「この魔法をなんと名付ければいい?」U-23豪代表がアジア杯で衝撃弾、シュツットガルトの育成でも結果残す新星にAFCも注目

2022.06.06 20:45 Mon
©︎2022 AFC
ウズベキスタンで行われているAFC U-23アジアカップで衝撃のゴールが誕生した。U-21日本代表も参戦中の同大会。4日に行われたグループB第2節のU-23イラク代表vsU-23オーストラリア代表は1-1の引き分けに終わったが、前半終了間際にオーストラリアのFWアル・クオルが挙げた一撃が目を見張る。
17分という早い時間に退場者を出したU-23オーストラリア代表は前半のアディショナルタイムに右サイドからチャンスを作ると、ジョシュア・ローリンズのクロスに飛び込んだのはクオル。ボールは走り込んだ自身のやや後方への軌道となるも、前のめりの状態からでも体をそらし、右足の裏で合わせて先制点をもたらした。

アジアカップの公式インスタグラムも「バックヒール?バイシクル?それともスコーピオンキック?この魔法のようなゴールをなんて名付ければいいのか教えてください!」と、驚きをもって評している。

スーダン生まれの20歳は2021年7月にセントラル・コースト・マリナーズからシュツットガルトへと4年契約で加入した。U-21チームでプレーを続け、今冬にはブンデスリーガ2部のザントハウゼンへと今季終了までの期限付き移籍を果たしている。レンタルバック後はチェイス・アンリとプレーをする可能性もあるだろう。
ノックアウトステージでU-21日本と対戦する可能性もあるクオル。試合後のAFCへのインタビューでは快活な冗談も飛ばしている。

「走り込んだらボールが後ろへそれるのがわかったので、ほかに選択肢もないし、やってやろうと思った。当てたらはいっちゃった。神様に感謝しなくちゃ」

「個人的には10点満点中5点かな、普通のゴールだよ。同じボールがきたらまたやるよ!うそうそ(笑)本当はすごく嬉しいよ。引き分けはちょっと残念だったけれど」

1 2
関連ニュース

シュウォーツァーにライアン…GKの宝庫オーストラリアが新たに輩出した23歳ガウチ、プレミアリーグ挑戦へ誓い

オーストラリア代表GKジョー・ガウチ(23)が、新天地アストン・ビラでの意気込みを新たにした。豪『news.com.au』が伝えている。 プレミアリーグの今冬移籍市場最終日となった1日、アストン・ビラはアデレード・ユナイテッドから豪代表通算2キャップのGKガウチを完全移籍で獲得したと発表。アジアカップ2023に控え参加の23歳は4年半契約を結んだ。 現在のオーストラリア代表は、言わずと知れたGKマシュー・ライアンが主将兼絶対的守護神に君臨。バレンシア、ブライトン&ホーヴ・アルビオン、アーセナル、レアル・ソシエダ、AZなどを渡り歩く経験豊富な31歳だ。 そんなライアンがいることで滅多にチャンスのないガウチだが、クラブキャリアではプレミアリーグへのステップアップを掴み取った格好。ビラには世界王者アルゼンチン代表の正守護神GKエミリアーノ・マルティネスがおり、定位置確保は難しいだろうが、裏を返せば学べることは盛りだくさん…何よりまだ23歳と、脂が乗ってくるのはこれからだ。 思い返せば、オーストラリア代表はいつの時代も優秀なGKが揃う。 1990年代中盤〜2010年代初頭にかけては、プレミアリーグ通算514試合出場のマーク・シュウォーツァー氏(51)が君臨して代表通算109キャップ。ミランで欧州制覇も経験した同い年のジェリコ・カラッツ氏(51)は54キャップにとどまり、2006年秋に自ら代表キャリアを終えた。 また、アダム・フェデリチ氏(39)はボーンマスやストーク・シティ、レディングなど、キャリアの大半をイングランドで過ごしたが、シュウォーツァー時代とライアン時代に被ってしまい、2007〜19年の13年間で通算16キャップ。2度のW杯はどちらもベンチから眺めた。 さらに、シュウォーツァー氏、カラッツ氏と同じ“1972年組”のマーク・ボスニッチ氏(52)を覚えているファンはいるだろうか。 こちらはマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アストン・ビラに在籍歴があり、プレミアリーグ通算208試合出場…ガウチの先輩にあたる。しかしキャップ数は17。同い年2人との激しい競争がそうさせ、オーストラリア代表の一員として21世紀を迎えることができなかった人物だ。 時は流れて2024年、シュウォーツァー氏から未来を託された“まだまだ”若い31歳ライアンが正守護神に君臨し、プレミアリーグ移籍を掴んだ“ものすごく”若い23歳ガウチが2番手に控えるオーストラリア代表。欧州系移民による恩恵も勿論あるが、まさにGKの宝庫と言えよう。 いずれライアンの後継者となるであろうガウチはプレミアリーグ移籍から2週間弱、新天地アストン・ビラでの活躍、ひいてはその先に向けた決意を新たにする。 「ビラは僕のアデレードでの試合をくまなくチェックしてくれて、GKとして、また人間としてどれだけの価値があるか詳細に分析してくれたんだ。そして、ここからまた成長するためのアイデアも交渉中に提示してくれた」 「だから、僕はこれからまだまだ学び、成長し、欠点を克服する謙虚な姿勢で頑張っていく。プロフェッショナルとして最高レベルに到達したい。それまで言い訳はなしだ」 2024.02.14 17:15 Wed

豪代表の背番号「10」もアジア杯落選…フルスティッチが約1年ぶりに所属クラブで公式戦

オーストラリア代表MFアルディン・フルスティッチ(27)が約1年ぶりのリーグ戦出場だ。 豪代表通算24キャップを誇るフルスティッチ。2019年のカタール・ワールドカップ(W杯)2次予選で初キャップを飾り、最終予選に入って主軸に成長…背番号「10」を背負って日本代表相手に直接FKを叩き込んだ攻撃的MFだ。のちの本大会でも4試合中3試合でプレーした。 しかし、比較的順調だった代表キャリアと異なり、クラブキャリアが停滞。2021-22シーズンのフランクフルトではヨーロッパリーグ(EL)を制したチームでベンチウォーマー、22-23シーズンからエラス・ヴェローナへ移籍も、序盤戦でセリエA6試合に出場して以降はケガで全休する。 今季はケガが癒えた状態で迎えるも、なんと1月までに公式戦出場もベンチ入りもゼロ。完全な構想外となり、2月1日の移籍市場最終日にヴェローナ退団…オランダ1部のヘラクレス・アルメロと半年契約を結んだ。 そして10日、エールディビジ第20節のフィテッセ戦で新天地デビュー。ヴェローナ時代の昨年1月4日・トリノ戦以来、約1年1カ月ぶりとなるクラブキャリアでの公式戦となった。 ヴェローナでの停滞によりオーストラリア代表からフェードアウトし、先のアジアカップ2023も落選したフルスティッチ。豪『news.com.au』は「司令塔がようやく“現役復帰”。代表チームがアジア杯で絶望的なまでに創造性を欠いたのは、この27歳が不在だったから…W杯予選に向けて朗報だ」と、フルスティッチの代表復帰に期待を寄せている。 2024.02.13 14:00 Tue

アジア杯敗退国の目線は2026W杯へ 豪代表の主力ストライカーは軒並み30代...20代2人は3部と2部の控えFW

オーストラリア代表FWブルーノ・フォルナローリ(36)が代表キャリア続行を希望している。 アジアカップ2023でベスト8敗退のオーストラリア代表。ここからは2026ワールドカップ(W杯)出場を目指してアジア予選に注力していくわけだが、豪『news.com.au』はあるストライカーにスポットを当てる。 それがフォルナローリ。Aリーグ・メンの強豪メルボルン・ビクトリーでエースに君臨し、2023-24シーズンはアジア杯までに10試合13ゴール…リーグ通算では165試合101ゴールという同国屈指の点取り屋だ。 そのキャリアを振り返ると、ルイス・スアレスと少年時代から親友の36歳はウルグアイ出身で、母国ナシオナル、欧州はサンプドリア、パナシナイコスなどを経て、2015年夏にオーストラリアへ。2022年3月の日本代表戦で34歳にしてA代表デビューを飾った帰化選手だ。 カタールW杯メンバーからは落選し、アジア杯2023で約2年ぶりのサプライズ招集となったが、敗退後、「またこのチームに戻ってきたい…選ばれればベストを尽くすし、選ばれるためにもメルボルンで全力を尽くす」と代表キャリア続行希望を明言。アジア杯2023全5試合出場、通算7キャップも、代表初ゴールはお預けとなっている。 焦点を”2026W杯へ”という点に戻そう。 豪代表はフォルナローリがアジア杯2023にサプライズ招集された一方、Aリーグ・メン歴代最多得点者のストライカー、FWジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ)がまさかの落選。しかし、グラハム・アーノルド監督の[4-2-3-1]or[4-1-2-3]でワントップの1番手を担うは一貫してFWミッチェル・デューク(FC町田ゼルビア)だ。 今大会のストライカー陣を序列順に表記すると、33歳デューク、36歳フォルナローリ、25歳FWクシニ・イェンギ(ポーツマス)、24歳FWジョン・アイルデール(SVヴェーエン・ヴィースバーデン)といったところ。次回の代表活動からは30歳マクラーレンもここに舞い戻ってくるだろう。 そう、豪代表のストライカー陣はベテラン中心となっており、20代のイェンギとアイルデールはそれぞれ今大会2試合0ゴール・出場なし(ベンチ外3試合)とインパクトを残せず。所属クラブもそれぞれイングランド3部・ドイツ2部でどちらも途中出場中心…3部と2部の控えFWなのだ。 イェンギについてはフォルナローリが「いずれ豪代表で“9番”を背負う」とコメントも、『news.com.au』は「イングランド3部でプレーする選手に対して十分すぎるほどの価値観」と辛辣。イェンギは元々サイドハーフが本職で、左でのプレーが評価されて昨夏イングランドへ渡った選手だ。 Aリーグ・メン23-24の得点ランキングに目を移すと、13ゴールの1位フォルナローリに続くオーストラリア人ストライカーは、10ゴールの元U-23豪代表FWアポストロス・スタマテロプロス(24)、9ゴールの元豪代表FWアダム・タガート(30)。元セレッソ大阪のタガートは1年半招集されておらず、声がかかるとしたらスタマテロプロスのほうか。 過去と比較しても仕方のないことだが、やはりマーク・ビドゥカ氏、ティム・ケーヒル氏、ジョン・アロイージ氏に脂が乗っていた2004〜2007年ごろをピークに、オーストラリア代表はストライカーの人選に苦戦している状況だ。 2024.02.06 16:05 Tue

「復讐とは言わない」韓国を救ったソン・フンミン、2試合連続120分の激闘制し2015年決勝のリベンジも想いは64年ぶりの優勝へ「いかなる言い訳も許されない」

韓国代表のキャプテンを務めるFWソン・フンミンが、オーストラリア代表戦を振り返った。アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが伝えた。 2日、アジアカップ2023の準々決勝が行われ、韓国はオーストアリア代表と対戦。優勝候補同士の大一番となった。 オーストラリアと韓国は試合日程に差があり、コンディション的にはオーストラリアが有利な状況。その通り、前半のうちにオーストラリアが先制する。 苦しい中でも粘り強く戦う韓国。それでもオーストラリアを押し切ることができず、1-0のまま後半アディショナルタイムに突入。そのまま敗れるかと思われたが、ソン・フンミンがボックス内に仕掛けると相手のファウルを誘いPKを獲得。ファン・ヒチャンが決めて、土壇場で追いついた。 2試合連続での延長戦に突入となった中、延長前半にボックス際でFKを獲得すると、ソン・フンミンが壁の上を越す完璧なキックで沈めて逆転。そのまま逃げ切り、2-1で勝利を収めた。 韓国は、2015年大会の決勝に進出したが、開催国でもあったオーストラリアに敗れて優勝を逃すことに。1960年大会で優勝したのが最後であり、アジアの頂点には64年立っていないこととなる。 ソン・フンミンはオーストラリアを下したことで9年前のリベンジを果たしたが、「僕はこれを復讐とは言わない。でも、確かに2015年は痛い思いをした。本当に痛かった。あの日、僕たちにはとても良いチャンスがあったのに、僕は結果に本当にガッカリした選手の1人だった」と当時を回想した。 「でも、それはフットボールの一部であり、それらの経験は、僕が人として、そしてフットボーラーとして成長するのに本当に役立った。それが僕をこの道に導いてくれた」 「今日は2015年の決勝の試合に関するものではなく、この大会での僕の目標とチームとしての目標に関するものだった。僕の頭の中にあったのはそれだけだったけど、目標達成にまた一歩近づいたことを嬉しく思う」 当時のリベンジではなく、今大会で優勝するために必要な勝利を求めた結果だとしたソン・フンミン。ラウンド16でもサウジアラビア代表とPK戦までもつれる激闘を制しており、優勝候補を連続で撃破した。 どちらの試合も後半アディショナルタイムまでリードを許していた中での復活げき。「ゾンビチーム」と呼ぶ声もある中で、ソン・フンミンはなんと呼ばれても良いとコメント。結果が大事だとし、チームの結束力は高まっているとした。 「最も重要なことは結果を出すこと。どんな名前をつけたいかということは重要ではない。僕が確信を持って言えることは、これにより僕たちの団結力はさらに強まるということだ」 「120分間プレーすることは難しく簡単ではないけど、選手たちが見せているスピリットが僕たちを団結させてくれる。僕たちの強みは、1つのチームであることだと自信を持って言える」 「僕たちはみな、これで1つになった。それが本当に重要であり、僕たちが示しているスピリットであり、みんなが注目すべきものだ」 ただ、2試合連続での延長戦は流石に負担が大きい。それでも、国のため、チームのために優勝しか考えていないと残り2試合へ意気込みを語った。 「サッカー選手になってから、2試合続けて120分間プレーしたことは初めてだと思う。でも思っているほど悪くはない」 「重要なのはメンタリティや頭で何を考えるかだ。でも、今僕は国のためにプレーしているし、その国に属しており、いかなる言い訳も許されるべきではない」 「明日以降、ドーハに残るのは4チームだけになる。そして4チームのうち、トロフィーを掲げるのは1チームだけだ。そのトロフィーを目指して戦いたい」 「疲れているなどと言い訳の余地はない。僕たちはトロフィーを勝ち取り、それを家に持ち帰るために前進するつもりだ」 <span class="paragraph-title">【動画】これぞエース!チームを救う一撃は、ソン・フンミンが決めた惚れ惚れする完璧なFK弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8UBfrS1QRj0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.03 19:45 Sat

「90分強は非常によくやった」 オーストラリア監督が逆転負けの韓国戦を振り返る

オーストラリア代表のアジアカップがベスト8で終わった。 オーストラリアは2日の準々決勝で韓国代表と対戦し、延長戦の末に1-2の惜敗。しぶとく守りながら相手ゴールをこじ開けにかかるなか、42分にクレイグ・グッドウィンの一発で先制したが、後半アディショナルタイムに許したPKから追いつかれると、延長前半にソン・フンミンの直接FKで逆転の決勝ゴールを許した。 5大会連続のベスト8入りを果たし、その先も目指したオーストラリアだったが、1点ビハインドの延長後半にエイデン・オニールの退場で数的不利も強いられ、万事休す。代表チームの公式サイトによると、グラハム・アーノルド監督は悔しさを滲ませつつ、こう大会を総括している。 「今はかなり打ちのめされているし、すべての選手とスタッフ、そして試合の終わり方にとても感情的だが、残り1分のところでPKを許してしまうまでの90分強は非常によくやったと思う。全体を通して見ても、今大会では多くの選手にとって、素晴らしい経験になったことだろうし、このアジアカップ、このカタールでは良い仕事をしたと感じる」 後半のほとんどでリードする展開とあって、次のゴールが奪い切れなかったのが悔やまれるところだが、指揮官も「我々は1-0から2点差、もしくは3点差にするチャンスがあったのに、モノにできなかった」と語り、そのツケが回った結果だと続けた。 「ゴールにボールが入るかどうかは個人に委ねられるところ。チャンスを生かせないようだと、罰を受けることになる。それがまさに起こったということだ」 また、「全体を見て、我々はとてもうまく彼らに対処したと思うし、とても若い若いスカッドでもある。今夜はかなり多くの新しい選手がピッチに立った」と続け、それぞれがこの経験を今後の糧として進むと話した。 「繰り返しになるが、このアジアカップが終われば、家に帰る。間違いなく、引退して次に進む年長の選手もいるし、私は新しく加わった選手から多くを学んだ」 「そうした選手は5、6時間後に飛行機でそれぞれのクラブに戻る。こことはまた違った環境だが、彼らなら大丈夫だ」 最後に「選手とスタッフに感謝しないといけない。選手は私に尽くしてくれたし、スタッフも素晴らしかった。我々は素晴らしい文化、素晴らしい環境を手にしていたんだ」と感謝の言葉を送っている。 2024.02.03 13:45 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly