たし、2019年夏にマンチェスター・ユナイテッドへのステップアップを図った。しかし、加入2年目にはクラブの前線補強の煽りを受ける形で、2500万ポンド(約40億5700万円)の移籍金でリーズへ完全移籍した。 そのリーズでは加入初年度にリーグ戦32試合4ゴール5アシストを記録。本職の右ウイングに加え、左ウイングやチーム事情でセンターフォワードでもプレー。今シーズンは開幕戦こそ欠場したものの、以降4試合に出場していた。 今夏の移籍市場終盤にはトッテナムやエバートンが関心を強めていたが、最終的にはより出場機会を得やすい昇格組フルアムへのレンタルが決定した。 また、フルアムは同日、ベンフィカからブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となるが、1年の延長オプションが付随している。 2019-20シーズンのベンフィカで公式戦24ゴール13アシストの活躍をみせたヴィニシウスは、2020年夏の移籍市場でトッテナムに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。 トッテナムではイングランド代表FWハリー・ケインのバックアップとしてカップ戦を中心に、公式戦22試合10ゴール3アシストの数字を残した。ただ、プレミアリーグでは思うような存在感を示すことができず、トッテナムは買い取りを見送っていた。 昨夏にはPSVへ買い取りオプション付きの2年レンタルで加入。加入1年目となった昨季は公式戦38試合7ゴール7アシストの数字を残した。 ただ、ルート・ファン・ニステルローイ新監督の下、クラブはオランダ代表FWルーク・デ・ヨングらを獲得したこともあって序列は低下。そういった中、フルアムがセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチのバックアップとして獲得に動く形となった。 2022.09.02 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

PSVがアストン・ビラからエル・ガジを獲得!

PSVは8月31日、アストン・ビラから元オランダ代表FWアンワル・エル・ガジ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「21」に決定。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。 エル・ガジはアヤックス下部組織出身のサイドアタッカー。2014-15シーズンにファーストチームでプロデビューし、1年目からいきなりエールディビジ31試合9得点8アシストという活躍で注目の的に。リール移籍を経て、2018年夏からはアストン・ビラに在籍している。 ビラ加入後は主力選手の1人として活躍。だが、昨シーズンは控えに回ることが多くなり、後半戦はエバートンへレンタル。しかし、ここでも戦力になれず、プレミアリーグでは2試合の出場にとどまった。 ビラに復帰した今シーズンもここまで出番はなく、スティーブン・ジェラード監督の構想外となっていた。 一方、PSVは主力のU-21イングランド代表FWノニ・マドゥエケがケガで離脱中のほか、オランダ代表FWコーディ・ガクポにもプレミアリーグ移籍の可能性が消えておらず、前線の新たなオプションとして元オランダ代表FWに白羽の矢が立った形だ。 2022.09.01 01:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly