インテルの逸材FWエスポージト、来季はベルギーに武者修行へ

2022.06.27 00:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(19)が、来季は期限付き移籍でアンデルレヒトへと加わるようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など複数メディアが報じている。

報道によると、インテルとアンデルレヒトの交渉はすでに最終段階に入っており、エスポージトはメディカルチェックのために明日にもベルギーに出発するとのこと。

今回の契約には100万ユーロ(約1億4300万円)の買い取りオプションが付随。しかし、インテル側も買い戻しオプションも盛り込んでおり、同選手の成長次第では将来的に呼び戻すことを考えているようだ。

2014年にブレシアからインテルの下部組織に加入したエスポージトは、186cmの恵まれた体躯に加え、テクニックやスピード、得点感覚も兼ね備えた万能型ストライカー。

10代前半からその才能を遺憾なく発揮してきた逸材は、2019年3月に行われたフランクフルト戦でヨーロッパリーグ(EL)におけるクラブ最年少デビュー記録(16歳と255日)を樹立。すると同年10月にはドルトムント戦でチャンピオンズリーグ(CL)デビュー。その3日後のパルマ戦ではセリエAデビューも飾り、同年12月のジェノア戦ではPKによる得点ながらトップチーム初ゴールをマークしていた。

しかし、その後はトップチームでの出場機会に恵まれず、2020-21シーズンはセリエBのSPALに武者修行に出されると、今季はスイスのバーゼルへレンタル移籍。バーゼルではリーグ戦23試合に出場し6ゴール5アシストを記録していた。

関連ニュース
thumb

ブロゾビッチ負傷のインテル… 20歳アスラニにチャンス到来?「準備できている」

インテルのアルバニア代表MFクリスティアン・アスラニ(20)に、定位置確保のチャンスが訪れている。 すでにセリエAで3敗を喫するなど、今季は低調気味のインテル。それでも直近の公式戦である10日のトリノ戦では1-0で勝利しており、今回の代表ウィークを挟んでここから一気に浮上と行きたいところだ。 しかし、その代表ウィーク中にアクシデント。主軸MFマルセロ・ブロゾビッチがクロアチア代表の試合中に負傷し、数週間離脱の見通しに。強豪ローマ戦やチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦2試合などを控えるインテルにとって、大きな痛手となった。 そんななか、ブロゾビッチの代役と目されるのが20歳の若武者アスラニ。クロアチア代表MFの後継者として今夏にエンポリから加入し、現在はプレータイムこそ伸ばせていないものの、大きな期待が集まっている逸材だ。 アスラニはイタリア『トゥットスポルト』のインタビューで「(代役として)準備はできているよ。最後まで全力を尽くす」と力強く意気込み。さらに、スクデット奪還に向けても意欲を示している。 「僕たちは試合ごとに頭を使わなくてはいけない。現在は手強いローマとの非常に難しいゲームに集中しているよ。結果がどうなるかに関わらず、勝ち点3のためにプレーしなくてはならないね」 「僕たちは日頃からトレーニングに励んでいる。結果はついてくるものと確信しているんだ。スクデット?もちろんそれを信じているし、そのためにプレーする」 2022.09.29 17:17 Thu
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル退団の可能性を残すインテル、チェルシーの若手イングランド人CBに関心か

インテルがチェルシーからイングランド人DFトレヴォ・チャロバー(23)の獲得を検討しているようだ。 インテルは今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)に対するオファーを受けたが、拒否。守備の柱を残留させることに成功したが、2023年6月までの契約の延長交渉に進展なく、選手側はフリーでのPSG加入を画策していると報じられている。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、シュクリニアル退団に備えるインテルは有力な後釜候補としてチャロバーに狙いを定めているとのこと。チャロバーとチェルシーの契約は2026年夏まであり、完全移籍での獲得には膨大な移籍金が生じるため、レンタルを狙う模様だ。 チェルシーの下部組織出身であるチャロバーはイプスウィッチやハダースフィールドなどへの武者修行を経て、昨季に復帰すると、公式戦30試合に出場してファーストチームに定着。しかし、今季はDFカリドゥ・クリバリやDFヴェスレイ・フォファナが加入した影響で公式戦1試合の出場にとどまっている。 なお、インテルはチャロバーのほかにレスター・シティのトルコ代表DFチャグラル・ソユンジュ(26)もセンターバックの獲得リストに含めていると報じられている。 2022.09.29 11:37 Thu
twitterfacebook
thumb

すでに3敗のインテル、元会長も懸念 「昨季にスクデットを逃した失望がまだ漂っている」

インテルの元会長であるマッシモ・モラッティ氏が古巣の状態を憂慮した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 王座奪還を期すセリエAで開幕7試合を消化して4勝3敗とスタートに躓いたインテル。シモーネ・インザーギ監督の進退を危ぶむ風潮が強まり、ウルトラスもスティーブン・チャン会長に退陣を要求する動きに出ている。 イタリア『Radio Centro Suono』に出演したモラッティ氏も現在のインテルを憂慮しており、セリエA連覇を逃した昨季からの立ち直りを求めた。 「インテルはもっとうまくやる必要があるだろう。最近のクラブは難しい状況が続いているように感じる。私は(ロメル・)ルカクの不在を痛感しているよ。彼はチームの中で、もっとも重要な選手だからだ」 「インテルは昨シーズン、スクデットを失ったことでショックを受け、今もまだ失望が漂っているように感じる。今の彼らには自分たちを再び動かして、チームを軌道に乗せるための何かが必要だ」 また、モラッティ氏は対戦相手であるローマにも言及。自身がインテルの会長を務めていた時代に3冠達成を成し遂げたジョゼ・モウリーニョ監督を評価し、今季のサプライズになる可能性を口にした。 「ローマは確かに調子が良いね。ここから安定感を得たいところだろう。彼らは面白いチームであり、今シーズンのサプライズになるかもしれない」 「モウリーニョの特徴は常に同じで、プロ意識と細部への集中を持っている。彼はきっと、昨シーズンよりも良い結果を出すという野心を持っているだろう」 「(今夏ローマに加入した)パウロ・ディバラは素晴らしい選手だ。インテルファンなら誰でも彼がここにいることを望んだと思う。だが、クラブは他の選択をした」 2022.09.29 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「インテルにおけるチャビのよう」 ウディネーゼFWがバレッラを絶賛

チャンピオンズリーグ(CL)でバルセロナとの対戦が控えるインテルの選手を、ウディネーゼのスペイン代表FWジェラール・デウロフェウが評価している。 今シーズン、セリエA開幕からの7試合を4勝3敗で終え、スタートダッシュに失敗したインテル。18日に行われた第7節のウディネーゼ戦でも3失点を許す完敗を喫し、今週末に行われるローマ戦や10月4日に予定されるCLグループC第3節のバルセロナ戦に向けて状態が危ぶまれている。 それでも、ウディネーゼの選手として直接対峙したデウロフェウは、インテルの選手を高く評価している模様だ。バルセロナのカンテラ出身である同選手は、スペイン『ムンド・デポルティボ』のインタビューに応じた際にインテルの主要な選手への印象を語り、特に中盤でタクトを振るうMFニコロ・バレッラを称賛している。 「サミル・ハンダノビッチは経験豊富なとても良いGKだ。昨シーズン、彼が僕の蹴ったFKを信じられないセーブで防いだプレーは、いまだに覚えているよ」 「デンゼル・ダンフリースは、攻守に素晴らしい身体能力を備えている。フェデリコ・ディマルコは少し衝動的で、スペースを空けがちだ。インテルではやたら前に出ようとするから、弱点だと考えられていた」 「ミラン・シュクリニアルはセリエAで3本の指に入るディフェンダーさ。素晴らしい選手だよ。ステファン・デ・フライは経験豊富だがスピードはない。アレッサンドロ・バストーニはまだ若いが、成長の過程でシュクリニアルとプレーできるのはラッキーだね」 「ニコロ・バレッラは驚異的だよ。先日の試合後、シャツ交換を頼んだんだ。彼は僕らに対して素晴らしいフリーキックを決めたし、まさにインテルの象徴さ。インテルにおけるチャビと言っても良いだろうね。彼は勝利に飢えていて、インテルに栄光をもたらしたいと考えている」 「マルセロ・ブロゾビッチは羅針盤のような存在で、常にパスを出している。彼を無力化するため、僕は守備でハードワークする必要があった」 「ラウタロ・マルティネスはセリエA最高のストライカーの1人だ。すべてのボールに対して闘争心を持っている。そしてエディン・ジェコもとてもエレガントなフォワードだね」 「ロメル・ルカクはエバートンでチームメイトだったんだ。僕は彼に多くのアシストをしたよ。彼は野獣のような存在で、生まれながらのストライカーだから、対戦した際は本当に注意する必要がある」 2022.09.28 11:36 Wed
twitterfacebook
thumb

ロドリゴ・パラシオが40歳で現役引退…伊4部でバスケット選手に転身

元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(40)が現役引退を発表した。 直近までセリエBのブレシアでプレーしていたパラシオは26日に現役引退を発表した。さらに、今後はイタリアのバスケットボールリーグの4部に所属するポリスポルティーヴァ・ガレニャーノで、バスケットボール選手としてプレーすることを電撃発表した。 母国アルゼンチンのウラカン、CAバンフィエルド、ボカ・ジュニアーズで活躍したパラシオは、2009年にジェノアへ加入し、イタリアでのキャリアをスタート。 これまでジェノア、インテル、ボローニャの3クラブでセリエA通算357試合に出場し、93ゴールを記録。2021年5月に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦では、39歳86日でのハットトリックを達成し、ヨーロッパ5大リーグにおける最年長ハットトリック記録も樹立していた。その後、昨夏にブレシアへ新天地を求め、自身初のセリエBでは33試合6ゴール4アシストの数字を残していた。 2005年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では通算27試合に出場し、3ゴールを記録。2度の出場を果たしたワールドカップでは、2014年のブラジル大会で5試合に出場し、準優勝に貢献していた。 2022.09.28 00:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly