遠藤渓太がウニオン・ベルリンから2部昇格のブラウンシュヴァイクへレンタル移籍、背番号は「21」

2022.07.20 00:07 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のブラウンシュヴァイクは19日、ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太(24)の加入を発表した。1年間のレンタル移籍となり、背番号は「21」を付ける。

2020年7月に横浜F・マリノスからウニオン・ベルリンへとレンタル移籍した遠藤。1年目はブンデスリーガで16試合に出場し1ゴールを決めるなど、一定の出場機会を得て、2021年7月に完全移籍に切り替わっていた。

しかし、2年目の今シーズンはケガなどの影響もあり、ほとんど試合に絡めずメンバー外になることが多く、ブンデスリーガで5位と好成績を残したチームとは対象的に、4試合の出場に終わっていた。

3部を戦っていたブラウンシュヴァイクは2位でシーズンを終了。マグデブルクと共に2部への昇格を決めていた中、左ウイングを強化したいクラブは遠藤をターゲットに。その思いが成就することとなった。

遠藤は今回の移籍について「伝統的なクラブのアイントラハト・ブラウンシュヴァイクでのプレーを楽しみにしています。ここレーヴェンシュタットで与えられたチャンスに感謝しています。僕はこのチームの一員として成功することを知っています。一緒にリーグを戦っていきます」とコメントしている。

1 2

関連ニュース
thumb

ウニオンFWウジャーが独2部ブラウンシュヴァイクに加入

2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)に所属するブラウンシュヴァイクは2日、ウニオン・ベルリンから元ナイジェリア代表FWアンソニー・ウジャー(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの1年となるが、さらに1年の延長オプションが付随している。 ノルウェーのリールストロムでヨーロッパでのキャリアをスタートしたウジャーは、2013-14シーズンのケルンでブレイク。同クラブのブンデスリーガ2部優勝とブンデスリーガ昇格に貢献すると、翌シーズンは1860ミュンヘンから加入した日本代表FW大迫勇也(現ヴィッセル神戸)とのコンビで二桁ゴールを奪う活躍をみせ、1部残留に貢献した。 その後、ブレーメン、中国の遼寧宏運、マインツを経て、2019年夏にブンデスリーガ昇格組のウニオンへ3年契約で加入。しかし、ケガの影響などもあり、在籍3年間で公式戦31試合4ゴール4アシストと、思うような活躍を見せられず。昨シーズンはリーグ戦3試合の出場にとどまっていた。 2022.08.02 21:42 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly