「この魔法をなんと名付ければいい?」U-23豪代表がアジア杯で衝撃弾、シュツットガルトの育成でも結果残す新星にAFCも注目

2022.06.06 20:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎2022 AFC
ウズベキスタンで行われているAFC U-23アジアカップで衝撃のゴールが誕生した。U-21日本代表も参戦中の同大会。4日に行われたグループB第2節のU-23イラク代表vsU-23オーストラリア代表は1-1の引き分けに終わったが、前半終了間際にオーストラリアのFWアル・クオルが挙げた一撃が目を見張る。

17分という早い時間に退場者を出したU-23オーストラリア代表は前半のアディショナルタイムに右サイドからチャンスを作ると、ジョシュア・ローリンズのクロスに飛び込んだのはクオル。ボールは走り込んだ自身のやや後方への軌道となるも、前のめりの状態からでも体をそらし、右足の裏で合わせて先制点をもたらした。

アジアカップの公式インスタグラムも「バックヒール?バイシクル?それともスコーピオンキック?この魔法のようなゴールをなんて名付ければいいのか教えてください!」と、驚きをもって評している。

スーダン生まれの20歳は2021年7月にセントラル・コースト・マリナーズからシュツットガルトへと4年契約で加入した。U-21チームでプレーを続け、今冬にはブンデスリーガ2部のザントハウゼンへと今季終了までの期限付き移籍を果たしている。レンタルバック後はチェイス・アンリとプレーをする可能性もあるだろう。

ノックアウトステージでU-21日本と対戦する可能性もあるクオル。試合後のAFCへのインタビューでは快活な冗談も飛ばしている。

「走り込んだらボールが後ろへそれるのがわかったので、ほかに選択肢もないし、やってやろうと思った。当てたらはいっちゃった。神様に感謝しなくちゃ」

「個人的には10点満点中5点かな、普通のゴールだよ。同じボールがきたらまたやるよ!うそうそ(笑)本当はすごく嬉しいよ。引き分けはちょっと残念だったけれど」

1 2

関連ニュース
thumb

代表引退の名古屋GKランゲラックが復帰、トーマス・デンは4年ぶり招集! オーストラリア代表メンバーが発表《国際親善試合》

オーストラリアサッカー協会(FFA)は14日、国際親善試合に臨むオーストラリア代表メンバー31名を発表した。 大陸間プレーオフを制し、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得したオーストラリア。今回は6名の初招集選手をメンバーに含めた。 さらに、DFトーマス・デン(アルビレックス新潟 )を2018年以来となる招集。また、代表引退を発表していたGKミッチェル・ランゲラック(名古屋グランパス)も招集している。その他、FWミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山)、FWアダム・タガート(セレッソ大阪)が招集され、Jリーグからは4名が召集された。 オーストラリアは22日にホームでと25日にアウェイでニュージーランド代表と2試合を戦う。 今回発表されたオーストラリア代表メンバーは以下の通り。 ◆オーストラリア代表メンバー31名 GK ミッチェル・ランゲラック(名古屋グランパス/日本) アンドリュー・レッドメイン(シドニーFC) マシュー・ライアン(コペンハーゲン/デンマーク) DF ナサニエル・アトキンソン(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド) アジズ・ベヒッチ(ダンディー・ユナイテッド/スコットランド) ハリソン・デルブリッジ(仁川ユナイテッド/韓国) ミロシュ・デゲネク(コロンバス・クルー/アメリカ) トーマス・デン(アルビレックス新潟/日本) フラン・カラチッチ(ブレシア/イタリア) ジョエル・キング(オーデンセ/デンマーク) トレント・セインズベリー(アル・ワクラ/カタール) ベイリー・ライト(サンダーランド/イングランド) MF キアヌ・バッカス(セント・ミレン/スコットランド) キャメロン・デブリン(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド) タイリース・フランソワ(HNKゴリツァ/クロアチア) デニス・ジェンロー(トゥールーズ/フランス) アルディン・フルスティッチ(エラス・ヴェローナ/イタリア) ジャクソン・アーバイン(ザンクト・パウリ/ドイツ) マシュー・レッキー(メルボルン・シティ) ライリー・マクグリー(ミドルズブラ/イングランド) コナー・メトカーフ(ザンクト・パウリ/ドイツ) アーロン・ムーイ(セルティック/スコットランド) ライアン・ストレイン(セント・ミレン/スコットランド) FW マーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド) ジェイソン・カミングス(セントラルコースト・マリナーズ) ミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山/日本) ガラン・クオル(セントラルコースト・マリナーズ) アワー・メイビル(カディス/スペイン) ジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ) アダム・タガート(セレッソ大阪/日本) マルコ・ティリオ(メルボルン・シティ) 2022.09.14 10:12 Wed
twitterfacebook
thumb

オーストリア代表が発表! 負傷で主力2人不在もアラバやザビッツァーら順当に招集《UEFAネーションズリーグ》

オーストリアサッカー協会(OFB)は13日、今月に行われるUEFAネーションズリーグ2022-23に向けたオーストリア代表メンバー24名を発表した。 ラルフ・ラングニック監督は、DFダビド・アラバやMFマルセル・ザビッツァー、FWマルコ・アルナウトビッチら主力を順当に招集。さらに、MFロマーノ・シュミット(ブレーメン)とMFムハメド・チャム(クレルモン)の2選手を初招集した。 一方で、MFコンラート・ライマーやFWサーシャ・カライジッチが負傷によって招集外となっている。 なお、今大会でリーグA・グループ1に属するオーストリアは、フランス代表とのアウェイ戦(22日)、クロアチア代表とのホーム戦(25日)の2試合を戦う予定だ。今回発表された招集メンバー24名は以下の通り。 ◆オーストリア代表メンバー24名 GK ハインツ・リンドナー(シオン/スイス) パトリック・ペンツ(スタッド・ランス/フランス) アレクサンダー・シュラガー(LASKリンツ) DF マクシミリアン・ウーバー(ザルツブルク) アンドレアス・ウルマー(ザルツブルク) ゲルノト・トラウナー(フェイエノールト/オランダ) ケビン・ダンソ(RCランス/フランス) マルコ・フリードル(ブレーメン/ドイツ) シュテファン・ライナー(ボルシアMG/ドイツ) フィリップ・ラインハルト(フライブルク/ドイツ) クリストファー・トリメル(ウニオン・ベルリン/ドイツ) シュテファン・ポッシュ(ボローニャ/イタリア) ダビド・アラバ(レアル・マドリー/スペイン) MF ニコラス・ゼイワルド(ザルツブルク) ムハメド・チャム(クレルモン/フランス) ロマーノ・シュミット(ブレーメン/ドイツ) クリストフ・バウムガルトナー(ホッフェンハイム/ドイツ) デヤン・リュビチッチ(ケルン/ドイツ) ザヴェル・シュラーガー(RBライプツィヒ/ドイツ) マルセル・ザビッツァー(バイエルン/ドイツ) FW マルコ・アルナウトビッチ(ボローニャ/イタリア) ミハエル・グレゴリッチュ(アウグスブルク/ドイツ) カリム・オニシウォ(マインツ/ドイツ) アンドレアス・ヴァイマン(ブリストル・シティ/イングランド) 2022.09.14 00:26 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季セルティックでプレーしたオーストラリア代表MFロギッチがWBAに加入

チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAは12日、オーストラリア代表MFトーマス・ロギッチ(29)の加入を発表した。 契約期間は1年間で、1年間の延長オプションもついているという。なお、契約には国際移籍の承認が必要となる。 ロギッチは2013年1月にセントラル・コーストからセルティックに加入。2014年1月から短期でメルボルン・ビクトリーへとレンタル移籍したが、5月に復帰。その後はセルティックでプレーを続けた。 セルティックでは公式戦272試合で46ゴール49アシストを記録。昨シーズンは日本代表FW古橋亨梧、FW前田大然、MF旗手怜央、MF井手口陽介らとプレーし、見事にリーグと国内カップの2冠を達成。しかし、契約満了で退団していた。 セルティックでは、6度のリーグ制覇、5度のスコティッシュFAカップ制覇、5度のスコティッシュ・リーグカップ制覇を経験している。 中盤をユーティリティにこなせるロギッチは、WBAでプレミア昇格を目指すことになる。 2022.09.13 10:53 Tue
twitterfacebook
thumb

ペルーのW杯出場を阻んだ豪“踊るGK”への復讐!?現地のお祭りで仮装した男性が闘牛に襲われる

カタール・ワールドカップ(W杯)出場を逃したペルー代表サポーターの怒りは大きいようだ。 南米予選を5位で終えたペルーは、6月に行われた大陸間プレーオフでオーストラリア代表と対戦。W杯出場の切符を懸けた大一番に臨んだ。 試合は0-0で120分が終了。運命のPK戦直前にはオーストラリアが控えGKアンドリュー・レッドメインを投入した。すると、レッドメインはゴールライン上で体を大きく動かし、ダンスを踊るように上下左右に飛ぶステップ。ペルーは2本のPKを失敗し、涙を呑んでいた。 レッドメインについては日本でも“踊るGK”として大きな話題を呼んでいたが、ペルーでの知名度はやはり高いようだ。 チャルロターダと呼ばれるペルーのお祭りに、レッドメインのコスプレをした男性が参加。オーストラリア代表GKのステップを誇張したダンスで盛り上げていた。 ここまではあり得そうな話だが、問題はここから。この男性はコロシアムに姿を現すと、まさかの本物の闘牛と対峙する。 ゴールに見立てたバーにしがみつき闘牛の突進を避けようとしていたが、逃げ切れず。国民の怒りと一体化したかのような闘牛の猛烈な攻撃を食らいダウンしていた。 想像以上の攻撃の強さに観客からは悲鳴も上がっていたが、笑い声も多く上がる事態に。中々に考えられない光景だ。 それだけ、W杯出場できなかった痛みは大きいということだろうか...。 <span class="paragraph-title">【動画】レッドメインの仮装をした男性が闘牛に襲われる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">good morning <a href="https://twitter.com/peru?ref_src=twsrc%5Etfw">@peru</a> <br>good morning <a href="https://twitter.com/redders_20?ref_src=twsrc%5Etfw">@redders_20</a> <a href="https://t.co/93UM9ai6w2">pic.twitter.com/93UM9ai6w2</a></p>&mdash; ALM (@TheRealALM) <a href="https://twitter.com/TheRealALM/status/1559692003897589760?ref_src=twsrc%5Etfw">August 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.22 06:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ソシエダのオーストラリア代表GKライアンがコペンハーゲンへ完全移籍…2年契約

FCコペンハーゲンは9日、オーストラリア代表GKマシュー・ライアン(30)をレアル・ソシエダから完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2024年6月までの2年間となる。 ライアンはセントラル・コーストから2013年7月にクラブ・ブルージュへ移籍し、ヨーロッパでのキャリアがスタート。その後、バレンシア、ヘンク、ブライトン&ホーヴ・アルビオン、アーセナルでプレー。2021年7月にブライトンからソシエダへと完全移籍した。 ソシエダでは控えGKとしてプレーすると、ラ・リーガで3試合、ヨーロッパリーグで3試合、コパ・デル・レイで3試合に出場していた。 2022.08.09 18:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly