スパーズがリシャルリソン&A・ゴードンの両獲りへ! 今週にエバートンにオファー掲示

2022.06.27 22:08 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムがブラジル代表FWリシャルリソン(25)に加え、U-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)をエバートンから獲得するプランを構想しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

トッテナムは今夏の移籍市場で、左右のウイングに加え、イングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーも務められるリシャルリソンを前線のトップターゲットに設定。

相手方が望むイングランド代表MFハリー・ウィンクスの交渉と並行する形で、トフィーズのエース獲得に向けた動きを進めている。

さらに、『スカイ・スポーツ』が報じるところによれば、トッテナムは前述の交渉の中で、エバートン生え抜きのアタッカーであるゴードンの獲得にも動いているという。

16歳でトップチームデビューを果たした早熟のアタッカーは、2列目を主戦場に相手の逆を突く巧みなドリブル、視野の広さと正確なキックを生かしたラストパスで異才を放ち、今季のプレミアリーグでは35試合4ゴール2アシストと主力の活躍を果たした。

ミドルズブラのU-21イングランド代表DFジェド・スペンスの獲得に動いているように、トッテナムはイングランド産の若手選手獲得を補強プランに掲げている。さらに、前エバートンのグレタル・ステインソン氏をパフォーマンス・ディレクターとして招へいしており、同氏による推薦があった可能性も考えられる。

なお、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の問題を抱えるエバートンは、今月末までに主力の売却を検討しているとも言われており、トッテナムは今週中に両選手に対する公式オファーを掲示する見込みだという。

関連ニュース
thumb

ペリシッチが慣れ親しんだドイツの地でバウンスバック誓う 「チームメイトと監督を信じている」

トッテナムのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチがフランクフルト撃破への意気込みを語った。 チャンピオンズリーグ(CL)のグループDで本命と目されるトッテナムだが、前節のスポルティングCP戦での敗戦によって1勝1敗の2位に位置。ここからは同じく1勝1敗で3位につけるフランクフルトとの重要な連戦に挑む。 先週末に行われたアーセナルとのノースロンドン・ダービーを1-3で落とし、今季リーグ戦初黒星を喫した中で久々のドイツ帰還となったクロアチア代表は慣れ親しんだ地でのバウンスバックを期している。イギリス『フットボール・ロンドン』が同選手の会見コメントを伝えている。 「(ダービー敗戦後の雰囲気は)厳しかったよ。ダービーであろうと他の試合であろうと、負ければ嫌な気分になるものだ。だけど、フットボールでは、他のスポーツと同じように、またチャンスがある」 「もっと良い試合、もっと良いプレー、もっと走らなければならないし、クラブのために戦わなければならない。この前の試合では、それができなかった。僕はチームメイトと監督を信じているし、明日はそれを見せられると思っている。明日はグループリーグ突破に向けて、本当に大事な一歩になると思う」 また、過去にドルトムント、ヴォルフスブルク、バイエルンとドイツの3クラブでの経験を持つベテランアタッカーは、イングランドとドイツの違いについても言及。 「ドイツに戻るのはいつでも嬉しいよ。ドイツでは3つのクラブで5年間プレーし、多くのトロフィーを獲得することができた。また、ドイツで2人の子供を授かったことも、僕にとっては特別なことだね」 「リーグを比較すると、ドイツはとても似ていて、スペースが広い。ここで過ごした時間は楽しかったよ。プレミアリーグとの違いは、本当に良いチームが5、6チームあることかな。僕にとっては、それが唯一の違いだね。個人的には、同じようなリーグだと捉えているよ」 さらに、インテル時代もアントニオ・コンテ監督の下でプレーし、最終的にスクデット獲得の立役者となったペリシッチは、指揮官への信頼や自身と同じく新加入ながらあまり出場機会を得られていない同僚への助言も行っている。 「(コンテの下でのプレーは)初めは大変だった。何年かぶりにポジションを変えて、最初はちょっと大変だったね。でも、大丈夫だった。一生懸命やって、この2年半はこのポジションでプレーしている。悪くはないと思うけど、毎日、もっと良くできるはずだし、毎日改善しなければならない」 「僕はすべての新しいプレーヤーと話をしたけど、彼らはビッグクラブに来たことを理解する必要があり、忍耐強く、毎日働く必要がある。チャンスを待っている状況だけど、そのチャンスが来たら、彼らはそれを受け入れてうまくプレーしなければならない。そのようにしてのみ、彼らはチームがゲームに勝つのを助けることができるんだ」 「僕らの監督は過去にすべてのクラブでトロフィーを獲得したことは誰もが知っているし、彼は働くことが好きで、勝つことが好きだ。これは最も重要なことで、それこそ自分がイングランドに来た理由さ。僕も勝ちたいし、トッテナムで多くの良いことができることを示したい。今は良い状態だと思うし、あとは毎日ハードにやって、監督の言うことを聞くだけさ」 2022.10.05 00:37 Wed
twitterfacebook
thumb

クルゼフスキは2週間の離脱か? 過密日程のスパーズに痛手…

トッテナムのスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキは、2週間程度の戦線離脱となる見込みだ。 クルゼフスキは、今月のインターナショナルマッチウィーク期間にハムストリングを負傷。直近のアーセナルとのノースロンドン・ダービーでは近距離の遠征ということもあってチームに帯同していたが、ベンチメンバーからは外れていた。 現時点でクラブからは離脱期間に関する詳細は明かされていないが、イギリス『デイリー・メール』によると、2週間程度の戦線離脱が見込まれているという。 今年1月にユベントスから加入して以降、ここまで公式戦29試合6ゴール11アシストと圧巻のパフォーマンスを継続するスウェーデン代表MFだが、過密日程が続く中でチャンピオンズリーグ(CL)のフランクフルトとの連戦、プレミアリーグのブライトン戦、エバートン戦の4試合を少なくとも欠場することになる。 また、トッテナムではFWルーカス・モウラも復帰に多くの時間を要しており、前線のバックアッパーは半ば構想外のFWブライアン・ヒルのみとなっており、今後は2トップへの変更あるいはMFイバン・ペリシッチ、MFライアン・セセニョンらの前線起用のオプション採用を余儀なくされるかもしれない。 2022.10.04 22:23 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、好調維持してCLトッテナム戦! 指揮官「完璧なシナリオ」

フランクフルトのオリバー・グラスナー監督がチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦に向けて意気込みを語った。クラブの公式サイトが伝えている。 フランクフルトはMF長谷部誠とMF鎌田大地の日本人2選手がフル出場した1日のブンデスリーガ第8節で首位のウニオン・ベルリンを2-0で撃破。4日にホームで迎えるCLのグループD第3節のトッテナム戦に向け、弾みをつけることに成功した。 フランクフルトはここまで1勝1敗の勝ち点3でトッテナムと並び、得失点差が下回るのみ。勝利すれば順位で上回ることも可能とあってか、グラスナー監督は前日会見で自信をのぞかせ、チームが好調のなかで迎えるグループ最大の強敵との対戦を歓迎している。 「マリオ・ゲッツェは足首を痛めて欠場するが、クリスティアン・ヤキッチは戻ってくる。ゲッツェの不在は残念だが、我々の選手は質が高く、彼らでカバーできると確信している」 「勝つためにプレーする。トッテナムを研究し、準備してきた。彼らがどのようにゲームを進めるかや、彼らの力を発揮させないための対策を長い映像で選手たちに共有している」 「ウニオン戦含め、ここ最近の雰囲気はとても素晴らしい。今回もフェスティバルになることを期待しているよ。トッテナムの方もコンディションは整っているはずさ」 「(トッテナムとの試合の)ホーム&アウェイが同じ週に行われ、チケットはすでに売り切れ。さらにお互いに同じ勝ち点で並んでいる。まさに完璧なシナリオと言えるね」 「ここ数週間のチームの努力は私に自信を与えてくれる。選手たちもさらなる高みへと到達できる力を示している。最高のパフォーマンスが必要な相手だが、私自身は自信を持っているよ」 2022.10.04 18:28 Tue
twitterfacebook
thumb

「ファンはあくまでファンであるべき」コンテ監督は若手起用を求める声に持論展開

トッテナムのアントニオ・コンテ監督は、自身のアプローチが間違っていないことを強調した。イギリス『ミラー』が伝えている。 2シーズン目となったコンテ監督の下、プレミアリーグ開幕7試合で5勝2分けと好成績を収めていたトッテナム。しかし、1日に行われたプレミアリーグ第9節でアーセナルに敗れ今季初敗北を喫すると、攻撃的なスタイルの宿敵と比較して守備的な戦術を好む指揮官のアプローチには批判も生じていた。 それでも、コンテ監督は自身の仕事を疑っていないようだ。4日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節のフランクフルト戦に先立った記者会見で、アーセナル戦の内容は決して悪くなかったと強調。これからも、自信を持ってチーム作りを進めると語った。 「我々が状況を狡猾に利用して、特にラストパスがうまくいっていればアーセナルから多くのゴールを奪えただろう。1対1になるチャンスもあったのに、ラストパスの精度が本当に悪かった。人々はすべてのチームが多くの戦い方を模索していることを理解しなければならない」 「昨シーズン、我々はアーセナルに3-0で勝利した。相手に負ければ釈明をする必要があるのかもしれないが、私としてはこれからのプランを立て、選手の特徴を生かせるベストな状況に持っていく取り組みこそが大事だと思っている」 「そうしないと、大量失点の可能性もある。イングランドではよくあることだからね。私はオープンなプレーを好まず、スペースを空けて6~8失点することはない。私はイングランドで勝ち、過去にも勝ってきた。多くの人にフットボールを教えられる存在だと思っている」 また、コンテ監督は今夏に加入しながらほとんど出場機会のないDFジェド・スペンスの扱いにも言及。起用を望むファンに対して、真っ向から反論している。 「ファンはあくまでファンであるべきだ。彼らは何を考えても自由だが、私は毎日トレーニングの様子を見ているからね。もし、私がある選手を選ばないとしたら、それはその選手の準備ができていないからだ」 「有望な若手選手の話をしたいが、同時に私はベストなチームを選びたい。私は愚かではなく、負けたくないのだ。だから、最高のチームを選ぼうとしている。(ファンが)私を信頼しているならば、それはそれで良い。そして、彼らが私を信頼していなくても、私は監督であり、トッテナムにとって最良の決断を下していく」 2022.10.04 18:09 Tue
twitterfacebook
thumb

なぜ? アーセナルDFサリバに異変…ダービーで何かが足りないことが判明

アーセナルのフランス代表DFウィリアム・サリバに何かが足りなかったことが判明した。 1日、アーセナルはプレミアリーグ第9節でトッテナムと対戦。首位と3位によるノースロンドン・ダービーは大きな注目を集めた。 試合は、アーセナルがトーマス・パルティの衝撃ミドルで先制するも、ハリー・ケインのPKでトッテナムが追いつく展開に。それでも後半に、ガブリエウ・ジェズス、グラニト・ジャカがネットを揺らし、アーセナルが3-1で勝利。首位を守った。 しかし、試合中のサリバに異変があることが判明。他の選手に比べて、何かが足りないことが判明した。 それはショーツのライン。アディダスがサプライヤーを務めるアーセナルは、白のショーツの両サイドに赤いスリーストライプが入っている。 しかし、サリバが着用するショーツの右側は、なぜか2本に。スリーストライプになってから、2本になったことはないため、どこかで失われたことになる。 試合前に気が付かなかったのだろうが、果たしてどこに行ったのか。それとも、最初からなかった不良品なのかは不明だが、とにかくラインが1本足りないショーツをまさかの着用していたことになっていた。 <span class="paragraph-title">【比較写真】サリバのショーツには何かが足りない</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/arsenal20221002_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/arsenal20221002_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.10.02 23:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly